goo

サウジアラビアのシリアはAwamiyahを離れるか死ぬかを言った

土2017年7月29日7:34 AM

(`・ω・´)サウジアラビアの王族に死を

2017年7月29日に撮影された写真は、サウジアラビア東部の町Al-Awamiyahから大火災に襲われた火災を示しています。 (Twitter)2017年7月29日に撮影された写真は、サウジアラビア東部の町Al-Awamiyahから大火災に襲われた火災を示しています。(Twitter)

サウジアラビアのシーア派の東部州のアル=アワミヤ町の地元報道官らは、地元住民は自宅を離れたり、治安部隊の手に負傷したりするように指示されていると述べている。

土曜日の早い時間から、サウジアラビアの軍は重い砲撃の下で町を奪取し始め、事実上家庭内の一般人を取り巻くようになった。

2017年7月29日に撮影された写真は、サウジアラビア東部の町アルアワミヤ(Awamiyah)の重い政権の砲火が始まるまでの時間を示しています。(Twitter)

筋によると、砲撃兵は、屋根や車内装甲車の上から様々な標的に火を吹き込んでいるという。欧州を拠点とするサウジ人権団体のリーダーであるアリ・デービス(Ali al-Debisi)氏は、地元住民は狙撃兵の射撃を恐れて外出することを恐れていると述べた。

一方、政権軍は、町の住宅から人々を引き離し続けた、と彼らは言った。

町がある州のカティフ(Qatif)地域では、未知の武装勢力による警備員の散発的な死が目撃されている。

リヤドはシーア派の人々の攻撃を批判して、まずその地域を襲って町を包囲し、それをいわゆる改築プロジェクトにかけた。

地元住民が撮影した写真は、サウジアラビアの東部州のアルアワミヤ(Al-Awamiyah)の町にある建物を解体する準備が整っている車両を示しています。(中東の目を通したTwitter)

続きを読む:

昔構造や様々なターゲットに対して横行襲撃の卸売破壊を取り上げたプロジェクトは、特に政府は、人々がままにするために、生活条件を強靭化された町の歴史的なAlmosara周辺を、目標としています。

情報筋によると、軍はアルモサラを荒廃させるために人々に「安全な行為」を提供しており、近隣住民は「隠されたテロリスト」と闘いを進めていたという。

5月24日には、国連の専門家がAlmosaraを破壊するための継続的な試みを批判し、文化遺産を消去人権を侵害し、彼らの家を逃げるために住民を強制的にサウジアラビア王国を非難しました。

今月1月、国連特別報告者ライラニ・ファハは、論争の的になるプロジェクトが、アワミヤの歴史的・文化的遺産を「回復不可能な害」と脅かしたと警告した。

「住人は、停電などのさまざまな方法で、適切な代替住民移転のオプションなしに自宅や企業を退去させ、報酬が不十分で、最悪の場合はどこにも行けないという圧力を受けている。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« シエリア軍はD... IDLIB州と「中... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。