アントニオのサッカー食べ放題

鹿島サポのダンナのつぶやきを浦和サポの妻がつづるブログです。

【アントニオ】鹿島×磐田

2016年09月18日 | サッカー観戦
速報版に付け足します。
マッチデーハイライトを見ましたが、良いシーンだけ集めると、かなり強いゲームをしたように見えました。
勝ちましたし、そういう評価でも良いのかなと思いますが、どうしても疑心暗鬼になってしまいます。

速報版を書いた後に、録画してあった東京×浦和を見ました。
どちらも、パス回しが速く、テンポの良い攻撃をしていました。
プレスに来る相手の守備をかいくぐって、フリーな選手を作る攻撃をしていたと思います。
今の鹿島の守備では、あれくらい意図と勢いのある攻撃をされたら、跳ね返せないでしょうね。

昨日のゲームを思い返してみると、やはり、磐田は攻守に渡って機能していませんでした。
攻撃は、前線のジェイとアダイウトンに当てるだけでした。
特に、ジェイにはブエノがマンマークでついていましたし、自由にさせませんでした。
鹿島の守備が機能していたのかもしれませんが、守り易かったと思います。

磐田の守備は、プレスがほとんど効いていませんでした。
柴崎に時間があって、自由にボールを持つことが出来ました。
ボール際の勝負は、鹿島も磐田も、どっこいどっこいだったと思います。
上位陣との対戦では、どちらも負けてしまいそうですね。

不思議と、金崎は得点出来ません。
動きは悪くないと思いますが、決まりません。
あれだけ決まっていたものが、ここまで決まらなくなるとは思ってもいませんでした。
昨日は、セットプレーから2得点したので、勝つことが出来ましたが、この先、金崎と赤崎が得点を取ってくれないと、厳しいゲームが続いてしまいそうです。

PKをもらったシーンは、スローの映像を良く見直してみると、カミンスキーは鈴木に触ってさえいないように見えました。
リアルタイムで見た時は、正当なクリアをした足が鈴木に当たったと思っていましたが、そうではありませんでした。

あのPKを簡単に決めた鈴木の精神力はすごいですが、自分でもファールでなかったことは気付いていたはずです。
カミンスキーのPKの前後の態度を見ていると、判定に不服というよりは勝負をあきらめているようでしたし、逆に鈴木の喜びように違和感を感じてしまいました。

鈴木は、まだ若いですし、精神的に子供なんでしょう。
PKを決めた後で、冷静にカミンスキーに一言かけていれば、こんなに後味の悪い勝ちにはならなかったでしょう。
それなら、松尾も自分が誤審をしたと、その場で気付くことも出来たはずですし、最後の退場劇もなかったかもしれません。
これは、せっかくもらったPKを手放せということではなく、あそこで、冷静に相手の気持ちを考えることで、鈴木自身も成長出来るかなという老婆心からのアドバイスです。
あれは、いつ、自分の身に降りかかっても不思議はない災難です。

ゲーム終了後の監督のコメントを見ると、守備は柏戦から修正されていたと思っているようですが、ホントにそうだったなんでしょうか…。
確かに、ジェイをブエノが離しませんでしたし、伊東もしぼって守備が出来ているようにも見えましたけれど…。
攻撃もどうなんでしょうか…。

2列目に土居を入れていますが、ポジションが気になります。
周りに誰もいないエリアで、孤立しているように見えました。
そのおかげで、ボールが入れば、ドリブルをしかけて攻撃が出来るのですが、攻撃の時も守備の時も、もう少し味方の選手との距離をつめた方が良くはないでしょうか。

監督は、赤崎を使った理由を、磐田はDFラインを高く設定しているので、その裏をつける選手だからとしていました。
実際に、そういうプレーを見せていましたが、そうは言っても、相手が磐田でなくても、赤崎を使い続けています。

スペースがないところでプレーする方が、持ち味を発揮出来る選手もいます。
一度、土居を中に戻してみてはどうでしょうか。
それに、絶不調の金崎を使い続けるのなら、試しに、パートナーを替えてみても良いでしょう。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへにほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【アントニオ】鹿島×磐田(速... | トップ | 【アントニオ】鹿島×磐田(妻... »

サッカー観戦」カテゴリの最新記事