銀座のうぐいすから

幸せに暮らす為には、何をどうしたら良い?を追求するのがここの目的です。それも具体的な事実を通じ下世話な言葉を使って表し、

鎌倉ー新橋間はSuicaを使うと長距離なのに1円引きで、有楽町ー新橋間は短距離なのに7円引き・・・・・と言う事は、この国が、非・法治国家だという事を証明している。

2017-06-13 11:40:27 | 政治

 今は、14日(水)の夜の10時半です。長い時間、このブログから離れていて申し訳ありません。誤変換直しが終わったので、さらに先に加筆を進めます。なお、この文章は、最初の総タイトルを、『桑子アナ、月曜日には、派手になる。しかし、火曜日には、地味になる。この意味は?』としておりましたが、14日の夜に二番目のモノ、『桑子アナは、長期政権となる筈で、それは、鎌倉のレジ係Msくりはらを、攻撃用武器として長期にわたって使われている私には、確信となる』としましたが、15日の午前零時に、三回目のモノへと、変更しました。

副題1、『NHKニュースウォッチの司会者、桑子アナを批判したら、すぐ、反応があった』

 これは、前報(後注1)に関連がある文章です。続きではないのですが、関連があります。その文章の中の、副題5において、桑子アナを批判しています。「私は、辟易している」と書いて居ます。それを書いたのが、金曜日で、その後、土曜日と、日曜日が間に挟まって、桑子アナには、二日ほど、会いませんでした。その間に、このブログを読んだ、NHKの誰か(または、NHKに影響力を持つ、鎌倉エージェントの誰か)が『これからは、こう、しよう』と考えた方向で、変化した、桑子アナが、月曜日に画面に現れました。お化粧が濃くなり、髪形も派手になり、まるで、タレントか、民放の女子アナかという程に派手になっていました。

 そして、非常に重要な事は、カメラが引いて、遠景として、桑子アナが映る場面が多かったという事です。つまり、私がそれに辟易しているポイントは、避けて撮影したという形でした。

 私は金曜日も、疲労して居て、問題を、最後まで、書かなかったのですが、今から、書きましょう。私がもっとも、辟易しているポイントとは、・・・・・大NHKと言う権威(実際には、力である)を、バックに背負って、それを自分の力と、考えて、高飛車に、他人(または、現象)を、弾劾し、叱り飛ばす口調が、虎の家を借るキツネに見える・・・・・という処でした。月曜日には、「それを、避けるために、ともかく、彼女の顔を、アップにしない様にした」という形でしょう。

 その時、すぐそれをブログ化しようかなと、思ったのですが、最近、疲れやすくなっています。特に、月曜日は、画廊巡りをするので、疲れがひどいです。無理をすると、書けるのですが、無理をしないとなると、疲労には、負けますので、『まあ、桑子アナは、逃げては行かないし』と、思って書きませんでした。

 ~~~~~~~~~~~~

副題2、『本日(2017-6-13)、北鎌倉と、大船の間で、架線に、針金が、引っかかって、停電をして、4時間ほど、大船駅と、逗子駅の間で、横須賀線が不通だったが?!?!?・・・・・その間、私は、江ノ電・バスに乗っていて、その中で、上の文章(ただし、総タイトルだけ)をスマホで、入力し、下書きボックスへ入れて、主人に付き添う為に、病院へ行った』

  ここで、横須賀線の遅延は、対、私に対する嫌がらせであろうと信じています。

 NHKニュース【午後零時】では、男性視聴者が、火花が散っている模様を撮影して居て、しかも、NHKの取材者に対して、応答をしていました。私はその人物は前もって、依頼をされたのだと、見ています。たまたま、その人物の写真を撮らなかったのですが、共産党員である可能性が強いです。鎌倉には、非常に多いので、頼めば簡単に、応じてくれるでしょう。主人が病院での、検診の予定がありました。先に出ていくのです。その一時間後に、私が追いかけて、病院で、合体して、診察を受けます。主人が、メインで、私が、付き添いです。普通は、主人が出る時間帯には、遅延は、起きず、私が出る時間帯に、遅延が起きるのですが、今般は、アスベスト問題と言う大アド場r-んをあげt事でもわかる様に、大攻撃をしてやろうという意味があったので、合計四時間、夫婦二人ともに、遅延の、苦しみを味合わせてやろうと、言う事だったのでしょう。夫婦両方とも、電車なら、たった五分の、鎌倉駅ー大船駅間を、一時間かかりました。(苦笑)

 針金の方ですが、鎌倉には、トンネルがありますので、その近辺から、針金を投げれば、こういう事故は起きると、思いますよ。秋葉原で、架線の柱が倒壊して、12万人だか、40万人が大迷惑をこうむったという事故がありました。あれも、すべて謀略です。

 と言うのも、この2017-6-5にも遅延をしました。歌舞伎座に行く予定があったからです。この歌舞伎座への妨害を含め、2016年の初夏には、すさまじいレベルで、横須賀線・他(主にJR東日本の路線)に異常が起きました。後で、リンク先を探して置きます。主人が、心臓を悪くして、50%の確率で、死ぬ恐れがあったので、それで、私が弱体化したとみて、恐ろしい攻撃に、種々見舞われたころです。

 この6月12日から、始まった、アスベスト被害の、大炎上的ニュースも同じです。・・・・・公団住宅、2万2000戸にアスベストが、使われて居て、横浜市の女性が、肺の癌にかかったのは、それが、原因だと、考えられる・・・・・というニュースです。

 その件ですが、火曜日になって、石井国土交通大臣が、この問題の担当だそうで、テレビ画面い登場しました。で、『おや、おや、また、同じですね』と、思った次第です。石井大臣は、旭化成問題と、雪の下黒物語の中の、アジサイ畑欺罔事件の両方に関連して、嫌がらせをする役目を担って、テレビに頻度高く登場する人物です。

 『また、出てきましたね。石井国土交通大臣が、登場すると、言う事は、このニュースは、謀略として、作り上げられた部分がありますね』と、私が、書くことが分かって居ながら、

  それでも、やってくると言う事は、ギャラリー山口のオーナーが殺された件で、秋山裕徳太子氏と、保坂涼子(=航子と言う名前で、活動する時もある)について書くことがそれほど、彼等にとっては、恐ろしいわけですね』と、おもっておりますが、アスベスト、に関しては、過去のリンク先を探すのが、非常に時間がかかるので、今日は、簡単に済ませておきましょう。

 ただ、石井国土交通大臣は、この2016年5月8日を中心として、その前後で、燃え上がった、パソコンへのハッカー被害にも、関連大臣として、テレビニュースに登場をしました。おや、おやと、おもっております。旭化成建材のグラフの、使いまわし疑惑で、【らら横浜】という傾きマンションを、400億円かけて、三井レジデンシャルは、建て直すそうですが、その件でも、石井大臣は、大量にテレビ露出をしました。それと、軽井沢近辺で、起きたスキーバス事故と、この2017年に入ってから起きた五月八日を中心とする、ハッカー問題と、今般の、アスベスト被害の、四項目すべては、鎌倉エージェントが、考案した、一種の嘘ニュースです。全部が嘘ではないが、どこかに部分的に、嘘が挟まっているというニュースです。 したがって、全体として、ある目的のために、作られたニュースとなっています。

 この様に、石井大臣をかばう姿勢が、鎌倉エージェントに在るので、ますます、あの推察を深めております。何の推察かと言うと、北隣に引っ越して来た、石井秀樹氏が、石井国土交通大臣と、従兄弟か、はとこ程度で、親戚ではないかと言う推察です。2016年7月18日に、テレビ東京で、ドリームハウスと言う、坪単価が、大変、高額で、斬新な構造を持つおうちが、放映をされました。施主が、石井秀樹氏と言って、建築家です。で、施主でもあり、設計も担当しています。その番組内で、前田祝一氏と、小野寺夫人が、登場したので、谷垣禎一さんが、死亡したのだろう。天は、悪意の跳梁を許さないのだと、言う文章を書いて居ますが(後注2)・・・・・・

**************

 ここから、14日に書く部分へ入ります。

副題3、『桑子アナの、お化粧と、態度の、月、火、水の三日間における、変化は、見事に、私のブログを、NHK。報道部が、読んでいることを証明している。または、NHKを背後から動かしている、鎌倉エージェントが、読んでいるということがわかる。桑子アナが読んでいるかどうかは、判らないが、背後に居て、桑子アナを、これから、長期政権として、使いたいと、思って居る連中が、読んでいることは確かだ。

 私は、1999年から、パソコンを使って文章を書いて居る。1999年から、2007年までは、相手が判っているメルマガとして書いて居て、今、現在書いて居る様な文章ではない。ごく一般的なもので、芸術とか、心理学とか哲学の分野にわたるモノであって、評価が高かった。だが、それを、本の形に直して、出版をしようとすると、すさまじい妨害に出会った。それは、24時間、隙間なく生活の全分野にわたっての攻撃(弾圧)であり、

 身に覚えがないのに、行われる攻撃なので、不思議な事であり、かつ、防衛をする必要があって、ミステリーを、紐解き始める。すると、ついに、現代政治の根幹まで、判る事となって来た。つまり、日本は、被・植民地国家であり、核燃料を買うということ他で、多大な金銭がアメリカへ流れているという事。

 それを一般の庶民(=日本人)が知覚することを避けるために、三つの方向で、処置がとられている事。

 1960年代の、安保闘争時には、「傀儡政権を倒そう」と言うシュプレッヒコールが永田町に響いて、居り、・・・・・岸信介をはじめとする、日本の保守党政権は、アメリカの代弁者である・・・・・と、言う事は、国民一般の常識であった。

 しかし、今では、そんなことは、まったく通用をしない。それほどに、NHKをはじめとする大メディアの、洗脳教育が行き渡ってしまっており、

 それを担う、CIA側の、隠れ蓑としての、日本人は、絶大な、権力を握っている。

 その中で、アイデアを出す人間として、は、

*1)、警察庁の中の特殊部門の誰か? (私には、その固有名詞は、まだ、特定できていない)

*2)、公的には、自分を死んだことにしているが、実際には、いまだ生きている、井上ひさし、等が、考えられ、
 そのアイデアに基づいて、人々の関係を調節し、ありと、あらゆる謀略を実行させるのが、伊藤玄二郎、酒井忠康、石塚雅彦、等であり、
 それらの、トップに位置するのが、成岡庸司であろうと、見ています。
~~~~~~~~~~~~~~
 
副題4、『スイカを使うと、有楽町ー新橋間は、140円のところが、7円安くなり、133円である。大船と、鎌倉の間は、160円が、154円となり、6円安くなる。この二つのルートの比較において、すでに、おかしいのだが、一番おかしいのは、
 
 最近、「株主総会で、お土産を渡さない」という仕組みが、生まれていますが、是もまた、井上ひさしあたりの、嫉妬心に基づくアイデアであって、内通を受けた、石塚雅彦さんが、経団連会長等を動かして、経団連等で、内々に、通達があったが故だと、おもっております。
 また、JRの運賃が非常におかしいです。
 駅の窓口で、切符を買うと、通常料金だが、スイカを使うと、安くなると、言われていますね。あれも又、スイカを、GPS機能と、同じ様に使う目的でしょう。
 テロ等準備罪が、制定されるずっと前から、ほぼ、同じ機能が、使われて居て、鎌倉エージェントの、真実を書いて居る私など、いわれのない、テロリスト呼ばわりをされて居る可能性があります。
 しかし、ここでは、スイカ(または、パスモ)を使うと、運賃が割引になるという制度の、その値段設定が非常におかしいという問題について語りましょう。
 
 有楽町と新橋の間は、切符を買うと140円です。しかし、スイカを使うと、133円で、7円引きです。鎌倉と大船の間は、切符だと160円です。しかし、スイカを使うと、154円で、6円引きです。そして、一番驚くのが、鎌倉と、新橋の間です。切符だと、800円です。スイカだと、799円です。一円引きです。算数の比例の問題としても、異様です。
 これは、定期を使って通勤をしている人には、正常な値段設定になっているのでしょう。そして、時々、鎌倉から、銀座へ向かう人は、あまり、気にしていないと、見えます。
 しかし、私は、30年間も、銀座の画廊巡りを続けているのです。数年前から気が付いており、ここにも、日本が、法治国家では、ないという事が現れていると、考えております。
 つまり、私一人をいじめるために、新橋ー鎌倉間、は、Suicaを使っても、たった一円しか安くならないのです。
  こんな子供だましが、通用する世界と言うのが、本当におかしいのです。この現代日本は、嘘が満載の、世界です。そして、鎌倉エージェントが、企画した事なら、JR東日本も言う事を聞くし、警察も支配下にあるので、協力をするしであり、
 しかも、この山の人達が、14日には、非常にうるさかったのです。何か背後で、悪いことが計画をされて居ると、思って居ます。
 そのうち、二つは、明瞭にNHKニュースに出てきました。
 一つはテロ等準備罪であり、もう一つは、アスベスト被害が、公団住宅、2万2千戸に及ぶという話です。それと連動して、安野夫妻と、前田夫妻が大きく動きましたので、
 これも、又やまゆり園事件と同じく、彼等を助けるために、起案をされたと、思います。で、私がここに降格と、繰り返し、繰り返し、炎上する事でしょう。アスベスト被害の何が問題なのかは、後で、リンク先でも見つけておきましょう。
 
~~~~~~~~~~~~~
副題5、『桑子アナに、疑問があるのは、その軽薄さと、舞い上がりの傲慢さが、鼻につくからだが、鎌倉駅前の大きなスーパーのレジ嬢【ミズ、くりはら】も、ある意味で、同じである』
  
 下にぼんやりした写真が置いてあります。ぼんやりしている方が、未婚、だと、思われる彼女の将来に、プラスになるだろうと、思って、それを使っていますが、鎌倉の駅前のスーパーのレジ係の中で、ぴか一と言うレベルで、太っている女性です。写真を見ると、彼女が胸の高さで持っている商品が白い色をしているので、やせて見えますが、実際には、働いているスタッフ全員の中で、もっとも太っている女性です。
 この、太っているという事が、非常に重要な意味を持つのです。それは、後で、丁寧に説明をします。
 このレジ係、【くりはら嬢(どう考えても主婦だとは、思われない。あまりにも気働きに欠けているので)】は、自分が異様な命令を、されて居て、常に待機をさせられていて、私が、そのスーパーを訪問する可能性があるときに、目立つ場所で、レジを打つように、命令を受けているのを疑問も持たずに遂行しているのは、『テロリスト退治に必要な任務だ』とでも、言いつけられているのでしょう。そういう風に推察していますが、
 
 ここで、一番言いたい事は、このくりはら嬢の、使われ方から考えると、桑子真帆アナは、長期政権になるだろうと、言う事です。
 どうしてそうなるかと言うと、私が、批判をしている対象が、私の目の前に現れると、私が、当然のごとく、嫌な感じを受けるはずだ。『だから、彼女は、ノイローゼになるはずだ』という鎌倉エージェント側の、コンセプトで、このくりはら嬢は使われているからです。
 
 何度も何度も使われていますが、この10日以内の、使われ方が、明瞭に、ギャラリー山口のオーナーの、逝去が他殺であったというテーマを書かせないという目的で、行われているのが、さらに、判ったので、ここに、写真を置いてているのです。写真そのものは、数年前に撮ったものですが、この6月に入ってから、明瞭な動きを彼女がしたので、とうとう、一般人ですが、写真と、固有名詞付きで、彼女を分析することとなりました。
 
 
 ところで、お待たせして、申し訳ございませんが、これから先に書くことは別の章で、書きたいと、思います。くりはら嬢が、何故、攻撃用弾丸として、使われることとなったのかとか、何故、太っていることが問題なのかは、別に日に書かせてくださいませ。ここでは、これで、
 誤変換を直したら、署名と書いた日付を入れます。
 
 

後注1、

疑問が一杯ある衛星画像(北朝鮮のミサイル発射場)を無批判に垂れ流し続けるNHK報道局に対して、疑問を持つ私  2017-06-10 22:43:14 | 政治

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 疑問が一杯ある衛星画像(北... | トップ | 有働さんと、桑子さんはベク... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL