愛国者の邪論

日々の生活のなかで、アレ?と思うことを書いていきます。おじさんも居ても立っても居られんと小さき声を今あげんとす

公人である内閣総理大臣と閣僚は百面相か百舌鳥か!ホントに私人であるならば政治家を辞職すべし!同じ人間がふざけるのもいいかんにしろ!

2016-10-17 | 靖国神社

「私は参拝できませんが、玉串料・真榊で気持ちを表しています!」

こんなパフォーマンは「英霊」に対する冒涜・不道徳だからやめろ!

靖国信奉者たちの皆さん!

「参拝していますよ!」などというパフォーマンスは止めてください!

内閣総理大臣安倍晋三」名で「真榊」「奉納」!

どこが「私人」なのだ!

憲法違反を「慣例」でスリカエ・ゴマカスデタラメがまかりとおる!

こんなルール違反!不道徳が内閣によって正当化される日本はオワリだな!

閣僚と政治家の「ルール違反」「身勝手」「プロパガンダ参拝」の大罪は以下のとおり!

玉串料・真榊も神道ではありませんか!

神道だけを優遇するのですか!

これこそ信教の自由を侵すものです!

侵略戦争を正当化する国際的常識から逸脱しており恥ですよ!

ポツダム宣言を詳らかに読んでください!

「英霊」の皆さんの「こころ」を思うのであれば

侵略戦争の戦争責任を明確にして

「英霊」の皆さんにきちんと大声で謝罪してください!

国家によって

皆さんの命を奪ってしまって、人生を中断させて、ホントに申し訳ありませんでした!

臣民の命・人生を中断させた犯罪について、きちんと謝罪していることを

参拝の度に明らかにしてください!

「感謝」などはいらぬと思います!

「感謝」はゴマカシ・スリカエです!

きちんと「謝罪」し、「二度と戦争はしません!」と公約してください!

そして侵略戦争による被害国民に対して「謝罪」してください!

「大罪」を正当化しゴマカシている限りは永遠に追及されます!

非人道的行為には時効は適用されないのです!

これは国際社会の常識=ルールなのです!

「国会審議」では「内閣総理大臣・首相」と「自民党総裁」を使い分け!

「靖国神社」では「私人」「公人」を使い分け!

「私人」は「家の中」にいる時だけだな!

それでも「内閣総理大臣」なんだ!

それだけの「給料」をもらっているだろう!

NHK 安倍首相 靖国神社の秋の例大祭で「真榊」奉納 10月17日 16時55分

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161017/k10010732321000.html?utm_int=news_contents_news-genre-politics_005

安倍首相 靖国神社の秋の例大祭で「真榊」奉納

動画を再生する

安倍総理大臣は、17日から始まった靖国神社の秋の例大祭にあわせて、「真榊」と呼ばれる鉢植えの供え物を奉納しました。

東京・九段の靖国神社では、17日から4日間の日程で秋の例大祭が始まりました。安倍総理大臣はこれにあわせて、「内閣総理大臣安倍晋三」名で、「真榊」と呼ばれる鉢植えの供え物を奉納しました。安倍総理大臣は17日、今の国会の焦点となっているTPP=環太平洋パートナーシップ協定の国会承認を求める議案を審議する衆議院の特別委員会に出席する予定で、秋の例大祭にあわせた靖国神社参拝は行わない見通しです。安倍総理大臣は、春の例大祭にも今回と同様に「真榊」を奉納し、8月15日の「終戦の日」には、自民党総裁として私費で玉串料を納めています。また、今回の例大祭にあわせて、塩崎厚生労働大臣も「真榊」を奉納しました。

官房長官「私人としての行動」

菅官房長官は午後の記者会見で、「安倍総理大臣が『真榊』を奉納したのは当然承知しているが、私人としての行動だと思っているし、政府として見解を申し上げる事柄ではない。いずれにせよ、安倍総理大臣が適切に判断されたと思う」と述べました。また菅官房長官は記者団から、安倍内閣の靖国神社参拝に対する方針を問われたのに対し、「私人としての行動なので内閣として方針があるということではない」と述べました。(引用ここまで

愛国者の邪論 菅官房長官の発言は答えになっていません!全く頓珍漢です。こんな記者会見を許してはなりません!記者の知的レベルが試されています!論争力が欠落しています!もっと突っ込みを入れてください!記者会見後に、ベロを出していますよ!官房長官!「ざまぁミロ!」ってね。

ああ言えば、こう言う!

パターンはいつも同じ!

「全く問題ありません!」

時事通信 安倍首相の真榊奉納は「私人として」=菅長官 10/17-16:58

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016101700575&g=pol

官房長官は17日午後の記者会見で、首相が靖国神社の秋季例大祭に合わせて真榊(まさかき)を奉納したことについて、「私人としての行動だと思っている。首相が適切に判断された」と述べた。「内閣総理大臣」の肩書が添えられたことに関しては、「慣例」との認識を示した。(引用ここまで

 【共同通信】 首相、靖国神社に供物奉納 秋季例大祭、参拝見送り 10/17 08:49  

画像

靖国神社の秋季例大祭に合わせ、安倍首相と伊達参院議長が奉納した「真榊」=17日午前、東京・九段北

安倍晋三首相は17日、東京・九段北の靖国神社で始まった秋季例大祭に合わせ「内閣総理大臣 安倍晋三」名で「真榊」と呼ばれる供物を奉納した。同神社が明らかにした。首相は20日までの例大祭期間中の参拝は見送る。2012年12月の第2次政権発足以後、首相は13年12月26日に靖国神社を参拝した。春季、秋季例大祭は参拝せず、いずれも真榊を奉納する対応を取ってきた。8月の終戦記念日には13年から4年連続で玉串料を納めている。12月初旬を軸に日中韓3カ国首脳会談を日本で開催する方向で調整に入っており、参拝見送りで中韓両国との関係改善を優先したとみられる。(引用ここまで

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新潟県知事選の結果を評価解... | トップ | 民意を否定する安倍政権に日... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。