feel.

レンズを通してみえたもの。感じたこと。

Olympus 40-150mm F2.8 PRO.

2017年03月20日 | フォト/カメラ



















お客様からお借りしたレンズを携え大阪にお出かけ。

望遠でスナップするには街中は窮屈過ぎる…だから帰りがけに関空へ寄り道をすることにした。

夕暮れ時の展望台に到着すると大砲みたいなレンズを抱えた人たちがびっしり

これから旅を始めるべく地面を蹴って大空に飛び出す飛行機の軌道に合わせてみなさんカメラを振り回している。

その中で僕の相棒は片手で持てる程度のひときわ小さなカメラではあるが、300mmの望遠をF2.8の明るさで撮れる実力派

近づくことができない被写体、しかも相当に離れている対象をさも身近にいるかの様に切り取れるのは本当に凄い。確実に肉眼を超えてる。

久しぶりのフォーサーズ。フルサイズと比べると流石に高感度が弱いなと思うけれど、等倍で見るような意地悪をしなければ特段不満は出てこない
(改めてdp2 quattroのバケモノぶりを実感)

アンダーが弱く見受けられるが、Lightroomで持ち上げてやればなんとでもなるレベルだ。

このレンズに加えて35mmの単焦点を一つ持っていれば全てが解決してしまうだろう。しかも二つ合わせて苦もなく持ち出せるだろうし。

結局写真は持ち運べて撮ってなんぼだと思うので(躊躇してしまうくらい70-200 F2.8は大きく重い)日常利用において一つの完成形なのかなと思う。

BMW・X1のタイヤをレグノに替えてランフラットから卒業させたのだが、下道は乗り心地がお上品になってよいものの、高速を走ると脂身を噛んでるみたいにグニャグニャしてて気持ち悪い。法定速度+αでカーブを曲がるとスリップ防止機能が作動してしまい、ありえないほど限界点が低くなってる…
どうしたもんか…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

らーめん颯人.

2017年03月15日 | グルメ



​大阪の南森町に用事で出かけたついで、近くで良い店をと調べたところにご縁があったお店
南森町駅からは歩いて5分位かな?12時過ぎに到着すると10人くらいが待たれていた。
大したことないなと最後尾に並んででみると、なかなかに進まないではないか…
僕は小説を持っていたので時間を気にすることなく待つことができたけど、僕の後ろの人は何度もなんども店を覗きにいっていた。
回転は恐ろしく悪い。

30分か40分ほどがたって僕の前の列が半分くらい消化された時点でメニューを予め聞いてくる。
メニューはシンプル。
醤油か塩か味噌らーめん。加えて裏しょうゆ。裏しょうゆはトッピング不可らしい
トッピングは比内地鶏の煮卵かチャーシュー3枚600円(高いな!)
あとは白ご飯と卵かけご飯だったかな?
店の看板は味噌らしいと後で知ったが僕はしょうゆな気分だったのでしょうゆラーメンと大好きなチャーシューをトッピング。
そしてビール!電車で来ると飲めるので良いねぇ

1時間以上まって漸く店にはいると、中は看板みたいに白くてシンプルこざっぱり。
カウンターが7席あるだけのこじんまりしたお店にスタッフは二人だけ。ご夫婦でされているのだろうか。
メニューは予め通ってあるので、席につくとすぐビールが届く。
作っている様を眺めているといかにも丁寧なお仕事をされているなというのがわかる。なるほどこれは時間がかかりそうだ。作ってるの1人やし。
店内の壁にはミシュランの認定証みたいのが小さいながらも誇らしげに掲げられていた。
その仕事っぷりに嘘偽りなし。
丁寧に作ってくださってるなとわかる濁りなくすっきり、でも味わい深いスープが素晴らしい。
チャーシューはしっかりした食感で、噛み締めて味わえる感じ。ただちょっと高いかな~
美味しかった!
総じて満足度は高し。
時間に余裕があるときに再訪して今度は味噌ラーメンを食してみたいものだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Olympus E-M1.

2017年03月08日 | フォト/カメラ
​お客様がOlympus E-M1 mark2を買われ、余った先代E-M1を売却すべく某電器屋に持っていくと余りにもお安い値段提示…
ちょうどその日、僕が関心を示していたOlympus40-150mmF2.8PROをお客様がまさかの購入、そのレンズを使わせてもらえることになったため(お客様は通常水曜休みなので僕と被らないのだ)E-M1を電器屋が提示する価格に少しだけ色をつけて引き取ってあげることにした。
それでもコンデジすら買えないくらいの随分とお値打ち価格でね( ´ ▽ ` )


想定外のメカ増!オリンパスのコンデジを手放したのに一つ前のフラッグシップになって帰ってきてしまった。笑
初めて手を出した一眼がオリンパスであり、縁を感じるなぁ
とどのつまり写真なんて撮れれば良いのだろうが、料理において同じ料理でも好みの味付けがあるように、写真においても好みの写りというものがある。
写真は好きだし、それぞれ個性をもったカメラを扱うのも大好き。
まぁ気に入らなければヤフオクで捌けばよし、良い機会なので試してみようと思う。

僕がちょっと前に出会ったニコンの70-200mm F2.8Eは非常に非常に良いレンズで、望遠で撮る愉しみを僕に教えてくれた。
だがしかし、いかんせんデカくて重い。
本体とレンズセットで2kg。鞄にいれてお気軽に持ち運ぶにはちょっとなぁ…というレベルだ。
今後きちんと撮りたい機会はあるだろうから売るつもりはないのだが、普段のちょっとしたお出かけで望遠を持ち運べれば写真を撮る愉しみが増えるかもしれないのにな〜と考えていた折、冒頭に話を出したオリンパス40-150mmF2.8PROがちょうど目に止まったのだ。
長さも重さも半分!それでいて35mm換算で80-300mmの超望遠F2.8通しときたもんだ!素晴らしそうではないか。
普段僕が持ち運んでいるNikon D610+sigma35mmF1.4よりも軽いシステムなので問題もない。
フォーサーズは望遠でこそ恩恵を最大限に受けられるシステム
望遠になるとフォーサーズでも僕が好むボケを活かした写真は撮れるだろう。

その真価を試せるチャンス到来。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

焼肉 新楽井.

2017年03月07日 | グルメ

Canon G7X mark2
日曜日はお客様をお連れして大阪へ。
ヨドバシカメラで色々と物色し、リクエストがあった鶴橋で焼肉

鶴橋は電車を降りた時点で肉の匂いが立ち込める素晴らしい街w
大阪のごちゃごちゃxコリアンなキムチやパステルカラーのコラボが織りなす特殊な雰囲気の商店街を抜け、駅から10分ほど歩き住宅街に入ったところ
昔ながらの鶴橋スタイルを貫いているという新楽井(あらい)さんがしずかに店を構えられていた。

こじんまりとした店だと思いきや奥に長く、一番奥まで進んだら広い部屋には人がぎっしり。
部屋の中は真っ白。
ほんとに真っ白。換気扇たまにしか回ってへんやん
座布団に座ると、テーブルが座布団と同じ高さに据えられている。まるで脚を折りたたまれた状態のように。
テーブルの底に手を這わせてみると、脚はなかったので本気だ。笑
どうやら七輪を置いて丁度の高さになるように図られているようだ。


臭いがつかないようにとアウターや鞄を用意されてる巨大なビニール袋に入れて戦闘開始

桜ユッケ

メニューを見るとひと皿1600-1900円くらいで結構高いな…とおもったらナカナカのボリューム
桜ユッケなんかハーフサイズ900円で二人が満足して食べ切れる。





もうね、目が痛い。
メニューに書かれてる”水中ゴーグルレンタル0円”が何の冗談かと思っていたが、本当にはめて肉を喰ってる方の気持ちがよく分かる。

肉はタレで下味をつけられていて焼いてそのままいただきます
イマドキのA5だどこ産だとかいうのとは違う世界といいますか
昔懐かしい焼肉って感じで小難しく考えずに美味しくいただける^^
瓶ビール3本飲んで、二人で12,000円だったから、まぁそんなもんか。

味よりも煙にまみれて食事をするというインパクトのほうが強かったりして。
こんなお店は他にないな!って感じ
面白い
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Canon G7X mark2.

2017年02月24日 | フォト/カメラ
サブのシグマdp2Quattro と 海用のオリンパスXZ-2を一台にまとめることにした。


サブとして持ち運べてオリンパス以上にはそこそこ撮れてダイビングにも使える(純正の安いハウジングがある)ものということで

1インチセンサーを持つソニーRX100M3とキャノンM7Xmark2が俎上に載り、EVFを取るか4倍ズームを取るか。

手元にはなぜかE-M1があるのだが、これをサブとして使うには少々大きすぎる。

E-M1+70-150mmF2.8セットで手に入れればD610+70-200F2.8Eに比べ相当に小さくお手軽望遠アイテムになるのだが、それだけのために20万円投資するのは勿体無い…これは我がものとせず処分することにした。

ということで手に入れたのがこれ

Canon G7x markII

Nikon D610+Sigma 35mmF1.4の解放は好み。やっぱフルサイズ機は手放せないなぁ

届いた本体に背面液晶保護フィルムを張り準備完了
挨拶代わりに色々といじってみると、キビキビした動作が心地よい。
レンズの明るさやズームはXZ-2とあまりかわらないもののセンサーが1段大きくなる分よくボケて印象的な写真を撮ることができる。
流石にコンデジとは比べ物にならない写真が撮れるのでこれはこれで持ち運ぶ価値はあるだろう。
休日にお出かけできたらスナップでも撮ってみたいと思う。

カメラ台数がちょっと減ってちょっとスッキリ。
因みに二台+αを処分することで追金は無しになるかな


2017年5月まではG7X,G9X購入で予備バッテリーorUSB充電キットがもらえるとのこと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サロメ

2017年02月23日 | 観たもの読んだもの

魔女のような人物が生首を持ち満足気に見つめる、怪しげな魅力を放つ絵を表紙にした”サロメ”

題材のものは何か知らなかったが、それ故原田マハさんなら僕の知らないアートの世界を開いてくれると思い迷うことなく手に取った。

19世紀の英国の画家、オーブリー・ビアズリーと彼を支えた姉メイベル、時代の寵児となった作家オスカー・ワイルドとその代表作”サロメ”を巡る物語。

欲望を求める姿は今も昔も変わらないのだろう。幾重にも重なるサロメ像が若干食傷気味ではあったが原田ワールドに浸らせてもらった。

物語を読んでいて彼の絵をもっとみたくなったのは言うまでもない。

調べてみると現在滋賀近代美術館でビアズリー展が開かれているという。

会期は3/27まで

是非行ってみたいと思う。

そしてもう一度読み返してみよう。


明日届くであろう新作に備えて無事に読了

楽しみに待ちたいと思う。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

牡蠣。

2017年02月21日 | グルメ











休日は朝のうちから10kmを走っておいて、昼からお酒を頂きながらゆったり牡蠣に舌鼓。

車に乗らないとこういう楽しみがあるから良いねぇ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

.

2017年02月18日 | フォト/カメラ

寒い冬が踵を返してやってきた。

豆を挽いた香りに包まれながら、あたたかい珈琲が美味しい朝。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週末は

2017年02月14日 | 徒然
連休を用いて大阪へ旅行

ではなく

雪予報に車で着けるかビビりながら朝五時台に大阪の大学に向かい某ワークショップに参加。





朝の9時から18時までガッツリ討論と発表の繰り返し

事前に参加されたことのある諸先輩方からは「アレはキツイ」と口を揃えておられたのに嘘偽りなし。

惰眠を貪ってる脳に鞭の目いっぱいの一撃で叩き起こされ競走馬の如くひたすら叩かれ続けるような状況でだったものの

徐々に慣れ午後くらいからは愉しくなってきて(痛みが快感に変わってる訳ではない)ハードながらも脳をこねくり回して遊んでいた。

終わってからはホテルに戻って寝るまでレポート

二日目も18時までガッツリと討論バトルで皆さまぐったりで、口を揃えて今日はバタンキューだと仰っていた。

面白かったし熱が冷めないうちにと僕は帰宅してからレポートを書くこと約4時間

大体の形だけ整えて翌日に推敲して無事終了

全く休息を取っていないものの何とも晴れやかな気分な月曜日だった。

僕はゆっくりまったりするよりも、一回こっきりの人生をぎゅっと充実させた方が性に合ってるのだろうなと実感させられた(本来は)連休だった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ふるさと納税でマラソンだ。

2017年02月09日 | 徒然
小耳に挟んだことなのだが、大阪に10万円のふるさと納税をすることで先着300名に大阪マラソン出走権が与えられるらしい。受付は4月開始とか。

ふーむ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加