feel.

レンズを通してみえたもの。感じたこと。

勝尾寺.

2017年11月29日 | フォト/カメラ

D850+sigma 35mm F1.4





ドライブがてらよってみたお寺

エンターテイメント感満載で観光地化が凄い。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏の名残.

2017年10月14日 | フォト/カメラ













Olympus E-M1 + VoightLander NOKTON 17.5mm F0.95
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真夏の京都.

2017年09月02日 | フォト/カメラ
ちょいと前の事だけれど、真夏モード全開のころに京都にお出かけをした。

最高気温35℃の予報に一日蒸し風呂でエラいことになるんじゃないか…覚悟を胸に臨んだわけであるが

日陰はそんなに暑くなかったし、快適とは言わんが普通に歩いてお散歩することができた。

もうちょっと風が吹いてくれたらなぁ、京都よ。

今回はmapretalにてオリンパス12-100mm F4を借り受けて撮影を愉しむことにしたのがトピック。

こうしてみるとデカイが

実際はこんな感じ。

F4でちょっと暗めとは言え小三元の標準と望遠のズームをニコイチでお手軽に持ち運べるという異常なまでの便利さが前々から気になっていたのだ。

土曜日の夜に到着、月曜日に返送となると、何泊かで借りる必要があり、今回は8300円。正直お手軽とは言いにくいお値段だ。


まずはお気に入りであるフィレンツェの薬局由来のイタリアンで京野菜料理を堪能

あまご

25種類の野菜のサラダ。店内のそこそこ暗いところでも撮れてる

剣先イカとズッキニーのスパゲティーニ かぼすの香り 

香川県産 味豊のセレブゥ 豚のハーブロースト

デザートのマンゴーかき氷が最高!





聞こえてくるのはなぜか中国語ばかり

八坂神社と円山公園でのんびり









壊れてしまったtheoのメガネを快く治してくれるお店にお世話になり(十年来使ってる眼鏡の色違い新品がまだ店頭に並んでる!替えとして買おうか…)


疲れが溜まってきた頃によーじやカフェを見つけまったり

美味しく愉しい京都お散歩。

そしてカメラ。オリンパスE-M1+12-100mmF4のセットはフルサイズを持っている身からすれば十分にコンパクト。それでいて24-200mmまでをカバーできるというのだから便利なことこの上ない。

料理屋さんやカフェなどちょっと暗いところでも対応できるし、屋外では200mmの望遠が威力を遺憾なく発揮してくれる。

対象が近くても敢えて離れて望遠を使えば結構ボケてくれるので、活かした撮影はできるし、究極の写りを求めたらフルサイズに軍配が上がるのかもしれないが、必要にして十分な画質と、フルサイズでは絶対ムリなコンパクトさ。

どっちを取るか。うーん、悩ましい… 時と場合で使い分けられれば最高だろうなぁ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニューホープ.

2017年05月31日 | フォト/カメラ

平成の元号が移り変わろうというこのご時世に昭和の香りが漂うお店を発見。

中では自転車で来られたのであろうお客様がひとり、ボールを打ち込まれていた(たぶん)。

きっと何十年も姿を変えず続いてるのだろうな。

あるんだねえ。


この店の向かいには小さな映画館があった。

小学生になるかならない頃だろうか、アニメ映画を観るために連れて行ってもらった記憶があるが

今やそこはクライミングジム。

そして昨日の僕の目的地。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

.

2017年04月21日 | フォト/カメラ

谷町六丁目界隈

UHA味覚糖の社屋がこんなところに



懐かしい… これはcayman.



天王寺までぶらぶら4kmくらい歩いたかな。

みっちり勉強のあとの日本酒は非常に効いた。久々に潰れました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お祭り。

2017年04月14日 | フォト/カメラ

これだけ35mmF1.4





格好いいなぁ

先々週のことになるが、日曜日は午後に仕事が入っていたものの暇を見つけて桜が咲いてそうな公園にお出かけしてみた。

車移動だし70-200mmF2.8Eの御大を抱えて。

到着した公園は地元のお祭があるらしく桜色のはっぴに身を包んだ自治会の方々が準備に走り回っていたが、だがしかし。

桜は殆ど咲いてなかった…

でもその少なく小さな主役にフォーカスを合わせるのに御大ズームはちょうどよかったかもしれない。笑

後は帰る頃にイベントが始まりだしたので撮ってみたり。

まだまだこれからだったけど、日和もよく、のんびりしてるだけで心地よいひと時だった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

sakura.

2017年04月08日 | フォト/カメラ

CANON G7X mk2

通勤中に毎日姿を見せてくれる桜が元気いっぱいに花を咲かせていた

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フォクトレンダーNOKTON17.5mm F0.95.

2017年03月25日 | フォト/カメラ
フォーサーズを手に入れる前から気になっていた二つのレンズのうちの一つ。(もう一つは40-150F2.8)

買うべきか否か迷っていて殆どのレンズを試写できる大阪の超大手量販に行ってみるも、テスターどころか在庫も一切なくなかなかにお目にかかれないレンズであったが、マップカメラにてレンタルできることが発覚したので借りてみた

おおお…

しっくりきてる。金属の塊感が素敵。重いけど。

バランスが良く、なかなかに良い雰囲気

F0.95 自然でいい感じのボケ

F4やったかな。ボケ控えめ。電子接点はないので、F値等の情報は記録されない

F値設定のクリック感はなかなか、ピント合わせのトルク感も丁度いい塩梅。

フォーカスピーキングをONにすればピントが合っているところは一目瞭然でEVFに表示されるため迷うことはない。

F0.95にすれば相当にボケる。フォーサーズと言えどもぼっけぼけ

F値を上げればかっちりしたのも撮れるし、相当に自由自在だ。

曇天でさえあれば朝の屋外でもNDフィルターなしF0.95で撮影もできる。

シグマの35mmF1.4に比べると相当に寄れるので使い勝手もよし

パープルフリンジさえ許容できれば、これは…

かなり使えるレンズかもしれない。

今晩からちょっとおもしろげな乗り物に乗ってお出かけの予定

天気はイマイチらしいから、フィルター無しでも撮れそうなのが逆に好都合。

週末が愉しみだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Olympus 40-150mm F2.8 PRO.

2017年03月20日 | フォト/カメラ



















お客様からお借りしたレンズを携え大阪にお出かけ。

望遠でスナップするには街中は窮屈過ぎる…だから帰りがけに関空へ寄り道をすることにした。

夕暮れ時の展望台に到着すると大砲みたいなレンズを抱えた人たちがびっしり

これから旅を始めるべく地面を蹴って大空に飛び出す飛行機の軌道に合わせてみなさんカメラを振り回している。

その中で僕の相棒は片手で持てる程度のひときわ小さなカメラではあるが、300mmの望遠をF2.8の明るさで撮れる実力派

近づくことができない被写体、しかも相当に離れている対象をさも身近にいるかの様に切り取れるのは本当に凄い。確実に肉眼を超えてる。

久しぶりのフォーサーズ。フルサイズと比べると流石に高感度が弱いなと思うけれど、等倍で見るような意地悪をしなければ特段不満は出てこない
(改めてdp2 quattroのバケモノぶりを実感)

アンダーが弱く見受けられるが、Lightroomで持ち上げてやればなんとでもなるレベルだ。

このレンズに加えて35mmの単焦点を一つ持っていれば全てが解決してしまうだろう。しかも二つ合わせて苦もなく持ち出せるだろうし。

結局写真は持ち運べて撮ってなんぼだと思うので(躊躇してしまうくらい70-200 F2.8は大きく重い)日常利用において一つの完成形なのかなと思う。

BMW・X1のタイヤをレグノに替えてランフラットから卒業させたのだが、下道は乗り心地がお上品になってよいものの、高速を走ると脂身を噛んでるみたいにグニャグニャしてて気持ち悪い。法定速度+αでカーブを曲がるとスリップ防止機能が作動してしまい、ありえないほど限界点が低くなってる…
どうしたもんか…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Olympus E-M1.

2017年03月08日 | フォト/カメラ
​お客様がOlympus E-M1 mark2を買われ、余った先代E-M1を売却すべく某電器屋に持っていくと余りにもお安い値段提示…
ちょうどその日、僕が関心を示していたOlympus40-150mmF2.8PROをお客様がまさかの購入、そのレンズを使わせてもらえることになったため(お客様は通常水曜休みなので僕と被らないのだ)E-M1を電器屋が提示する価格に少しだけ色をつけて引き取ってあげることにした。
それでもコンデジすら買えないくらいの随分とお値打ち価格でね( ´ ▽ ` )


想定外のメカ増!オリンパスのコンデジを手放したのに一つ前のフラッグシップになって帰ってきてしまった。笑
初めて手を出した一眼がオリンパスであり、縁を感じるなぁ
とどのつまり写真なんて撮れれば良いのだろうが、料理において同じ料理でも好みの味付けがあるように、写真においても好みの写りというものがある。
写真は好きだし、それぞれ個性をもったカメラを扱うのも大好き。
まぁ気に入らなければヤフオクで捌けばよし、良い機会なので試してみようと思う。

僕がちょっと前に出会ったニコンの70-200mm F2.8Eは非常に非常に良いレンズで、望遠で撮る愉しみを僕に教えてくれた。
だがしかし、いかんせんデカくて重い。
本体とレンズセットで2kg。鞄にいれてお気軽に持ち運ぶにはちょっとなぁ…というレベルだ。
今後きちんと撮りたい機会はあるだろうから売るつもりはないのだが、普段のちょっとしたお出かけで望遠を持ち運べれば写真を撮る愉しみが増えるかもしれないのにな〜と考えていた折、冒頭に話を出したオリンパス40-150mmF2.8PROがちょうど目に止まったのだ。
長さも重さも半分!それでいて35mm換算で80-300mmの超望遠F2.8通しときたもんだ!素晴らしそうではないか。
普段僕が持ち運んでいるNikon D610+sigma35mmF1.4よりも軽いシステムなので問題もない。
フォーサーズは望遠でこそ恩恵を最大限に受けられるシステム
望遠になるとフォーサーズでも僕が好むボケを活かした写真は撮れるだろう。

その真価を試せるチャンス到来。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加