朝霞駅 その8

2017-04-21 20:45:51 | 日記

膝折氷川神社のさくら祭り→黒目川の妙音沢。新座総合高校の文化祭に昨年行きまして。その際、高校生のファッションショーを見たのです。キャンプドレイクの端っこ。
印は口腔の高校。後口の栄緑道に氷川(皮革)の神輿が入りました。

桜は女の頭にツを発散した悪因があります。脳や悩で「め」の「メ」に突き立てて上にまき散らす印がツで津となります。桜=櫻の二枚貝。こちらは今まであるお金(お札)と新しい循環紙幣社会を載せると。嬰「みどりご」「えいじ」を自在。神器の総体がAgeの年月を自製します。個人に変えるのは若さ老いの「まとい」です。

妙音沢には妙音沢旗桜が咲いていました。

清水で湧き水の妙音沢。カタクリの群生地です。片栗粉のとろみ。さじ加減で薄くまとったり。硬くしたりの処女膜をいいます。

黒目川は朝霞駅12と朝霞台駅13の間を流れます。甲状腺と副甲状腺の内分泌。いわゆる体液の出所となります。

市場坂橋の杭に郵便局の「簡易保険と郵便年金」の融資施設が立てたようです。

バス停「新座栄」は始発終点。声の出所。郵便は自身の体内に伝える杭を示します。ゆえにステンレスの錆。寥。寞ない杭を刺しているのね。
呼んでくれるといつでも顔を出すのよ。いっしょに鯛焼きを食べて戻りました
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 朝霞駅 その7 | トップ | 朝霞駅 その9 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。