勇気を持って明るく「生きる」! -B型肝炎ウィルスキャリアの肝臓がん闘病記

  「あと半年、生きているかどうかわかりませんよ!」と医師に宣告され、がん(癌)を克服し「生きる」ことを考える。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2018年が平和で明るく希望ある年になりますように!

2018年01月04日 13時40分20秒 | 明るく生きる

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。


2009年1月に肝臓がんが発見され、医師から「5年の生存率が50%、10年の生存率は10%」、「3年生きられるかどうか?」と言われました。
この1年間、無事に過ごすことができれば、10年生き抜いたことになります。
この1年間、がんの再発もなく、明るく健康で生きることが出来ることを祈願しております。

さて、今年3月末に肝硬変・肝がん患者への新しい医療費助成制度ができるかもしれません。
長年の肝炎患者の悲願であり、肝炎患者団体の活動の成果です。

明るい希望が輝く2018年とになりますように。


また、みなさまが健康で平和に生活ができますように祈願しております。

 

B型肝炎訴訟原告団の活動

http://www.b-kan.org/ (肝炎患者支援のWeb)

http://bkan.jp/ (全国B型肝炎弁護団のWeb)

 

キャリア支援の活動

http://www.npo-career.org/ (特定非営利活動法人キャリアサポート研究会)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

多くの大学で患者講義が行われています!

2017年07月02日 11時09分28秒 | 明るく生きる

B型肝炎の知られざる苦悩吐露

福井大学医学部で患者が講義

 

福井新聞に福井大学医学部の患者講義が報道されていました。

 B型肝炎の当事者にしか分からない苦悩を知ってもらおうと患者本人による「患者講義」が30日、福井県永平寺町の福井大医学部松岡キャンパスで開かれた。北陸地方在住の50代男性患者が「患者の多くは差別や偏見、経済的な苦しみを抱え、さらなる差別を恐れ病気について言えない状況にある。患者に寄り添ってほしい」と医療の道を志す学生に訴えた。

 集団予防接種での注射器使い回しによるB型肝炎ウイルス感染訴訟を起こしている全国B型肝炎訴訟北陸弁護団が、患者の状況を知ってもらおうと、県内で初めて開いた。医学部医学科、看護学科の1年生約170人が受講した。

 

 福井新聞

 http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/211612

 

 多くの大学で患者講義が実施されることを期待しています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明けましておめでとうございます!

2017年01月03日 09時07分46秒 | 明るく生きる

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

2009年1月に肝臓がんが発見され、8年が経ちました。

当時は、医師から「5年の生存率が50%、10年の生存率は10%」、「3年生きられるかどうか?」と言われましたが、元気でやっています。

全国B型肝炎原告団とキャリア支援の活動をライフワークとしています。

2017年4月からは駒澤大学で「キャリア・デザイン応用」の科目を教えることになりました。

 

今年も皆様が健康で平和に生活ができますように祈願しております。

 

 

B型肝炎訴訟原告団の活動

http://www.b-kan.org/ (肝炎患者支援のWeb)

http://bkan.jp/ (全国B型肝炎弁護団のWeb)

 

キャリア支援の活動

http://www.npo-career.org/ (特定非営利活動法人キャリアサポート研究会) 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年みなさまにとって良い年になりますように。

2016年01月02日 11時44分43秒 | 明るく生きる

あけましておめでとうございます。

 

昨年はお世話になりました。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

みなさまにとって良い年になりますように。

 

2009年1月に肝臓がんを宣告され、5年の生存率が50%、10年の生存率が10%と医師に言われて、7年が経過しました。

みなさまのおかげで、元気に新しい年を迎えることができました。

 

大学生協を昨年6月に退職し、B型肝炎訴訟原告団の活動(http://bkan.jp/)と若者・学生の学びと成長、就活支援の活動(http://www.npo-career.org/)をライフワークとしております。

 

今年もウイルス性肝硬変・肝がん患者の医療費助成の署名に取り組みます。

ご協力をよろしくお願いいたします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

肝硬変 支援対象拡大へ

2015年08月13日 12時51分57秒 | 明るく生きる

朗報です!

 

 厚労省の「肝臓機能障害の認定基準に関する検討会」で、基準の見直しにより、肝硬変患者の身体障害者手帳の交付対象者が広がりそうです。

 この検討会に、日本肝臓病患者団体協議会、薬害肝炎全国原告団・弁護団、全国B型肝炎訴訟原告団・弁護団の三団体で「すべてのウイルス性肝炎患者が生活しやすい世の中を作るため」の意見書を提出して、要望していたことが実現する方向となりました。

 

検討会の資料等は、

厚労省のホームページ

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-syougai.html?tid=268429

ごご覧ください。

 

 

 

2015年8月13日 読売新聞の掲載記事

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加