きのつらゆき(Kino_Tea)

紀貫之のごとく、気の向くままに、つらつらと、(書いて)ゆきましょう。
ブログというより備忘録。スケート関連多い。

女子の4回転ジャンプ (トルソワ、ユヨン、トゥルシンバエワ、紀平梨花など)

2016-11-08 | Skating

(Update 2018-07-22)

女子の4回転ジャンパーの名前が増えてきたので表にまとめた。表中のリンクをクリック(タップ)すると動画を見ることができる。実質的に練習をしているのはジュニア選手。シニアに上がっても挑戦を続けてほしい。


(追記)2018年6月~7月の大会で竹内すい選手が4Sに試合で挑戦中。

(追記)2018年4月、ロシアのビクトリア・ナウモワ選手が4Loを練習する。

(追記)2018年3月の世界ジュニア選手権でアレクサンドラ・トゥルソワ選手が4S、4Tに成功し、ISUに公式に認定された。(4Tは女子で世界初。4Sは安藤美姫に続く2人目、新採点方式では世界初)→ 動画

(追記)2018年2月21日のロシア国内大会(ロシアカップ・ファイナル)のジュニアのFSでアレクサンドラ・トゥルソワ選手が4S、4Tに挑戦し、4Sに成功した(GOE+2.00)動画

名前所属区分ジャンプ備考
4A4Lz4F4Lo4S4T
アレクサンドラ・トゥルソワ ロシア J2   練習     認定 認定 '18/3 4Lz練習
'18/3 世界ジュニア選手権で4S,4T成功
'18/2 露杯ファイナルで4S成功,4T挑戦
'17/8-12 JGPS、JGPFなど、
練習で4S+3T、4T
竹内すい 日本 S2         試合   '18/6-7の大会
(邦和杯など)
ユ・ヨン 韓国 J2         試合   '16秋の国内大会
コートニー・ヒックス 米国 S6         試合   '11夏の国内大会
(Glacier Falls S.C.)
ビクトリア・ナウモワ ロシア J1       練習     '18/4 4Lo練習
シェレペン教室→CSKA
ヤスミナ・カディロワ ロシア J1         練習   '18/5 カザン時代の練習
エリザベータ・ベレストフスカヤ ロシア B2           練習 '18/4 4Tの練習
アンナ・シェルバコワ ロシア J2   練習       練習 '18/4 4Lz+3T+3Lo
'17/4 4T+3T+3Lo
'17/4 4Lzの記事
エカテリーナ・クラコワ ロシア J4         練習   4S+3Tの練習, '17/12記事
エリザベート・トゥルシンバエワ カザフ S4         練習   4S+3T
樋口新葉 日本 S3         練習   '16/11記事
本田真凜 日本 S2       練習 練習   '17/1記事
紀平梨花 日本 S1         練習 練習 4Tのツイート
岩野桃亜 日本 J2     練習   練習   '17/5記事
中塩美悠 日本 S6           練習 '15/5の練習
エフゲニア・メドベージェワ ロシア S4         ?   '17/1記事
ポリーナ・ツルスカヤ ロシア S2         ?   (記事を見た記憶が…)
安藤美姫 日本         認定   '02 JGP Final (*1)
スルヤ・ボナリー フランス           試合 '89-'91 (*2)
サーシャ・コーエン アメリカ         練習   '01全米選手権の練習

(訂正)スルヤ・ボナリーは4Sではなく4Tに挑戦
(追記)コートニー・ヒックスが4Sに挑戦
(追記)中塩美悠の練習



認定=ISUが認定した
国内=各国スケ連が認定した
試合=国内外の試合で披露(ただし、回転不足、転倒、両足着氷などで認定されない)
練習=練習中(ただし、ハーネス付きの練習、陸上練習は含まない)


(*1)安藤美姫は新採点基準下でも4回転ジャンプに挑戦した→ヤフー知恵袋の回答
(*2)4回転ジャンプの歴史→Wikipedia(en)

(参考)Yin&Yangさんのブログも参考になる(よく拝見しています)



重複する内容だが下記の方が少し詳しいかも…

 


4Lz

練習している選手

アレクサンドラ・トゥルソワ(ロシア、Jr.2)

アンナ・シェルバコワ(ロシア、Jr.2) → 4Lz+3Lo+3T ロシア語記事(日本語訳)


4F

練習している選手

岩野桃亜(Jr.2)日刊スポーツ記事(2017/07/25)


4Lo

練習している選手

ビクトリア・ナウモワ(Jr.1) → '18/4 ポリーナ・シェレペンのスケート教室にて


4T

ISUが認定した選手

アレクサンドラ・トゥルソワ(ロシア、Jr2) → '18/3 世界ジュニア選手権
('17/12 練習動画'17/12 JGPFインタビュー)


練習している選手

アンナ・シェルバコワ(ロシア、Jr.2)4T+3T+3Lo4T+3T4T

紀平梨花(Jr.2)こちら


4S

(1)ISUが認定した選手

アレクサンドラ・トゥルソワ(ロシア、Jr.2)

① '17 JGPオーストラリア→FSで挑戦、転倒はしないが回転不足(UR)
4S(UR) BV 8.10, GOE -1.37
試合の動画
練習では、4S+3T(fall)4S(8月JGP豪州FS公式練習)、 4S+3T(4月)

② '17 JGPベラルーシ→FSで挑戦、DGと転倒
4S(DG,fall) BV 4.40, GOE -2.10

③ '17 ロシアカップ第3戦(国内大会ジュニア)→FSで挑戦、URと転倒
4S(UR,fall) BV 8.10, GOE -4.00
試合の動画

④ '17 ロシアカップ第5戦(国内大会ジュニア)→FSで挑戦、UR
4S(UR) BV 8.10, GOE -2.10
試合の動画


➄ '17/12 JGPファイナル→FSで挑戦、URと転倒
4S(UR,fall) BV 8.10, GOE -4.00
試合の動画


➅ '18/2 ロシアカップ・ファイナルで成功
4S BV 10.50 GOE +2.00 ジャッジスコア
試合の動画

➆ '18/3 世界ジュニア選手権で成功
4S BV 10.50 GOE +2.00
試合の動画



(2)試合で挑戦した現役選手

竹内すい (日本、Sr.2)

以下の試合で挑戦
'18/6 第5回アイビススケーティングクラブ発表会 結果はDG 個人様twitter
'18/7 邦和杯 挑戦したとのこと

ユ・ヨン (韓国、Jr.2)

'16年11月6日に開催された韓国の国内大会で、4回転サルコウ(4S)にチャレンジした。結果はダウングレードであるが、練習ではもっと跳べていた。タノジャンプ、リッポンジャンプを多用する選手だが、3S(リッポン)の代わりに4Sを試した。

4S(DG) GOE -1.93

プロトコル1プロトコル2
試合の動画

4S<< 3Lz(t)+3T(t) 2A+3T(t) / 3F(t) 3Lz(r) 3Lo(t) 2A+2T(t)+2Lo(r)

/・・・後半、(t)・・・タノ、片手上げ、(r)・・・リッポン、タケノコ、両手上げ


住吉りをん、岩野桃亜、本田望結と同世代。アジア杯では岩野に'15,'16の2年連続で勝っている。'18/1および'16/1の韓国選手権はパク・ソヨン、チェ・ダビンらシニア選手と競い優勝した。


コートニー・ヒックス (米国、Sr.5)

2011年米国の大会「Glacier Falls Summer Classic」
4S(DG?, 2ft?)・・・メディア記事(en)、日本のファンのブログ1ブログ2

“At Glacier Falls, I wanted to put my quad Salchow and new triple flip triple loop combination in the program,” she explained. “While the program wasn’t perfect, I was happy with it. I new there was risk going into the competition with what I was putting in, but I thrive on taking calculated risks. It is a way I build and learn from.”


(3)練習している選手

エカテリーナ・クラコワ(ロシア、Jr.4) ・・・'17/12 記事(ru)

エリザベート・トゥルシンバエワ(カザフスタン、Sr.6)  ・・・4S+3Tの動画はこちらこちら
愛称は「リサ」、あだ名は「バンビちゃん」「バンビ・リーザ」?

コーチは羽生選手と同じブライアン・オーサー。
'16/'17FSの音楽は久石譲の「もののけ姫」

タノ(片手上げ)、リッポン(両手上げ)のジャンプは、'17年1月に古巣のモスクワのリンクに戻りコーチのデュダコフの指導を受けた模様
'18/'19シーズンは古巣のエテリチームに戻った。

WikipediaISU BIO、ママのInstagram


紀平梨花(Jr.2)
・・・4S(*)、梨花姉Twitter

岩野桃亜(Jr.1) ・・・4Sや3A、こちらの記事(2016/10/22)

記事より抜粋
「紀平梨花選手がトリプルアクセルを決めています。自分もジュニアに昇格する来季は大技に挑戦したい。クワドサルコウに挑戦します。トリプルアクセルも練習していますが、サルコウの方が確率が高いんです」
The Japan Times (2017/05/23)

樋口新葉(Sr.2)・・・4Sや3A、スポーツ報知の記事(2016/11/13)

(3Aについて)樋口本人は今季の挑戦を希望したが、成功確率が上がらず見送った。4回転サルコーの練習も始めている。


本田真凜(Sr.1)・・・4Loや4S、こちらの記事(2017/01/12)

記事より抜粋(TBS News23のインタビュー)
サルコーとループという2つの4回転ジャンプに練習で取り組んでいると口にした。
「もっと上のやつをとびたいなと。毎日最近4回転の練習をしているので」


これ以外にも、メドベージェワ(記事)、ツルスカヤも練習しているような記事をどこかで見かけた気がする

さらにエテリ組で4回転にチャレンジする子がいるとエテリは言ったトゥルソワか?


いずれの選手も全国大会やISU主催の国際大会で披露するほどの完成度(80%以上の成功率?)ではないだろうが、3回転ジャンプによい影響を与えているのではないか。女子は成長期を境にジャンプが跳べなくなることもあるが、技術を磨いて頑張ってほしい。


過去に挑戦した選手はこちら。(スルヤ・ボナリーと安藤美姫が有名。コーエンも)


(関連サイト)
女子の3+3Lo(セカンドルーパー)

女子の3A
男子の4回転(4A、4Lz、4F、4Lo)

『フィギュアスケート』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リプニツカヤの涙 (I'm alway... | トップ | GPフランス杯、マリア・ソツ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-11-07 16:01:21
表中のボナリーが降りたクワドが4Sになってますが4Tですね。あと、2011年にヒックス選手が試合で4Sに挑戦してます。
Re:Unknown (Kino_Tea)
2017-11-07 23:18:33
コメントありがとうございます。

ボナリーさん4Tでした。訂正しました。
コートニー・ヒックスさんについて教えていただきありがとうございます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Skating」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事