超音波システム研究所

超音波の新しい利用に関するブログです

超音波システム研究所

2018-09-13 20:47:54 | 超音波システム研究所2011
超音波システム研究所は、
下記の通り超音波セミナーを行います。




タイトル
「超音波洗浄の基礎技術とトラブルシューティング」


◎ 日 時 平成30年9月19日(水)10:00-17:00 1日集中講座
◎ 受講料 42,000円(消費税込)(テキストおよび昼食を含みます。)
◎ 講 師 斉木和幸 氏 (超音波技術研究所代表 機械工学 システム技術)
◎ 会 場 新技術開発センター研修室 東京都千代田区一番町17の2 一番町ビル3F
TEL 03(5276)9033
・地下鉄半蔵門線 半蔵門駅下車 4番出口または5番出口 徒歩2分
・地下鉄有楽町線 麹町駅下車 1番出口または3番出口 徒歩5分
(受講券に地図を添付いたします)


主催 株式会社 新技術開発センター
〒102-0082
東京都千代田区一番町17-2 一番町ビル3F
TEL.03-5276-9033 FAX.03-5276-9034
ホームページ http://www.techno-con.co.jp/
技術士情報サイト http://pe.techno-con.co.jp/


詳細 http://www.techno-con.co.jp/item/18927.html




<プログラム>

1.洗浄の基礎知識

 1.1 洗浄の目的と原理
 1.2 洗浄のエネルギー
  1.2.1 汚れと付着力
  1.2.2 洗浄と表面エネルギー
 1.3 洗浄の方法
  1.3.1 物理作用
  1.3.2 化学作用
  1.3.3 マイクロバブル
 1.4 一般的な洗浄プロセス
 1.5 洗浄液(洗剤、溶剤…)
 1.6 洗浄効果の確認・評価方法
 1.7 洗浄システムの具体例




2.超音波洗浄器によるデモンストレーション
  メガネの洗浄器で音圧測定・・・します

3.洗浄で使われる超音波

3.1超音波の利用ノウハウ
  3.1.1 設置
  3.1.2 マイクロバブル発生システム
  3.1.3 液循環
 3.2 超音波振動の伝搬現象
  3.2.1 液体
  3.2.2 気体
  3.2.3 弾性体
 3.3 キャビテーションと音響流
  3.3.1 測定
  3.3.2 解析
  3.3.3 評価
  3.3.4 具体例






4.洗浄の問題解決テクニック( トラブルシューティング)
   質疑応答を含めた対応 
 4.1 大型部品(軸・フレーム…)の洗浄
 4.2 洗浄バレルを使用した洗浄
 4.3 大量の部品洗浄
 4.4 洗剤・溶剤を利用した洗浄
 4.5 複雑な形状の部品洗浄
 4.6 その他 (線材、素材、粉末、アルミ、セラミックス…)





参考動画

超音波洗浄機

https://youtu.be/cF6LxdCk-ZM

https://youtu.be/8GvSMfb6PIM

脱気マイクロバブル発生液循環

https://youtu.be/EaE296dCz6o

https://youtu.be/1LICuXiOQOQ

音圧測定

https://youtu.be/glWfqnQyI0Q

https://youtu.be/4cRFSad4tv4

音圧解析

https://youtu.be/PxseTSz56Ag

https://youtu.be/2bnNPmVoZes






参考

超音波セミナー
http://ultrasonic-labo.com/?p=14513

超音波による「金属部品のエッジ処理」技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2894

超音波洗浄ラインの超音波伝搬特性を解析・評価する技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2878

キャビテーションと加速度の効果に関する新しい分類
http://ultrasonic-labo.com/?p=1251

シャノンのジャグリング定理を応用した
「超音波制御」方法
http://ultrasonic-labo.com/?p=1753

超音波による表面改質技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1527

デジタルカメラによる
キャビテーションの写真を利用した超音波制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1461

超音波を利用した、「ナノテクノロジー」の研究・開発装置
http://ultrasonic-labo.com/?p=2195

超音波システム研究所のコンサルティング
http://ultrasonic-labo.com/?p=2187

「超音波の非線形現象」を目的に合わせてコントロールする技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2843

超音波資料
http://ultrasonic-labo.com/?p=1905

複数の異なる「超音波振動子」を同時に照射するシステム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1224

3種類の異なる周波数の「超音波振動子」を利用する技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3815

2種類の異なる「超音波振動子」を同時に照射するシステム
http://ultrasonic-labo.com/?p=2450

対象物の振動モードに合わせた、超音波制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1131

オリジナル技術リスト
http://ultrasonic-labo.com/?p=10177






<<超音波洗浄>>

1)超音波洗浄技術
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/8b583cdbde0e4e4e85e11d2ba5e56a0d.pdf

http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/4b10b044100130815368b1dc57220eda.pdf


2)注意事項
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/278c3eb92b11c1b8d94535811f61b6da.pdf

超音波洗浄は
 電気・電子部品、光学部品や自動車などの
 機械部品に幅広く利用されています。

超音波は目に見えませんが、
 その現象は非常に複雑であり、
 使用方法を間違うと、減衰してしまったり、
 洗浄ムラが発生してしまったりと、期待していた効果が得られません。

そこで、本資料では
 超音波洗浄を効果的に使用するための
 具体的な技術・方法に関する概要について
 事例に基づいた説明で紹介します。

これまでの常識や一般論とは異なる部分もあるかもしれませんが、
 全て実績に基づくものです。

超音波洗浄技術の向上に是非お役立てください。


<< 超音波技術 >>

1)超音波攪拌装置(推奨)20160712
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/8b22150e4b345ecbe10dfd612300047a.pdf


2)超音波測定・実験資料20160712
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/04f7d34712031a85107f74d7fd83a4cf.pdf

http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/35ca760e77b6e52390ab619e1c0eb33f.pdf


3)超音波テスター資料20160712
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/8fd5379cd652a53540b02469b31ee072.pdf


4)洗浄システム(推奨)20160712
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/e063304164a6dc373b62b1b5dafa339c.pdf


5)音圧解析に関する資料20160712
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/d2a25103ad3cc9e7412ba335bcf94507.pdf


6)オリジナル技術20160712
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/a6c0b4afdabb85b38f9c4268ba61f30c.pdf


超音波とマイクロバブルによる表面残留応力の緩和処理技術

超音波とマイクロバブルによる表面改質(応力緩和)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=5413

樹脂・金属・セラミック・ガラス・・の表面改質に関する書籍
http://ultrasonic-labo.com/?p=7530

2015年(上記の書籍発行) 以降の進展について
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/be286d705105ef8b1bc8254d3968b8ee.pdf

中小企業広島会報誌-H29.4
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/95a1e4f6f5b475a612043565e4c1e6d6.pdf

超音波利用実績の公開
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/12f72611ff69c379308e7fb9eb530c2d.pdf


超音波資料
http://ultrasonic-labo.com/?p=1905

オリジナル技術資料
http://ultrasonic-labo.com/?p=2098

超音波コンサルティング
http://ultrasonic-labo.com/?p=2187


 
 

UltraSonicSystem「超音波<音圧測定・解析>システム」技術( nanotechnology )

2018-09-13 20:17:34 | 超音波システム研究所2011

UltraSonicSystem「超音波<音圧測定・解析>システム」技術( nanotechnology )


表面弾性波を利用した超音波制御技術 ultrasonic-labo

2018-09-13 16:22:29 | 超音波システム研究所2011

表面弾性波を利用した超音波制御技術 ultrasonic-labo


第4回 京都大学 − 稲盛財団合同京都賞シンポジウム [材料科学分野]「絡み合う物質の中の電気と磁気」十倉 好紀

2018-09-13 16:19:49 | 超音波システム研究所2011

第4回 京都大学 − 稲盛財団合同京都賞シンポジウム

[材料科学分野]「絡み合う物質の中の電気と磁気」十倉 好紀

 


超音波専用水槽に関する実験 no.14

2018-09-13 15:09:01 | 超音波システム研究所2011

超音波専用水槽に関する実験 no.14



超音波振動子の設置方法による、定在波の制御技術を応用しています

Experiment concerning water tank only for supersonic wave no.14
容器の音響特性と液循環の効果を効率良く制御できる水槽の実験です
It is an experiment on the water tank that can efficiently control the acoustical property of the container and the effect of the liquid circulation.


「超音波制御」方法

2018-09-13 13:23:45 | 超音波システム研究所2011

超音波<キャビテーション・音響流>制御技術を開発

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

超音波システム研究所は、
オリジナル技術(超音波<乳化・分散>技術)による、
キャビテーションと音響流の制御に関して、
ダイナミック特性を観察・制御・評価・管理する技術を開発しました。

これまでに、開発した制御技術を、
超音波洗浄や表面改質・・・に用いた結果、
超音波の利用目的に合わせた、
最適な音響流の状態設定(評価)が、可能となりました。

参考動画

http://youtu.be/AEqRGWx0EGs

http://youtu.be/zhOJA6cbkMY

http://youtu.be/JwJ6Qov-GQo

http://youtu.be/i_wKUwkMJQo

img_4337

http://youtu.be/KDjqrnS8W3E

http://youtu.be/CX-eeJ9O8Aw

http://youtu.be/Amnkn_bSC1c

http://youtu.be/WflfL_zxblg

 


超音波(音響流)制御技術

2018-09-13 13:22:32 | 超音波システム研究所2011

超音波(音響流)制御技術

超音波実験 Ultrasonic experiment

1:キャビテーションの制御技術
2:液循環の技術
3:治工具の利用技術
4:マイクロバブルの利用技術
5:超音波の計測技術

*:音響流の利用技術

 上記に関する「超音波実験」を紹介します。

 <<超音波システム研究所>>

<<音響流>>  

*************

一般概念

有限振幅の波が
 気体または液体内を伝播するときは、
 音響流が発生する。

音響流は、
 波のパルスの粘性損失の結果、
 自由不均一場内で生じるか、
 または音場内の障害物(洗浄物・治具・液循環)の近傍か
 あるいは振動物体の近傍で
 慣性損失によって生じる物質の一方性定常流である。

音響流は、
 大多数の超音波加工工程、
 浄化、乾燥、乳化、燃焼、抽出・・・過程での
 重要な強化因子であり、
 媒体内の熱交換と物質交換を著しく促進する。

加工工程での音響流の作用効果は、
 それらの速度と寸法因子によって決まる。


*************

 ナノレベルの物質を対象とする
 超音波操作では、
 音響流に関する制御技術は
 製造方法・表面状態・・・・を大きく変える場合があります。

 特に、
 洗浄を検討する場合には、
 汚れの音響流による動きを理解し、
 対応・対処することで効率の高い洗浄が可能になります。

そこで、
 音響流に対する正しい認識を持つことは大切だと思い、
 一般概念を提示しました。

音響流とキャビテーションや加速度による
 超音波効果との関係は非線形音響学を
 応用した測定解析により明確になります。

注: 非線形音響学
 「線形理論に立脚した従来の音響理論と,
  流体力学で取り扱うような
  強い衝撃波理論を補完する橋渡し的存在である」

Ultrasonic experiment

Control technology of cavitation

 Technology of liquid circulation

 Use of technology and tools

 Use of micro-bubble technology

 I will introduce the document "ultrasound experiment" about the above.

 Ultrasonic measurement and analysis techniques

The effect of a tank is used.

The effect of microbubble is used.
The nonlinear effect of an ultrasonic wave is used.
The ultrasonic wave and the surface modification effect of the ultrasonic transducer by microbubble are used.


 Ultrasonic System Laboratory 

超音波システム研究所
ホームページ  http://ultrasonic-labo.com/

超音波装置の最適化技術をコンサルティング提供
http://ultrasonic-labo.com/?p=1401

超音波水槽の新しい液循環システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1271

現状の超音波装置を改善する方法
http://ultrasonic-labo.com/?p=1323

 

 

 


超音波実験 Ultrasonic experiment <超音波システム研究所 ultrasonic-labo>

2018-09-13 13:17:44 | 超音波システム研究所2011

超音波システム研究所は、
 超音波の音圧測定に関する「精密測定プローブ」を利用した
 各種装置・機器の振動計測・解析により
 超音波装置の設置方法に関する最適化技術を開発しました。







この技術は
 「精密測定プローブ」による低周波(1Hz以下)の
 振動測定により実現しました。(注)

注:低周波の振動現象を正確に計測することは
 大変難しく、今回の測定は、
 低周波の共振・うねりを抑制する、
 特別な方法を採用しています。
 その結果、
 超音波に関しては、高次の超音波伝搬を実現します。

これまでの事例から
 超音波洗浄器に対する、設置テーブルの影響を考慮した
 設置方法は大きな成果につながっています。

この技術は
 機械加工や化学実験・・・においても
 考慮されにくい低周波の振動現象に対処できるので
 今後、大きく発展できると考えます。

低周波の振動モードをコントロールする技術については
 装置・機器の振動測定に関する技術として
 コンサルティング対応します。




参考

https://youtu.be/NQep453-0Ps

https://youtu.be/1cBvT2QHF1k

https://youtu.be/KgIkTTUY9y0

https://youtu.be/HySbIaZ9DQ8

https://youtu.be/QuVuchaz8WY

https://youtu.be/q8Mz9bPlWt4

https://youtu.be/gaqr5z9iHjo

https://youtu.be/zFLrD3sk59M

https://youtu.be/QOSYUlnOyzg




https://youtu.be/iA1RNz9rnvQ

https://youtu.be/hOjHFa3t8tM

https://youtu.be/2zPz_dThS88

https://youtu.be/MGL4ahNBNHg

https://youtu.be/Yj9Xg_nf2fI





装置の設置方法に関する最適化技術

https://youtu.be/1Dyzz2OUFeA

https://youtu.be/Pgy4GZCizBU

https://youtu.be/_akuzQddOig

https://youtu.be/Z1tU38tNa54

https://youtu.be/TbuFOPMpbRo

応用

https://youtu.be/HZACpFsSeL8

https://youtu.be/DMTq2FCxTaw

解析

https://youtu.be/31x-yD6M67w

https://youtu.be/40V2N00ayfk

https://youtu.be/xcFiZBN2IrE








<<超音波発振・計測・解析システム>>

精密測定プローブ
http://ultrasonic-labo.com/?p=11267

超音波測定解析の推奨システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

超音波計測装置(超音波テスター)を利用した測定事例
http://ultrasonic-labo.com/?p=1685

超音波発振・計測・解析システム(超音波テスター)
http://ultrasonic-labo.com/?p=7662

表面弾性波の利用技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=7665

オリジナル超音波技術によるビジネス対応
http://ultrasonic-labo.com/?p=9232

超音波洗浄機の<計測・解析・評価>(出張)サービス
http://ultrasonic-labo.com/?p=1934



表面弾性波を利用した、超音波制御技術 ultrasonic-labo

2018-09-13 13:17:21 | 超音波システム研究所2011

表面弾性波を利用した、超音波制御技術 ultrasonic-labo


<超音波システム研究所 ultrasonic-labo>

2018-09-13 13:17:01 | 超音波システム研究所2011

https://youtu.be/9ADPsLHKWrY

https://youtu.be/Eds0tOFFaLI

IMG_3543

目的の超音波利用に合わせた
水槽の構造設計や液循環位置(ポンプへの吸い込み口、吐出口)は
非常に重要ですが
目的・サイズ・洗浄液・・によりトレードオフの関係が発生する場合があり、
一般的な設定はありません
(具体的な設定、数値・・は、操作説明時に対応します)

適切な設定が実現すると
マイクロバブルは超音波作用によりナノバブルに分散します
ナノバブルによる超音波の安定性は、マイクロバブルに比べて大きく
制御がより簡単になります
(具体的な制御は、音圧測定・・・
音圧データに基づいたディスカッションで説明対応します
洗剤の使用や撹拌・・では、
通常の洗浄とは反対の対応事例が多い傾向にあります)

IMG_205700

コメント
各メーカーの条件・・による、水槽の構造・材質・・と
洗浄液・液循環・・の条件と
洗浄物の構造・材質・数量・治工具・・・の音響特性により
超音波の伝搬状態は、様々な状態になります。
外観からは、類似の条件のように感じても
洗浄効果は全く異なる場合を多数経験しています。
実際の現場でのデータの測定と、後日行う、データの解析により
装置の特徴を明確になります。
装置の特徴と洗浄状況に関する情報から
改善方法が明確になります。
(詳細を報告書で提出します
これまでの経験から、液循環の改善が最も効果的だと考えています)

IMG_1358
参考

超音波測定解析の推奨システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

超音波<計測・解析>事例
http://ultrasonic-labo.com/?p=1705

IMG_94219

20120222b

音と超音波の組み合わせによる、超音波システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=7706

超音波による表面弾性波の制御技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=5609

樹脂の音響特性>を利用した超音波システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=7563

20101025b

超音波制御装置(制御BOX
http://ultrasonic-labo.com/?p=4906

シャノンのジャグリング定理を応用した「超音波制御」方法
http://ultrasonic-labo.com/?p=1753

流れと音と形の観察:コンストラクタル法則
http://ultrasonic-labo.com/?p=7302

20120a05600