超音波システム研究所

超音波の新しい利用に関するブログです

超音波実験 Ultrasonic experiment

2016-12-31 11:49:12 | 超音波システム研究所2011

キャビテーションと加速度・音響流の効果に関する新しい分類

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

超音波システム研究所(所在地:神奈川県相模原市)は、

超音波の伝搬状態を解析することで、

キャビテーションと加速度・音響流の効果に関する

新しい分類方法を開発しました。

今回開発した分類に関する方法は、

超音波の伝搬状態に関する

主要となる周波数(パワースペクトル)の

ダイナミック特性により

キャビテーションと加速度・音響流の効果を推定します。

これまでのデータぼ解析から

効果的な利用方法を

以下のような

3つのタイプに分類することができました。

 1:キャビテーション型

 2:加速度(音響流)型

 3:ミックス型

上記の各タイプについて

安定性・変化の状態・・・に関して

詳細な分類により、

目的と効果(伝搬状態)に対する、効率のよい制御が可能になりました。

特に、洗浄に関しては

汚れの特性やバラツキに関する情報が得られにくいため

このような分類をベースに実験確認することで

効果的な超音波制御(伝搬状態)を実現させています。

この分類の本質的なアイデアは、

超音波による定在波の特徴を、抽象代数学の

「導来関手」に適応させるということです。

抽象的ですが

超音波の伝搬状態を計測解析するなかで

定在波に関する的確な対応・制御事例から

時間経過とともに変化する状態を捉えるために

「導来関手」と

スペクトルシーケンスの関係を利用して分類することにしました。

なお、超音波システム研究所の「定在波の制御技術」は、

この方法による、具体的な技術として利用しています。

タイトル  超音波工学と応用技術 著者  ベ・ア・アグラナート [ほか]共著

著者 青山忠明, 遠藤敬一 訳 出版社  日ソ通信社  出版年 1991 より

応用技術として

今後、非線形性の相互作用に関する研究開発を進めています。

「超音波利用の最も大きな効果が、非線形状態の変化にある」

と測定確認しています。

参考

http://youtu.be/X9Tx5iTKzBc

http://youtu.be/FHt2sKYuyvo

http://youtu.be/MwqDkH9q_ig

http://youtu.be/Q1Yq42hs5go

http://youtu.be/ISwxakXXmdI

http://youtu.be/B9xzrtzD4T8

http://youtu.be/5qNCxKC_8OE

http://youtu.be/e5oLg4_AMs8

http://youtu.be/tv2barRTVC8

http://youtu.be/HO6SIfaC9E4

http://youtu.be/8pTvp4Ozhe4

http://youtu.be/oLH4mHvDJ0Y

 

 


超音波のダイナミックシステム<水槽内の液循環>

2016-12-31 07:20:45 | 超音波システム研究所2011

超音波のダイナミックシステム<水槽内の液循環>

<超音波のダイナミックシステムとして>
超音波水槽内の液循環をシステムとしてとらえ、解析と制御を行う

多くの超音波(水槽)利用の目的は、
 水槽内の液体の音圧変化の予測あるいは制御にあります。
しかし、多くの実施例で
 理論と実際の違いによる問題が多数指摘されています。
この様な事例に対して
 1)障害を除去するものは
   統計的データの解析方法の利用である
 2)対象に関するデータの解析の結果に基づいて
   対象の特性を確認する
 3)特性の確認により
   制御の実現に進む
 といった方法により
  超音波を効率的な利用に改善した
   液循環効果の実施例があります

 この動画も一つの事例です

***********************
超音波システム研究所

 

 


<超音波システム研究所 ultrasonic-labo>

2016-12-31 01:50:30 | 超音波システム研究所2011

超音波洗浄ラインの超音波伝搬特性を解析・評価する技術を開発

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

超音波システム研究所は、
オリジナル製品:超音波の音圧測定解析システムと
超音波の非線形性に関する「測定・解析・制御」技術をりようして、
超音波洗浄ラインの超音波伝搬特性を解析・評価する技術を開発しました。

超音波ラインの各種装置・水槽・・の振動モードと
超音波伝搬状態の関係を
音圧(振動)データに基づいて「解析」することで
洗浄目的に適した超音波洗浄ラインの状態として評価する
新しいパラメータ・・・様々な技術を開発しました。
注:
 非線形効果
 加速度効果
 定在波の効果
 音響流の効果

最大エントロピースペクトルアレイ法(MESAM)を参考に
 類似のオリジナル手法を開発することで
詳細な各種効果の関係性について
 新しい理解を深めています。
 その結果、
 キャビテーションの効果について
 新しいパラメータが大変有効である事例を確認しています。

 特に、洗浄効果に関する事例・・
 について良好な確認・制御が実現しています。

参考動画

 http://youtu.be/8Bnt038Upzw

 http://youtu.be/QR2TV1hGPUM

 http://youtu.be/CQrQvb4uyP0

 http://youtu.be/J_OWuKnM2Ew

 http://youtu.be/MtuM1ip_N08

 http://youtu.be/f-q4lSL5UCw
 
 http://youtu.be/efVC72FPsPY

 http://youtu.be/rnf0H2Q_F1o
 

 

http://youtu.be/ZA5oNTT3YxY

http://youtu.be/0BfStG4gq-A

http://youtu.be/PEP2A2L_bAE

 

http://youtu.be/16ewd0mw8eE

http://youtu.be/zzaav5peMHM

http://youtu.be/pEYzKgfQHDg

http://youtu.be/_cXNyNgo6Es

http://youtu.be/ESkYLVvMAgw

http://youtu.be/2p7OoF1C3Vs

http://youtu.be/w6d3PWSn-Wk

https://youtu.be/sG-8WIvGhcI

https://youtu.be/OuSOm1JcoBw

https://youtu.be/lt0AfdoCtVs

https://youtu.be/ibMVla5ZoKA

https://youtu.be/L54QBtuRrlM



超音波実験 Ultrasonic experiment

2016-12-30 20:48:49 | 超音波システム研究所2011

超音波実験 Ultrasonic experiment


超音波制御実験 Ultrasonic control experiment (超音波システム研究所 ultrasonic-labo)

2016-12-30 13:22:08 | 超音波システム研究所2011

超音波制御実験 Ultrasonic control experiment 

(超音波システム研究所 ultrasonic-labo)


超音波実験 Ultrasonic experiment

2016-12-30 12:35:09 | 超音波システム研究所2011

超音波実験 Ultrasonic experiment


超音波伝搬状態の測定 Ultrasonic measurement

2016-12-30 12:00:52 | 超音波システム研究所2011

超音波伝搬状態の測定 Ultrasonic measurement


超音波システム Ultrasonic System

2016-12-30 11:52:44 | 超音波システム研究所2011

超音波システム Ultrasonic System


<超音波のダイナミックシステム:液循環制御技術> ultrasonic-labo

2016-12-30 10:08:34 | 超音波システム研究所2011

<超音波のダイナミックシステム:液循環制御技術> ultrasonic-labo

超音波のダイナミックシステム:液循環制御>

超音波水槽内の液循環を
 システムとしてとらえ、解析と制御を行う

多くの超音波(水槽)利用の目的は、
 水槽内の液体の音圧変化の予測
 あるいは制御にあります。

しかし、多くの実施例で
 理論と実際の違いによる問題が
 多数指摘されています。

この様な事例に対して

1)障害を除去するものは
 統計的データの解析方法の利用である
 <超音波伝搬状態の計測・解析技術>

2)対象に関するデータの解析の結果に基づいて
 対象の特性を確認する
 <洗浄対象物、攪拌対象物、治工具・・・の
 音響特性を検出する技術>

3)特性の確認により
 制御の実現に進む
 <キャビテーションのコントロール技術>

といった方法により
 超音波を効率的な利用状態に改善し
 目的とする超音波の利用を実現した
 液循環効果の利用例が多数あります

参考
ダイナミックシステムの統計的解析と制御
 :赤池弘次/共著 中川東一郎/共著:サイエンス社

物の動きを読む
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1074


ポイント(ノウハウ)は
 液循環制御による
 超音波の変化を測定解析することです!

 


超音波を利用した、「ナノテクノロジー・Nanotechnology」の研究・開発システム

2016-12-30 10:07:33 | 超音波システム研究所2011

超音波を利用した、「ナノテクノロジー・Nanotechnology」の研究・開発システム