超音波システム研究所

超音波の新しい利用に関するブログです

超音波システム研究所

2017-04-30 21:47:43 | 超音波システム研究所2011

物の表面を伝搬する超音波の新しい応用技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1566

人間の生きがいとは何か (1970年) (講談社現代新書) 

橋本 凝胤 (著)

死ぬという現象
そこでまず知っていただきたいことは、死ぬという事件です。

われわれはこのお釈迦さまの涅槃のことを
円寂(えんじゃく)とか入寂(にゅうじゃく)といっています。

われわれのほうには死ぬということばを使っております。

まあお互いに一度は必ず死ななければなりませんから、
死の実情というものを、よく認識しておく必要があると思うのですが、
いろいろの古い本に死の現象ということが細かく書きあらわされています。

死というものは、いつどうして起こるか、
そしてもう一つはわれわれ人間の最も根本になっているものは何か、
われわれは何で生きているのかという問題です。

われわれはどうして生きているのか、
何が生かしているのか、これは大切な問題です。

われわれが死ぬという現象は一体、どういう現象かといいますと、
それは心と肉体とが離れるということです。

われわれは肉体と精神との調和の非常によいとき、
肉体と精神とがキチッと合っているときは、生きています。

これがバランスを欠いてくると病気になるのです。

この二つが遊離してしまうと、身体のほうは腐ってきます。

心があって、われわれの体をたもってくれるのです。

心が、「もうあんたみたいなもの、やめや」といって
どこかへ行ってしまうと、あくる日から身体が腐ってくるわけです。

心のある間、人間の身体は腐りません。

心が身体からシュッと抜けると腐りはじめる。

いやなにおいがして、くずれていく。
こうなるともう捨てにいくよりしかたがない。

葬式なんてものは心の抜けがらを捨てるのですから、
金をかけるのは無駄なことなのですが、
このように人間には心と肉体があります。

それから、人間が生きている姿というものを、
寿(じゅ)、煖(なん)、識(しき)といいます。

寿というのはいのち、煖といえばぬくみのこと、
それにこのほかに識という心があるわけです。

人間の根底をなすものは寿というものでもなければ、
煖でもない、識というものです。

われわれの身体、
あるいはわれわれの環境を静かに保持しておるものは何かというと、
心というものです。

心があってわれわれの身体を腐らぬようにたもってくれているのです。

こういうふうにわれわれ人間は
寿、煖、識というこの三つがよく調和している身体が健康ということです。

生きている間は、
環境と自分の身体とそして心との三つが渾然一体となって身体を保っているのです。

われわれは人のために生きているのではない

人間性とはいかなるものであるか。

われわれは人のために生きているのではない。

社会のためにでも世界のためにでも、
世界人類のために生きているわけでもない。

それを世界人類のために生きているような考え方を
持たなければならぬように訓練されてきているわけです。

よく人道主義、ヒューマニズムといことをいいます。

これは人間と共に暮らすときの人間の道を説いているのです。

つまり、人間生活のひとつのルールを考えるのが人道主義です。

しかしこういうものに、われわれは左右されてはいけないのです。

いつでも一人のときに、一人の生活の中に、
 道というものが厳然となければならないのです。

ところが、いわゆる理性的な判断といものが中心になってきている。

対外的に、あるいは大衆的に、社会的にと、こうなってきますと、
この良心、一人の生活というものが、だんだんお粗末になってきます。

一人の生活ほど重要なものはないのですが、
対外とか社会的とかいう考え方がだんだん強くなればなるほど、
一人の生活が自堕落になってくるわけです。

孔子や孟子が「一人を慎む」ということをおっしゃっております。

一人の世界がいちばん重要だという考え方です。

超音波洗浄器の利用技術 
http://ultrasonic-labo.com/?p=1318

超音波洗浄器の利用技術 No.2
http://ultrasonic-labo.com/?p=1060

超音波洗浄器(42kHz)による<メガヘルツの超音波洗浄>技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=1879

 

この記事をはてなブックマークに追加

ナノテクノロジーとソノケミカル( Ultrasonic experiment ガラス容器の音響流)

2017-04-30 21:21:56 | 超音波システム研究所2011

ナノテクノロジーとソノケミカル( Ultrasonic experiment ガラス容器の音響流)


この記事をはてなブックマークに追加

独創(岡 潔)

2017-04-30 20:57:45 | 超音波システム研究所2011

独創(岡 潔)

数学は語学に似たものだと思っている人がある。寺田寅彦先生も数学は語学だといっているが、そんなものなら数学ではない。おそらくだれも寺田先生に数学を教えなかったのではないか。語学と一致している面だけなら数学など必要ではない。それから先が問題なのだ。人間性の本質に根ざしておればこそ、六千年も滅びないできたのだと知ってほしい。
また、数学と物理は似ていると思っている人があるが、とんでもない話だ。職業にたとえれば、数学に最も近いのは百姓だといえる。種子をまいて育てるのが仕事で、そのオリジナリティーは「ないもの」から「あるもの」を作ることにある。数学者は種子を選べば、あとは大きくなるのを見ているだけのことで、大きくなる力はむしろ種子の方にある。これにくらべて理論物理学者むしろ指物師に似ている。人の作った材料を組み立てるのが仕事で、そのオリジナリティーは加工にある。理論物理学者は、ド・ブロイ、アインシュタインが相ついで、ノーベル賞をもらった一九二〇年代から急速にはなばなしくなり、わずか三十年足らずで一九四五年には原爆を完成して広島に落とした。こんな手荒な仕事は指物師だからできたことで、とても百姓にできることではない。いったい三十年足らずで何がわかるだろうか。わけもわからず原爆を作って落としたに違いないので、落とした者でさえ何をやったかその意味がわかってはいまい。

独創するために心境を用意することがどんなに手間のかかることか。(岡 潔)

 


この記事をはてなブックマークに追加

超音波システム研究所

2017-04-30 17:41:43 | 超音波システム研究所2011

*モノイドの圏

   http://ultrasonic-labo.com/?p=1311

 *物の動きを読む

   http://ultrasonic-labo.com/?p=1074

 

1) カルノー・サイクルの経緯のように

技術の進歩が科学の進歩を促進する

  (科学と技術の工学的な関係)

こういった関係が「超音波の利用」には必要(注)な気がします

注:実用や応用には多くのパラメータの適切なバランス感覚が必要

特に、設計を考慮に入れた観察が行えるようになるための

経験と直感の訓練により、本質的な発見やアイデアが生まれると思います

IMG_2295

コメント:

実用と言う制約と、

興味深い現象の中から、適切な開発・設計を行うことは

開発者の人間性によるところが大変大きいと思います

諦めずに、粘り強く努力する根拠には、「困難を乗り越える喜び」と

それを理解してくれる

第三者(歴史的、あるいは競合者、理解者」があると考えています

2)ワットの蒸気機関の改良のように

2-1) 原理的事柄を研究する

超音波の原理を研究する

2-2)ニューコメンの機関を参考に、改良して効率を上げる

プラントの制御を参考にする

2-3)弁の開閉をピストンに連動させて交互に蒸気を供給する

ジャグリングのような連動・相互作用・・を検討する

2-4)遊星歯車機構を実用化する

新しい脱気マイクロバブル構造を採用する

2-5)速度調整を行う

実験と調整を繰り返す

IMG_0999

コメント:

この経過には大変深い検討と試行錯誤の背景を感じます

実用を目的としているため、

幅広く・確実に効果を出すための方法になっていると思います

現在では各分野の研究を幅広く理解することが難しいので、

経験に基づいた直感と共同研究が大変重要だと思います

今後、超音波の利用が進み

大きな発展が実現するために検討を続けたいとおもいます

散歩しながら
様々な観察から
超音波システム研究所について
考えています

空や雲の変化、風や川の音・・・・
大変面白いと感じます

IMG_2329

超音波システム研究所<理念>

「われわれの最も平凡な日常の生活が何であるかを
最も深くつかむことによって
最も深い哲学が生まれるのである
学問はひっきょうLIFEのためなり。
LIFEが第一等のことなり。LIFEなき学問は無用なり。」
西田幾多郎

深い哲学に基づいた
実験(物として物を観察すること)により
超音波の有効利用を広めていきたいと考えています

https://youtu.be/tNEpIUkaF20

https://youtu.be/IN7km-BUC3Y

https://youtu.be/x3ZAtb1r_Rw

https://youtu.be/VWgDB2nPmP8

https://youtu.be/imnJEmvhPbM

https://youtu.be/53k9ofyKxTk

https://youtu.be/8OTTPdlU-cE

 
 

この記事をはてなブックマークに追加

オリジナル超音波システム

2017-04-30 16:42:18 | 超音波システム研究所2011

超音波測定(音圧測定・解析・評価)

音圧測定装置(超音波テスター)の標準タイプ
http://ultrasonic-labo.com/?p=1722

音圧測定装置(超音波テスター)の特別タイプ
http://ultrasonic-labo.com/?p=1736

IMG_1648

超音波計測の特別システムをオーダーメイド対応
http://ultrasonic-labo.com/?p=1972

超音波機器の<計測・解析・評価>(出張)サービス
http://ultrasonic-labo.com/?p=1934

超音波<計測・解析>事例
http://ultrasonic-labo.com/?p=1705

超音波の統計処理(基礎解析データ

 Ultrasonic analysis

http://youtu.be/2AD8jn-OeLc

http://youtu.be/yHe050kvbRY

http://youtu.be/ll3702qSetw

http://youtu.be/kYFW4nPivuc

IMG_5726

http://youtu.be/y1WDzB0oS2s

http://youtu.be/c92O7tqOktg

http://youtu.be/VOcOzyrT4uA

http://youtu.be/GeXtGWUgEhU

http://youtu.be/YoiT5_5G6l0

超音波データの統計処理

多変量自己回帰モデル解析) 

http://youtu.be/30WSjkiBhbI

http://youtu.be/q9caJGWKkYk

http://youtu.be/utECtIBKBY4

http://youtu.be/tq53AIjyEA4

IMG_4027

http://youtu.be/U4Dk6hSHF1E

http://youtu.be/8ln7ux4FaPk

http://youtu.be/4Idfb5VQvVA

20111022a

http://youtu.be/hcQ49j2cKew

http://youtu.be/hR9bkqSNRec

http://youtu.be/xJ-nbhfEQQo

IMG_8601

20120205a

mov304f

MVIzo2802

音色と超音波(新しい超音波の見方です

 http://ultrasonic-labo.com/?p=1082

20120222b

MVI_0541

MVI_235722

モノイドの圏

 http://ultrasonic-labo.com/?p=1311

 
 

この記事をはてなブックマークに追加

超音波による金属・樹脂の表面改質技術

2017-04-30 10:13:11 | 超音波システム研究所2011

超音波による金属・樹脂の表面改質技術

 


この記事をはてなブックマークに追加

超音波制御装置(制御BOX)を利用した<超音波制御>技術 ultrasonic-labo

2017-04-30 10:04:18 | 超音波システム研究所2011

超音波制御装置(制御BOX)を利用した<超音波制御>技術 ultrasonic-labo


この記事をはてなブックマークに追加

オリジナル製品:超音波テスター専用プローブ

2017-04-30 09:58:27 | 超音波システム研究所2011

オリジナル製品:超音波テスター専用プローブ


この記事をはてなブックマークに追加

超音波システム(超音波洗浄機)1

2017-04-30 09:57:54 | 超音波システム研究所2011

超音波システム(超音波洗浄機)1

超音波システム研究所は、
 超音波の伝搬状態に関して、
 目的に合わせた制御が実現出来る
 「超音波洗浄システム」を製造・販売しています。

<< 超音波洗浄システム(KT0600K)>>

システム概要

超音波洗浄システム(型番 KT0600K)
1:超音波(28kHz,72kHz)
  2種類の超音波振動子の同時発振制御
2:超音波専用水槽(内側寸法 500*310*340mm)
  オリジナル溶接方法と超音波とマイクロバブルによる表面処理
3:脱気・マイクロバブル発生液循環システム
  超音波によりマイクロバブルをナノバブルにします
4:超音波出力と液循環量の最適化制御
  ダイナミック制御を実現

超音波の音圧測定解析に基づいて、洗浄目的に合わせた制御を実現します


-システムの応用事例-
 ガラス・樹脂製の間接水槽を利用した溶剤の使用
 金属部品・樹脂部品の表面改質処理
 「揺動ユニット」と組み合わせた攪拌(乳化・分散)

 各種の化学反応実験
 メッキ液の開発実験
 ナノ粒子の製造実験
 複雑な形状へのコーティング実験
 表面の表面改質(応力緩和)実験
 水の改質(ラジカル化)実験
 霧化実験 
 ・・・・・・・

 


この記事をはてなブックマークに追加

2種類の超音波振動子(38kHz,72kHz)を利用した実験 (超音波システム研究所 ultrasonic-labo)

2017-04-30 09:54:54 | 超音波システム研究所2011

2種類の超音波振動子(38kHz,72kHz)を利用した実験 (超音波システム研究所 ultrasonic-labo)


この記事をはてなブックマークに追加