超音波システム研究所

超音波の新しい利用に関するブログです

FAUN - Federkleid (Offizielles Video)

2018-09-05 19:24:31 | 超音波システム研究所2011

FAUN - Federkleid (Offizielles Video)


表面弾性波を利用した超音波制御技術 ultrasonic-labo

2018-09-05 17:09:37 | 超音波システム研究所2011

表面弾性波を利用した超音波制御技術 ultrasonic-labo


超音波実験 Ultrasonic experiment <超音波システム研究所 ultrasonic-labo>

2018-09-05 17:08:16 | 超音波システム研究所2011

物の表面を伝搬する超音波の新しい応用技術を開発

(キャビテーションによる現象をMonoidとする

    Monoid(モノイドの圏)モデルを応用)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

超音波システム研究所は、

超音波の非線形性に関する現象を含めた状態を、

絶対数学における Monoid(モノイドの圏)を利用した

モデル(注)により 制御する技術を開発しました。

表面検査

表面処理

http://youtu.be/PCu-CcTas8k

http://youtu.be/d9CmUGre-S0

http://youtu.be/G1dLIfXBDEM

この論理モデルを、物の表面を伝搬する

超音波現象に適応(注)させたところ、

キャビテーションや加速度の効果とは異なる

表面弾性波による新しい効果を開発することができました。

具体的には、セラミックや樹脂・・・の内部への

超音波の伝搬効率が悪い対象に対して、

超音波を効率良く利用することが可能になります。

洗浄、表面改質、表面の化学反応制御・・・に応用しています。

現在、論理モデルを具体的な目的に合わせて、

新しい超音波の制御システムとして開発提案しています。

注:対象物の材質・構造に対する、

表面弾性波(ガイド波・・)と定在波の関係を

モデルによる効果を推定して、

各種の条件を、設定(空気、液体、物の関係)する

 

超音波の音圧測定に関する「精密測定プローブ」

2018-09-05 16:50:30 | 超音波システム研究所2011

IMG_1624

超音波の音圧測定に関する「精密測定プローブ」を開発
 
IMG_1514

 

精密測定プローブ
http://ultrasonic-labo.com/?p=11267

 


超音波(伝搬状態)測定・解析

2018-09-05 15:47:09 | 超音波システム研究所2011

超音波(伝搬状態)測定・解析

超音波コンサルティング

現在、超音波は幅広く利用されていますが、多数の問題があります。
最大の問題は、適切な測定方法がないために
超音波利用の適切な状態が明確になっていないことです。
偶然(対象物、冶具、環境、気候の変化 等)に左右されているのが実状です。
この問題を、機械設計・装置開発の経験に基づいた「超音波の測定技術」と
制御システム開発の経験を利用した「統計数理による解析技術」を組み合わせ
ることで解決した商品を開発しました。

このオリジナル製品(超音波テスター)を利用して
 コンサルティング対応します

オリジナル製品:超音波テスターの特徴
 *測定(解析)周波数の範囲   0.1Hz から 10MHz
 *24時間の連続測定が可能
 *任意の2点を同時測定
 *測定結果をグラフで表示
 *時系列データの解析ソフトを添付

参考(超音波技術)

マイクロバブルを超音波照射でナノバブルにします
超音波の伝搬状態が大きく変わります

各種設定の組み合わせにより
 

超音波の制御が簡単に行えるようになります

To nanobubbles by ultrasound microbubbles

超音波システム研究所
ホームページ  http://ultrasonic-labo.com/

超音波装置の最適化技術をコンサルティング提供
http://ultrasonic-labo.com/?p=1401

超音波水槽の新しい液循環システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1271

現状の超音波装置を改善する方法
http://ultrasonic-labo.com/?p=1323

解析技術
1)多変量自己解析モデルによるフィードバック解析により
 超音波の安定性・変化について検討します

2)インパルス応答特性・自己相関の解析により
 水槽・振動子・治工具・・に関する検討を行います

3)パワー寄与率の解析により
 超音波(周波数・出力)、水槽、液循環・・
 の最適化に関する検討を行います

4)その他(表面弾性波の伝搬)の非線形(バイスペクトル)解析により
 対象物に合わせた、洗浄・攪拌・分散・改質・・・の検討を行います

この解析方法は、
 複雑な超音波振動のダイナミック特性を時系列データの解析手法により、
 超音波の測定データに適応させることで実現しています。

具体的な超音波伝播周波数の状態により、
 解析の有効性を考慮する必要があるため
 すべてに適応する設定はありません。
 (事前のシミュレーション検討を行っています)

 


超音波のダイナミック制御技術 Dynamic control technology of an ultrasonic wave

2018-09-05 13:59:44 | 超音波システム研究所2011

超音波のダイナミック制御技術 

Dynamic control technology of an ultrasonic wave


超音波(キャビテーションと音響流)のダイナミック制御 ultrasonic-labo

2018-09-05 11:33:05 | 超音波システム研究所2011

超音波(キャビテーションと音響流)のダイナミック制御 ultrasonic-labo


超音波システム研究所

2018-09-05 11:28:01 | 超音波システム研究所2011
音と超音波の組み合わせ技術
 
IMG_3017
 
超音波システム研究所は、
*超音波伝搬状態の測定技術(オリジナル製品:超音波テスター)
*超音波伝搬状態の解析技術(時系列データの非線形解析システム)
*超音波伝搬状態の最適化技術(振動・流れの最適化処理)
*表面弾性波の応用技術
・・・・
上記の技術を応用して<音と超音波の組み合わせ>を利用した
超音波(非線形共振現象)の制御技術を開発・応用しています。
.
img_7035
.
注:オリジナル非線形共振現象
オリジナル発振制御により発生する高調波の発生を
共振現象により高い振幅に実現させたことで起こる
超音波振動の共振現象
 
IMG_2953
 

IMG_2911 IMG_2905

今回開発した技術の応用事例として、
各種部品・材料の状態(空中、水中、弾性体との接触・・)
に合わせた、超音波の効果的(洗浄・改質・攪拌・化学反応促進・・・)
な利用を実現させ、実績を増やしています。

■参考(実験動画)

 
 

脱気マイクロバブル発生液循環システム

2018-09-05 10:40:40 | 超音波システム研究所2011

脱気マイクロバブル発生液循環システム


マイクロバブルを利用した超音波洗浄機

2018-09-05 08:23:48 | 超音波システム研究所2011

マイクロバブルを利用した超音波洗浄機