超音波システム研究所

超音波の新しい利用に関するブログです

対象物の振動モードに合わせた、超音波制御技術 Ultrasonic system

2017-11-09 19:14:51 | 超音波システム研究所2011

対象物の振動モードに合わせた、超音波制御技術 Ultrasonic system


超音波(伝搬状態)測定・解析に特化した<< 超音波コンサルティング >>

2017-11-09 18:45:51 | 超音波システム研究所2011

超音波(伝搬状態)測定・解析に特化した

<< 超音波コンサルティング >>

 

超音波(伝搬状態)測定・解析に特化した
 << 超音波コンサルティング >>

現在、超音波は幅広く利用されていますが、
 多数の問題があります。

最大の問題は、
 適切な測定方法がないために
 超音波利用の適切な状態が
 明確になっていないことです。

偶然(対象物、冶具、環境、気候の変化 等)に
 左右されているのが実状です。

この問題を、
 機械設計・装置開発の経験に基づいた
 「超音波の測定技術」と
 制御システム開発の経験を利用した
 「統計数理による解析技術」を
 組み合わせることで
 解決する技術・製品を開発しました。

このオリジナル製品(超音波テスター)を利用して
 コンサルティング対応します

オリジナル製品:超音波テスターの特徴
 *測定(解析)周波数の範囲 0.1Hz から 10MHz
 *24時間の連続測定が可能
 *任意の2点を同時測定
 *測定結果をグラフで表示
 *時系列データの解析ソフトを添付

参考(超音波技術)
マイクロバブルを超音波照射でナノバブルにします
 超音波の伝搬状態が大きく変わります
 各種設定の組み合わせにより
 超音波の制御が簡単に行えるようになります
 
To nanobubbles by ultrasound microbubbles

超音波プローブによる<メガヘルツの超音波発振制御>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1811

超音波の解析動画を公開
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1337

音圧測定装置(超音波テスター)の特別タイプを製造販売
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1736

超音波<計測・解析>事例
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1703

超音波計測装置(超音波テスター)を利用した測定事例
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1685

超音波テスターによる部品検査技術を開発
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1532

表面検査対応超音波プローブを開発
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1557

超音波プローブの<発振制御>技術
 http://ultrasonic-labo.com/?p=1590

 

超音波システム研究所
ホームページ
  http://ultrasonic-labo.com/

解析技術
1)多変量自己解析モデルによるフィードバック解析により
 超音波の安定性・変化について検討します

2)インパルス応答特性・自己相関の解析により
 水槽・振動子・治工具・・に関する検討を行います

3)パワー寄与率の解析により
 超音波(周波数・出力)、水槽、液循環・・
 の最適化に関する検討を行います

4)その他(表面弾性波の伝搬)の非線形(バイスペクトル)解析により
 対象物に合わせた、洗浄・攪拌・分散・改質・・・
 の検討を行います

この解析方法は、
 複雑な超音波振動のダイナミック特性を
 時系列データの解析手法により、
 超音波の測定データに適応させることで実現しています。

具体的な超音波伝播周波数の状態により、
 解析の有効性を考慮する必要があるため
 すべてに適応する設定はありません。
 (事前のシミュレーション検討を行っています)


<<超音波システム研究所>>
ホームページ  http://ultrasonic-labo.com/

 


超音波技術

2017-11-09 18:45:05 | 超音波システム研究所2011

 



テルミンを利用した超音波実験を行っています。

https://youtu.be/_n7yGI6Zcik

この実験をもとに、
新しい空中超音波伝搬の応用技術を開発しています。

<<超音波システム研究所>>
ホームページ
http://ultrasonic-labo.com/

音圧測定装置(超音波テスター)
標準タイプ
http://ultrasonic-labo.com/?p=1722

音圧測定装置(超音波テスター)
特別タイプ
http://ultrasonic-labo.com/?p=1736

「超音波の非線形現象」を利用する技術を開発
http://ultrasonic-labo.com/?p=1328

超音波の「音響流」制御による「表面改質技術」
http://ultrasonic-labo.com/?p=2047

「超音波の非線形現象」を目的に合わせてコントロールする技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2843

超音波の<ダイナミック特性を利用した制御>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3735

超音波<キャビテーション・音響流>技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=2950

 

超音波実験写真 Ultrasonic experiment photo

2017-11-09 18:43:56 | 超音波システム研究所2011

(超音波振動:計測・発振対応)超音波プローブの開発

超音波システム研究所は、

部品検査、精密洗浄、機械加工、ナノ分散、化学反応促進・・・に関して、

新しい「超音波振動」測定・発振・解析・制御対応の

超音波プローブを開発対応しています。

IMG_4153

IMG_5856 IMG_4715

IMG_9413

IMG_9173 IMG_9167

IMG_9165

IMG_0136 IMG_0115 IMG_0101 IMG_0097 IMG_0054IMG_0008

20160310a

 


超音波の「音圧測定解析データ」を公開 NO.7

2017-11-09 18:43:25 | 超音波システム研究所2011

超音波システム研究所(所在地:東京都八王子市)は、

 オリジナル製品:超音波テスターを利用した
 超音波の音圧「測定解析データ」を公開しました。




<<超音波の音圧測定・解析>>

1)多変量自己回帰モデルによる
 フィードバック解析により
 超音波の安定性・変化について検討・評価します
 (多くの超音波洗浄装置は、この点に問題があります)

2)インパルス応答特性・自己相関の解析により
 水槽・振動子・治工具・・に関する検討・評価を行います
 (超音波加工における最重要パラメータです)

3)パワー寄与率の解析により
 超音波(周波数・出力)、水槽、液循環・・
 の最適化に関する検討・評価を行います
 (量産対応の装置では、この検討が重要です)

4)その他(表面弾性波の伝搬)の
 非線形(バイスペクトル)解析により
 対象物に合わせた、洗浄・攪拌・分散・改質・・・
 の検討・評価を行います
 (ナノテクノロジーの応用を含め
  超音波利用方法の研究開発には必要です)

この解析方法は、
 複雑な超音波振動のダイナミック特性を
 時系列データの解析手法により、
 超音波の測定データに適応させることで実現しています。
 (これまでの経験や実績とは異なる考え方になる場合が多く
  説明や打ち合わせに時間がかかる部分ですが
  超音波に関する複雑な事象を考えると
  キャビテーションや音響流で説明するといった方法では
  例外的な事例が多すぎると判断して
  弾性波動と機械振動に関する技術を利用して検討しています)

具体的な超音波伝播周波数の状態により、
 解析の有効性を考慮する必要があるため
 すべてに適応する測定条件設定はありません。
 (装置に合わせた、事前のシミュレーション検討を行っています)

この解析により、洗浄以外に
 超音波加工、攪拌、化学反応、表面処理・・・
 対象物に合わせた超音波利用を実現しています
(非常に効果があります、興味のある方はメールでお問い合わせください)




音圧測定解析データ(スライドショー)

ダイナミック制御

https://youtu.be/wtnlGUJVkzg

https://youtu.be/sqUp4HDH17E

https://youtu.be/CVpkz6tn4fs

https://youtu.be/WdbA1ShcHI0

https://youtu.be/3TgE_7EPfXY

https://youtu.be/M8cRE1fAy7Q

https://youtu.be/U_ak007JBqw

https://youtu.be/QdTK-Sn7o5M

https://youtu.be/KGJd08Vri1c

https://youtu.be/nuPuQkqoraw





表面弾性波の利用

https://youtu.be/S8DADRM6wSw

https://youtu.be/HCAcNIY6QeY

https://youtu.be/nrEEpY9EqTo

https://youtu.be/DP-3-k6EEto

https://youtu.be/QmN-kMuCStM

https://youtu.be/6wArVdAVDO8

https://youtu.be/KNdTj5z0UqU

https://youtu.be/kGIzT2gCowM

https://youtu.be/mz_pEtkRuRg

https://youtu.be/OXVX2jqSpGo

https://youtu.be/OFUxLOBysss


解析動画

https://youtu.be/n0JpZZJCBEU

https://youtu.be/NjdM6mAo3Ug

https://youtu.be/lntV1B6ZoyM

https://youtu.be/0ZrHvHddOOE


解析結果(スライド)

https://youtu.be/45SKoQE1Wfs

https://youtu.be/KfGLdK-fbBY

https://youtu.be/89FzXf_19gU

https://youtu.be/zj6oPycMvYI

https://youtu.be/RNH5kqegYTA

https://youtu.be/L3iBkB2BBXA

https://youtu.be/wl_3MFLg2uQ

https://youtu.be/gzI2OkO6E7A

https://youtu.be/0zVLlpj1vqw

https://youtu.be/yYEpYHEJuc0

https://youtu.be/xscey70kXog




参考技術

超音波発振・計測・解析システム(超音波テスター)
http://ultrasonic-labo.com/?p=7662

超音波の伝搬状態を利用した部品検査技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3842

超音波<計測・解析>事例
http://ultrasonic-labo.com/?p=1705

超音波機器の<計測・解析・評価>
http://ultrasonic-labo.com/?p=1934

複数の超音波プローブを利用した「測定・解析・評価」技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=3755

超音波(論理モデルに関する)研究開発資料
http://ultrasonic-labo.com/?p=1716

通信の数学的理論
http://ultrasonic-labo.com/?p=1350

音色と超音波
http://ultrasonic-labo.com/?p=1082

モノイドの圏
http://ultrasonic-labo.com/?p=1311

物の動きを読む
http://ultrasonic-labo.com/?p=1074

超音波コンサルティング
http://ultrasonic-labo.com/?p=2187

超音波制御装置(制御BOX)
http://ultrasonic-labo.com/?p=4906

「脱気・マイクロバブル発生装置」を利用した超音波制御システム
http://ultrasonic-labo.com/?p=1996

超音波とマイクロバブルによる表面改質(応力緩和)技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=5413

超音波による金属・樹脂表面の表面改質技術
http://ultrasonic-labo.com/?p=1004




超音波テスターNA(推奨タイプ)
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/06d8809b57609380ea2fdcc654dfda68.pdf

超音波洗浄資料(抜粋)
http://ultrasonic-labo.com/wp-content/uploads/4b10b044100130815368b1dc57220eda.pdf

 

超音波実験 Ultrasonic experiment

2017-11-09 17:45:44 | 超音波システム研究所2011

参考動画

IMG_6280

ステンレス

https://youtu.be/wl7cWPy5a6g

https://youtu.be/sCu_O0J1E1Q

https://youtu.be/qhM8s9uwTZY

https://youtu.be/_SQgw4EsjdE

https://youtu.be/teh_7O5VW4A

https://youtu.be/tlvuiOby3W8

20141027a

https://youtu.be/UAm1W5BljD0

https://youtu.be/lFmomHYlO7g

https://youtu.be/A1lX8aAOkco

https://youtu.be/kwQm8AytGEs

IMG_6243

ガラス

https://youtu.be/IklrRPfr2os

https://youtu.be/ckOo2pR5180

https://youtu.be/7z3l5uzEyzQ

https://youtu.be/9emrl9BmAM4

https://youtu.be/oN32CgPsOQE

IMG_9993

https://youtu.be/c-L3532Ck8U

https://youtu.be/lxXXbL_HJgk

https://youtu.be/rzixVjP3958

https://youtu.be/6OypeBFwqXU

https://youtu.be/XuQ-gSgxTn8

https://youtu.be/hGJeb96ynio

IMG_2685

 

超音波伝搬実験に関する「シミュレーション」技術

2017-11-09 17:44:32 | 超音波システム研究所2011

超音波伝搬実験に関する「シミュレーション」技術

超音波システム研究所は、
 *複数の異なる周波数の振動子の「同時照射」技術
 *代数モデルを利用した「定在波の制御」技術
 *時系列データのフィードバック解析による「超音波測定・解析」技術
 *超音波測定プローブの設計・開発技術

 上記の技術を組み合わせることで
  超音波伝搬実験に関する「シミュレーション」技術を開発しました。

このシミュレーション結果をもとに、
 実験に対するパラメータ設定と
 解析レベルと方法を決定しています。

この技術の応用事例として、
超音波の発振周波数に対する、
 対象物への伝搬状態を明確に計測・確認できるようになりました。

特に、複数の超音波振動子を利用する場合には
 発振の順序、出力変化の方法、水槽内の液面の振動・・に関する
 各種(時間の経過による特性の変化・・)の問題に、
 <相互作用の影響>・・・を把握することで
  効率良く対処することが可能になりました。

その結果
 40kHzの超音波振動子を使用した
   2MHzの超音波利用が簡単になり
 洗浄・改質・攪拌・・・様々な実績につながっています。

■超音波シミュレーション技術

 http://youtu.be/kBgtC303pJY

 http://youtu.be/Qu21YJH4wiQ

 http://youtu.be/I1nxD4COzOc

 http://youtu.be/X6v5kglHSEs

 http://youtu.be/2LHKUa_W91c

 http://youtu.be/zzjk9lMWmNU

 http://youtu.be/dZ11QcSdCJo

 http://youtu.be/jDgD4-sZY10

 http://youtu.be/Algb5t7Kqpg

 http://youtu.be/7oz6EdJEjp0

 http://youtu.be/m6a9nuScnoQ


これは、超音波に対する新しい視点です、
 今回の実施結果から
  対象物と超音波振動子の伝搬状態について、
  音圧レベルや伝播周波数の値よりも
  システム全体の超音波振動による相互作用の影響が
  大変大きいことを確認しています。
  超音波の伝搬状態を有効に利用するためには
  相互作用による伝搬周波数の状態変化を検出することが
  重要だと考えています。


なお、今回の技術を
 2種類の異なる周波数の
 超音波振動子(同時照射)に適応すると
 液循環制御により
 大変簡単に伝搬周波数の制御が実施できます。

 コンサルティング事業としては、
 2種類の超音波振動子の同時照射を使用するシステムを
 主体として展開しています。



超音波技術<川の流れの観察> To observe the flow of the river

2017-11-09 17:44:00 | 超音波システム研究所2011

超音波技術<川の流れの観察> To observe the flow of the river

サイバネティクスはいかにしてうまれたか
 ノーバート・ウィナー著 みすず書房 1956年 より

・・・・・・
 理想的には、単振動とは遠い過去から遠い未来まで時間的に
 不変に続いている運動である。
 ある意味でそれは永遠の姿の下に存在する。
 音を発したり、止めたりすることは、
 必然的にその振動数成分を変えることになる。
 この変化は、小さいかもしれないが、
 全く実在のものである。
 有限時間の間だけ継続する音符はある帯域にわたる多くの
 単振動に分解することができる。
 それらの単振動のどれか一つだけが存在するとみる事はできない。
 時間的に精密であることは
 音の高さがいくらかあいまいであることを意味し、
 また音の高さを精密にすれば
 必然的に時間的な区切りがつかなくなる。
・・・・・・・

・・・・・・・
 こうして、サイバネティクスの立場から見れば、
 世界は一種の有機体であり、

そのある面を変化させるためには

あらゆる面の同一性をすっかり破ってしまわなければならない

というほどぴっちり結合されたものでもなければ、

任意の一つのことが他のどんなこととも同じくらいやすやすと

起こるというほどゆるく結ばれたものでもない。

・・・・・・・

上記を参考・ヒントにして
超音波伝播現象における
「音響流」を測定・利用する技術を研究しています。

<超音波システム研究所>



音圧測定装置:超音波テスターを利用した実験動画 ultrasonic-labo

2017-11-09 17:38:04 | 超音波システム研究所2011

音圧測定装置:超音波テスターを利用した実験動画 ultrasonic-labo


超音波実験 Ultrasonic experiment

2017-11-09 11:32:35 | 超音波システム研究所2011

超音波実験 Ultrasonic experiment