ツボマイスターの妄想~自律神経の乱れにはツボ刺激~

剛鍼灸院豊田です。自律神経失調症、不妊症、逆子、メニエール病、突発性難聴専門治療院。お気軽にご相談下さい。

更年期のカラダの変化

2018年12月03日 | 女性の病気
こんにちは

剛鍼灸院豊田です

12月になり

年末にむけ忙しくされている方も多いと思います

お仕事や家事など

忙しくされている女性に

今回は「更年期障害」について

紹介していきます

最近、更年期障害や更年期症状などと

耳にする機会も増えてきたと思います

では更年期障害とはどういったものでしょうか

日本婦人科学会によると

「更年期にあらわれる多種多様の症候群で
   器質的変化に相応しない自律神経失調症」

とされています

更年期とは

閉経の前後5年間ぐらいをいいます

日本の女性の閉経年齢は

50.5歳といわれているので

およそ45~55歳くらいの期間をいいます




女性は閉経が近づくと

卵巣のはたらきが低下し

女性ホルモンの1つで

特に“女性らしさ”に関連する

エストロゲンというホルモンの量が

急激に減少していきます

それにともない

体にはさまざまな症状があらわれます

エストロゲンは

20代後半から30代前半にピークをむかえ

30代後半からは

徐々に分泌量が減っていき

閉経前後には激減していきます

エストロゲンは

●月経・妊娠のコントロール
●骨量の維持
●自律神経の安定
●記憶力の維持

などの重要な働きをつかさどっているため

ホルモンの減少は

身体にさまざまな影響を与えます




では

卵巣の機能が低下して

ホルモンが減少すると

身体にどのような変化がおきるのでしょうか

更年期までは

脳の視床下部にある下垂体という部分から

「エストロゲンを分泌しなさい!」

という信号が出て

その信号をうけて

卵巣からエストロゲンが分泌されます

エストロゲンの分泌量が十分になると

脳の視床下部に「もう十分ですよ」

と分泌報告がされ

ホルモンの調節がされています

しかし、更年期になり

卵巣のはたらきが低下してしまうと

エストロゲンが十分に分泌されないため

脳から

「もっとエストロゲンを分泌しなさい!!」

と過剰に信号がでるようになります

この信号が出れば出るほど

脳は混乱してしまいます

また、視床下部は

からだの様々な機能を調整する

自律神経もコントロールしているため

この混乱が自律神経にも伝わり

のぼせ 冷え イライラする

急に汗がでる(ホットフラッシュ)など

様々な不調がおきてしまうのです

他にも

□社会的な位置や環境の変化
□性格からくる心理的な要因

このようなものも更年期の原因となります

また

卵巣機能が安定しているはずの

20~30代の女性でも

ストレスや過労、不規則な生活が続くことで

自律神経のバランスがくずれ

更年期のような症状が

現れてしまうこともあります

自分でもコントロールができない

家族にも理解してもらえずつらい

と悩む前に

鍼灸治療をはじめてみませんか?

鍼灸治療では

さまざまな症状を体だけでなく

心の面も一緒に

緩和していくように治療していきます

鍼やお灸をすることで

多くの症状を抱えていた体の緊張を取り

再び症状が出にくい体を作っていきます

お一人で悩まず一度ご相談ください



剛鍼灸院豊田連絡先



 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
  突発性難聴・メニエール病専門
  逆子・不妊治療専門
  頭痛・腰痛専門
  剛鍼灸院 豊田 豊田市大林町15-6-5
  Tel:0565-27-4689
 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

いくつになっても元気に走れる秘策は?

2018年11月16日 | ボランティア報告
みなさんこんばんは

朝晩が寒くなり

寒くなってくると

本格的なシーズンを迎えるのが

マラソン大会ですね!

週末11月18日(日)は

当院のある豊田市の

豊田スタジアムにて

第39回豊田マラソンが開催されます

当日は

豊田スタジアムの

東イベント広場のブースで

・はり体験
・スポーツケア
・健康相談

の鍼灸ボランティアをおこないます



走るからだをつくるためのメンテナンス

走った後のからだをケアする治療

として

鍼灸治療は効果的ですよ

さらに

走る方で多いけが

捻挫 肉離れ 腰痛

シンスプリント アキレス腱炎

などのけがの回復も早くなります

鍼灸ボランティアでは

ランナーとして参加される方だけでなく

応援されるご家族

マラソンを見に行かれる方

鍼を体験してみたい方

体で気になることがある方

など

どんな方でもうけていただけます



毎年多くの方に

鍼灸ボランティアをうけていただき

肩こり 腰痛 膝の痛みや

難聴 耳鳴り めまい

などの耳鼻症状

女性特有の

生理痛や生理不順

足の冷えや便秘などの

お悩みの相談も多くうけます

誰でも無料でうけていただけますので

ご家族お友達をお誘い合わせのうえ

お越しください

ブースはこちらです




同日には

当院グループの本院がある

豊川市でも

豊川シティーマラソンがおこなわれます

こちらでも

鍼灸ボランティアをおこないます


豊田会場

豊川会場ともに

お待ちしております

剛鍼灸院豊田連絡先



 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
  突発性難聴・メニエール病専門
  逆子・不妊治療専門
  頭痛・腰痛専門
  剛鍼灸院 豊田 豊田市大林町15-6-5
  Tel:0565-27-4689
 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

お母さんのやさしい手でココロもカラダも健康に

2018年11月12日 | 子どもボランティア活動
みなさんこんにちは

剛鍼灸院 豊田です

朝晩が冷えるようになってから

治療院に来る患者さんのなかにも

鼻をぐずぐず

咳をコンコン

している方が少しづつ

増えてきました

これから増える

風邪や胃腸風邪の予防・対策

に関するこども向けのイベントを

11月8日(木)

新城市の児童館たんぽぽにて

行いました



おかあさんの手は魔法の手
~ツボを使って
体も心も強くするまほうのワザ~

と題して

親子での体験型セミナーをおこないました

予約の時点で

たくさんの方から問い合わせがあり

多くの方に参加してもらうため

1部と2部に分けて

合計28組の親子が参加してくれました


セミナ-内容は

風邪予防、胃腸風邪予防

さらに夜泣きに関して行いました

これからの季節は

家族の中で誰か1人でも風邪をひくと

家族みんな順々に移り

なかなか治りにくくなってしまいます

そんな時に

大活躍してくれるツボの場所や効果

刺激方法を紹介し

一緒に体験してもらいました

身近にあるスプーンや

お母さん自身の手を使うことで

自宅でも簡単にできて

親子のスキンシップにつながっていきます





今回は3才未満の子どもばかりだったので

なかなかじっとはしていてくれないですが

お母さんたちの体は子どもに向かっていても

かわいい我が子を少しでも薬に頼らず

お母さんたちの手で丈夫な体にしてあげたい

とうなずき、笑いながら

真剣に話を聞いてくださいました



また

ツボを刺激するポイントも一緒に

お伝えしました

ツボを使っての予防・対処方法を

ただやればいい

といった気持ちでやっても

さほど効果は得られません

こどもに対して優しい気持ちで

またいつもイライラして

怒ってしまうお母さんも

まずはお母さん自身が

一度気持ちを落ち着かせ

こどもの良いところを褒めながら

優しい気持ちでやると

お母さん自身の手が優しい手となり

それがこどもに伝わり

こどもの心がお母さんの

優しい気持ちで満たされ

さらに効果が増していきます



今後も

一人でも多くココロもカラダも

健康で元気あふれるお子さんが増えるよう

これからも継続的に

活動していきたいと思います

そして

今後もお母さんとお子さんが

安心して治療受けられるよう

お手伝いしていきたいと思います


剛鍼灸院豊田連絡先



 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
  突発性難聴・メニエール病専門
  逆子・不妊治療専門
  頭痛・腰痛専門
  剛鍼灸院 豊田 豊田市大林町15-6-5
  Tel:0565-27-4689
 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆






鍼灸治療も健康保険が使えます!

2018年11月02日 | 日記
みなさんこんばんは

剛鍼灸院 豊田です


以前のブログ

鍼灸治療も健康保険をつかいたい・・・

にて鍼灸の保険治療の流れを

お伝えしたのですが

今回は

その第2弾です!

以前のブログのなかで

平成30年10月1日から

鍼灸の健康保険(療養費)の制度に

大きく関わってくる

同意書が変更されたと

お伝えしたのですが

具体的に何が変わったのか

今回はそちらを

紹介していきます


患者さんに直接関わってくる一番のところは

同意書の有効期限が長くなったこと


3カ月→6カ月

に変更されました





また

同意書の記載内容も変わり

以前は

表面だけしか記載されていなかった

同意書ですが

裏面にビッシリと

病院や医師に対して

鍼灸の保険治療に関する

細かな説明が記載されるようになりました

どちらの変更点も

患者さんが

鍼灸の保険治療を受けやすくなるよう

厚生労働省に働きかけ

実を結んだものです

しかし

病院のように

保険証を出せば

全体の治療費の○割

というわけにいかないのは

悔しいところですが

これからも

患者さんが鍼灸の保険治療を受けやすく

さらに

社会的にも認知されるよう

活動を続けていきます




健康保険を使って鍼灸治療したい

この症状は健康保険使えるの?

という方は

お気軽にご相談ください


剛鍼灸院豊田連絡先



 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
  突発性難聴・メニエール病専門
  逆子・不妊治療専門
  頭痛・腰痛専門
  剛鍼灸院 豊田 豊田市大林町15-6-5
  Tel:0565-27-4689
 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆





最近トイレに何度も行きたくなる・・これって?

2018年10月19日 | 女性の病気
みなさんこんばんは

気温が下がり

体が冷えてくると

多くの女性が悩む症状が

起こりやすくなります

それは

「膀胱炎」です

下腹部に違和感や痛みがある

トイレへ行ったのに

すっきりせず

すぐにまた行きたくなる

など感じたことはありませんか?

「膀胱炎」とは

膀胱の中で大腸菌などの細菌が繁殖し

膀胱の粘膜に炎症を起こす病気です

・下腹部の痛み
・頻尿(何度もトイレへ行く)
・残尿感(すっきりしない)

などが主な症状です

膀胱炎の初期症状として

トイレへ行く回数の増加が

顕著にあらわれます

また

排尿時に下腹部がツーンと

痛みを感じるようになったり

残尿感が強くなったりします


膀胱炎は特に女性に多く

女性の5人に1人が

悩んでいる症状でもあります






なぜ女性に多いかというと

女性のからだの構造が

深く関わっています

女性の尿道は短く

男性の半分以下しかありません

そのために

外から細菌が

侵入しやすくなっています

しかし

細菌が入ってしまったからといって

すぐに膀胱炎になるわけではありません

体が健康な状態であれば

本来持っている

免疫力で抑えることができます

ですが

体の疲労、寝不足、風邪や

体の冷えによって

免疫力が低下していると

発症しやすくなってしまいます

そこで

自分でできる予防法は

① トイレを我慢しない


我慢をして

膀胱に溜まる時間が長くなると

それだけ細菌が繁殖しやすくなります
 
② 水分を多く摂る

水分を多く摂って

尿をしっかり出すことが大切です

尿とともに膀胱内の細菌は

体の外へ排出されます

③ 体を温める


体が冷えていると

免疫力が低下してしまいます

特に下腹部を温めることを

心がけてください


さらに

膀胱炎にはお灸がおすすめです!

お灸は膀胱炎の予防にもつながります

こちらのツボに

お灸をしてみてください





関元(かんげん)というツボです

おへその下3寸(指4本分)

のところです

関元(かんげん)は

婦人科・泌尿器系の

トラブルにとても万能なツボです

お灸で温めることによって

膀胱・子宮など

骨盤内にある臓器に対して

機能回復が期待できます


膀胱炎は女性にとっては

誰でもかかる可能性があるものです

しかし

相談しづらい症状でもあります

お一人で我慢せず

お気軽にご相談ください


剛鍼灸院豊田連絡先



 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
  突発性難聴・メニエール病専門
  逆子・不妊治療専門
  頭痛・腰痛専門
  剛鍼灸院 豊田 豊田市大林町15-6-5
  Tel:0565-27-4689
 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆