旅の裏の手&ポエポエの日々

幸せになった元野犬「紋二郎」日記と本業旅情報

腎臓病 猫の看護 輸血しました~

2009-11-30 21:20:08 | ネコ日和

前回お姉ちゃん猫より輸血予定と書いていましたが、主治医の先生が14歳という高齢を忘れいて(いつも元気すぎるので失念していた様子)急遽先生の所の供血猫ちゃんより100ml頂きました。先生曰く「いい血ですよ~」とのこと(笑)


約3時間近くのゆっくりとしたペースでの輸血。その間文月がどうしていたかって?


ふっ基本は大人しくしておりましたが、万一の為準備してもらっていたトイレにておしっこをして次は大・・ウ~ンと気張っては立派な1本○○ 輸血中針を刺したままトイレをフルコースでする猫って・・緊張感なさすぎ


同じ部屋に、こちらも腎臓病末期のワンちゃんが点滴をしていました。数値的には、文月の方が悪いし高齢なのにワンちゃんの方が本当にグッタリ・・見ず知らずの私ですら心配になるくらいの様子。「文月ちゃんも本当は、数値的に言えばこんな様子になってもおかしくないんですがね・・」と、文月に視線を移すと起きあがっていて「あっ!犬だ~ビックリ」と目がまん丸。でも怯えることなくキャリケースの中で箱座りにもどり「いつまでじっとしてないといけないの?」と不満顔。ペットは飼い主に似ると言われますが・・私ここまで脳天気なのか?とややショック


無事に輸血も終わり、帰宅すると。。速効猫じゃらしを持ってきて「遊んで?」って


輸血後少し動きも活発になり、療法食はかわらず強制給餌ですが一般食(ウェットタイプのメディファス:老猫用)は、1缶自力で食べれるようになりました。但し1缶を4~5回に分けて最初1口は強制給餌で「ゴハン」を認識させ、次ぎに1口サイズにしたものを「はい。ど~ぞ」と文月の前に置くと食べてくれる・・はぁ~大変です


治ったわけではないので、また何時悪化するか・・ドキドキ。でもまぁ明るく今のペースで頑張ります


おまけ1:輸血に関して

ペットの輸血=高額って思われているようですが、文月の場合少し前に血液検査をしたので輸血自体の料金は1万円位でした。又副作用の問題点もあるようです。しかし1回目より2回目の方が、副作用の可能性が高いということで今回は安心して輸血を行いました。ペットの症状・体力にもよりますが、輸血は血液検査を入れても短いと4時間位でできるので必ずしも入院をしないといけないというわけでもないようです。文月は、BUN:数値突破/PCV:13とすこぶる悪いのに入院せず(前回理由を書いたように出来ないけど)又病院にも1~2週間に1回ペースで約8ヶ月治療しています。病院を極度に怖がる子がいたら私の様な治療方法でしたらペットの負担も軽いのでは?と1つの提案です。


しかし個人の動物病院で輸血可能・自宅輸液を許可している病院は少ないようです。福岡市在住で輸血・自宅輸液に関心のある方は、会社までお電話頂ければ今かかっている病院名をお教えいたします。ここで病院名をあげて迷惑をかけても・・と思いあえてここでは病院名を控えています。治療中の皆様、一緒に笑顔で頑張りましょう


おまけ2:今回1番の被害者(猫)

          178

文月のお姉ちゃん猫 葉月14歳 プックリ体型で病気なし。文月が大・大・大嫌い~視界に入るのも我慢ならないくらい嫌い(喧嘩はしないけど)なのに・・その文月の輸血予定の為、前日より絶食+苦手な車に乗せられ着いたこれまた苦手な病院で、「はは忘れてました~全身麻酔をするので14歳では血は採れませんね~」と笑う医者と飼い主・・葉月

帰宅後、謝ったけど許してくれず腹いせ膀胱炎(小さい頃から少しでも不平・不満があると発病、毎回3~4日で完治)で只今治療中もうそろそろ許しておくれ

コメント

腎臓病 猫の看護

2009-11-26 20:49:28 | ネコ日和

文月の看護を始めて約8ヶ月・・急に寒くなり体力が落ちて大変な状況に


先日の血液検査の結果 

BUN:数値が高く測定不可能 CRE:6.3 PCV:13


血液濃度が13・・平常が32~45なので深刻な貧血状態。でもBUNが高いので点滴(自宅輸液)をしないと尿毒症になる危険性がある。。でもそれをするとますます貧血悪化。。でもしないと尿毒症が~


強制給餌して点滴(少量)、強制給餌して点滴(少量)を1日に5~6回繰り返し、先日は増血剤ホルモンを注射、近日中に姉妹猫より輸血予定・・大変だ~


本当は緊急入院レベル・・しかし何回も書いておりますが「愛してくれないんだったら死んでやる!」病で、飼い主の傍を離れたとたん白血球の数値が最高通常の7倍に跳ね上がるし、寝ない・食べない・動かない・トイレしないのないない尽くしで、違う意味でお空に帰ってしまうくらい入院は危険・・以前から主治医の先生と「この子は入院出来ないね~」と話していたくらい・・なので自力で頑張るぞい


それに24時間看護できる環境って本当に恵まれていると思うし、なによりも文月自身があいかわらずAM03:00/05:00に大声で飼い主を起こし(具合が悪いのに律儀というかなんというか・・)・接客中の飼い主の後ろを猫じゃらしを銜えウロウロ。。さすがに垂直壁登りは出来ないけど生を楽しんでいるようなので応援しないと


しかし本当に自宅輸液にしていて良かった~舌の色を見て貧血チェックで大丈夫なら何時でも何処でも体調に合わせてた量を病院に行かず点滴できるので助かっています。


24時間看護にしなければ約7ヶ月前に。。強制給餌しなければ約2ヶ月前に文月の時間はその時点で止まっていたと思います。諦めなかったからこそこの8ヶ月があったと・・


なので今回も頑張りますぞ~


今大切なこと

笑顔の看護 一緒に過ごす日々を最後まで笑顔のまま頑張る

強制給餌始めて約3ヶ月で気づいたこと、本当に嫌なら立体的に逃げる。逃げないなら貧血に大変有効なので、吐かないよう気をつけながら強制給餌可能

水を大量に飲むのは腎不全の症状の1つだけど、一気に大量に飲まないよう気をつける。多いかな?って思ったら水から離す。一気に飲むと吐く可能性大。

体を冷やさないよう注意!輸液も食事も温めて利用

          169

文月も頑張っております~

コメント

旅の小さな小さなアドバイス

2009-11-05 22:00:13 | 旅の裏の手

ディズニーリゾート

格安パックでオフィシャル・パートナーホテル以外の都内ホテル宿泊の場合、平日ディズニーリゾートへ入場の時は、JR・地下鉄の通勤ラッシュにご注意!開園時間にあわせて行こうものなら・・駅や列車内人々々々でアップアップ福岡と違い通勤ラッシュ時は鬼気迫るものがある都会のラッシュ時!平日の場合は、出来れば東京駅(新木場)周辺で京葉線下り1本で舞浜駅に行ける場所にお宿を取る方が無難


早朝出発!でも子供が起きない~

AM07:00発の飛行機・JRに乗ろうとすると、家を出るのはAM05:30?遊びの為なら喜んで起きる子もいるけれど、「起きなさい~」と何度言っても起きず、やっと起きたかと思えばちょつと目を離すと再度のお子様のいる場合、前の日からシワになりにくい普段着のまま寝かせて出発当日は、寝たままタクシー又は自家用車にて空港・駅へ運搬!出発場所に着くとやっとお子様起床~「ここ何処?」で、途中買ったサンドイッチなどで簡単朝ご飯。楽です


目的地との距離を考えてお宿を選択

よくあるご案内、沖縄の美ら海水族館に行くのが目的。でも那覇泊まりのビジネスパックが安いので那覇に泊まって美ら海へ。。。正直もったいないです。又那覇泊まりが、他に泊まるよりも安いというわけでもありません。那覇から美ら海水族館まで片道車で3時間近くかかります。往復約6時間近く・・旅先での大切な時間、そんなに移動で時間を使うのはもったいない!


例えば旅行期間が3日間の場合、1日目は恩納村・名護・本部エリアに宿泊、2日目に那覇エリアに泊まると、1日目は空港から1泊目のお宿まで行く途中にある琉球村・ビオス・東南植物園etcを観光。2日目は早朝より美ら海水族館(オキちゃん劇場etc)・ナゴパイナップルパーク・今帰仁城跡・古宇利大橋etc観光して2泊目のホテルへ・・那覇へ戻る途中にある世界遺産:中城城・勝連城・座喜味城跡も捨てがたいけど閉まるのが早い・・ん~。3日目は首里城・おきなわワールドetc観光+買い物をして空港へ。これだと観光沢山&ゆったり


目的も個々違うので、上記コースがベスト!というわけでもないので目的・距離・所要時間をきっちり考えて、旅行の予定を立てて下さいね。わからないことがある場合は、些細なことでも相談!現地で「やっちゃつた」なんて事が、ないように

コメント