旅の裏の手&ポエポエの日々

幸せになった元野犬「紋二郎」日記と本業旅情報

高い所が苦手な友人いませんか?

2006-02-04 17:47:10 | ポエポエ日記

大分県耶馬溪にある羅漢寺。全国羅漢寺の総本山で由緒あるお寺で、私の大好きなお寺です。このお寺は、羅漢寺山という山の中腹に建っており、本堂は岩壁を背に埋め込むように建っています。羅漢寺山全体が、麓(お土産屋さん)-中腹(羅漢寺)-頂上(公園)となっており麓から頂上までリフトが運行しています。

このリフト♪で、何度大笑いしたことか・・・!(^^)!まず高い所が苦手な友人を準備します。次にリフト券売り場で、山頂までの往復を購入します。この時、その友人があまり気の進まないようでしたら下からリフトを見せて下さい。本堂のある中腹のリフト駅まで傾斜は緩やかでたいした距離ではありません。で、安心した友人をリフトへ(-_-)中腹駅に着くと速やかに本堂へ・・この時、極力上を見せないように。中腹駅の近くで売っているお饅頭は、お薦め♪祖母が大好きで行くたびに購入していました。(今もあるよねェ?)荘厳な本堂を堪能して再び中腹駅へ・・・ここで、山頂駅へのリフト(少し急勾配)を見て友人は、駄々をこねるでしょう。そこで一言「山頂までの往復買っているから上へ行かないと帰れないよ?!」(嘘)・・・で、しぶしぶリフトへ。でも下にはネットが張っているし、顔は前方を向いている為か、そんなに怖くないみたい?・・でも、ここからが本番(~o~)この時、極力話しかけて下を見せないように注意!山頂駅に到着して小さな公園・展望台で遊んで、山頂駅へ・・・帰りのリフトを見た友人は、愕然として私を睨みます!それもそのはず、あまりにも急勾配の為、山頂駅の少し下からはリフトが見えない・・・友人の「騙したな!」の一言で、もう大笑い(^_^)vでも、乗らないと帰れない・・・友人のしっかりとリフトを握りしめ・時々恨めしげな目で私を見る姿に、麓駅まで爆笑しっぱなし♪友人・知人・身内etc何人に悪戯したか?覚えていません。

追伸:悪戯抜きにしても、羅漢寺は良いところです。本堂から見渡す山々はとても素晴らしく、落ち着いた感じの良いお寺です。又重度の高所恐怖症の方は連れて行かない方がいいでしょう。

コメント