陶芸教室 夢工房あすか

大分市内にある陶芸教室のブログです。
  大分市南春日町12の8
  電話 097‐545‐3581

薬味入れ/12月の新作

2022-01-23 00:05:50 | 飯碗や小物類
二つの陶芸ランキングに参加してます。
1位と2位です。応援クリックしてね! 
人差し指や中指でこの ↓↓ バナーをトントン。


にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へにほんブログ村  陶芸ランキング

 
引き続き 12月の新作をアップ。
衛藤さんと羽田さんは仕事が終わって 18時頃から作陶。
手びねりの基礎と中級コースを修了して自由作陶を楽しんでいる。
タタラ(板)づくりが多いが今回は何を作ろうかと迷っていたので、
以前に生徒さんが作った 「薬味入れ」 を勧めた。

この薬味入れはかなり以前だが前田さんが 2個作っていた。
その内の 1個を作品即売会に出品。家内が気に入って買ってきた。
冷奴や湯豆腐を食べる時に毎回登場する。
ネギと、大葉(青じそ)、生姜を入れている。
なかなか重宝するお皿だ。使いやすい。食卓もすっきりする。

前田さんが以前に作った薬味入れは日を改めて、後日
ブログに連載中の「作品回顧展」でアップすることとして
今回は、衛藤さんと羽田さんが作った「薬味入れ」をアップ。

知人にもプレゼントしたいと言ってそれぞれ 5枚制作。
衛藤さんと羽田さんの作品です。





次の週も人にあげたいからと言って各々 4枚追加制作していた。
前回は、クリスマス用の明るいオーナメントなども作っていました。



 ※ 生徒さんへ
今晩の 10時から今年の最初の本焼きをします。
26日(水)に窯出しします。お楽しみに ♪~♪

幸いに地震の影響も皆無でしたのでご安心下さい。



↓↓ 励ましのクリックをしてあげてね!!
皆さんの 1日 1回の励ましのクリックが 10ポイントになります。
陶芸-人気ブログランキングが 2位、にほんブログ村 陶芸人気ブログランキングが 1位です。


人気ブログランキング  にほんブログ村  


大分市内にある数少ない 陶芸教室 「夢工房あすか」 です。
意外にも近くにあるのに気付かない人たちが多いですが、
下記の教室案内をクリックしてご覧下さい。
陶芸を基礎からコツコツと学ぼ~う。
電動ろくろもスムーズに習得できます。



こういう本があるといい。こういう本が欲しかった。
アマゾンの陶芸ベストセラーでNo.1 にランクされたこともある実用書。
アマゾンへは、こちら をクリック。定価は1,400円です。
リユース本には、5,000円のプレミアムも付いてます!!

<補足> アマゾンで通信販売をしてる時に、クチコミに
嬉しいコメントをいただいていますので記載させていただきます。

「陶芸の最も基本的な所から、
比較的細かいポイントに焦点を合わせて紹介してあるので、
かゆい所に手が届くといった感覚で非常に役に立ちます。
少し学んだ経験がある人でも改めて得るものがあるのでは。
作品集もどれも素敵ですね。」


どなたか存じ上げませんが、ありがとうございます! 


≪陶芸の基本シリーズ連載記念の特典≫
自費出版した 『生活にうるおいを与える食器づくり』 の
改訂版は完売しましたが、改訂前の初版が少し残っています。
ほしい方がおられましたらお分けします。

定価は @1,400円ですが、硬貨だとかさばるので、
お札で、送料込みで @1,000円としました。
初版ですが、ページ数は改訂版と変わりません。


※ 令和 2年1月16日から
「いいね」 などの表示ボタンをアップしてみました。
下のどれをクリックしてもブログ画面は変わりませんが、
Goo ブロガー以外の方は、ログインが必要になるようです。
誰でもオープンに参加できると、いいんですけどね ・・・。

又、「いいね」 ボタンなどをポチッとしていただいた後に、
「陶芸のランキングバナー」 もクリックしていただけると深々と
最敬礼です!! 他の陶芸ブログも参考になると思いますよ。

Goo ブロガーさんの訪問は少ないのですが、閲覧の際は、
「陶芸ランキングバナー」 もポチッと応援クリックしてね!

 
 
コメント

ガオー!/怪獣か?!

2022-01-20 00:11:11 | オブジェ作品
二つの陶芸ランキングに参加してます。
1位と2位です。応援クリックしてね! 
人差し指や中指でこの ↓↓ バナーをトントン。


にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へにほんブログ村  陶芸ランキング

 
子供の想像力、創作力はすごい!
藤原さんの小2の娘さんが作った作品。
ガゥオー! 怪獣だ! OBAKEかも! 迫力がある。



一人で黙々と作っていた。



色付けも一人でやっていた!
色彩がアニメ動画のようにきれいだ! いいね! パチパチ!


もしやしてこれは海の悪魔と言われる “アンコウ” なのかも知れない。たまたま観たが、
4日前の日曜日のNHKテレビ 『ダ-ウィンが来た!』 で “怪魚アンコウ” をやっていた。
アンコウは怪獣のようなグロテスクな顔と図体をしている。深海魚の
ニシアンコウは大きいのは体長が 2m近くにもなり、重さも 60㎏にもなるようだ。

頭には アンテナがあり、先端にヒラヒラする皮を付けている。
“擬餌針” だ。それをヒラヒラと揺るがせながら魚をおびき寄せている。
砂に潜み、近寄ってきた小魚を大きな口でガバッと丸呑みしていた。
こんな小細工をする道具と言うか技術の先端を行くような機能を備えた奇抜な魚も珍しい!

ただ、そのヒラヒラの皮をほかの魚に食べられてしまうこともあるらしい。
ヒラヒラの皮を喰われてしまい空振りばかりしているアンコウには同情した。
餌がないので魚を捕らえられない。近くまで誘き寄せられないので逃げられていた。

また、毒フグを吞み込んだ時の慌て振りも面白かったね。吐き出そうともがいていた。
こんなドラマティックな愉快なシーンを捉えた水中カメラマンに拍手を送りたい。
何とか吐き出せたのだろうか? 致命傷を負ったのだろうか? 知りたいところ。

“アンコウの子” は驚くことに天使と言われるそうだ。羽衣天女のようだった。
この天使があのグロテスクな “アンコウ” に変身するのだから仰天する。しかも、
冬になると 「あんこう鍋」 で我々の体を温めてくれる。天使になっている。
悪魔ではなく本来は冬の天使なのかも知れない?!

娘さんの怪獣作品には感心した。子供の豊かな創作力に感服する。
2年ほど前の大分市の陶芸祭でも子供部門で奨励賞を受賞している。


怪獣を作り終えたら女の子らしいメルヘンの世界を創出。



アルムの山だろうか、南国に浮かぶ島だろうか。
可愛らしいとんがり屋根のお家にアヒルも一休み。
木陰のベンチに座って初老の男性だろうか静に読書をしている。
そして、木の上では小鳥が卵を温めている。のどかな長閑な世界!

大木が素焼き品では不安定なのでママに釉薬をかけて色を出してもらった。
この釉掛けの時はパパが休みなので赤ちゃんをあずけて来ていた。

藤原さんは手びねりが上手。趣のある土偶や古風な壺などを創る。
作品を作りたくてうずうずしてるようだが早く再開できるといいね。
藤原さんも真紀ちゃんも子育てが終わったら陶芸教室を開くといいな。
お二人は同い歳。教室で親しくなった。真紀ちゃんの友達の稲岡さんもいる。
行く行くは三人トリオで。多芸の木本さんも加わると花の ◎年生結成も!
新春に楽しい夢を描いたり。娘さんたちも大きく羽ばたいてるだろう!


↓↓ 励ましのクリックをしてあげてね!!
皆さんの 1日 1回の励ましのクリックが 10ポイントになります。
陶芸-人気ブログランキングが 2位、にほんブログ村 陶芸人気ブログランキングが 1位です。


人気ブログランキング  にほんブログ村  


大分市内にある数少ない 陶芸教室 「夢工房あすか」 です。
意外にも近くにあるのに気付かない人たちが多いですが、
下記の教室案内をクリックしてご覧下さい。
陶芸を基礎からコツコツと学ぼ~う。
電動ろくろもスムーズに習得できます。



こういう本があるといい。こういう本が欲しかった。
アマゾンの陶芸ベストセラーでNo.1 にランクされたこともある実用書。
アマゾンへは、こちら をクリック。定価は1,400円です。
リユース本には、5,000円のプレミアムも付いてます!!

<補足> アマゾンで通信販売をしてる時に、クチコミに
嬉しいコメントをいただいていますので記載させていただきます。

「陶芸の最も基本的な所から、
比較的細かいポイントに焦点を合わせて紹介してあるので、
かゆい所に手が届くといった感覚で非常に役に立ちます。
少し学んだ経験がある人でも改めて得るものがあるのでは。
作品集もどれも素敵ですね。」


どなたか存じ上げませんが、ありがとうございます! 


≪陶芸の基本シリーズ連載記念の特典≫
自費出版した 『生活にうるおいを与える食器づくり』 の
改訂版は完売しましたが、改訂前の初版が少し残っています。
ほしい方がおられましたらお分けします。

定価は @1,400円ですが、硬貨だとかさばるので、
お札で、送料込みで @1,000円としました。
初版ですが、ページ数は改訂版と変わりません。


※ 令和 2年1月16日から
「いいね」 などの表示ボタンをアップしてみました。
下のどれをクリックしてもブログ画面は変わりませんが、
Goo ブロガー以外の方は、ログインが必要になるようです。
誰でもオープンに参加できると、いいんですけどね ・・・。

又、「いいね」 ボタンなどをポチッとしていただいた後に、
「陶芸のランキングバナー」 もクリックしていただけると深々と
最敬礼です!! 他の陶芸ブログも参考になると思いますよ。

Goo ブロガーさんの訪問は少ないのですが、閲覧の際は、
「陶芸ランキングバナー」 もポチッと応援クリックしてね!

 
 
コメント

大中小それぞれ/12月の新作

2022-01-17 00:22:02 | 小鉢、中鉢、大鉢
二つの陶芸ランキングに参加してます。
1位と3位です。応援クリックしてね! 
人差し指や中指でこの ↓↓ バナーをトントン。


にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へにほんブログ村  陶芸ランキング

 
用途に合わせたさまざまな食器。
恵良さんは手びねりで 「小鉢」 を制作。
玉づくりできれいに成形し加飾を行っている。
可愛らしい落ち着いた色味の小鉢ですね。食卓が彩ります。
娘さんからお孫さん用にと欲しがられるかも。




高橋(知)さんは 「中鉢」 と 「湯呑み」。
ろくろ作品です。中鉢は 「飯碗」 としても使えそう。
器の側面に入れた鎬(しのぎ)もリズミカル。
湯呑みは軽くて手取り感もよい。掌にも包める。
先週は、ろくろで作った舟形皿に釉掛けをしていた。
その躍動的な舟形の刺身皿の出来上がりも楽しみ。

 


桐木さんは、ろくろのカリキュラムで 「どんぶり」 を制作。
どんぶりを初めてろくろ挽きしたので少しゆがみが出たが、
加飾した模様も大らかで、使って楽しめる器になるでしょう。

 

作り方が分かったので次回は端正などんぶりが出来るでしょう。
先週は端正な形のどんぶりをろくろ挽きしていました。


↓↓ 励ましのクリックをしてあげてね!!
皆さんの 1日 1回の励ましのクリックが 10ポイントになります。
陶芸-人気ブログランキングが 3位、にほんブログ村 陶芸人気ブログランキングが 1位です。


人気ブログランキング  にほんブログ村  


大分市内にある数少ない 陶芸教室 「夢工房あすか」 です。
意外にも近くにあるのに気付かない人たちが多いですが、
下記の教室案内をクリックしてご覧下さい。
陶芸を基礎からコツコツと学ぼ~う。
電動ろくろもスムーズに習得できます。



こういう本があるといい。こういう本が欲しかった。
アマゾンの陶芸ベストセラーでNo.1 にランクされたこともある実用書。
アマゾンへは、こちら をクリック。定価は1,400円です。
リユース本には、5,000円のプレミアムも付いてます!!

<補足> アマゾンで通信販売をしてる時に、クチコミに
嬉しいコメントをいただいていますので記載させていただきます。

「陶芸の最も基本的な所から、
比較的細かいポイントに焦点を合わせて紹介してあるので、
かゆい所に手が届くといった感覚で非常に役に立ちます。
少し学んだ経験がある人でも改めて得るものがあるのでは。
作品集もどれも素敵ですね。」


どなたか存じ上げませんが、ありがとうございます! 


≪陶芸の基本シリーズ連載記念の特典≫
自費出版した 『生活にうるおいを与える食器づくり』 の
改訂版は完売しましたが、改訂前の初版が少し残っています。
ほしい方がおられましたらお分けします。

定価は @1,400円ですが、硬貨だとかさばるので、
お札で、送料込みで @1,000円としました。
初版ですが、ページ数は改訂版と変わりません。


※ 令和 2年1月16日から
「いいね」 などの表示ボタンをアップしてみました。
下のどれをクリックしてもブログ画面は変わりませんが、
Goo ブロガー以外の方は、ログインが必要になるようです。
誰でもオープンに参加できると、いいんですけどね ・・・。

又、「いいね」 ボタンなどをポチッとしていただいた後に、
「陶芸のランキングバナー」 もクリックしていただけると深々と
最敬礼です!! 他の陶芸ブログも参考になると思いますよ。

Goo ブロガーさんの訪問は少ないのですが、閲覧の際は、
「陶芸ランキングバナー」 もポチッと応援クリックしてね!

 
 
コメント

「いづれあやめかかきつばた」/12月の新作

2022-01-14 00:07:07 | 小皿、中皿、大皿
二つの陶芸ランキングに参加してます。
1位と7位です。応援クリックしてね! 
人差し指や中指でこの ↓↓ バナーをトントン。


にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へにほんブログ村  陶芸ランキング


足立さんがろくろ挽きした大皿。
大皿にあやめ(菖蒲)の花を描いています。
8寸皿(24㎝径)の 「あやめ(菖蒲)の大皿」 です。
 「いづれあやめかきつばた
美人をたとえる言葉ですね。どちらも美しいです。

 

あやめの花を大皿に呉須と弁柄で一気に描いている。勢いがあります。
足立さんは躊躇なく一気に筆を走らせます。絵も上手ですね!
弁柄で描いた花の色合いが釉薬の加減かシャガの花の
ような銀白色に発色しましたがこれも上品でいいですね!

このお皿は穴窯焼成に出す予定で素焼きをしたまま保管してたのですが、
コロナで 2年間延期になり、穴窯焼成をしていた東京・新宿の陶芸教室
も移転し、間借りをしている状況から、先生も 95歳になり再開の目処が立た
ないので、絵付けと釉掛けをしてもらってから教室の電気窯で焼成をしました。
焼き締めが出来なかったのは残念ですが、素敵な絵付け皿になりましたね。

この作品も勤めていた時にお世話になったお客さんにあげたそうです。
大変喜んで感激してくれたそうです! 勿体ない気もしますがよかったですね!

足立さんはこれまでの作品もお世話になったお客さんにあげている。
釣具店に長く勤めていたのですがお世話になったお客さんが多いそうだ。
美容師として入ったものの美容院の開設に至らす、そのまま釣り具店の
仕事に従事し、二つの店長を任されたりして定年後も勤めている。
退職時にはお客さんから花束や色々なギフトなどをいただいたそうだ。
みなさんに信頼されていたのですね。作品販売会でも先頭に立ってやってくれる。
声の大きさも陶芸用具店の安藤さんと双璧なくらい元気で明るく活気づけてくれる。
「陶芸が生き甲斐になってます」 と言ってくれるのも嬉しい!
退職後は待ち望んでいた初のお孫さんの世話をやきながら作陶に励んでいる。


次の 「飛びカンナのお皿」 もお世話になったお客さんにあげるそうだ。
久し振りの飛びカンナだが、飛びカンナの文様も勢いがあっていい。

 

  

5、6年ほど前には多くの生徒さんが飛びカンナを行っていたが、
最近は飛びカンナを施す生徒さんが少ない。その頃はブームだったのかな。
足立さんの作品に刺激されて、また飛びカンナの作品が増えるかな。


 ※ 素焼きと本焼きの情報
いま素焼きを行ってます。15日の土曜日から釉掛けができます。
生徒のみなさん、釉掛けに来て下さい。本焼きは 23日夜の予定です。
 
 ※ 追記の情報
川野さんの “寅” の作品が 『市報おおいた』 の 1月号の表紙を飾りましたが、
ほかにも素敵な写真が沢山ありました。お蔵入りさせるのは勿体ないので了解を得て
その写真を 1月5日のブログに 「干支の寅/記念写真」 としてアップしたのです。
干支の寅さんたちも日の目を見ることが出来たので大喜びしています。
晴れ着の写真などもいいですね。みなさんはどの写真がお好きでしたか ♪~♪



↓↓ 励ましのクリックをしてあげてね!!
皆さんの 1日 1回の励ましのクリックが 10ポイントになります。
陶芸-人気ブログランキングが 7位、にほんブログ村 陶芸人気ブログランキングが 1位です。


人気ブログランキング  にほんブログ村  


大分市内にある数少ない 陶芸教室 「夢工房あすか」 です。
意外にも近くにあるのに気付かない人たちが多いですが、
下記の教室案内をクリックしてご覧下さい。
陶芸を基礎からコツコツと学ぼ~う。
電動ろくろもスムーズに習得できます。



こういう本があるといい。こういう本が欲しかった。
アマゾンの陶芸ベストセラーでNo.1 にランクされたこともある実用書。
アマゾンへは、こちら をクリック。定価は1,400円です。
リユース本には、5,000円のプレミアムも付いてます!!

<補足> アマゾンで通信販売をしてる時に、クチコミに
嬉しいコメントをいただいていますので記載させていただきます。

「陶芸の最も基本的な所から、
比較的細かいポイントに焦点を合わせて紹介してあるので、
かゆい所に手が届くといった感覚で非常に役に立ちます。
少し学んだ経験がある人でも改めて得るものがあるのでは。
作品集もどれも素敵ですね。」


どなたか存じ上げませんが、ありがとうございます! 


≪陶芸の基本シリーズ連載記念の特典≫
自費出版した 『生活にうるおいを与える食器づくり』 の
改訂版は完売しましたが、改訂前の初版が少し残っています。
ほしい方がおられましたらお分けします。

定価は @1,400円ですが、硬貨だとかさばるので、
お札で、送料込みで @1,000円としました。
初版ですが、ページ数は改訂版と変わりません。


※ 令和 2年1月16日から
「いいね」 などの表示ボタンをアップしてみました。
下のどれをクリックしてもブログ画面は変わりませんが、
Goo ブロガー以外の方は、ログインが必要になるようです。
誰でもオープンに参加できると、いいんですけどね ・・・。

又、「いいね」 ボタンなどをポチッとしていただいた後に、
「陶芸のランキングバナー」 もクリックしていただけると深々と
最敬礼です!! 他の陶芸ブログも参考になると思いますよ。

Goo ブロガーさんの訪問は少ないのですが、閲覧の際は、
「陶芸ランキングバナー」 もポチッと応援クリックしてね!

 
 
コメント

正月を飾る器に/12月の新作

2022-01-11 00:01:25 | 小皿、中皿、大皿
二つの陶芸ランキングに参加してます。
1位と3位です。応援クリックしてね! 
人差し指や中指でこの ↓↓ バナーをトントン。


にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へにほんブログ村  陶芸ランキング

 
桐木さんがインスタに載せた器が爽やかです! 12月の新作。
その写真を送ってくれたのでブログにアップしよう。

 

輪っかを組み合わせたやきものの器にお守りの打ち出の小槌。
可愛らしいね! 添えられた花で一段と爽やかに!

実は、この陶器の器はこの倍ほどのサイズだったのだが
両サイドが剥がれて落ちてしまったので、残った部分を
作品にしたのです。これはこれで洒落てますね。

その後、作り直したのがこちら。
乾燥中の作品。素焼き後に釉掛けです。



果物などを入れる器にするそうです。楽しみ。

ろくろでは 19㎝径の中皿を作っています。
この中皿には手鞠のような風船を飾っている。

 

これも洒落ている。和紙の風船が日本の正月を想わせる。
この器の装飾と色合いが優しい雰囲気を醸し出している。

もう 1枚の中皿は正月休みに実家に帰省した時のお土産に。

 

親御さんが 「素敵な器が出来るようになったね」 と喜んでくれたそうだ。
初めてろくろ挽きした 19㎝径の中皿、毎日のように使ってくれるでしょう。

また、前々回にタタラで作った小皿は
職場の異動にともない同僚に全部あげたそうだが
若い人にも評判がよかったそうだ。上品な雰囲気の小皿でしたね。



人にあげて喜ばれる。それが趣味の手づくり陶芸の楽しさであり喜びです。


↓↓ 励ましのクリックをしてあげてね!!
皆さんの 1日 1回の励ましのクリックが 10ポイントになります。
陶芸-人気ブログランキングが 3位、にほんブログ村 陶芸人気ブログランキングが 1位です。


人気ブログランキング  にほんブログ村  


大分市内にある数少ない 陶芸教室 「夢工房あすか」 です。
意外にも近くにあるのに気付かない人たちが多いですが、
下記の教室案内をクリックしてご覧下さい。
陶芸を基礎からコツコツと学ぼ~う。
電動ろくろもスムーズに習得できます。



こういう本があるといい。こういう本が欲しかった。
アマゾンの陶芸ベストセラーでNo.1 にランクされたこともある実用書。
アマゾンへは、こちら をクリック。定価は1,400円です。
リユース本には、5,000円のプレミアムも付いてます!!

<補足> アマゾンで通信販売をしてる時に、クチコミに
嬉しいコメントをいただいていますので記載させていただきます。

「陶芸の最も基本的な所から、
比較的細かいポイントに焦点を合わせて紹介してあるので、
かゆい所に手が届くといった感覚で非常に役に立ちます。
少し学んだ経験がある人でも改めて得るものがあるのでは。
作品集もどれも素敵ですね。」


どなたか存じ上げませんが、ありがとうございます! 


≪陶芸の基本シリーズ連載記念の特典≫
自費出版した 『生活にうるおいを与える食器づくり』 の
改訂版は完売しましたが、改訂前の初版が少し残っています。
ほしい方がおられましたらお分けします。

定価は @1,400円ですが、硬貨だとかさばるので、
お札で、送料込みで @1,000円としました。
初版ですが、ページ数は改訂版と変わりません。


※ 令和 2年1月16日から
「いいね」 などの表示ボタンをアップしてみました。
下のどれをクリックしてもブログ画面は変わりませんが、
Goo ブロガー以外の方は、ログインが必要になるようです。
誰でもオープンに参加できると、いいんですけどね ・・・。

又、「いいね」 ボタンなどをポチッとしていただいた後に、
「陶芸のランキングバナー」 もクリックしていただけると深々と
最敬礼です!! 他の陶芸ブログも参考になると思いますよ。

Goo ブロガーさんの訪問は少ないのですが、閲覧の際は、
「陶芸ランキングバナー」 もポチッと応援クリックしてね!

 
 
コメント