ブログトップへ
サードアイホームページへ ウェブショップへ スタッフブログへ イベントショップへ
KAWASAKI Z1000 Rエディション オールペイント完成\(^o^)/ 2/2

◎今日もZ1000 R editionさんの完成画像の続き、そして最終話です

なんといっても今回チョイスしたキャンディーレッドを見ていただきたい

この奥深さはカスタムペイントでしか手に入らないと言っても過言じゃありません。

ホンダやマツダはこの深みを出したくて疑似キャンディーレッドを作ってますが

やっぱりわかる人が見ると深みが違うんですよね

この色の深みが青空に映える






高級感爆上がり

めちゃめちゃカッコ良く仕上がり

キャンディーレッドのチョイスでほんとに良かったなぁ~って思います

 

【ご来店 Z1000 R EDITIONオールペイント】

 

 

サードアイとLINEでお友達になってね友だち追加

 応援クリックよろしくお願いいたします

グルメや遊び。脱線ネタはサードアイ スタッフブログ

サードアイFaceBookページはコチラ

サードアイチー兄のインスタグラム

オフィシャル。YouTubeサードアイチャンネル

バカネタ!?YouTubeサードアイサブチャンネル

 

 

 

 


コメント ( 0 ) | trackback ( )
KAWASAKI Z1000 Rエディション オールペイント完成\(^o^)/ 1/2

◎ずっと連載してきたZ1000 R editionさんの完成です

上画像を見ただけでは車種すらわからない

 

元はどんなバイクかと言いますと

こちらが純正ノーマル状態

こちらに

下のカウルキットを装着しますと

このように名車GPZ900を彷彿とさせる顔に

 

そして今回のオールペイントで




めちゃくちゃ綺麗なキャンディーレッドに

明日も引き続きこちらのバイクを紹介させていただきます

 

動画も見てね

【ご来店 Z1000 R EDITIONオールペイント】

 

 

サードアイとLINEでお友達になってね友だち追加

 応援クリックよろしくお願いいたします

グルメや遊び。脱線ネタはサードアイ スタッフブログ

サードアイFaceBookページはコチラ

サードアイチー兄のインスタグラム

オフィシャル。YouTubeサードアイチャンネル

バカネタ!?YouTubeサードアイサブチャンネル

 

 

 

 


コメント ( 0 ) | trackback ( )
KAWASAKI Z1000 Rエディション オールペイント!! その7

◎色止めコーティングの翌日、完全硬化した状態

から再び足付けペーパー

スクリーン裏のブラックや

エッジのシャドウをペイント

そして仕上げクリヤーへ

この後も数回クリヤーをかけて

しっかりクリヤー層の厚みを稼ぎ

深いキャンディーに仕上がります

一足お先にタンクは鏡面ポリッシュへ

完成間近

 

サードアイとLINEでお友達になってね友だち追加

 応援クリックよろしくお願いいたします

グルメや遊び。脱線ネタはサードアイ スタッフブログ

サードアイFaceBookページはコチラ

サードアイチー兄のインスタグラム

オフィシャル。YouTubeサードアイチャンネル

バカネタ!?YouTubeサードアイサブチャンネル

 

 

 

 


コメント ( 0 ) | trackback ( )
KAWASAKI Z1000 Rエディション オールペイント!! その6

◎このバイクのメインともいえるカスタムGPZマスク

ベースはカーボン製なので

ここ、

KAWASAKIの文字にマスキングを貼ってカーボンを出しました

ここはオーナー様のリクエスト

まだ仕上げじゃないけどいったんコーティング

カーボン部分の段消しもあるので数回コーティング&研ぎ出し

あとシャドウも入れなければ

 

 

サードアイとLINEでお友達になってね友だち追加

 応援クリックよろしくお願いいたします

グルメや遊び。脱線ネタはサードアイ スタッフブログ

サードアイFaceBookページはコチラ

サードアイチー兄のインスタグラム

オフィシャル。YouTubeサードアイチャンネル

バカネタ!?YouTubeサードアイサブチャンネル

 

 

 

 


コメント ( 0 ) | trackback ( )
KAWASAKI Z1000 Rエディション オールペイント!! その5

◎キャンディーレッドを塗りながらどんな模様を入れるべきか考えてたんですが

あまりにもキャンディーレッドが綺麗なのでそれを生かした

デザインはないものかといろいろ試行錯誤。

そして出した結論は

キャンディーレッドと国産スーパーバイク特有のボディーの起伏

両方引き立てる技法

・・・ということで選んだ選択は

グラデーションでシャドウ

パーツのエッジにシャドウを入れることで

パーツのモールドを強調し

迫力と高級感をパワーアップさせることにしました


シンプルな技法だけど効果は絶大

今までも綺麗だったけど

宝石のようにレッドが引き立ちました

 

一方、タンクはエッジが無いのでそのまま仕上げのコーティング

タンクは完成すると見える部分は少なく、たくさんのパーツが上から付きます

それらにはシャドウが入るエッジが多いので

最終的に全体のバランスは取れるはず

 

 

サードアイとLINEでお友達になってね友だち追加

 応援クリックよろしくお願いいたします

グルメや遊び。脱線ネタはサードアイ スタッフブログ

サードアイFaceBookページはコチラ

サードアイチー兄のインスタグラム

オフィシャル。YouTubeサードアイチャンネル

バカネタ!?YouTubeサードアイサブチャンネル

 

 

 

 


コメント ( 0 ) | trackback ( )
KAWASAKI Z1000 Rエディション オールペイント!! その4

◎前々回でキャンディーレッドに塗られたガソリンタンク

じゅうぶん綺麗に見えてもサードアイクオリティーになるためにはここからが本番

完全硬化したら再び足付けペーパーを丁寧に当てて

全体綺麗にペーパーしたら

ウレタンクリヤー

まだまだこれで終わりません

またまたペーパーを当てて・・・

こうやって何度も研ぎ出ししてはクリヤーをかけて行くことで

深みあるクリヤー層を作って行きます

とうぜんすべてのパーツにね

 

サードアイとLINEでお友達になってね友だち追加

 応援クリックよろしくお願いいたします

グルメや遊び。脱線ネタはサードアイ スタッフブログ

サードアイFaceBookページはコチラ

サードアイチー兄のインスタグラム

オフィシャル。YouTubeサードアイチャンネル

バカネタ!?YouTubeサードアイサブチャンネル

 

 

 

 


コメント ( 0 ) | trackback ( )
KAWASAKI Z1000 Rエディション オールペイント!! その3

◎引き続きキャンディーレッドを塗ってます

シートカウル

メタリックレッドからの

ブランデーワイン

フロントフェンダー

シートカウルの下

サイドカウル下

部品点数がめちゃめちゃ多いんです

ひとつひとつ丁寧に進めます

 

 

サードアイとLINEでお友達になってね友だち追加

 応援クリックよろしくお願いいたします

グルメや遊び。脱線ネタはサードアイ スタッフブログ

サードアイFaceBookページはコチラ

サードアイチー兄のインスタグラム

オフィシャル。YouTubeサードアイチャンネル

バカネタ!?YouTubeサードアイサブチャンネル

 

 

 

 


コメント ( 0 ) | trackback ( )
KAWASAKI Z1000 Rエディション オールペイント!! その2

◎きのうの続き

いつものように上の白抜き画像にデザインして行こうとしたんですが

自分でも珍しい事ですが、描きかけては手が止まる...

ハーレーならすらすらデザインかけるけど

なんで?

いや、ラインはいくらでも浮かんでくるし

デザインもいくつも提案は出来るんですけど

素材としてのバイクが《生きてる》かと言われると

なんだか違うような気がして・・・

 

わかるんです。

理由はハーレーと違って各パーツ形状が複雑な起伏を持ってて

直線や曲線が入り混じった3次元要素が強いんです

ってことで今回は2次元でデザインすることはやめました

 

まずはオーナー様と相談して決めた

キャンディーカラーに塗り上げて行くことにしました

このハウスオブカラーのカラー名

《ブランデーワイン》

その名の通り深くてめちゃめちゃ綺麗なんです

 

 

サードアイとLINEでお友達になってね友だち追加

 応援クリックよろしくお願いいたします

グルメや遊び。脱線ネタはサードアイ スタッフブログ

サードアイFaceBookページはコチラ

サードアイチー兄のインスタグラム

オフィシャル。YouTubeサードアイチャンネル

バカネタ!?YouTubeサードアイサブチャンネル

 

 

 

 


コメント ( 0 ) | trackback ( )
KAWASAKI Z1000 Rエディション オールペイント!! その1



Z1000 Rエディション

逆輸入車にのみRエディションがあるようです

ブレンボのラジアルマウントやオーリンズ標準装備の最強モデル

上の画像はカタログから拝借した純正ノーマルのお姿

 

今回、ご依頼の1000Rエディションはコチラ

お顔が違う

はい、もう既にオーナー様がカスタムをされてます

 

これを書いてるチー兄、アラフィフ世代には非常に馴染み深い

初代GPZ顔

’80年代、憧れの面影がそこに

こちらの900R顔の1000Rエディションさんを今回はオールペイント

もちろん一瞬ですが当時のGPZ900Rカラーに!

ってのも考えました。

  考えましたが・・・

あまりにも各ボディーパーツの形状が違い過ぎて

  ぜったい変になる 

却下

ってことでまったく違うアプローチでデザインは考え直します

デザインを考えるにあたり、まずはこの画像を元に

カウル形状(塗る分部)を抜き出して

さらに合成して

この絵にいろいろ描き込んでデザインを考えます

しかし…

つづく

 

サードアイとLINEでお友達になってね友だち追加

 応援クリックよろしくお願いいたします

グルメや遊び。脱線ネタはサードアイ スタッフブログ

サードアイFaceBookページはコチラ

サードアイチー兄のインスタグラム

オフィシャル。YouTubeサードアイチャンネル

バカネタ!?YouTubeサードアイサブチャンネル

 

 

 

 


コメント ( 0 ) | trackback ( )
Z900RS、キャンディーグリーン火の玉カラー完成\(^o^)/ 2/2

◎はい、今日はお約束通り完全体の完成画像

これは見てたら欲しくなっちゃいます

人気車種だけにカスタムの方向性が個性やセンスの見せどころ

そんな中でも《ペイント》というのは

みんなの憧れであり、夢でもあります

さらにそうなると

《どこで塗ったか》

がその価値の良し悪しを決めるでしょう

とうぜん価値あるペイントは《圧倒的な美しさ》です



オーナー様はチー兄の中学時代同級生

ご厚意でサードアイロゴまで入れさせてくれましたよ

このロゴを見てくれた人が

「やっぱりサードアイは美しい」って言ってもらえる自信があります

オーナー様が誇らしく思ってもらえるのが一番嬉しいです

 

動画でも見てください
【Z900RSキャンディーグリーン火の玉カラー】

 

サードアイとLINEでお友達になってね友だち追加

 応援クリックよろしくお願いいたします

グルメや遊び。脱線ネタはサードアイ スタッフブログ

サードアイFaceBookページはコチラ

サードアイチー兄のインスタグラム

オフィシャル。YouTubeサードアイチャンネル

バカネタ!?YouTubeサードアイサブチャンネル

 

 

 

 

 


コメント ( 0 ) | trackback ( )
Z900RS、キャンディーグリーン火の玉カラー完成\(^o^)/ 1/2

Z900RSキャンディーグリーン火の玉カラーが完成いたしました

どうですか、この輝き、ツヤ、深み

塗装段階無のこれぞカスタムペイントの真骨頂




パーツだけで見てもカッコ良すぎ

こうなるととうぜん車体に付いた完全体を見たいですよね

ハイ、オーナー様が乗って来てくれました

明日はほんとの完成画像で紹介させていただきます

 

動画でも見てください
【Z900RSキャンディーグリーン火の玉カラー】

 

サードアイとLINEでお友達になってね友だち追加

 応援クリックよろしくお願いいたします

グルメや遊び。脱線ネタはサードアイ スタッフブログ

サードアイFaceBookページはコチラ

サードアイチー兄のインスタグラム

オフィシャル。YouTubeサードアイチャンネル

バカネタ!?YouTubeサードアイサブチャンネル

 

 

 

 

 


コメント ( 0 ) | trackback ( )
Z900RS、キャンディーグリーン火の玉カラー!! その4

◎クリヤーの硬化したタンクに優しくペーパーを当てて

塗装段を無くします

この工程は何度も繰り返します

そうすることでまったく塗装段の無いツルツルピカピカ塗装が完成するのです

ある程度、塗装段も無くなってきたところでロゴ入れ

オーナー様のご希望は旧ロゴの大文字の”KAWASAKI”

続いてはこのロゴ部分の塗装段を消して行く工程に入ります

手間を惜しまず、妥協を許さず、

きれいで美しいバイクを作ります

 

サードアイとLINEでお友達になってね友だち追加

 応援クリックよろしくお願いいたします

グルメや遊び。脱線ネタはサードアイ スタッフブログ

サードアイFaceBookページはコチラ

サードアイチー兄のインスタグラム

オフィシャル。YouTubeサードアイチャンネル

バカネタ!?YouTubeサードアイサブチャンネル

 

 

 

 

 


コメント ( 0 ) | trackback ( )
Z900RS、キャンディーグリーン火の玉カラー!! その3

◎先週の続き、テールカウルを進めます

マスキングからの

下地メタリックの上に

クリヤーグリーンをオーバーコート

そしてマスキングを外す


これを色止めコーティングして塗装段消しの工程

 

一方、タンクは一足先に2回目の段消しコーティング


2回目ではまだ塗装段は残ってます。

リクエストいただいたサードアイマークはここに入りました

こうやって見るとドカンと入ってますが

完成するとハンドルとの間で見えにくくなり隠れキャラになります

 

 

サードアイとLINEでお友達になってね友だち追加

 応援クリックよろしくお願いいたします

グルメや遊び。脱線ネタはサードアイ スタッフブログ

サードアイFaceBookページはコチラ

サードアイチー兄のインスタグラム

オフィシャル。YouTubeサードアイチャンネル

バカネタ!?YouTubeサードアイサブチャンネル

 

 

 

 


コメント ( 0 ) | trackback ( )
Z900RS、キャンディーグリーン火の玉カラー!! その2

基本の下地処理も終え、

火の玉カラーのマスキングも終わってます

このあたりは定番カラーということでこれまでにも

何度か塗らせていただいてるのでササっと進みます

オーナー様のご厚意で

《隠れサードアイマーク》をリクエストいただいたのでお言葉に甘えて

って、ぜんぜん隠れてないやん

 

火の玉カラーですがオレンジではありません

(※オレンジは純正にあります)

今回はこだわりのキャンディーグリーンで火の玉をキメます

ベースメタリックから徐々にクリヤーグリーンをかけて発色させていきます

徐々にクリヤーグリーンを重ね深みを出して行きますよ

乾燥したらマスキングを外して

細かいバリを綺麗に掃除します

シンプルなだけに勝負が早い

完成したらカスタム感満載の美しいバイクに仕上がりますよ

楽しみ楽しみ

 

 

サードアイとLINEでお友達になってね友だち追加

 応援クリックよろしくお願いいたします

グルメや遊び。脱線ネタはサードアイ スタッフブログ

サードアイFaceBookページはコチラ

サードアイチー兄のインスタグラム

オフィシャル。YouTubeサードアイチャンネル

バカネタ!?YouTubeサードアイサブチャンネル

 

 

 

 


コメント ( 0 ) | trackback ( )
Z900RS、キャンディーグリーン火の玉カラー!! その1

Z900RSのペイントのご依頼です

良いシーズンということでオーナー様はそのままバイクに乗られたまま

新品のタンクを購入。それをペイントして完成したら交換。

という流れになってます

新品のタンクはメーカーさんよりサードアイに直送されてきました

まずは開封

新品であっても配送中などに痛みがある可能性があるので

まずは細かく全体をチェック

マスキング箇所も確認しながら

いろいろチェックして行きます

 

テールカウルも同じく新品

新品は純正のブラック(パール入り)単色のものを購入されてます

火の玉カラーに塗るんですが2トーンカラーのうちの1色は

この純正ブラックをそのまま使います

 

 

 

サードアイとLINEでお友達になってね友だち追加

 応援クリックよろしくお願いいたします

グルメや遊び。脱線ネタはサードアイ スタッフブログ

サードアイFaceBookページはコチラ

サードアイチー兄のインスタグラム

オフィシャル。YouTubeサードアイチャンネル

バカネタ!?YouTubeサードアイサブチャンネル

 

 

 

 

 


コメント ( 0 ) | trackback ( )

« 前ページ