Think Yokoyama Weblog

50代のお部屋へようこそ…

うるう年

2008-02-29 11:09:21 | Weblog
今年は29日まであって助かってる横山です。

今日誕生日の方はおめでとうございます。(友くんのおばさんが今日だった気がします・・・って誰だ?でしょうね^^)
29日生まれの人はいつもどっちかで誕生日になってるんですよね?28日にする人と1日にする人で差があるんでしょうか?
2連ちゃんでやる人もいるのでしょうか?・・ぶつぶつ


ず~っと待ってもらってる仕事をやっちゃいましょう!
新しく入った仕事もやっちゃいましょう!


追伸:今月の更新・・・結局やっちゃった・・・規則正しい数列~!
 1日から始めても1・2・3・・・
 29日から始めても1・2・3・・・

 やめる
コメント (16)

SUPER MEGA DANCE FACTORY Vol.1

2008-02-27 20:03:04 | ヨコ録
『SUPER MEGA DANCE FACTORY Vol.1』/V.A. (1993年2月24日発売)

参加楽曲
 9  白昼夢 / Virus (Yokoyama feat. 3-P)
 10 802 / K.R.S.
    (全10曲中2曲参加)

横メモ
 93年に入って、事務所の人から「ダンス系のオムニバスを作るので参加して」と言われました。
そこで、一人でやるのか?と思っていた所、事務所の人から<3-P>という女性2人組のユニットを紹介されました。

 彼女達は当時クラブ系(踊るほう)のイベントでは知る人ぞ知る存在だったようです。
セクシー系担当のASAEさんは某音楽大学の声楽科出身で、音楽理論もテクニックも優秀でした。
 僕も一時期音楽大学を意識した事がありましたが(当然入れるレベルもなく)、「教わっているうちは自分の物が創れない!」などと軽はずみにも思ってしまい^^;(今は決してそんな事は思っていません。両方の良い所があると思いますm(_ _)m)、「音大出身者に負けるもんか!」ってな具合で会いました。
 彼女の話だと、音大生の中でもめずらしい存在だったらしく、話を聞いてる時「理論を知っていてこちら側の音楽の世界に入ってきたら強敵だなぁ」と思ったりもしました。

 実際の創作はオケを自分が創り、簡単なイメージを説明して彼女に詞を創ってもらいました。
当時ブルガリアン・ボイスが注目されていましたが、そんな話をしていたら一人でそんな感じのコーラスをぱぱっと唄ってビックリしました。

 アルバム発売後、1回だけ神楽坂にあったディスコのイベントで演奏しました。
繋がりはそれっきりでしたが、この時の影響でその後少しだけ学理を勉強しました。(^^;)
面白い体験でした。


 そしてもう一つは、僕一人の匿名ユニットです。(ユニット名は特に意味はありません・・・ホントはあるけど^^)
事務所の人に「アルバムの時間が余ったから、なんか曲ない?」と聞かれたので、ラジオ番組(大阪のFM802で僕が制作していた『CLUB RADIO 802』テーマ曲)で使っていた曲を新たに録音し直した曲を提供しました。(個人的にはラジオ番組ヴァージョンの方が好きですが^^;)

 テクノ系の人たちはフットワーク軽く、キャラクター・イメージやサウンドに捕われず名前を変えて活動していたので、いいなぁと思っていました。(その頃の名残が今もあります。YOCODILEとか和宇とか・・・あっ!別人だった^^)

 自分一人でやるより、誰かとやるほうが為になるし、自分が広がるなぁと思った作品です。


 この頃から、「ただ音楽に携われるから嬉しい」だけではなく、「どんな事を自分はしたいのか?なにをやらなければいけないのか?」と思うようになったのでした。・・・つづく
コメント (11)

改めまして、楽しかった~!!!

2008-02-26 03:13:07 | Weblog
24日のライヴお疲れさまでした^^/
観に来てくれた方々の(中には不思議そうにポカンとしていた方々も^^)楽しんでくれている感じが伝わってきて嬉しかったです。
ありがとうございました^^
(そういえば風やら雪やら荒れた天気だったんですね。因みに写真はダミーズ誕生日記念写真で撮りましたが、何故か僕だけ風でボサボサしています^^;)
悪天候で残念ながら観れなかった人もいたのかな?
もしそうだったら、またやりますのでこれに懲りずに是非次の機会にチャレンジしてくださいね!
あと、今回ご覧になれなかった人もね!(都合つけて頂けると当社と致しましても非常に助かります^^)

結果的にはとても楽しいライヴが出来ましたが、もうすでに反省点やら改善点やらが見えて、すでに次の活動に頭が行っております。
それもこれも皆々様のご指導ご鞭撻あってのものですので、今後ともよろしくお願い致しますm(_ _)m

ダミーズの出発点として最高の環境を用意してくれたLINK IDに感謝します。
また出演者そしてスタッフの皆さん、ありがとうございました!
また何かあれば呼んで下さいませ~^^よろしくお願いします!

(上領さんはBRAIN DRIVEでのライヴ以来で7年振り?くらいにお会いしました。セッション気持ち良かったです^^また何かあったら是非!)
(あとFilter FishのサポートのKatsuya君は、な~んとM-AGE振りに会ったので15年振りですか!?お互い未だに音楽に携われて良かったねぇ^^)
いろいろ繋がってるんですねぇ~・・・

やっぱり不思議な緊張があったみたいで、昨日は1日中ほげぇ~ってしてました。
心地よい疲れといったところでしょうか?・・・ぬぼ~

追伸1:バレンタインやら誕生日プレゼント、手紙など沢山頂きありがとうございました^^/ 嬉しいで~す!!!!
 (お返しは何がいいでしょうねぇ~・・・)
追伸2:セッション、貴重だったでしょ?楽しかった~^^(でも勘違いしないようにしんきゃ^^;観れた方だけわかるお話でした・・・)

最後に、Hitoki君、NONちゃん、楽しくやって行きましょうか~!!!
コメント (15)

LINK extra vol.5

2008-02-24 10:48:32 | 宣伝
http://www.link-id.com/event/news.html

おっはよ~ござ~い^^/
ついに来ちゃいました、この日が!
Dummy's Corporationのライヴが原宿アストロホールであります。(おめでと~!と自分で言ってみる^^;)

どんなライヴになるでしょう?
なにせ初めてだからどんな事になるか解りませんが、皆さんと楽しい空間が作り上げられたら嬉しいです。
結局ライヴ前に曲を配信しないという暴挙!?に出たので皆さんも解らない事だらけでしょうが、偏見なく楽しんでちょ~だい^^
そうすれば、水を得た魚のように一部上場のステージで暴れ回ってくれることでしょう。Text by aki
よろしくおねがいします!!!

そうそう!イベントは最後まで観て下さいね~!
最後までね~!!最後まで・・・
貴重だから最後まで~
最後まで!!!!!!!!!!!!!!!!!!

追記:大ちゃん宣伝ありがとう^^大ちゃんも名古屋がんばってね!
 あっ!でも東京の人に限らなくていいんっすよ(例えば名古屋の人とかでも・・・ね?^^b)
 では、フィクサー行って参ります!

追記2:取り急ぎお疲れ様でした^^
 楽しめましたでしょうか?
 僕らは今日の反省と発展的希望が確認できました!
 日を改めて書きますが今日のところはこの辺で!これからもよろしくお願いしま~す^^/ (0時半)
コメント (34)

DANCE 2 NOISE 004

2008-02-23 14:51:30 | ヨコ録
『DANCE 2 NOISE 004』/V.A. (1993年1月21日発売)

参加楽曲
 2 STATE VIOLENCE STATE CONTROL / CONTROLLED PKO
   (全12曲中1曲参加)
 尚、6曲目の「SINK{2010 MIX}」/M-AGEには、録音には参加していますが、当リミックスには参加しておりません。

横メモ
 日本に戻って<M-AGE>のツアーも終えた頃?、92年の暮れにTさんからのお誘いで参加しました。

 この<CONTROLLED PKO>とは僕と秘密の人達との3人組ユニットでした。(その後2人組になります)
DJ JIMMINが僕だったわけですが、ほかの方々はみんな非常に近い人です。(時間が経ってますが伏せさせていただきます)

 カバーをやろうということでMC SAGAWAが選曲をし、アレンジを僕がやり、Y-LOWがベースを使ってノイズを出してました。
(ロンドンでエンジニアさんから貰った(何故か)中国のキラキラ音の出る丸い物を、ベースの弦に乗せて転がし、ノイズを録音しました)
ユニット名の由来やら名前は、当時の日本の状況を風刺したもので、ある意味社会派?でした。(^^;)
(現在の状況もこの頃とあまり変わっていないように思われるのか気のせいでしょうか?)
この曲では僕もコーラス?がなり声?で参加しています。

 レコーディングは川奈にあるスタジオで合宿し、毎日楽しく自由にやりました。
因みに、ここのスタジオには温泉が付いていて、とても良かったんです。ほんと良かったんです。温泉。
ご飯も美味しかったですし。
好きだったスタジオの一つです。(現在は確かなくなったと思います)

 社会風刺とは別に、まったりとした気分で創った作品です。(でもサウンドは別ですが^^;)


 ぼくにとって、激動の時間だったと思われる92年が走り去って行ったのでした。・・・つづく
コメント (11)

リハ最終日

2008-02-22 19:38:09 | 縦が記
かなりまとまりました。
っめの部分は各自(自分じゃん^^;)反省しとくとして・・・
ちゃんと2回は通せたし、大丈夫でしょう!
ゃっぱり初ライブだから緊張するのかな?
ん~、楽しみだ^^
ハじめての事だらけだけど、
ピッタリと息の合ったところをお魅せします。
バっちりだよ!・・・たぶん^^;
コメント (10)

初音合わせ

2008-02-20 19:26:58 | 経過報告
今日はダミーズの初リハーサルをして来ました~^^/

初めてにしては・・・
問題点は・・・
各々やるべき事が・・・
何か掴めたと・・・
(全く意味わかんないっすよね?詳しくは他のメンバーのブログをご覧下さい^^)

・・・楽しみだな~^^b

追記:そ~きたか!誰も書きゃしねェ~^^
   したがってダミーズは相当まとまってきたようです^^b (18時半)
コメント (14)

ジョリ!

2008-02-19 20:16:26 | Weblog
沢山の方々にコメントして頂いてありがとうございましたm(_ _)m
こっげなやつに・・・本当に嬉しいです^^
いつまでもアンチエイジングで生きたいと思います!
これからも応援よろしくお願いします。

30代も最後なんすねぇ~・・・
10代最後の時は早く20代になりたくて、20代最後の時は少し音楽人生に不安を持ちました。
でも今は何となく光が見えていて希望があります・・・な~んとなくですが。
颯爽と走ってる素敵な先輩たちを見習って僕なりに生きて行こうと思います。
(それには勿論いろんな方々の支えがあっての事ですが・・・お世話になります^^)
遠回り結構!寄り道大歓迎!!
さて、来年の今頃は何を思っているのでしょうか?

追伸:誕生日に髪を切りました。気合い入れて行きますか!!!
コメント (14)

順調に大人の階段上り中

2008-02-18 00:02:18 | Weblog
最近はずっとDummy's Corporation初ライヴの準備をしてますが、体調も崩さずなんとかやってます。
楽曲制作は一段落つきました。
が、歌詞を覚えるのに一苦労してます。(ボーカリストって大変なんだなぁ・・・まぁ僕はVocal?だけど^^)

今日は僕の39回目の誕生日ですが、やっぱり音楽に浸っております。(サンキューです^^)
ある意味ボクぁ~幸せモンだてぇ!
東京暮らしの期間のほうが長くなってしまいました。

家族含め、出会った人やこれから?の人々に支えられて無事生きて行くことになるでしょう。
感謝したい・・・心から・・・
心から~ありがとう♪
これからも宜しくお願いしま~~~~す!

追記:我が弟んちを見たらびっくりして感動しちゃいました^^
   多くを語れない不器用なオレだけど・・・嬉しいよ我が弟、超カクカクだぜ((^^))
   そして、祝辞を下さっている皆さんへ、
   改めてありがとうございます。本当に幸せです^^感謝!!
コメント (66)

M-AGE その4

2008-02-17 11:22:55 | ヨコ録
『vibES』/M-AGE (1992年11月21日発売)

参加楽曲
 全楽曲参加

横メモ
 92年7月末から9月前半までの約1ヶ月半、ロンドンにて<M-AGE>2ndアルバムのレコーディングがありました。
初めての海外、しかも行きたかったロンドンという事もあり、テンションは最高潮でした。

 実は行く前、1ヶ月半も言葉の通じない国で同じ顔ぶれのみという環境に耐えられるのだろうか?と個人的には心配していましたが、全く問題ありませんでした。
 むしろ英語を話すという環境がストレス解消になりました。飽きたら散歩にでかけたりして。
いつも同じタバコを買いに行ってたお店があって、そこのおばちゃんは僕を覚えてくれてタバコの銘柄を言わずとも出て来るようになったりして新鮮でした。(当時の値段は日本が200円くらいなのに対して500円くらいして「高っ!」って思いました)
 最初は地下鉄やタクシーに乗るのも大変でしたが、後半は一人で目的地に行けるようになりました。(タクシーは乗る前に行き先を交渉するのですね。今でもそうなのでしょうか?)

 レコーディングでの印象的な事は・・・
 フラットを借りて寝泊まりをしたのですが、ベースのKAJIWARA君と同部屋だったので毎日いろいろな話をしました。(音楽から思想、彼の悩み事まで幅広く^^)
 あと、僕が悩みながら創っている音に、エンジニアさんはすぐにピンときて「こうだろ?」って音で返してくれる感じが、音楽は言葉じゃないなぁと思いました。(まぁ、言葉も大切ですが^^;)

 人との出会いで面白かったのは・・・
 当時アシスタントだったとても陽気なベン君(彼は今や<デペッシュモード>のプロデューサー&エンジニアになってます。クレジット見た時驚いたんですが、たぶん同一人物だと思います。僕も頑張ろ!)が、友達のジム君を紹介してくれました。
 日本語を勉強しているジム君は<ジーザス・ジョーンズ>のドラムの人の弟だそうで、何故か彼が当時<ジーザス・ジョーンズ>のレコーディング中の曲を聴かせてくれて、「僕らのほうがかっこいいぞ!」(^^;)なんて盛り上がってました。
 レコーディングの前半は、僕にはほとんど休みがなかったのですが、ダビングが終了した頃にようやくロンドンを満喫する時間が出来ました。
 <M-AGE>のメンバーは取材やら撮影やらで忙しいので、僕はジム君と夜中にクラブ(踊るほう)へ遊びに行きました。
(二人で地下鉄に乗ってふと気付いたんですが、僕と彼とのコミュニケーションもままならないのに、一人で大丈夫なのだろうか?と不安になりましたが^^;)
 着くなりジム君が<ジーザス・ジョーンズ>のボーカルとキーボードの人を紹介してくれました。
ボーカルのマイクは<M-AGE>の事を知っていて、とても気に入っていると言ってくれました。
キーボードのイアンとは、同職種なので突っ込んだ話をしました。
 「来週も来るよ」と彼らが言うので、「じゃあ今度はメンバーも連れてくるよ」と約束し別れました。
ちゃんと約束通り次の時も来てくれて、みんなで楽しい時間を過ごしました。
(マイクやイアンと一緒に(日本人らしく)写真を撮ったのですが、現像して気が付きました。僕は彼らの前で<ミニストリー>のTシャツ着てました^^;)

 本当に刺激的で楽しい思い出たっぷりのアルバムです。


 日本に戻ってから、このアルバムのツアーに同行しましたが、ライブ参加はこの時で終了しました。
永遠はないのです。少し不安になるのでした。・・・つづく
コメント (8)