Think Yokoyama Weblog

50代のお部屋へようこそ…

アイスクラッシャー

2013-01-17 21:59:01 | 子噺し
少年は雪国育ち。
来る日も来る日も雪が降ります。
ある時、晴れ間が続きます。
それまで降った新雪も少し溶け、道路には凍った雪の塊が出来ます。

少年は、一人遊びが出来る子。
今日も何か考えたようです。

「この道路にある雪の塊でなにか遊べないかな?」

雪も沢山降れば、車の往来もさほどない。
学校から一人で家に帰る時、少年はこの塊を連れて行くのでした。

「家に着くまでこの塊を蹴り続けて、最後に無くなるようにする!」

最初の一塊はとてつもなく大きい。
家までは普通に帰るのなら雪道で約15分。
しかし、少年が編み出した帰り方だと、
一回蹴ると弱1メートルなので、だいたい1時間は掛かるようになりました。

「強く蹴り過ぎると半分に割れたりするので、丁寧に蹴る・・・そして家に着く。」

親とってはまったく理解不能な状況。
少年にとって雪の塊が途中で砕け散るのはもってのほか。
さらに側溝に落ちたらゲームオーバー。
なので、失敗しても毎日毎日技術を磨くのでした。


解説:小学生か中学生までのはなしf^^
 帰れるようになりましたよ^^b
 さらに近所の友達にも伝授しました♪

 とにかく毎日雪道を普通に帰るのもつまらないわけです。
 消雪パイプ(道路のセンターラインから四方に水が出ます。この水圧によってのエピソードはありますが^^)が間に合わないくらいの積雪で、
 道路の雪が残っている時(高低差は「道路に雪降ろしたため記録にて」約5メートル)は、この遊びは出来ません。
 アスファルトが見える時の遊びでした♪

 当然最初はでかい塊を蹴るところからスタートします。
 調子良く蹴っていると突然真っ二つになるんですよ^^
 まだまだ距離があるのにって思うわけです♪

 そんなこんなの遊びが、「除雪」の一端を担っていたのかもしれません^^
 雪国ならではな感じだから、このドキドキ感は伝わらないですよね♪
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 必須 | トップ | aki@高田馬場 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 (カッパサイダー)
2013-01-17 22:48:33
わかる(・∀・)ノ
私も、雪の塊を蹴ってました!!横山さんほどの遊びにはなっていませんが…(^▽^)今でも、つい…やっちゃってます。
偶然にも (ACO)
2013-01-17 23:17:17
今日の帰りに、丸々した雪の塊を下りの坂道で蹴りましたよ。

思わず強く蹴ったら思いきっり転がっていって見えなくなりました(笑)
こんばんは (Dog Sleep)
2013-01-17 23:46:25
横山少年、久々の登場ですね^^

私は雪国育ちではないので、雪の塊ではありませんが、小石を蹴りながら帰った記憶はあります。

蹴る事が出来ない場所へ小石が転がってしまったらおしまい。

ドキドキ感は…無かったなf^_^;
子噺〓 (東中ヤンキース ベース)
2013-01-23 12:43:06
子噺パックナンバー全部読みました! ノスタルジックな気持ちが蘇りました。 アッシも蘇る思い出は何故か小学校の頃の思い出が多いかも… 食堂の角を曲がってヨコの家までの真っ直ぐな道…でも春が近くて道端には雪が結構あるけど道路は埃がたってて…何故かそんな風景思い出すと頭の中に「マッドピエロ」とか「ビハインドザマスク」とかが流れます♪(笑) 子噺また楽しみにしてます♪

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

子噺し」カテゴリの最新記事