日田市議会議員 いかわたいき(居川太城)のブログ。

議員活動やプライベートも含めて感じた事、思った事を等身大に記載して参ります。

日田市議会、決算審査2日目。

2021年10月13日 03時47分00秒 | 日記
帰宅後の寝落ちで今ブログ更新です、いかわたいきです。
因みに決算審査とは昨年度、皆様の税金が時期、金額、方法、検証といった事を日田市民の皆様に有効だったか?を問う場でもあります。








今日議題となった12.3の中でも半数以上は意見や考えを述べていますし、日田市側もそれに対して改善や検討を行う発言がありました。

その中で市職員の勤務状況については、一考があります。人口減少に伴い現場に即した定数は必要と考えますが、公務員削減を声高く言うのは違うと考えます。市民の皆様のお陰で議員の立場を頂き10年間日田市側を見る中で、市職員の残業代や定数は恒久的な課題とも言えます。しかし、人口減少が進む中で日田市側の職員数は減りつつも業務量は減っていませんし、むしろ多様化しているとも感じます。
多分な公務員削減や公務員叩きが住民福祉の向上に繋がるか?そうとは言えません。私は行政出身ではありませんし、皆様のお陰で押し上げて頂いた立場から贔屓無しに考えを述べています。



では、また。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

議会改革について。

2021年10月05日 09時21分00秒 | 日記
朝が少し肌寒くなってきましたね、いかわたいきです。






私が委員長を務める議会改革特別委員会。本委員会は市役所側と対峙するのではなく議会内の制度や方法等、主に議員や議会を対象しています。
そのため正解は無く毎回手探りの中、議員の皆様の合意を図る事が求められます。

今回は「議員の見える化」について議論しました。端的に申しますと「議員は何をしているのか?」周知啓発を踏まえ、議員の皆様に活動報告書を作成して数値化や可視化をしてみてはどうか?と提案しました。
結果は5会派中3会派賛成(無所属1名賛成)、2会派反対となり、全議員の賛同を得られず実現には至りません。反対会派の意見も「見える化について市役所1階に(議員が登庁した際に点灯する)登庁版を設置する」「市役所1階にあるデジタル案内板に議会内の動きを記載する」「議員は選挙で選ばれているため市民の付託を受けている」「この様な活動報告書は他市でも行っているため同様な結果になると予想される」と言った反対意見や「普段、議員が何をしているか明確な根拠を示す事の必要性」「議員定数削減後も議会内では年々活動量が増えているのが現状。それは市民にも分からないため可視化する必要がある。」と言った事も賛成意見もありました。

実際、私が初当選した時と今を比べると「議会改革特別委員会」自体無かったですし、政策研究会や決算審査のやり方等は年々変化しているため業務量が増える事はあっても減る事はほぼ有りません。
この様なSNSの発信は議員活動の一部であり、実際の活動は守秘義務を含めて中々言えない部分もあります。

「議員は議会の時だけ出ていれば楽。」それは違うと私は断言します。


では、また。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

決算審査に向けて。

2021年09月26日 20時46分00秒 | 日記
こんばんは、いかわたいきです。






議会が閉会すれば休日。といった事は有りません。(よく聞かれるのが「議会以外は何してるの?休み?」です。)
閉会翌日、10月から行われる決算審査に向けて事前勉強会です。頭を切り替えて今度は使われた税金の費用対効果や妥当性を質疑して参ります。


では、また。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日田市議会、閉会。

2021年09月25日 20時44分00秒 | 日記
こんばんは、いかわたいきです。

8月31日から始まった議会も22日間の会議を経て閉会しました。








毎回、反省と課題を残す議会であり満足のいく議会は1度も有りません。この歳でも本氣で喜怒哀楽を表し、訴える場を頂いている事に改めて選んで下さった皆様に感謝申し上げます、ありがとうございます。

偽善ではなく市民の皆様のため行動する事で、不思議と私も得ている事は多々あると気付かされました。既に次の議会が待ち遠しいです。

昨日は緊張が抜けたせいか床で寝ていました笑


では、また。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日田市議会、委員会まとめ

2021年09月15日 22時59分00秒 | 日記

記載しながら強い眠気に襲われています、いかわたいきです。


今日(9月15日)は委員会による審査や各議員の意見を含めて委員会としてのまとめを行いました。







コロナ禍当初、日田市は本年度市税9%減と見込んでいましたが現段階では3%減の市税収入額見込みとなり逼迫した財政状況とも言えません。

当初より減額率が緩やかになっている事や財政調整基金(いわゆる貯金)でも昨年度同様に積立て(43億7,722万7千円)が出来ているため、9月議会(予算額3億320万円)におけるコロナ対策事業は児童福祉施設に対する感染予防対策と商品券発行だけであり、疲弊する市民や経済を含め日田市側に「今議会での予算の使い方は少ないと感じる。コロナ禍故、議員も予算を使うなとは言わないし、むしろこれだけのお金を持っているなら使うべきと考えるが、日田市の考えはどうか?」との問いに…


「今議会はこれが適正と考える。」との答え。


因みに令和2年度9月議会の補正予算は16億594万円、同月令和元年2億5,822万円、平成30年8億5,845万円、平成29年28億4,315万円で今まで災害復旧も含まれていますがはたして適正かどうか?


疑義しか有りません。


この件に関して、委員会にて強くコロナ禍における感染症予防対策及び経済対策については機動的かつ効果的な財政出動を要望したので委員会としての要望項目に含まれる予定です。


行っている事は超地味ですし、訴えたから劇的に変わるとも言えません。ただ、こういった数値や根拠に基づいて議論の繰り返しと積み重ねが議員の仕事なので「議員が何やっているか分からん」との声もありますが説明し辛いのが大半です。

その声を少しでも無くすため、これからも行動して参ります。




では、また。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする