杉森ブログ SUGIMORI BLOG

緑豊かな水郷柳川にある杉森高校の学校生活の様子をご紹介します。

介護技術コンテスト

2022-08-22 13:13:32 | 福祉科

いつも杉森ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

お盆を過ぎても暑い日が続いていますね。 みなさん、体調を崩したりしてませんか??

 

今日は、福祉科3年生が、7月に行われた福岡県介護技術コンテストで見事、最優秀賞をいただき、明日の九州大会に出場しますが、

その前日の学内での最終リハーサルを紹介します。ご覧ください

この介護技術コンテストは、「高等学校で福祉を学ぶ生徒が、介護技術を競い合うことにより、高校生の介護技術を高めるとともに、様々な介護場面において、適切かつ安全に支援できる能力を育成すること」を目的として、競技(実演)とその説明(アピール)を披露します。

今回の課題は、さまざまな支援が必要な84歳の利用者の方に対して、夕食の誘導と車いすからの移乗、おしぼりを渡すまでの支援を6分~7分以内で実演します。

「はじめてください」という審査員の方の声で、利用者さん役の生徒に声掛けから始めました。

ゆっくり大きな声でハキハキと声掛けしています

介助する人がひとりから、ふたりに増えました。これも考えがあってのことのようです

リハビリが生かされるような声掛け、援助も忘れません。

車いすからの移乗も不安な気持ちがなくなるよう心掛け、声掛けをしていました。

なるべく自分でできることはやっていただきます。このときの声掛けもわかりやすかったですね。

食事が届くまでの時間に、声掛けをしながら待っていました。

 

実演が終われば、この実演の説明を3分以内で行います。

自分たちがどういうところに気をつけ、考えて支援をおこなったのか、その思いを自分たちの言葉で一生懸命伝えていました。

3分じゃこの思いは足りない・・・・??んじゃないかと思いますが、ハキハキと大きい声で時間内に自分たちの介助を自信を持って、アピールできていました。

ちょぴり、緊張していたかな?!・・・

 

このリハーサルを観覧していた福祉科2年生のみなさんや先生方から大きな拍手をいただいていました。

最後は、「頑張ってきます!!」と力強く、宣言していました。

 

             

 

明日(8/23)は、熊本市内の「森都心プラザ」という場所で、九州大会が開催されます。

発表者のみなさんが、今までの学習や練習が十分に発揮でき、満足できる実演ができるよう、柳川から祈っています!

頑張れ!福祉科3年生!!

 

福祉科2年生も校内実習が始まりました!来年は2年生のみなさんが出場することになりますね!実り多い実習にしてくださいね

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第2回体験入学(食物科・看護科)

2022-08-17 15:23:27 | 学校行事

いつも杉森ブログをご覧いただきありがとうございます。

まだまだ暑い日が続いていますが、みなさんいかがお過ごしですか

先日8月8日に食物科と9日に看護科の第2回体験入学が行われました。

今年は新型コロナウイルス感染拡大予防のため、1日1学科ごとで実施させていただきました。

暑い中、たくさんの中学生に参加していただきました。ありがとうございます。

それでは当日の様子をご紹介いたします。

 

まずは、食物科です

今回は「甘酸っぱい夏の思い出レモンクリームのクレープ」をアシスタントの高校3年生と一緒に作りました。

まずは、クレープの生地を作ります。初めに必要な材料を混ぜたら

クレープ作りの一番の見せ所、生地を薄く焼くところです。うすーくきれーいな生地を作るにはどうしたらいいか3年生が優しくアドバイスしていました。

中学生のみなさんも良い焼き色のクレープ生地ができていましたね。

そして、その生地にレモンクリームをのせて、包んでいきます。

そして、そして今回は盛り付けにぶどうの飾り切りを作りました。包丁で十字に切り込みを入れ、皮をむいていきます。

包丁の使い方に気を付けながら行う工程に、中学生もアシスタントの3年生も緊張でした。

きれいに盛り付けも終わり、

いざ、実食 自分たちで作ったクレープは格別に美味しそうでした。

 

続いて、看護科です

今回は「看護の一歩を杉森で」ということで、手洗い・白衣やナースキャップの歴史学習・バイタルサイン(血圧測定)をアシスタントの高校2年生が中学生に授業をしてくれました。

まずは手洗いの授業です。

新型コロナウイルスの感染予防でみなさん手洗いは必ず行っていると思いますが、この授業では手のどこにバイ菌がいるのかということから勉強し、正しい手洗いの仕方を実践しました。

次は、白衣・ナースキャップの歴史学習の授業です。

なんとこの授業では、アシスタントの2年生が歴代のナース服を着て、大変身。

どのナース服やナースキャップが、いつ頃使われていたのか、時代を追って説明してくれました。

みなさんはこの中のナース服が使われていた順番が正しく分かりますか

中学生のみなさんも、悩んで、悩んで答えてくれていました。

正解はこちらです。

右から古い順番で使われていたそうです

自分たちが普段見かけないナース服は、なんだか新鮮でしたね。

そして、バイタルサイン(血圧測定)の授業です。

正しい脈拍の測り方や、脈拍を図る部位をアシスタントの2年生が実演してくれました。

ストレッチャーに乗っているアシスタントの2年生も患者さんになりきっていました。

その他にも、医療器具の展示や、患者さんのベット周辺が再現されていました。

難しい話もあったと思いますが、専門的な知識を少し学んで、看護学生の気分になれたでしょうか。

 

今回の体験入学は予定していた時間より短時間での実施となりましたが、中学生の皆さん、楽しんでいただけたでしょうか。

今回の体験入学が、みなさんの甘酸っぱい夏の思い出となって、進路選択の第一歩になっていただけると嬉しいです。

第3回体験入学もお待ちしております

 

そして、食物科・看護科のアシスタントの2・3年生もお疲れさまでした。

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

いろんなものをつくり隊!2022

2022-07-25 17:25:02 | 学校行事

いつも杉森ブログをご覧いただきありがとうございます。

夏休みに入り、暑い日が続いていますが、みなさんいかがお過ごしですか??

体調に気をつけ、コロナにも気をつけ、楽しい夏休みになるように過ごしてくださいね。 

 

今日は、7月23日(土)に行いました「小学生対象 いろんなものをつくり隊!」を紹介します。

この「いろんなものつくり隊!」は、近隣の小学生に、杉森高校を知ってもらおうとスタートし、今回で6回目を迎えました。

「ものつくり」を通して、身近なものに目を向け、簡単な材料でいろんなものを作れることやそれを応用する力を育ててもらえたら・・・と思いながら、毎回企画を考えています。

今回は、理科「『コースター』を作ろう~3Dプリンターの仕組みを知る~」、家庭科「ミシンを使って『トートバッグ』を作ろう」、生活科「光るコットンボールづくり」、体育科「ソフトボール『打つ・捕る・投げる』」、情報科「パソコンを使ったカレンダーづくり」の5つの内容で実施し、少人数ずつではありましたが、みなさん、楽しくものつくり(体力つくり)をしてもらえたようです

中には、保護者の方と一緒に共同作業をしている人もいて、それもまた、楽しそうでした

2時間程度の短い時間でしたが、素敵な時間を一緒に過ごせたことは、私たちにとっても、よい思い出になりました

それでは、少しですが、その時の様子を、ご覧ください

 

まずは、生活科「光るコットンボールづくり」

完成予想写真です

材料もばっちり!いざ、スタート

風船を丸く膨らますのが難しかったかな・・・

最初は、巻くのが難して・・・・共同作業になりました

応用編の大きなコットンボールも挑戦しました!

さぁ、全部できたので、あとは乾くのを待つだけ・・・

でも、1日しっかり乾かした方が仕上がりもよいので、そのまま持って帰ってもらいました。

この場で完成させることはできませんでしたが、お家で、ライトを入れて、間接照明やインテリアとして活用してくださいね 

 

次は、家庭科「ミシンを使って『トートバッグ』を作ろう」

今回の生地はこんな感じ。元気が出そうな絵柄ですね 

先生方に手本を見せてもらい、自分でやってみます 

みんな、真剣に取り組んでますね 

このあと、取っ手をつけて完成しました

 

 

続いて、理科「『コースター』を作ろう~3Dプリンターの仕組みを知る~」

先生の話を聞いてますが、はやくやりたい!って、話より実践!って私なら思っちゃうかな・・・

なかなか直線が難しくて、鉛筆で書く時と違って、ぶれてしまう人も多かったのかな・・

何度も何度も試作品??として練習した後、完成品を作り上げました

できあがり 上手に描けたね

 

ではでは、次は、情報科「パソコンを使ったカレンダーづくり」

目指すは、こんな手作り感満載のカレンダー

まずは、パソコンで画像を見ながら、自分で、ipadに描きます

画像ができたら、カレンダーに張り付け、印刷します

カレンダーを画用紙に張り付け、オリジナルカレンダーのカレンダーの部分のでき上がりです 

カレンダーができたら、台紙を作って完成です

2人とも、自分のオリジナリティあふれるカレンダーを作ってくれました

 

最後は、体育科「ソフトボール『打つ・捕る・投げる』」での体力作りの紹介です 

先生から、かまえ方の基本を教えてもらい、おねえちゃんたちの見本をもとに実践です 

このおねえちゃん、しっかり腰がおりていて、とてもよいお手本です

おねえちゃんたちも上手にお手本を見せてくれたようですね

暑い中、本校の部員もみんなソフトを楽しんでいました

 

小学生の皆さん、今回のものつくりはいかがでしたでしょうか?

前回参加して、今回も参加してくれた人もいたので、次回は、違う内容を準備してお待ちしています

参加していただいたみなさん、ありがとうございました

 

 

最後に、コットンボールとカレンダーの台紙の作り方を載せておきますので、

よかったら、作ってみてくださいね

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2022第1回体験入学

2022-07-07 09:42:03 | 学校行事

いつも杉森ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

6月18日(土)に食物科、福祉科、普通科の体験入学が行われました。

当日は、梅雨というのに幸いにもお天気に恵まれ、多くの中学生の皆さんに参加いただきました。

 

では、体験の様子をご紹介します。

食物科は、チュロスを作りました。

チュロスとは、星形で絞った生地を油で揚げ、はちみつや砂糖、シナモンなどをまとわせたスペインの揚げ菓子。

本校では、油で揚げずにオーブンで焼いて仕上げました。

先輩がサポートしてくれます。

まっすぐ絞り出すのに苦戦 

絞り出す力が加わると直線を保つことが難しいのよね~

しかしみんなうまくできました。

            

 

福祉科は、ベッドメーキングと障がい者スポーツと手話体験です。

はじめてのベッドメーキング

先輩から丁寧に教わりながら

ベッドサイド角の折り目も上手くできましたね。

 

障がい者スポーツでは、オリンピックでもおなじみのカーリング!

氷上ではないので木製のものを使って楽しみました。

まずは、先輩たちが見本を見せ、つづいて練習の時間を設けました。

う~ん難しい~

思うようにまっすぐ進んでくれん・・・。

 

しかし、みんな本番にはつよーぃなして!なして!

3人一組のグループ対抗戦がスタート!

大盛り上がりでした。

      

次は、普通科ファションコース トートバッグをつくりました。

ウェルカムボードに手作りのドレスがお出迎え

ミシンを使ってうまくできるかなぁ~

好きな色柄の生地を選びます。

先生や先輩が一人ひとりミシンの使い方や縫い方を教えてくれました。

 

       

医療総合コースは、医療系国家資格について学びました。

作業療法士は、日常生活をスムーズに送るための応用的動作のリハビリを行う仕事

利き手ではない方で文字の書き取りをしたり不自由な体験をしました。

どう感じましたか。

そして、

手先を使うことで、運動機能や脳の働きに刺激をあたえ回復をサポートします。

その療法のひとつ

ペーパーフラワー(バラ、たんぽぽ、花かご)を作りました。

可愛くできましたね。

中学生の皆さん楽しんでいただけたでしょうか。

また、第2回体験入学でお待ちしてます。

ありがとうございました。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第51回看護科戴帽式&看護科オープンスクール

2022-06-13 14:17:03 | 学校行事

いつも杉森ブログをご覧いただきありがとうございます

 

いよいよ梅雨に入り、じめじめした日々が続いていますが、皆さんいかがお過ごしですか

 

先日、6月4日(土)に柳川市民文化会館で第51回看護科戴帽式が行われました。

今年は3年ぶりに保護者の方やオープンスクールとして中学生3年生の皆さんにも参加していただいた式となりました。

 

戴帽式とは、看護科3年生がこれから始まる長期の臨時実習に向けて、ナースキャップやエンブレムを戴き、看護に携わる者として、また、実習に向け決意を新たにする儀式であり、看護学生にとって、とても大切な式になります。

現在、病院では、衛生上の観点からナースキャップは使用されていないところがほとんどですが、本校では、看護科の伝統行事の一つとして、大切にされてきた儀式です。

 

 

それでは、厳かな雰囲気の中、行われた戴帽式の様子をご紹介します。

まずは、「戴帽の儀」です。看護師の先輩である先生方から女子はナースキャップ、男子はエンブレムを戴きました。

先生方にエールをいただきながら、ナイチンゲールに向かって歩いて行きます。

そして、戴帽の儀の後は、「聖火の儀」です。

一人ひとりがナイチンゲールから聖火をいただき、「誓いの詞」を宣誓しました。

一人ひとりの灯りが輝いていて、とても幻想的な時間でした。

 

その後は、校長先生や杉森高校看護科・看護専攻科を卒業した先輩方、そして在校生からの祝辞をいただきました。

先輩方の祝辞では、看護師として働いた中での経験やその中で感じた想いを後輩たちに伝えてくださいました。

実際の看護師の先輩からの言葉とあって、生徒たちも真剣に聞き入っていました。

そして、戴帽生代表の誓言では、看護科3年生の井上さんが、自身の体験から看護師を目指した理由やこれからの実習に向けての想い、家族や友人たちへの感謝の想いを話してくれました。

それぞれ目指す看護師像は違うように、実習での経験やそこで感じる想いも違うはずです。

患者さんと一生懸命向き合い、実りある実習になりますように

頑張れ看護科3年生

 

そして、今回の戴帽式は、第1回オープンスクールでもありました。

今回は中学3年生と柳川地区の小学6年生を対象に、戴帽式の見学を行いました。

こちらの見学も3年ぶりであり、たくさんの中学生・小学生が見学に来てくれました。

真剣な眼差しで高校生の先輩たちを見つめる姿が印象的でした。

 

今回は戴帽式見学でしたが、8月の体験入学では看護科も体験実習を予定しています。

看護科に興味のある中学生のみなさん

ぜひ、ご参加をお待ちしています。

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする