仙丈亭日乘

あやしうこそ物狂ほしけれ

WBC世界フライ級タイトルマッチ:亀田興毅がタイトル奪取

2009-11-30 01:07:53 | Sports
WBC世界フライ級タイトルマッチは、龜田興毅が王者・内藤大助を破り、タイトルを奪取した。
内藤大助は6囘目のタイトル防衞に失敗、龜田興毅は日本人7人目の2階級制霸を達成した。


試合前、「大毅のカタキはオレがとる」と云つてゐた龜田興毅。
何を云つてるんだ?
龜田大毅は内藤大助を投げつけて反則負けしたんぢやなかつたか?
何が「カタキ」ぢや、アホ!

といふわけで、私は内藤大助を應援してゐた。
しかし、試合展開は素人の私が見ても龜田興毅が優勢。
結局、判定は3人とも大差で龜田。

お互ひにのらりくらりと逃げる場面がなく、いい試合だつたと思ふ。
「挑戰者としてのボクシングをする」と云つてゐた通り、龜田はアグレッシヴなボクシングをしてゐた。
感心したのは、じつに冷靜にチャンピオンの動きを見てゐたこと。
さらに云へば、試合の最中は、あの憎々しげな表情が消えて無心な子供のやうな表情だつたのが印象的だつた。
あの「ヒール」としての言動は、興行のプロモーションだつたのかもしれないと思つた。

冷靜にアウトボクシングが出來る新チャンピオン。
若い王者は、これから何度ベルトを防衞するのだらう。
無心な表情の龜田興毅の今後に期待したい。



餘談だが、あのTBSのアナウンサーをなんとかしてくれ。
クリーンヒットでもないのに騷ぎすぎ。




コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 【大相撲九州場所】 千秋樂:... | トップ | 【仕事搜し】 轉職エージェン... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
まったくまったく (あべっち)
2009-12-01 23:24:29
あの父子怖い。星一徹か。(笑)


やっぱり内藤派です。もう一度立ち上がってもらいたい。



ところで・・・小学生時代の片思いの人って、中学時代に僕の隣の席になったあの方(Yさん)かな?なんか不思議な縁を感じますが。(もしそうだとして)
あべっちさん (仙丈)
2009-12-01 23:46:37
星父子より品格にかけるけどね(笑)
内藤ももう35か36歳だからねえ。
自分のその頃を考へると、とてもぢやないけどからだがついてこない。
もしかしたら、もう引退かもね。

たしかに不思議な縁だなあ・・・
そんなこと高校時代には全然思ひもしなかつたけど。

コメントを投稿

Sports」カテゴリの最新記事