白老の自然情報

☆北海道にある白老町の自然情報を写真でお届けします。&私の”知る楽しみ”にお付合い下さい。☆

今日はヨコスト海岸へ

2020-09-26 20:10:59 | ヨコスト湿原

今日はヨコスト海岸へ。

オギ が風に揺れてむかえてくれました。

アキノキリンソウ&ユウゼンギク&と樽前山も。

山からの風ですがかなり強く海は時化ていました。

住んでいる方は「怖い」だろうな! 

引き続きどうしても見たいものがあるとう女性のボディーガード?!として、湿原へ降りました。

ちょうどエゾリンドウが見頃で、

ユウゼンギク(友禅菊-外来種だがいい名前をもらった)が満開で、白に近いものもありました。

エゾノコリンゴ(ズミ?)が実を少し付いていました。

お目当ては、クマヤナギ(熊柳)の実。黒く熟していました。

口に含んでみると甘く少し苦味が。おまけもありました。

帰りに樽前山を見ると秋の空でした。

 

 

コメント

ウヨロ川に今年もサケが帰ってきました!

2020-09-21 10:59:57 | サケの観察

天気が良いし、水がきれいになった頃かと思い昨日はウヨロ川へ。

主がいなと残念だがこうなってしまう。オーシャンファーム跡地

咲いているのは「セイタカアワダチソウ」で、他は「オオアワダチソウ」です。厄介な外来種です。

鮭が遡上していました。

これは何だろう?

孵化場のあるイレスナイ川の手前に二つの集団があるが、付近で産卵する様子はありません。

孵化場のあるイレスナイ川はすぐ先の右から流入しています。

自分が生まれた川はどちらか、慎重に判断中のようです。

川の水の匂い(タンパク質の組成の違いなど)を嗅ぎ分け生まれた(或いは育った)川へ遡上するという。

かつてのようにイレスナイ川で大量の鮭が順番待ちするような光景は見る事は出来ません。

イレスナイ川の上流へ。

上流でもいくつかの集団で泳いでいました。

カップルが一組、第1回目の産卵の準備をしていました。

産卵準備中のカップル。

雌が小さい体をくねらせで、尾ビレで卵を産む穴を掘り始めています。

雄はやや後にいて、左右に位置を変え、雌にすり寄ったり体を震わせたりして、

雌に産卵を促していますが、「まあだだよ!」と雌は一度その場を離れました。

雌のおなかには約3000粒の卵があり、これを4から5回に分けて数日かけて産卵するそうです。

 

吊り橋跡の下流では、産卵場所を決めかねていると思われる雌に、数匹の雄がまとわりつき、けん制したり喧嘩をしていました。

その間に雌は上流へ。

 

あちこちで、「森のケイキ屋さん」の良い匂いがしていました。

http://blog.livedoor.jp/aroma_master/archives/51229986.html

 

※NPO法人ウヨロ環境トラストの方が、駐車スペースの草刈りをしてありますが、

今月初めにヒグマの足跡情報がありました。早朝や夕方~は危険かもしれません。

又、水溜まりや草の長い所もあり、長靴かくるぶしの上まであるトレッキングシューズが必要です。

もうこのような光景は見る事は出来ません。

JTB 北海道 感動の瞬間(とき)100選 

https://www.jtb.co.jp/kando/detail/47.asp

https://kandonotoki.jp/...//kandonotoki.jp/detail/061/

 

 

 

コメント

萩の里自然公園 秋の里山自然散歩 の様子

2020-09-14 16:53:49 | 萩の里自然公園

萩の里自然公園 秋の里山自然散歩 の様子

     ↓

https://blog.goo.ne.jp/satoyamahagi/e/117cc15f7c916de534acc73a25a38ad9

 

 

コメント

萩の里自然公園の催し 「秋の里山自然散歩 」のお知らせ

2020-09-03 22:58:18 | 萩の里自然公園

萩の里自然公園便り

萩の里自然公園 秋の里山自然散歩  が」UPされました。

https://blog.goo.ne.jp/satoyamahagi/e/0c83c02cc3a91a97828c9e76d072a77a

 

 

コメント

ヨコスト海岸のゴミ拾い

2020-08-31 21:16:56 | ヨコスト湿原

8月29日土曜日、ヨコスト海岸のゴミ拾いに参加してきた。

社台方面を海霧が覆い始めていたので雨が早まるかと思ったが、予報通り夕方からか?

海岸草原では、オミナエシが咲いていました。

海岸の砂丘から湿原や草原を見下ろすと、花から種を作り始めているオオアワダチソウの群落が幾つもみえる。

 

 

砂丘にまで

このままにすると、どうなるのだろうか?

北海道ブルーリスト(外来種のリスト) オオアワダチソウ 

http://bluelist.pref.hokkaido.lg.jp/db/detail.php?k=08&cd=459

 

コメント

クマヤナギ(熊柳) クロウメモドキ科 ヨコスト湿原

2020-08-28 21:59:17 | 樹木の観察

久しぶりの投稿になります。

読んで下さっている方、コロナ 大丈夫でしょうか? 

自分用の食糧(笑い)の買出しの序に、ヨコストのクマヤナギの様子を見てきた。

丁度、今年の花が咲き始め、去年の実が黒く熟し始めているところでした。

 

黒い実を食べてみると、かすかに甘く柿に近いかすかな香りがしました。

調べると果実酒になり、葉は薬用にされるという。

 

クマヤナギ(熊柳) クロウメモドキ科 

北海道から九州の山地に生える落葉つる性樹木

花はその年に枝の先の方の葉腋などから円錐花序を出し、8~9月頃直径4ミリほどの緑白色の花を多数密につける。

果実は長さ5~7mmの楕円形で、翌年緑色から赤色になり、花の咲くころ黒く熟す。2年がかりで種を作る面白い植物です。

ちょうど実が黒くなりつつあるところでした。黒くなった実が熟して落ちると、花序は枝では無いので枯れるようです。

花(見えるのは萼だそうです)は開いているようでうすが接写の出来ないカメラなので良く分りません。

名の由来は、葉がヤナギのように見え茎が熊のように強いからクマヤナギとついたという

別名には、クマフジ、クロガネカズラ、イボタヤナギなど

同じクロウメモドキ科のエゾノクロウメモドキは、

かなり苦いが甘みもありエゾヤマザクラのサクランボに近いが、仲間のクロウメモドキの果実には「ケンフェロール、エモジン、クリソファノールなどが含まれ、いずれも大腸刺激性の瀉下作用がある。漢方では通便・清熱・消癥の効能があり、水腫や腹部脹満感、腹部腫塊、齲歯の痛みなどに用いる。」とある。

 

エゾノクロウメモドキ

コメント

萩の里自然公園 初秋の里山自然散歩

2020-07-23 11:37:23 | 萩の里自然公園

萩の里自然公園便り にUPされました。

https://blog.goo.ne.jp/satoyamahagi/e/c71ece74e517faeff3282c552ddf3784

 

コメント

萩の里自然公園のクルマユリ(車百合) 救出できるか?

2020-07-08 15:17:50 | 植物(草本)の観察

2004年デジカメを入手した年に見つけたクルマユリ。

公園の外れのアップダウンの多い散策路に点在するので、様子を見に行くことは非常に少なかった。

2013年7月15日のクルマユリ

最後に確認した、2015年7月8日

https://blog.goo.ne.jp/shiroikumo_2004/e/e6d197317f2b1c0de4d19209f6035075

萩の里自然公園では、エゾシカの食害で色んな植物が消えていきつつあります。

もしやクルマユリは?と思い、ネットで調べるとやはり

絶滅寸前のクルマユリ 

https://blog.goo.ne.jp/yukitixyann/e/7b69792dfb8e63f29b932966a0c08e6c

深刻化するシカ問題 ―各地の報告から - 日本森林学会

https://www.forestry.jp/publish/ForSci/BackNo/sk61/61.pdf

 

第Ⅶ章 総合考察 の植生保護柵による回復の効果を ... - 神奈川県

https://www.pref.kanagawa.jp/uploaded/attachment/10071.pdf

 

「クルマユリを避難させたい!」と考えて、花が咲く時期の今日、

仲間とクルマユリの安否確認に行ってきました。やはり確認出来ませんでした。

 

萩の里自然公園で確認できている、ただ一株のクルマユリ。

先月の「初夏の里山自然散歩」の下見で見つけたものだ。

https://blog.goo.ne.jp/satoyamahagi/e/f21eca070d393c48ef8d749768504227

幸いエゾシカ食害防止用の網の中、ただ散策路に生えているので、

表示をして周囲の草を刈り、刈り払いされないようにしてある。

鹿の食害を免れたのでここまで成長して目に止まるまでになったのだろう。

しかし、このままには出来ないので付近に移植しようと思う。

ユリ科なので簡単かと考えていたらそうではなかった。

「北方山草会」http://hopposansokai.web.fc2.com/index.html

の会誌、北方山草(31):7-12.March 2014 野生ユリの栽培」によると

「札幌では、播種の翌年に発芽する場合が多い。栽培下では、播種から 4-5年で開花する。

鱗片には窄んだ節があって米粒大のかけらにはがれるので移植は避ける。

クルマユリは、上根が発達しないので茎盤から生える下根が傷つけられると生育が衰える場合が多く、移植を嫌う。」とあるのだ。

アイヌ民族は、「イマキアネ imakiane[imaki(その歯)ane(細い)] 鱗茎」と呼ぶという。

鱗片「歯」が小さいという事らしい。

アイヌと自然デジタル図鑑 http://www.ainu-museum.or.jp/siror/dictionary/detail.php?page=book&book_id=P0347

 

クルマユリの百合根 北海道植物図譜 著:滝田謙譲

萩の里自然公園の地面は1663年の有珠山の軽石に覆われており、土は極めて少ない。

移植の為に掘り出す場合、軽石が落ちてしまって根が露出する事が多い。

クルマユリが地上での生活を終えた秋には何とか移植したいと考えていますが、うまく行くかどうか?

一株しかないので失敗は出来ないのでプレッシャー大きい!

どなたか経験のある方は助けて頂けると有難いです。

 

 

 

 

コメント

アカゲラの子育て

2020-06-25 19:54:03 | 野鳥の観察

公園で作業をしていると、アカゲラがけたたましく鳴くのに気付いた。
あたりを見回すと、巣穴を発見した。

6月12日

カメラ持参で様子を見に行った。
親鳥は警戒する声を発しながらあちこち飛び回り餌集めをしているようです。


口一杯になると、少し巣穴に近づき周囲を見回し安全を確認して?巣穴に向かいました。

雌のようです。

何度も嘴から頭まで巣穴に出し入れして、何羽かいる雛のうちでまだ餌を与えていない雛に与えようとしているようです。

給餌を終えるとすぐにまた餌探しに飛び立ちました。
巣立ちには少し間があるようです。

お母さんは忙しい!

 

6月25日

少し時間ができたので観察に。
他の巣穴も含めてこれで4度目の観察だが、今回は親の様子がやや違うようだ。
しきりに警戒の鳴声を発するだけで、雛の餌となる虫集めに熱心さが見られないのだ。

30分も経過してようやく母親が巣穴へ。1羽の雛が受け取り終わりです。
餌を与えた後はすぐに飛び立たずに傍の木に止まっています。
「そろそろ出ておいで」と、巣立ちを促すようなしぐさをして飛び立ちました。
巣穴の中には最後に巣立つ雛だけなのかもしれない。

そろそろ巣立ちか?

もう少し時間があり観察したかったが、散策路の草刈り機の音が近づきここまで。

※カメラのレンズの内部に汚れが!
拭きようが無い。レンズキット交換◯万円か? 参った!!

 

 

 

コメント

エゾハルゼミがが鳴きました

2020-06-03 20:36:59 | 昆虫の観察

久しぶりの投稿です。

コロナに負けず生きてます~!

季節は「初夏」でしょうネ。

2020 06 03 エゾハルゼミ 萩の里自然公園

エゾハルゼミはこんなセミ

 

コメント

エゾヤマザクラから次のサクラにバトンタッチ 萩の里自然公園

2020-05-18 13:57:44 | 萩の里自然公園

エゾヤマザクラが葉桜となり、カスミザクラが開花。

数日遅れで、チシマザクラが開花しました。

ミネザクラ(タカネザクラ)も開花寸前です。

左から、ミネザクラ、中央と奥チシマザクラ、右手前がカスミザクラ。

カスミサクラの花

チシマザクラ

開花寸前のミネザクラ

 

 

 

コメント

シラネアオイが見頃-萩の里自然公園

2020-05-18 13:13:01 | 萩の里自然公園

萩の里自然公園ではシラネアオイが見頃を迎えています。

2017年、本場群馬県片品村白根山と同様に鹿がシラネアオイを食べはじめました。

急きょ調査を行ったところ、直ぐに対策をする必要があると判断。

処分する予定のサケの定置網を譲り受け、その秋に周囲を広い範囲を囲いました。

3年程たち、今年もシラネアオイは綺麗に咲いています。

又、シカの食害ですでに消えつつあった、エンレイソウの仲間、オオウバユリ、

ヨブスマソウ、ミヤマセンキュウ、オオバセンキュウなども姿を見せました。

改めてエゾシカによる食害の深刻さを実感しています。

シロバナのシラネアオイ、ヒダカエンレイソウは消えてしまいました。

クルマユリも鹿が食べるというので、来月調査する予定です。

又、倶多楽湖外輪山にのカタクリやエゾエンゴサクの群落もほぼ消滅。

エゾシカが増えつつある地方では注意が必要です。

生憎の曇天のせいか、写真では色がうまく出ていません。

紫色の花弁に見えるのは、萼片だといいます。

 

去年の花の柄と空の実が残っているものもありました。

やや白っぽくなっているのは早くに開花したものです。

蕾の株もあちこちに見られ、今週末頃までが見頃です。

昨年からは、エンレイソウが花をつけるようになりました。

オオバナノエンレイソウ

シラオイエンレイソウ  一株のみ

ミヤマエンレイソウ

チゴユリも咲き始めています。

エゾヤマザクラは葉桜となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

公園に響き渡るツツドリの鳴き声

2020-05-16 16:20:24 | 萩の里自然公園

萩の里自然公園便りにUPしました。

https://blog.goo.ne.jp/satoyamahagi/e/ec24516af8086ed414c180c517ee5d25

コメント

シラネアオイが見頃 萩の里自然公園

2020-05-16 16:15:26 | 萩の里自然公園

シラネアオイが見頃 萩の里自然公園 (萩の里自然公園便り)

https://blog.goo.ne.jp/satoyamahagi/e/94b1a1fad36e722c6bf2a423e96cc8c7

 

 

 

コメント

ミズバショウが見頃を迎えました 萩の里自然公園

2020-04-20 15:43:31 | 植物(草本)の観察

ミズバショウ通りで、ミズバショウが咲き始めました。

花粉が見えます。

白いのは葉が変形した「苞」というものです。
花は苞の中にあるソーセージの様な形をしたもので、小さな花の集合体です。

 

手前の水の多いところでは葉が先に出るが、比較的乾燥した奥の方は白い苞が先に出るようです。奥の方や散策路の縁にはこれから出てきます。

だが心なしか元気が無いようです。以前の写真と比べると株の密度も低いようです。
昨年気付いたのですが、緑が無い時にエゾシカが食べている。


新しい鹿の足跡も見られます。葉が根元から食べられた株も見られます。

今後どのような影響が出てくるだろうか?

尾瀬では一足早く問題になっているようです。

https://www.oze-fnd.or.jp/archives/78181/

 

ミズバショウ通りは公園のマップをご覧ください。

https://blog.goo.ne.jp/satoyamahagi/c/813f32ef71224b4303a41ff5ab94c74c


オタマジャクシも泳ぎはじめました。

ミズバショウについて詳しくはこちらを!
ミズバショウ(水芭蕉)
https://blog.goo.ne.jp/shiroikumo_2004/e/e0d92cb5722ed5146ec9b69b9b2f60cd

ミズバショウ(水芭蕉)の秘密

https://blog.goo.ne.jp/shiroikumo_2004/e/0b87e1231c74a84f67014a76968a6e3b

 

 

コメント