気ままな太太日記3@上海

2016年4月、夫の転勤で深センから上海へ。
日々の暮らしを元気に幸せにするお役立ち情報を綴っていきたいと思います♪

チェンマイ旅行 その4 お買い物編

2018年08月24日 | 旅行 -タイ
最後にお買い物編♪♪

タイに行ったらどうしてももう一度行きたいお店が2つありました。

ひとつは、チェンマイセラドン食器のお店、メンライキルン



以前来た時買った食器が重宝していて、買い足したかったのです。



お店の中だけでなく外にも食器の山。
ひとつひとつ柄や重さが違ったりして、まさに宝探し✨
同じ柄や大きさのものが揃ってるものもあれば、ひとつだけしかないものも。

前回買った食器と同じものがあればと思ったのですが残念ながら見つけられませんでした。

それでも今回も素敵な食器たちとの出逢いが♡♡



早速使ってます♪♪
器が変わるだけで料理が一段と楽しくなりますね!


もうひとつお気に入りのお店が、ソップモエアーツ



北タイの奥地で暮らすカレン族という少数民族が作るテキスタイルを使った作品の数々。
以前バンコク支店を訪れてお店のファンに♪チェンマイが本店だということでいってみたかったのです。

http://www.sopmoeiarts.info/

織物がとにかく素敵✨

クッションカバーや鞄も種類が豊富です。
ちょっとした小物はお土産に喜ばれそう。

購入した鞄。



他にもタペストリーと小さな敷物を買いました。
ひと織ひと織丁寧に作られた思いが伝わってくるような作品。眺めているだけでうっとり。大切にします。


それから、タイ発祥のブランド、ジンジャーでメラミン食器を。こちらもチェンマイが本店。



チェンマイにもお馴染みナラヤ(チェーン店)ができてました!
ここでは、可愛い子供グッズに目を奪われました。



あとは、ワロロット市場やナイトマーケット、サンデーマーケットでちょこちょこお土産ゲット。



Tシャツは一枚300円~500円くらいで、デザインが可愛く生地も丈夫なのでお買い得♪


行きたいところにいって、素敵なものをお得にゲットできて大満足な旅になったのでした。

終わり
コメント

チェンマイ旅行 その3 ホテル編

2018年08月23日 | 旅行 -タイ
チェンマイ旅行の後半はのんびり過ごしたいと思って、今回は少し奮発してラグジュアリーなホテルに2泊しました。

ラチャマンカホテル



旧市街地、お堀の中にありアクセス便利です。
ラーンナー様式の寺院をモチーフに建てられたそうで、インテリアも凝っています。

スタンダードルーム



ラウンジ



中庭



プール



ライブラリー



朝食は隣接のレストランで。




ワッフル、クレープ、サラダ、エッグ、麺、お粥などはオーダーできます。



とっても優雅で贅沢な時間を過ごせました♡
コメント

チェンマイ旅行 その2 マッサージ編

2018年08月22日 | 旅行 -タイ
チェンマイ滞在中何度かマッサージを受けに行きました。
実は5年前、私はチェンマイでマッサージの修行をしたのです。

安さと技術とサービス含め、マッサージはチェンマイが1番✨
と思っていたのですが、少しづつ変わってきているようです。



とにかくチェンマイに行って驚いたのは、中国人観光客が物凄く増えていて、街中も中国語表記が溢れてました。中国人の爆買いがあるのか、至るところに薬局が。
驚くことに、トゥクトゥクの運転手もお店の人もマッサージ師さんも片言の中国語を話す。

昔は英語か日本語で話しかけてくれてたのに、今やアジア人には基本中国語。
マッサージのサービスもどことなく中国に似てきたような。。
私のうがった見方かもしれませんが、これまでは笑顔で優しくのんびりしているのがチェンマイ人という印象でしたが、ちょっとぶっきらぼうで商売けが強くなったように感じてしまいました。



それでも雰囲気が素敵なお店は相変わらずいっぱい。



籐のトレイや食器がかわいい。
ちょっとしたクッキーも美味しい😋
こういうところにホッと癒される。

お寺のマッサージは相変わらず激安!雰囲気があってこういうところも好きです。



お値段はピンキリで、お店の雰囲気も様々。
タイの色んなマッサージ屋さんに行くのが私の件楽しみの一つです。
コメント

チェンマイ旅行 その1 タイ料理編

2018年08月21日 | 旅行 -タイ
すっかりブログを放置してしまいました(。•́•̀。)💦
久しぶりの投稿です♪♪


今年も旦那が夏休みとってくれたので、タイ北部のチェンマイに行ってきました!



チェンマイを訪れるのは5年振り、二度目です。
今回の旅の目的は、美味しいタイ料理とショッピング♪♪

タイには可愛い雑貨や食器がいっぱい♡♡
物価が安いのでついつい財布のひもが緩んでしまいます。
タイ料理も夫婦そろって大好物( *´艸`)

また行こう行こうと言っていて、やっと来ることができました!

チェンマイの美味しいものといったら、まずはカオソーイ😋



定番のトムヤムクンにパッタイにソムタム(パパイヤサラダ)。



ゲーンキョーワーン(グリーンカレー)




それから、私が大好きなカオパット(炒飯)カオガパオ(ひき肉とバジルのせご飯)



あと、今回初めて食べた北タイ料理のソーセージ、サイウア。(写真左上)



イスラム系の方のお店で山羊肉炒飯も頂きました。




それから、タイはフルーツも安くてとっても美味しい✨

有名なカオニャオマムアン(マンゴーと糯米のスイーツ)



マンゴーともち米とココナッツアイスを混ぜて一緒に食べます😋
マンゴーが大好きな母に食べさせてあげたーい!

こちらは、パッションフルーツのスムージー



あまりの大きさに驚きましたΣ(°д°ノ)ノ

どれもこれも本当に美味しくて大満足♡♡
タイ料理が体に合うのかお腹の調子も良くなりました(笑)

それにしても、チェンマイにはインスタ映えするお洒落なカフェがいっぱい!
どこも居心地がよく雰囲気が良くのんびり過ごすことができます。



コメント

バンコク旅行 その3 マッサージ&レストラン

2016年09月19日 | 旅行 -タイ
バンコク旅行最後の日記です。

今回タイに行った一番の目的といっても過言ではない、それはマッサージを受けること♪

以前チェンマイまでマッサージスクールに通いに行った私。
タイのマッサージが大好きです。

タイには庶民的なローカルマッサージ店から、豪華なスパまで本当にたくさんのマッサージ屋さんがあります。
雰囲気がとても素敵なところが多く、施術者さんも一所懸命真面目に行ってくれる人が多いように思います。

今回の旅行、移動は行きも帰りも深夜便だったので、バンコク滞在は丸2日間というスケジュールでしたが、この間に3回もマッサージを受けてしまいました(^^;

というのも、タイのマッサージはとにかくお安い。
本当に申し訳なくなるくらいの安さです。

タイ古式マッサージ2時間400~500バーツ(1200円~1500円)くらいが相場でしょうか。

もちろん、オイルマッサージやアーユルヴェーダなどを行うところもあり、施術内容やスパによってはお値段が大幅に異なります。

ネットで調べてよさそうなスパをいくつかピックアップ。
今回初めて訪れた、私のいちおしマッサージ店はこちらです!

ヘルスランド(Health Land)



島を含めタイ全土に現在9店舗を展開するチェーン店だそうです。

ホテルのような外観に、これまた中もホテルのロビーのような贅沢な空間。かなりゴージャスです。



なんと、8階建ての大型スパ施設です。

そしてさらに驚きなのはこの見た目とは裏腹なお手頃な価格。

タイ古式マッサージ2時間550バーツ、フットマッサージ1時間350バーツ。
インドのアーユルヴェーダマッサージも受けられるようです。

※詳しくはホームページをご覧ください。
http://www.healthlandspa.com/home.html

こちらでは、フットマッサージとタイ古式マッサージを受けましたが、フットマッサージ用に用意された椅子の座り心地が良すぎて、座ったそばから寝てしまいそうでした(笑)

こんなに広いのに、常にお客さんでいっぱい!
中秋節だったこともあって、中国人の団体客なども入っていました。
ゴージャスで安いなんて中国人大好きなパフォーマンスですよね(^m^)ウケること間違いない!
それにしてもスタッフ何人いるんだろう。。

タイ在住のお友達も「あそこはいいよね」と言っていたので、タイに行かれる際はチェックしてみたください♪



さて、お次はレストラン編。
前の記事でも書きましたが、タイ滞在中の食事はほぼ屋台か大衆食堂です済ませていたので、唯一訪れたちゃんと(?)したレストランがこちら。

ルアンソーンナリー



行きたかったお店がつぶれていたので(泣)たまたまタイのフリーペーパーに乗っているのをみつけて訪れたレストラン。

ここがなかなか雰囲気も良く美味しかったです😋

 

日本人サラリーマンが接待で使っていたようで、スーツを着たおじ様たちが行き交っておりました。
サラリーマンの皆さまお疲れ様でございますm(_ _)m

レストランの住所はこちらです。最寄駅はプロンポン。




タイも日本人社会が確立されていて、フリーペーパーもいくつか作られているようです。
日本料理屋さんや、日本人経営のお店などでいただけることが多いのでこのような冊子を旅の初めにゲットしておくと何かと役に立ちますよ~。(古いガイドブックとかだとお店が移転していたりなくなっていることがよくある。)




終わり
コメント