キタカゼとタイヨウ

「意識不明の重体」「重症びまん性脳損傷」から奇跡的に回復、大学生になった息子と子宮腺筋症の母の記録

お墓ができました

2018-02-27 22:03:54 | 長男の嫁
3/11の一年忌、納骨に間に合いました。

お母ちゃん大好きな夫が
悩んで選んで
何度も図面を書き直してもらって、
決めたお墓です。



請求書がワタシに回ってきました。

こんな嫁でも辛抱してくれた義母に
最後の親孝行ですね、
かき集めてでも今週中に振り込みます。


コメント

買わなくちゃ。

2018-02-20 16:54:07 | 日記
哀川翔、25年ぶり新曲発売 ラサール石井、玉置浩二、若旦那が提供
25年前どんな風に歌っていたか、全く記憶にないけど(ファンの方ごめんなさい)
玉置さんが作曲したとなれば買わなくちゃね
コメント

昨日、買った本

2018-02-18 20:36:12 | 本と雑誌
やらかした~。。
4冊も買っちゃった。



幸せ

されど愛しきお妻様 鈴木大介
花咲小路一丁目の刑事 小路幸也
金曜日の本屋さん 名取佐和子
輝跡 柴田よしき
コメント

「図書館につづく道」

2018-02-18 13:02:01 | 本と雑誌
図書館で借りました。
いつも行く隣町の図書館の新刊コーナーにあってワタシに借りてほしそうにしてたんです。

図書館って本を借りるだけじゃないんですね。
わかってはいますが、今のワタシは自分の本棚としてしか利用できていません。

この本の深山町の図書館は
まるで役場や公民館のように生活に密着していて素敵です。

ワタシが子ども頃、近くに図書館はなく
4年生で初めて貸し出しが許された学校の図書室がワタシを本の虫に進化させました。
ずっと図書委員で小学校も中学校も図書室の本の列びは頭に入っていました。

でも、悲しいことに
当時は休み時間や放課後を図書室で過ごすことより、
校庭で元気に遊ぶことが推奨された時代でした。

末っ子が大学生になった今が一番読めているかな。

この本にであってワタシは自分と本と図書館の距離を再確認しました。

読みたい本を全部買って、全部並べておける本棚
老後の夢ですかね。
コメント

朝帰り

2018-02-17 12:07:00 | 交通事故・高次脳機能障害
昨年末、彼女ちゃんと別れてから息子の夜遊びがひどい。
病院から何度も
 
   規則正しい生活を

と言われているにもかかわらず、
昨夜も、

   バイトのあとボーリングに行ってくる。
   鍵締めちゃっていいよ

と言ってバイトに出かけ、帰宅したのは午前9時半
しかも、堂々と表からのご帰宅

誘われたら、断れない性格になった息子と
傷心の息子を慰めてあげようと言う心優しきバイト仲間(?)
そして、大学生60連休と言う春休み

ほんとどうにかしてほしい。

テニス仲間と違って、部活の友だちは息子の後遺症のことを知らない。
まぁ、話してはあるけどきっと想像できないと思う。

   その時に驚くなよ

ってそんな簡単なことじゃないんだけど。

11時まで仮眠してまたバイトに出かけちゃいましたよ。
ありえな~い。

974日目の2月17日(土)でした。
コメント