古民家SHIKIORI日記/Homenaje Project

アジア・アフリカ・ヨーロッパ、古民家SHIKIORIを舞台につながる音楽。
コントラバス奏者、松永誠剛のブログ。

Asian Oceanic Connection Nat Bartsch trio

2009-03-23 21:33:46 | Weblog
今年、最初のアジアンケープコネクションのコンサートが決定致しました!
今回はオーストラリア出身のピアニスト、Nat Bartsch とのツアーです。

「レディオヘッドが私のスタンダード」
北欧で学び、母国オーストラリアはもちろん、ヨーロッパでも注目を集めている、
24歳の天才女流ピアニスト、Nat Bartsch。
http://www.myspace.com/natbartsch

ドラムには東京公演はオランダのSebastiaan Kaptein、そして福岡公演はNY、上海、沖縄で活躍中の中村亮を迎えてお送りします。

Nat Bartschの美しい世界をぜひ、体験して下さい!

予約受付、チケット販売は4月1日からの予定です。


世界の何処に居ても、常に応援し、支えてくれる方々に感謝を。
南アフリカ、ケープタウンより

Asian Cape Connection 代表
松永誠剛


Asian Oceanic Connection
Nat Bartsch trio Japan Tour 2009
5月9日(土)
東京/「南青山Body&Soul」
南青山6-13-9 TEL. 03-5466-3348(午後5時以降)
開場19:00 1st 開演20:30 2nd 開演22:20
3500円
Nat Bartsch(Pf)
セバスティアン・カプテイン(Dr)
松永誠剛(B)

5月15日(金)
福岡/中央区大名「ROOMS」
tel 092-751-0075
19:30開場 20:00開演 ドリンクオーダー
Aチケット5000円 Bチケット3000円 当日3500円 Cチケット0円(前売限定)
前売15組限定ペアBチケット 5500円
Nat Bartsch(Pf)
中村亮(Dr)
松永誠剛(B)

5月16日(土)
「FCC藤島ミュージックホール」
飯塚市津島265-12
Tel0948-22-6873
18:00開場 19:00開演
Aチケット5000円 Bチケット3000円 当日3500円 Cチケット0円(前売限定)
前売15組限定ペアBチケット 5500円
Nat Bartsch(Pf)
中村亮(Dr)
松永誠剛(B)

主催 Asian Cape Connection
後援 オーストラリア大使館
協力 Dalahast Cafe、木村ギター工房

福岡公演チケット取扱い店
ダーラヘストカフェ
Tel092-526-6639

http://asiancape.net
infoasianjazz@yahoo.co.jp

福岡公演チケットCをご希望される方⇒
下記申し込み先まで以下の内容をメール、または郵送で送付してください。
(公演3日前まで受付、数量限定)
・名前/住所/メールアドレス/電話番号
・自分は何故、今回のコンサートを無料で見る必要があるか(書式自由)

infoasianjazz@yahoo.co.jp
〒823-0005
福岡県宮若市上大隈768-1
Asian Cape Connection 松永誠剛

[Ticket Price]
“Gap society” a problem which the artistic world must face as well. Therefore, we divided our tickets into 3 types.

Ticket A: 5,000yen(Advance Sale only) is for those who have leeway to make a contribution to the performance.
Ticket B: 3,000yen (advance sale), 3,500yen (at door) is the standard price ticket.
Ticket C: 0yen (advance sale only) is for those who NEED to see the performance but cannot afford to buy a ticket.


*All the seats are free seating.
*The 3 types of tickets do not reflect seat areas or qualities.
*Please be aware that ticket C has a limit in number. We advise you to apply as early as possible.
*Ticket A and C will not be sold on the day of the performance

[福岡公演Cチケットについて]
格差が広がる社会において、音楽家が芸術と社会との関係性を常に見つめ、向き合う事は大きな課題であると考えます。

音楽の重要な要素の一つはコミュニュケーションであり、空間を共有する人とのコミュニュケーションがさらに音楽を豊かなものにすると考えます。
「応援する事」「体験する事」「必要とする事」と云う3つの意思をチケット設定に当てはめる事で、さらに豊かなコンサート空間を築く事が出来ると考えます。「考え、向き合う」きっかけを与えてくれた、大橋可也さんに感謝します。

松永誠剛

<プロフィール>
Nat Bartsch
ピアニスト/作編曲家

オーストラリア/メルボルン出身。
4歳よりクラシックピアノを学び、高校在学中より、メルボルンを中心にR&B、Funkの様々なアーティストのサポートミュージシャンとして活動を始める。
ヴィクトリア芸術大学にて、Tony Gould、Andrea Keller、Paul Grbowsky各氏に師事。
大学卒業後、奨学金を得て渡ったヨーロッパの地で彼女の音楽にもっとも影響を与えた二人のピアニストに出会う、北欧を代表するピアニスト、Tord Gustavsen、そしてスイスを代表するピアニスト、Nik Bartsch。
帰国後、自己のトリオを結成し、デビューアルバム「Nat Bartsch trio」を発表。
クラシック音楽からレディオヘッドまで、現在、もっともオーストラリアで注目を集める、若き女流ピアニスト。

中村亮
ドラム奏者
1979年、沖縄生まれ。
1996年より渡米し、ボストン、バークリー音楽院にて、Kenwood Dennard、John Hazila、Larry Finn各氏に師事。2001年卒業時には、同大学の代表として神戸フェニックスジャズフェスティバルに出演。卒業後、同大学のボイス科でドラマーとしては初の専属伴奏者として1年間スタッフを勤める。また、ボストンの老舗ライブハウスWallyes Cafeのレギュラードラマーとして活動。
ギタリスト、David FiuezynskiとのグループKIF、Larry Watsonの音楽監督/ドラマーとして様々なアーティストとのレコーディング、ライブ活動を行う。
2004年、ボストン出身のシンガー/ギタリスト、Sam Hooperとの中国、上海/北京ツアーに参加、その後セントルイス出身のシンガーSugar Mamaの音楽監督/ドラマーとして半年間、再び上海で活動する。
2006年より拠点をNYに移し、kokolo、Sam Kininger(Soulive)、Screaming Headless Torsos,Chiristian Scott、上原ひろみ、Walter Beasly、トモ藤田などと活動。2007年、故郷、沖縄にてオリジナルジャズバンドElements of the momentを立ち上げ、作曲、編曲などを行いつつ、歌手、高良結香のミュージックディレクターを勤める。現在、NYと沖縄を中心に活動を展開している。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 世界の先っちょ | トップ | Nat Bartsch Trio Japan tour... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事