広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画@シリアナ

2006年03月07日 10時43分21秒 | 映画 さ行
13キロも体重を増やし、今回この役に挑んだという
ジョージ・クルーニー
先日、見事アカデミー賞 最優秀助演男優賞を受賞!!
ひげもたくわえ、もっさりしていて、最初誰だか分からなかった
ジョージ・クルーニーはやっぱり凄い!!

この『シリアナ』は、CIA、アラブの王族、アメリカ司法省、
イスラムのテロリストが石油によってつながっているという
“真実”を描いた作品
『トラフィック』の石油版?と軽い気持ちで観てみたものの。。
難しすぎ!!話しが複雑だし、主役級の登場人物多すぎ!!
更に、中東情勢というものが良くわからない次第で。。(しょんぼり)

とにかく付いて行くのに精一杯で、全部の繋がりなんて分りようがない
終わった時には、もうぐったり。。
ラストにはなんとなく最初との繋がりだけは見えたような。。
元々このテーマ自体、私ごときに理解できるような問題ではなく、
私にとっては、こんな事実があるという事を知らされた映画だったのかも
と、開き直っちゃおう

しかし、疑問はたくさん残るばかり。。
アメリカの石油会社との関係を変えて、国の体制も平等にと考えた
ナシール王子が、アメリカによって暗殺されてしまった訳だけど、
その暗殺のシーン、車を乗り変えて命拾いしたアナリストのブライアン、
車で近づき王子と一緒に命を落としたボブ、偶然だったのかな、これ?
ボブははめられたような気がするんだけど。。

分かりやすかったのは、油田を解雇された青年が自爆テロを
決行するあたりかなー、あんな形で抵抗するしか無かったんだ。。

が、監督自身もHP上で「疑問はオープンのまま残されている」
「すべてを結論付けない~ 」と語っている
なので、疑問は残ったままでいいって事なのかな?

公式HP↓
http://wwws.warnerbros.co.jp/syriana/

そして、この『シリアナ』は、元CIA工作員による暴露本
「CIAは何をしていた?」をもとに生み出されているそうだ
(これも知らなかった。。)
 
 

映画をもう一度見たいけれど、しばらくは見直す元気が出そうもないので
この本を読んでみるとしようかな。。


ブログランキング ブログ村
記事に満足したらここをクリック!! [ランキングオンライン]

コメント (4)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
« 映画@トラフィック | トップ | 映画@ホテル・ルワンダ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (へーゼル☆ナッツ)
2006-03-10 14:45:30
>最初誰だか分からなかったジョージ・クルーニー

--------

私もです。フセインにしか見えなかったですね、、

最後も爆死しちゃって、意味不明でした。

やっぱり利用されたんじゃないですか?

もう2度は観なくていいやって感じです^^;



CIAの本のTBもさせて頂きますm(_ _)m
確かに (satty)
2006-03-10 16:06:28
へーゼル☆ナッツさん

似てましたねー、フセインに(笑)

観直したいけど、やっぱり2度は観れないですよね。

この本は参考までに、読んでみたいと思います
sattyさんTB&コメント本当に有難うございます (hide)
2006-03-10 19:10:22
(映画と秋葉原とネット小遣いと日記)のhideです

sattyさんTB&コメント本当に有難うございます

>それが監督の狙い?



(^_^;)そのようですね。コメントして下さった方のお言葉を借りれば(難解風に撮る監督が)『観客を見下げた態度』に感じます

中東問題を扱うなら相応しくないと思いますねえ
こんにちは (satty)
2006-03-11 12:50:58
hideさん

難解風に撮るのが好きだとはいえ

中東問題自体が難しい上、あのストーリー。。

私なんぞには理解不可能な映画でした。。

夕べ「虎ノ門」で井筒監督がまためちゃくちゃに言ってましたね。

コメントを投稿

映画 さ行」カテゴリの最新記事

16 トラックバック

ブログのトラックバックセンター (blolog〔ブロログ〕)
sattyの癒しのトビラ様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。
イベント・ビハインド@シリアナ (憔悴報告)
【ネタバレらしきものもある・・・のか?】 この映画のストーリーは、あるジャンルの枠から一歩も外に出ていない。 それでも、おれは最後まで画面に釘付けになっていた。
★「シリアナ」 (ひらりん的映画ブログ)
ジョージ・クルーニー主演。 2005年のゴールデン・グローブ主演男優賞獲得作品。 予告を見ると・・・アラブの石油利権の話みたいだぞ。
シリアナ (悠雅的生活)
最後に笑うのは誰
『シリアナ』SYRIANAー2006・3・5に観ました (映画と秋葉原とネット小遣いと日記)
『シリアナ』 SYRIANA    公式HPはこちら  ←クリック    ●あらすじ アメリカの巨大石油企業も絡み、石油利権が渦巻く中東を舞台に、ベテランCIA工作員(ジョージ・クルーニー)。野心溢れる弁護士ベネット。産油国の王子の相談役を狙う石油アナリスト
シリアナ Syriana (HappyDays)
シリアナ決して娯楽映画ではない。かなりシリアスであり、現実的である。中東の石油に絡む、アメリカ(政府)の陰謀、策略もの。元CIA工作員による「CIAは何をしていた?」の本を元に、作られた映画。これを元にしているが、映画は作り物だという、と、キャプションが出た...
『シリアナ』★★・・・50点 (ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ)
元CIA工作員が暴露した赤裸々な真実-驚愕のストーリーは実在する『シリアナ』公式サイト3/4(土)~公開 制作年度/国;\'05/米   ジャンル;サスペンス   配給;WB      上映時間;2時間8分   監督;スティーブン・ギャガン 出演;ジョージ・クルーニー/マ..
『CIAは何をしていた?』ロバート・ベア/著 (ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ)
『CIAは何をしていた?』2006年01月/文庫540pいわずと知れた?映画『シリアナ』の元になった作品です。簡単に言うと、CIAの元工作員ボブ・ベアの「CIA活動日記」ですね。【よかった点】■ 「どうやってCIA工作員になれたか」から「基礎訓練」、「本番」にいたる...
シリアナ・・・・・評価額1200円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
タイトルの「シリアナ」とは、日本語にするとちょっと淫靡な響きがあるが(笑)、これは元々アメリカの政府筋が使い始めた言葉で、イラン・イラク・シリアの三国が一つの統一国家にな
『シリアナ』 (ストーリーの潤い(うるおい))
このエントリー、私が言いたいことを理解していただける文章になっているか、ちょっと自信ありません。
「シリアナ」■仁義なきアメリカ石油政策 (映画と出会う・世界が変わる)
この映画の展開は「仁義なき戦い・代理戦争」を思い起させる。多くの組織と人物が入り乱れながらの群像劇である。さまざまな人物の行動がある一点に収束していく有様は、かなりのインパクトである。ここで描かれていることは「ロード・オブ・ウォー」と同様に世界の裏側で...
シリアナ (impression)
『トラフィック』でアカデミー賞脚色賞を得たスティーブン・ギャガンが、その製作チームを再結集し、アンサンブルドラマの手法で地球規模の麻薬禍を浮かび上がらせたスタイルはそのま
「シリアナ」僕には難しすぎた。。。 (よしなしごと)
 見ようか見まいかずっと迷っていましたシリアナ。アカデミー賞最優秀助演男優賞受賞(ジョージクルーニー)などの賞を受賞・ノミネートされたこともあり、さらにポイントがたまって無料で見られることもあり、見ることにしました。
シリアナ (タクシードライバー耕作のDVD映画日誌)
製作年度 2005年 製作国 アメリカ 上映時間 128分 監督 スティーヴン・ギャガン 原作 ロバート・ベア 脚本 スティーヴン・ギャガン 音楽 アレクサンドル・デプラ 出演 ジョージ・クルーニー 、マット・デイモン 、アマンダ・ピート 、ミシェル・ ...
シリアナ (タクシードライバー耕作のDVD映画日誌)
製作年度 2005年 製作国 アメリカ 上映時間 128分 監督 スティーヴン・ギャガン 原作 ロバート・ベア 脚本 スティーヴン・ギャガン 音楽 アレクサンドル・デプラ 出演 ジョージ・クルーニー 、マット・デイモン 、アマンダ・ピート 、ミシェル・ ...
『シリアナ』’05・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじCIA諜報員ボブ(ジョージ・クルーニー)は息子の進学を機にキャリアに終止符を打とうと決心する。一方、一流法律事務所の弁護士ベネット(ジェフリー・ライト)はアメリカの巨大石油会社の合併調査を依頼される。又、ジュネーブ在住の石油アナリスト・ ...