サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改

一言:ここは俺が引き受けるから、早くクリスマスを……!

アニメ 調査 ニ 参加 セリ。 第57回夏調査

2020-07-27 22:58:42 | 舌足らずアニメ感想(放送終了もこちら)
 それでは、恒例の調査に参加してみたいと思います。詳細はリンク先でどうぞ。



2020夏調査(2020/4-6月期、終了アニメ、32作品) 第57回
01,球詠,C
 あんまり作画作画言いたくないが言いたくなるほどのレベルではあった。往々にしてアニメのキャラデザというものは無視されるか忠実に且つアニメ向けにリデザインされるかの二択しかないと思うが(とある飛空士への追憶とかは観たことがない)、いくらなんでも原作から離れすぎてはいまいか。

 また、全体的に本当に野球をやっている身体に見えるように、筋肉などをリアルに描いたのはいいが、この作品の視聴層が求めていたかどうかは議論の余地があると思う。『はるかなレシーブ』あたりと比べてみるのも面白いかもしれない。

 それ以外……部員集めとか試合の展開とか敵の描き方等は概ね王道の野球ものとして楽しめた。

04,プランダラ,F
05,かくしごと,A
 とまあインパクト重視で狙いすぎたタイトル付けてみましたが、野球が好きな人ならもちろん、そうでもない人だって、メジャーでも活躍した佐々木”大魔神”主浩選手の決め球がフォークボールだってことはご存知でしょうけど、実はカーブもごくたまーに投げてたんです。しかもその切れ味といったら……
 私は野球選手のナイスなシーンを酒を飲みながらリピートするのが一つの趣味なんですが、例えば落合博満の右打ちであったり門田博光のフルスウィングであったり今中慎二のスローカーブだったり伊藤智仁のスライダーだったりイチローさんのレーザービーム……ハァハァ……だったり。その中で、定番の定番を外した、フォークの佐々木主浩選手がたまに投げるカーブが好きなんです。興味がある方は探してご覧になってほしいのですが、ほんと酒が飲めますよ。

 ……何を言いたかったんだっけ、とにかく久米田康治先生というと、『かってに改蔵』とか『絶望先生』とか、原作を務めた『じょしらく』に代表される、時事ネタで世間を皮肉った作風が目立つわけですが、その中でこの『かくしごと』という作品は、久米田先生の意外な切れ味……父娘のお互いの成長の部分が非常に良かったわけですね。
 時事ネタで世間イジリってのも面白いんですが、やはり鮮度がキモなわけでして、後に読み返しても、『そういえばあんなこともあったなあ』程度で、リアルタイムの時に抱いていた鬱憤がどうしても『あの頃は俺も若かったなあ』的な感じで薄められてしまう弱点があるんです。それがこの作品ではかなり控えめになっていることもあって、年月が経っても推せる作品になっていました。ひとえに久米田先生の懐の広さの賜物だと思います。
 
 もちろん忘れてはならないのがアニメスタッフの力量で、まだ原作が完結していない……もしくはほぼ同時完結の作品を纏め上げ、作画面ではそれほど複雑ではないキャラデザとはいえ(あくまで素人の意見ですが)、この大変なご時世に完パケと見紛うようなクオリティを維持していたことは称賛に値すると思います。素敵な作品をありがとうございました。

 ……あ、前述のカーブはひょっとするとたまに投げるから印象残っているだけかも知れないことは付け加えておきます……と自説が台無しになりそうなことを。





06,継つぐもも,B
07,グレイプニル,B
 まあ原作が完結してないから仕方がないか……それどころか原作に追いついてしまっているらしい噂すら。メディアミックス展開の難しさを物語ってくれるが、アニメ版の〆方も自分の感想タイトルで揶揄したほどには悪くないと思う。一山越え、主人公たちが腹をくくった理由としては納得できたし。

 全編を通してエロスとバイオレンスという人間の基本欲求に応え、終盤にはホラーの趣さえある欲張りな展開だったが、個人的にはその終盤の展開の方が気に入ったかもしれない。

 この時期の割には作画も良好で女性陣も可愛く描けており、作品の柱の一つであるアクションシーンもなかなか奮っていたので満足した。





15,イエスタデイをうたって,C
 もはや一つのブランドともいえる藤原佳幸監督作品、この作品もその名に恥じない出来だった……主人公以外は。

 自分は原作未読だが、ほぼ原作に忠実にアニメ化されているとして、主人公に魅力を感じないのもラストでほぼどんでん返し状態になるのもそのせいなら仕方がないが、何しろ主人公が惚れられる理由がちょっと薄い(現実には惚れた理由なんて本当は大したことなかったこともよくある話だが……多分……)し、ラストも{netabare}自分の想いが勘違いだったと分かる前にもう少し葛藤とそれらを意識する時間が欲しかったかな~とは思う。{/netabare}
 
 まあ作画も良いし中の人の演技も言うことなしだし、キャラクターの動きとかカメラワークの芝居も良かったし、基本的には良いアニメ化だったのでは。



16,社長、バトルの時間です!,F


22,乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…,C




24,邪神ちゃんドロップキック' (2期),C
 その体育祭は今年開催出来なかったよ……という、完パケ作品ならではの無念の涙を流しそうなところが最高だった。ちなみに自分はやらんで良かったとはおもう(アスリートの方々は本当に気の毒だとは思う……特に大会に最後の勝負を挑もうとしてた選手)。
 全体的には……というか全体的にしか物を言えない程度にしか観ていなかったが、邪神ちゃんのクズさとなんだかんだ言いながらギャグのツボが同じゆりねと、そのほかの面々との中の良さがほのぼのとした殺伐系日常系だった……って認識でいいのか、もはや自分にはわからん。そもそもクラウドファウンディングの力による続編ってことは、本当のファン向けの作品なんだろうからなあ……



26,新サクラ大戦 the Animation,F
27,プリンセスコネクト! Re:Dive,B

 アニメの楽しそうな雰囲気に影響されてゲームの方にまで手を出してしまった私がここに居ります……つまりは販促アニメとして悪い出来ではなかったのかなあと。
 基本的にゲーム販促アニメは、『ご新規様勧誘型』になるか『既プレイヤーへの感謝特典映像型』になるかのどちらかだと思っているのですが、後者はいくらでも例がある……特に昨今増えてきたスマホソシャゲん作はそっちがほとんどのような気がする……のに対し、前者はそうそう見当たらない。つまりご新規の興味を引くような展開であったりキャラの魅せ方の深さであったりというのが、その原作の性質上難しいのであろうと思います。

 ところがこのアニメは、登場キャラの描写は主要人物(ゲーム内では配布キャラ)に留め彼女らの交流に重きを置き、監督の代表作である『このすば』的な雰囲気で纏め上げ、最後までお話を進められない(そもそもゲーム内のお話がいくらでも引き伸ばされる宿命にあるソシャゲん作において『ラストまで』ってのがありえない)のならば、アニメ版はアニメ版の魅力で勝負していたのは画期的だと言えましょうか。その魅力が半ば……というかかなり他作品に近いというのは物議を醸しそうですが。
 そうはいっても、王道に拘りすぎ、それが故にアニメ版では微妙な事になってしまった感のある同じ会社の某作品に比べるとよほどマシなのは間違いなしでしょうかね。



2020夏調査(2020/4-6月期、終了アニメ、32作品) 第57回

01,球詠,C
02,アルテ,x
03,number24,x
04,プランダラ,F
05,かくしごと,A

06,継つぐもも,B
07,グレイプニル,B
08,啄木鳥探偵處,x
09,困ったじいさん,x
10,波よ聞いてくれ,x

11,神之塔 Tower of God,x
12,BNA ビー・エヌ・エー,x
13,おしりたんてい (4期),x
14,LISTENERS リスナーズ,x
15,イエスタデイをうたって,C

16,社長、バトルの時間です!,F
17,BanG Dream! 3rd Season,x
18,アルゴナビス from BanG Dream!,x
19,A3! SEASON SPRING & SUMMER,x
20,かぐや様は告らせたい? 天才たちの恋愛頭脳戦 (2期),x

21,本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでられません 第2部,x
22,乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…,C
23,白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE,x
24,邪神ちゃんドロップキック' (2期),C
25,八男って、それはないでしょう!,x

26,新サクラ大戦 the Animation,F
27,プリンセスコネクト! Re:Dive,B
28,(TV初放送) ケンガンアシュラ,x
29,(全 8話) 俺の指で乱れろ。 閉店後二人きりのサロンで…,x
30,(全13話) <Infinite Dendrogram> インフィニット・デンドログラム,x

31,(全12話) はてな☆イリュージョン,x
32,パウ・パトロール シーズン2,x

(以下、自由記入)

{追加評価} (自由記入、第54~56回調査に参加している方)

{総評、寸評など} (自由記入、引用する場合あり)

(リストはここまで)


といったあたりになります。春アニメは感染症の真っ只中で色々と問題があったかも知れませんが、それでも素晴らしい作品を送り出してくれた造り手側に感謝いたします。
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 2020年第三期視聴予定 | トップ | 2020年秋アニメ視聴予定 »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご参加ありがとうございます (アニメ調査室(仮))
2020-08-01 10:02:34
アンケートは回収させていただきました。
結果発表は、'20/8/1の予定です。

コメントを投稿

舌足らずアニメ感想(放送終了もこちら)」カテゴリの最新記事