Nice One!! @goo

観たい映画だけしか観てません。今忙しいんでいろいろ放置

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【三大映画祭】『夏の終止符』(2010) / ロシア

2011-08-21 | 洋画(な行)


原題: Как я провёл этим летом / HOW I ENDED THIS SUMMER
Director: Aleksei Popogrebsky
Writer: Aleksei Popogrebsky
Stars: Grigory Dobrygin, Sergei Puskepalis


三大映画祭『夏の終止符』 ページはこちら。


ロシア映画って実はお初。
何か怖かったらどうしよー、とか、いろいろ考えましたけど、作品解説を読んで行ってみたくなりました。
ロケ地はチュクチ海(ベーリング海峡の北、北極海の一部)に面した、
Valkarkaiという観測所のようです。 とにかく臨場感いっぱい。



ロシア北極圏の気象観測所という特異な場所が舞台です。
こうした閉鎖的な状況だと、人間関係も限定されるので、必然的に話の密度が濃くなってきます。

パベルにとって、気象観測所の仕事は単なる夏の小遣い稼ぎ程度の認識だったんでしょうけど、
セルゲイにとっては人生の大半を過ごした場所。 そりゃ思い入れが違うのは必然です。
音楽を大音量でかけながら、ゲーム感覚で観測をするパベルは、さながら今時の若者そのものという感じ。
そしてセルゲイはそんな彼をしょうがないとしか思ってなかったのかもしれません。
これ自体はいつの時代にもよくあるジェネレーションギャップなのですが。

パベルが何故あのような行動に出たのか。 その理由は詳しくはわかりませんが、
恐らくですがその思い入れの食い違いと、仕事を教える、教わるという関係の中で、
鬱屈したものが溜まっていたのでしょうか。
そしてそれに対してのセルゲイの当然の怒りが、2人の間にさらにすれ違いを生んでいきます。

この状況になるまでの経緯がわかりにくいので、すごく唐突に感じてしまいます。
そこまでする!? って思える行動などもそうです。
ただ、厳しい自然や、野生の熊から身を守るためには仕方ないんでしょう。
本当に自分の命が危険に晒されていたら行動もストリクトになっていきますから。

今までいい加減に生きてきて、何となく行動していたパベルが、いざ生命の危険が迫った時には
何もできない矛盾。
そして自分に降りかかった不条理を一切飲みこんで、パベルの理屈を遥かに凌駕していたセルゲイの姿が印象的でした。
自然は決して穏やかなものではなく、時には人間を脅かすものであるという認識の中、
その中で生きる人間のスケールの小ささでもあるんですね。 
これは『ツリー・オブ・ライフ』でもありました。
些細な邪心が大事態に発展することの怖さ、しかしそれもまた自然の中の営みに過ぎない訳です。


★★★★☆ 4.5 / 5点





Comments (6)   Trackbacks (2)   この記事についてブログを書く
« クルン・サイアム @ 六本木 | TOP | 『イグジット・スルー・ザ・... »
最新の画像もっと見る

6 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
ロシア映画。 (BC)
2011-08-27 20:38:55
rose_chocolatさん、こんばんは。

私は今までにロシア映画は10本も観ていないな。
ロシア映画で一番好きなのは『ククーシュカ ラップランドの妖精』です。
ロシア映画は奥深い哲学的な作品が多い気もするけど、
電力不足なのか光の量が足りなくて薄暗い映像が多いから敬遠しがちで。。。

roseさん高得点のこの作品はチェックしますね。
BC。さん (rose_chocolat)
2011-08-28 01:02:00
>電力不足なのか光の量が足りなくて薄暗い映像が多いから敬遠しがちで

イメージ的にそんな感じですよね。
これは映像がとても美しいですよ。 厳しい自然でもとても綺麗。

私は今まで、これと言って観たいロシア映画に出会わなかったのかもしれません。
でもこれはとてもよくできていると思いました。 ロシアらしさもちゃんとあります。
好きなロシア映画はありすぎる (かえる)
2011-09-09 02:13:15
私はちゃかり三大映画祭週間の9作品全部見ましたー。
これは思いの外、怖い展開になってビックリでしたー。

ロシア映画は封切り新作は基本的に少ないかもしれませんね。
去年だとミハルコフくらいかな。
私はロシア映画大好物ですよー
かえるさん (rose_chocolat)
2011-09-09 10:27:49
全制覇おめでとうございます。 私は4本だったわ。 やっぱり全制覇は難しくて。

そうですね。 ロシア映画はあんまり日本公開自体がないですよね。 
見かけないか、ひっそりとという感じで今まであまり縁がなかったけど、この重厚感が好きなんで、これから気をつけてみます。
こんにちは♪ (yukarin)
2012-04-05 13:03:38
おお~高評価ですね!
言葉にするのが難しいんですが、雰囲気で観る感じでなんか良かったなという...。
人間関係がとても丁寧に描かれてましたね。
寒そうだけど風景が素敵でした。
スクリーンで観ると雰囲気は良いんでしょうね。
yukarinさん (rose_chocolat)
2012-04-06 07:56:42
スクリーンで見ると本当に美しいんですよね。 この映画。 
画質も鮮明でロシアの北の方の景色が綺麗なんだな~これが。

いろいろツッコミもすごいわかる。 わかりますが(笑)、そこは敢えて目をつぶっちゃったよ。
私にしては珍しいよ~

post a comment

Recent Entries | 洋画(な行)

2 Trackbacks

三大映画祭2011 *夏の終止符* (Cartouche)
How I Ended this Summer - Movie Trailer        ***STORY***                       2010年  ロシア ロシアの北極圏辺境の島の気象観測所で二人の男が黙々と働いていた。彼らの仕事は定期的に周囲の放射能を測定し...
夏の終止符 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【KAK YA PROVYOL ETIM LETOM/HOW I ENDED THIS SUMMER】2010年劇場未公開 ロシア 124分監督・脚本:アレクセイ・ポポグレブスキー出演:グレゴリー・ドブリギン、セルゲイ・プスケパリス ロシアの北極圏辺境の島の気象観測所で二人の男が黙々と働いていた。彼らの仕事...