rock_et_nothing

アートやねこ、本に映画に星と花たち、気の赴くままに日々書き連ねていきます。

2020年のチョコレート

2020-02-11 22:10:16 | 食べ物たち


4年ぶりかな、所謂バレンタイン用のチョコレートを、元小さい人と作った。
相も変わらずジャム入りチョコレートと、まったくもって進展しないけれど、これ系のチョコレートは売っていないので、自分たちは満足だ。
今回の中身は、カシス、ブルーベリー、クランベリーの三種類。
元小さい人とかつてのチョコ作りの思い出に話を咲かせ、穏やかなひと時をすごした。
かなりの不器用な元小さい人も、さすがに少しはましになって、成長を認め合う。
そして、私自身も激動のこの4年を振り返り、以前より余裕ができたのだと思えた。
そう、こうした振り返りは、自分だけでなく、子や配偶者とも一緒にすることが、とても大事なのだろう。
互いを認め合い、それを再確認することで、深まる絆があり、個を尊重することにつながるのだ。
何かに追われ忙しいとか、とめどなく押し寄せるさまざまな情報に自覚なくどっぷりつかるとか、それをあえて断ち切らなくては、個も心もなくしてしまう。
今日は、始めるまで面倒だと思っていたチョコレート作りだったが、有意義な日となった。
もちろん、元小さい人と作りたてのチョコレートを味見したのは、言うまでもない。

コメント

これって気持ち悪い?というか、新境地

2020-01-16 22:49:10 | 創作活動


開封して乾きかけていた紙粘土がもったいなくて作ったもの。
えっ?気持ち悪い??
たしかに、新年早々闇を抱えたような面持ちの顔が三つ。
二つほど転がっていたビーズを口に食めたなら、おやおや、なおのことヤバくなってきた。
でも、「こんな感じのものを作れるんだ、自分・・・」と、新境地に感動したこともホントだ。
絵も楽しいけれど、立体も強くていいと、作る楽しさを久々感じられた。
まだまだ形にしてあげたい紙粘土があるから、遊ばないとね、やっぱりもったいないでしょ。


コメント

2020年1月9日17時57分 火球出現

2020-01-09 22:46:51 | 空・雲・星・太陽たち
黄緑がかった光の矢が、宵の口の空を南西へと駆け抜けた。
帰宅途中、NHK/FM”青山テルマ After school paradise"が、もう終わろうとしていた頃、フロントガラス越しに火球を見たのだ。
かなり長い軌跡だったと思う。
ひとしきりこの幸運に舞い上がりながらも安全運転を心がけ、ドライブレコーダーに映り込んではいまいかと心をときめかせながら帰宅する。
早速家人を召喚して、マイクロSDカードの確認をお願いした。
夕食の支度をしながら成果を待つ。
待っている時間は、長いものだと再確認だ。
さあ、家人がやってきて、「写ってたのか?」と喰い気味にたずねると、どうもだめだったらしい。
ドライブレコーダーは、きちんと路面重視でその責任を果たしていたのだった。
気落ちしないわけではないけれど、偶然に流星群でもなくこのように見事な火球を見られるのは、滅多にない。
特別な今夜を記念して、せめてここに記そうではないか。
コメント

まるとふかふかの正義 2020年の年賀状

2020-01-05 23:04:53 | 創作活動


今日になって、やっと今年の年賀状のデザインをした。
いまさらの感があるから、あけましてなどの文言は入れないものにした。
いろいろ心削られることの多い昨今、例年に増して可愛らしさを追及する。
”まる”と”ふかふか”は、とにかく最強。
これに勝る癒しはないと、小さい人と話している。
もはや正義。

みなさま、少しでも心はほっこりしましたでしょうか?
私よりのささやかな贈り物です。
コメント

最後のバラ 香り豊かに

2020-01-02 23:24:06 | 植物たち




強い霜に当たらないうちに、最後のバラたちを切ってきた。
この薄紫のバラは、とにかく香りが素晴らしい。
ゴージャスな香り、妖艶な美女といったイメージか。
小さい人が、せっかくだから写真を撮らないのと言ってくれたので、こうして姿を記録する。
このバラは、今はキッチンの窓辺に飾ってあり、私の目と心を満たしてくれるのだ。

コメント