mab's MemoBlog

Enjoying taking pictures.
小忙しさに負けず、下町歩きやジョギング中の風景を楽しんでいます。

裏妙義(4)

2022-11-13 23:39:14 | 登山
尾根歩き。 丁須の頭が遠くに見えます。 風穴尾根の頭って言われているのや、この穴のことかな?通りすがりにパシャッと。気が付いた人いなかったかも。 手前から、烏帽子岩、赤岩、かな。 歩いたコース。三方境から下り、山の中へ。 紅葉したらきれいそうなところ。 ゴールはもうすぐ。 旧国民宿舎へ、4時10分到着。日がくれる前に降りてこれてよかった。8〜9km。 上ったり下りたり . . . 本文を読む
コメント

裏妙義(3)

2022-11-07 21:50:22 | 登山
明るい尾根歩き。 赤岩。上の方、赤いから赤岩だって。 赤岩の長いトラバース。桟橋が落ちてて、土台だけ残っているところを、鎖を持ちながら慎重に踏んでいきます。 自分の後ろのロープを、通り過ぎる時に引っ掛けていくんですよー。万が一落ちても引っかかるようにね、というガイドさんの指導をもとに、ビビりながら。 渡り切ったところ。 これは烏帽子かな?いろんな岩の横を過ぎていきます。 . . . 本文を読む
コメント

裏妙義(2)

2022-11-05 22:08:26 | 登山
丁須の頭からの景色は、紅葉の始まった群馬の山々が見えて、圧巻。右の背後の山が浅間山? 真ん中のぽこっとしたのが、烏帽子。右隣が赤岩。これから烏帽子を巻いて縦走します。 ゴツゴツした山並みは表妙義。 秋は日が短いので、20分のランチ休憩の後、再び丁須の頭を順に下ります。 丁須の頭を見上げてお別れ。 ロープはたるませず、引っ張らず。遅れないように、歩き . . . 本文を読む
コメント

裏妙義(1)

2022-11-04 00:55:05 | 登山
最近ちょっと岩登り系にハマってまして、モンベル主催(イエティ)の登山技術実践講習会 裏妙義山縦走に行ってきました。二週間前の西穂高で最後バテバテだったのと、山地図では点線のコースなのでドキドキしながら参加。 群馬県JR横川駅集合、車で旧国民宿舎 裏妙義まで行き、10:00出発。参加者は女性4名、男性1名でした。表妙義や裏妙義リピータさんとか、ハイレベルな山を上っている方が多く少し気後れ。カメ . . . 本文を読む
コメント

西穂高へ(4)

2022-10-28 00:37:54 | 登山
西穂高岳登山シリーズの最後。 行きと同じ道を戻るのだけど、行きは夜明け前だったり緊張してたりでよく見えなかったけど、帰りは少しだけ余裕ができて、写真もちょっと撮れました。上ったり降ったりを繰り返す。 あっという間に、ピラミッドピークまで戻ってきます。 そして西穂独標。行きは夜明け前でピンボケでしたが、後ろはこんな景色だったんだ。ここからザイルは外しました。 何度も振り返りながら。 . . . 本文を読む
コメント

西穂高(3)

2022-10-25 23:35:33 | 登山
西穂高岳山頂、7時到着。後ろは槍ヶ岳。 ザイルを外して、記念撮影と休憩。 360度見渡せる。iPhone11Proでパノラマ撮影、全部入りきりません。左側の尾根を登ってきました。 この先はさらに険しく、もう行けません。 さあ、帰りますよー。再びザイルを付けていきます。 慎重に降ります。振り返りながら後ろに見えるのは、男子チーム。だいぶへばっていたので、所々で待ちます。 . . . 本文を読む
コメント

西穂高へ(2)

2022-10-24 00:01:27 | 登山
西穂山荘を4時に出発、ヘッドライトで進みます。女子パーティと男子パーティに分かれ、ガイドさんがひとりづつ付いてくれました。 初めはガスっていましたが、次第に星空が広がり、オリオン座の3つ星のベルトや短剣あたりの星雲もきれいに見えました。 丸山で一時休止。ここからもグングン登ります。 独標に到着ー。水をガブガブのんで行動食を食べます。 独標(11峰)から主峰の主峰西穂高岳(1峰)までは11個の . . . 本文を読む
コメント

西穂高へ(1)

2022-10-23 00:02:37 | 登山
モンベル主催の「山岳ガイドと行く西穂高登山2days」に参加してきました。 集合は新穂高ロープウェイ山頂駅 14:00時ということで、深夜バスか始発で出ないと間に合わないなーと思ってたら、最近山にハマっている会社の同僚がマイカーで行くというので同乗させてもらいました。感謝。 夜中に出発、途中のPAで仮眠とりながら登山車用の駐車場(第2ロープウェイ下)に朝6時前に到着。朝焼けに鱗雲でテンション上がり . . . 本文を読む
コメント

榛名山 掃部ヶ岳(2)

2022-08-28 01:40:42 | 登山
硯岩からの眺め。手前の岩が、硯のような形をしているから硯岩なんでしょうね。 堪能した後は、山頂に向かいます。 トトロの森みたいです。 評判通りの延々と続く木道というか階段というか、土が落ちた梯子状態。バランスをとりながら、階段の木枠の部分を歩きます。 後ろを振り向きながら、同行者を待ちながら登ります。 だいぶ上ったはずなのに、見上げるとまだまだ延々と続きます。この時点で帰りは別ルート . . . 本文を読む
コメント (2)

榛名山 掃部ヶ岳(1)

2022-08-20 23:47:14 | 登山
お手軽な榛名山は3年ぶり、3回目。今回は榛名山の最高峰:掃部ヶ岳へ。 カメラ仲間と一緒に出かける予定だったんだけど、息子が夏休みで帰省して暇そうだったので誘ってみたら行きたいというので、一緒にハイキング。 夏は高い山じゃないと暑いよねえと思ったのだけど、東京が35度とかあっても1400mなら25度以下?でそこそこ涼しそう。 上野からビュンと新幹線で高崎まで。高崎からレンタカーで榛名湖畔の駐車場 . . . 本文を読む
コメント (2)