Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

モデルナ製ワクチンが予定の4000万回分の4割未満の1370万回分しか6月末までに供給されないと、4月にはわかっていたのに隠し、現場を大混乱に陥れた河野太郎ワクチン担当大臣は即刻罷免すべきだ。

2021年07月07日 | 自公政権のしたことを忘れない

これからもぜひ毎日一回、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!!!

 

 一般市民が接種する予定のファイザー社のワクチンの供給が足りず、せっかく自治体が予約を受け付けしたのにそれをキャンセルしなくてはいけなくなり、大混乱に陥っている話はもう書きました。

 さらに、モデルナ製ワクチンを使う職域接種も急に申請が打ち切りになったのはご存じですよね。

 これについて、河野太郎ワクチン担当大臣はは2021年7月6日の記者会見で、米モデルナ製の新型コロナウイルスのワクチンの6月末までの供給量が、当初の計画よりも6割以上少ない1370万回分だったことを明らかにしたのです。

今回明らかになったモデルナ供給計画。こんなに足りていないのに自治体に回せるわけがない。

 

 

 河野氏は

「モデルナに対する世界的需要が非常に厳しい中で、モデルナ社と協議の上で決めた」

といい、いつ知ったかについては

「かなり当初に4千万回分という数字を変更した。ちょっと正確には覚えていないが、ひょっとすると大型連休前ぐらいではないか。」

というのです。

 こんないい加減な担当大臣がいますか?

もともとの説明では、モデルナが6月末までに1370万回分なんて言ってなかった。

 

 

 モデルナ製のワクチンを用いている職域接種は6月21日に本格的に始まったのですが、政府はその直後の25日に新規の受け付けを休止。再開を事実上断念しました。

 河野ワクチン担当大臣は、モデルナ製ワクチンについて当初計画の減少分は9月末までの第3四半期に供給され

「9月末までに5000万回分」

という計画全体には影響しないと強調し、ワクチンの供給量の減少が、職域接種の休止に影響したとの見方を否定しています。

 いやいや、予約開始4日でもう予約停止しているのですから、ワクチンの供給が遅くてワクチンが足りないから職域接種ができないのは明らかじゃないですか。

 この人の大嘘のせいでどれだけ現場で混乱が起きているか。

ファイザーさえ全然足りていないのに、モデルナの代わりに使えるわけがない。

 

 

 河野大臣の6日の記者会見での主なやりとりは次の通りです。

 ――モデルナ製ワクチンの6月末までの供給量が、当初契約では4千万回分だったのが、実際には1370万回分になると示されたのはいつごろで、どのような説明があったのか。

 かなり当初に4千万回分という数字を変更した。ちょっと正確には覚えていないが、ひょっとすると大型連休前ぐらいではないか。

 ――モデルナ製ワクチンの6月末までの実際の供給量が、今月6日まで公表されなかった理由は。

 供給量については、それぞれのメーカーとの合意の上で発表することになっている。モデルナ製ワクチンに対する世界的な需要が非常に厳しい中で、日本政府として本当に必要な量を確保するということで、モデルナ社と協議のうえ決めた。

 ――「世界的な需要があり、4千万回分を6月末までに提供することが難しい」とモデルナ社側から申し入れがあったのか。

 詳細については差し控えたい。モデルナ製ワクチンに対する需要が非常に強かったことが背景にある。

 ――モデルナ製ワクチンの供給量について、少なくとも当初の4千万回分から「減らしても大丈夫だ」と判断したということだが、それが職域接種の休止に影響したのではないか。

 全くないと思う。

 ――では職域接種の休止につながった一番の要因はなにか。

 職域接種はフロー(流れ)の問題だ。モデルナ製ワクチンの輸入総量の問題ではなく、1週間ごとに輸入できる量の上限が今、限界にきているということだ。

 ――6月末までに4千万回分供給される予定だったのが、1370万回分に減るのは、まさにそのフローのことではないか。

 1週間に(飛行機で)何便分が入ってくるかは決まっている。特にフローに影響しているわけではない。

全く計画通りいっていない。菅政権の「予定」が口先だけだったのは明らか。

 

 

 モデルナ製ワクチンが4000万回分来るはずのものが1370万回分しか来ないことが、少なくとも4月にわかっていたのなら、河野担当大臣はそれを市民に明らかにする義務があります。

 それを7月6日まで隠しておくから、職域接種もいきなり予約停止になって再開不能となり、現場に大混乱が起きているのは明らかです。

 ファイザー製のワクチンがちっとも現場にいきわたらないことといい、これで責任を取らないようならワクチン担当大臣と言えません。

 菅総理は即刻、河野太郎大臣を罷免すべきです。

 

河野太郎大臣と菅政権はいろんなことを言って、人のせいにしてごまかそうとしていますが、要は安倍政権・菅政権がワクチンの供給契約を取りに行くのが遅くて他の先進国に負けた。

ノロマだから供給量が少ない。

これに尽きるんですよ。

こんな状態で、東京オリパラなんて開催していいわけがありません。

これからもぜひ一日一回、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!!!

 

 

モデルナワクチン、6月末までの供給6割減 減少分は9月末までに

 
河野太郎行革担当相拡大
河野太郎行革担当相

 

は6日、新型コロナウイルスのモデルナ社製ワクチンについて、日本への6月末まで(第2四半期)の供給量が当初計画の4000万回分から1370万回分へ約6割減っていたと明らかにした。河野氏は「モデルナに対する世界的需要が非常に厳しい中で、モデルナ社と協議の上で決めた」と説明した。計画が変更された時期は「正確には覚えていないが、ゴールデンウイーク前くらいじゃないか」とした。

 一方で河野氏は、当初計画の減少分は9月末までの第3四半期に供給されるとの見通しを示し、「9月末までに5000万回分」という計画全体には影響しないと強調。職域接種が遅れている現状との関連性は「全くない」と否定した。

 

 

 新型コロナウイルスのワクチン接種を加速してきた政府が一転してブレーキを踏み始めた。米モデルナ製を使った職場・大学接種の申請停止に続き、河野太郎行政改革担当相は29日、米ファイザー製を使った自治体での接種のスピードダウンに言及。接種の能力を高めようとしてきた自治体や企業は方針転換を迫られる。背景にあるのは、ワクチンの需要と供給のバランスに関する政府の見通しの甘さだ。(井上峻輔)

◆自治体への配送、7月当初は6割に

 ファイザー製のワクチンの供給は、本格化した4~6月が約1億回分だったのに対し、7~9月は約7000万回分に減る。自治体への2週間ごとの配送量も現在の1872万回分から、7月当初は1287万回分と約6割になる。
 全国知事会は25日、配分の急減を前に、政府に「必要なワクチンを現場のスケジュールに合わせて適時適切に供給できるよう万全を尽くしてほしい」と要請。これに対し、河野氏は29日の記者会見で「どこかの段階でペースを供給と合わせて考えていただく必要がある」と表明。政府のワクチン在庫量を含む供給能力が自治体から分かりにくいことも影響し、認識の差があらわになった。

◆政府、全国の在庫把握できず

 実情を把握しきれていないのは政府側も同じで、田村憲久厚生労働相が22日の記者会見で「各自治体間、医療機関の中に在庫がたまっている可能性がある」と指摘。今後は調整のため、調査を進める考えを示した。
 これまで政府は自治体をせかし続けてきた。菅義偉首相は4月の記者会見で7月末までの高齢者接種完了を表明。間に合わない自治体には、前倒しを強く求めた。ワクチン供給が急減すれば、自治体は急速に膨らんだ接種態勢の縮小を迫られる。実際、岐阜県各務原市は8月から、首相要請を受けて2カ所から8カ所に増やした集団接種会場を全て閉じると決めた。

◆加速の反動でブレーキ 職域接種と重なる構図

 アクセルを強く踏み、反動でブレーキを踏む構図は職場接種の申請の一時停止と重なる。
 企業・大学から「予想をはるかに超える申し込み」(首相)があっただけでなく、企業側の従業員数を超える過大な申請や、政府側の審査の甘さなどの要因が重なり、自治体の大規模接種会場と合わせて供給可能な上限を超えた。
 既に申請済みの企業については、政府は申請の中身を精査して全体量を減らした上、配送時期をずらすため希望より延期を求めることも検討する。既に1回目を打った企業は「そのまま動いていく」(河野氏)と2回目も確実に配送する方針を示している。

 

 

政府は新型コロナウイルスワクチンの職場接種のペースを見直す。企業による接種の申請が殺到したため、米モデルナ製ワクチンの供給実態にあわせたなだらかな形を想定する。9月末までに5000万回とした総量の確保目標は維持する。

河野太郎規制改革相は6日、モデルナ製の供給が6月末までに1370万回、7~9月に3630万回とする供給計画を明らかにした。新規受け付け停止前に申請していた企業でも接種開始が7月下旬以降になる場合が出ており、終了は8~9月になる見込みだ。

厚生労働省は2020年10月、モデルナと武田薬品工業がコロナワクチンの開発に成功した場合、21年6月末までに4000万回、9月末までに1000万回分の供給を受ける契約を締結したと発表していた。

加藤勝信官房長官は6日の記者会見で「契約に変更はないが、ワクチン開発に成功した場合という留保が付されており、ワクチンの薬事承認が5月だったことも踏まえ、6月末までに1370万回の供給を受ける」と説明した。

河野氏は世界的な需要増を踏まえ5月の大型連休前には計画を変更したと指摘。加藤氏は「こうしたタイミングでの公表になったのはモデルナと協議し、先方の了解が得られたためだ」と語った。

政府は6月8日から職場接種を募集していたが、企業や大学からの申請が想定を上回った。企業は3100万回分、大学で600万回分の計3700万回分に達した。モデルナ製はこのほか1200万回分ほどを大規模接種で使用する。足元では需給に大きなズレが生じている。

現時点で申請が承認されている企業でも、ワクチン供給が本格化するのは7月に入ってからとみられる。首相官邸はすでにホームページで「1週間あたりの配送量のピークは7月下旬になる」との見通しを示した。実際に接種するのは7月26日の週から8月2日の週が多くなるもようだ。

河野氏はこれまで、職場接種の申請分のうち承認を受けていない会場については7月中に開始するのが難しいとの見解も示している。政府はこうした会場は8月9日以降になるとみる。

接種加速が難しい状況を踏まえ、各自治体では64歳以下への接種券の配送を順次開始した。現役世代でも7~8月、市区町村の集団接種やかかりつけ医で接種を受けられる機会が広がる。職場接種の開始時期が見通せない企業では申請を取り下げ、従業員が住む自治体で打てるよう支援する動きも出始めた。

 

 

職域接種「新規」中止 再開すればモデルナ製ワクチン不足と判断

6/30(水) 21:22配信

毎日新聞
新型コロナウイルスのワクチン接種準備が整った注射器=手塚耕一郎撮影

 菅義偉首相は30日、首相官邸で開いた新型コロナウイルスワクチン接種などの進捗(しんちょく)に関する関係閣僚会議で、企業などからの申請受け付けを一時停止している「職域接種」について、新規の受け付けを事実上中止する方針を正式に表明した。受け付けを再開すれば、職域接種に用いるモデルナ社製ワクチンが不足すると判断した。既に受理した分はモデルナ社製を確保して対応する。

【世界の5つの変異株】感染力、ワクチンの有効性は

 首相は会議で「予想以上に多くの要望をいただいている。新規受け付けは停止を継続する」と述べた。

 政府は、9月末までに5000万回分のモデルナ社製を確保し、3300万回分を企業や大学の職域接種に割り当てる計画だった。しかし河野太郎行政改革担当相は30日の記者会見で、受け付けを一時停止した25日の時点で約3700万回分の申請があったと説明。従業員らの数より過大な量を申請したケースもあるとみて精査してきたが、受け付けを再開すればワクチン不足に陥ると判断した。

 河野氏は「1日の配送量が限界に達している」と強調し、職域接種の開始が申請よりも遅れる会場が出てくると指摘。「自治体での接種の方が早いこともあり得る。(従業員らが)自治体で接種を受け、結果として職域申請を取り下げても構わない」と述べた。政府高官は対象者に行き渡るワクチン量は確保できる想定だとしつつも「職域接種は新規の受け付けはしない」と説明した。

 また河野氏は会議後の記者会見で、自治体の大規模接種について、約2400万回分の申請のうち、承認済みの1200万回分はモデルナ社製、残りは必要に応じファイザー社製ワクチンで対応すると表明した。ただ、ワクチン供給の見通しが立たず、予約の受け付けを中止する自治体も相次いでおり、首相は「円滑な接種が続けられるよう、今後のワクチン配分見通しを速やかに示す」と強調した。【堀和彦】

 

 

これからもぜひ一日一回、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!!!

コメント (3)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 東京都議選、最大の収穫は議... | トップ | 東京オリパラ期間に緊急事態... »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (怒りの日)
2021-07-08 09:56:59
こんにちは。
河野太郎が平然と嘘を吐くのは当然でしょう。自民党が政権を奪還して以来、与党や官庁で出世するためには「いくらでも平然と嘘を吐ける能力」が最も重要になっていることを、いろんなところで見せつけられて来ましたからね。
だいたい、大規模な選挙買収工作をやり遂げた人物が、その論功行賞で法務大臣になっちゃうような国なのです。
政治家も役人も、嘘つきばかりになっているのは当然ですね。
大臣の椅子を死守したい河野太郎がしゃあしゃあと嘘を吐くのは、「自民党の政治家としての能力」を誇示したかったのでしょう。
[河野洋平の失敗作] (バードストライク)
2021-07-09 00:40:56

ワクチン供給量が激減することは 2ヶ月前(実はもっと前から?)には分かっていたのに、大規模接種・職域接種を推進し、自衛隊を私兵のようにこき使い、自治体を振り回したゴマメ野郎。
「接種の進まない自治体には ワクチン回さない」とも言っていたよな。
恫喝か⁈ …… 恫喝だ!

情報公開は民主主義の基本なのに、オリンピック反対が増えて都議選にも影響するから、隠していたんだ。
くだらないブルーインパルス飛行なんかさせるし、記者の質問には答えないし、外務大臣の時は自分用政府専用機を買ってくれとゴネていたし、なんつー出来損ない!

親父の河野洋平はなかなか見栄えのする、考え方もリベラルな政治家であるが、息子は不細工で性格もヒネてて嘘つきで妙な自己顕示欲に満ちててクソ恥ずかしい上に威張り屋で馬鹿な世襲3代目!
総理候補だなんて なんの冗談?
Unknown (バードストライク)
2021-07-10 19:43:56

え“え“ーーーーーっΣ(゚д゚lll)
ついこないだ、逆のこと言ってたのにいぃぃぃぃぃ……
(早よ打てやぁ、遅えとこには ワクチン回してやんねえぞ、と🔥)

> TBS NEWS
@tbs_news
河野行革担当大臣は全国のワクチン接種の回数が供給量を上回る懸念があることから、接種スピードの早い一部の自治体に対してペースを抑えるよう求めました。
午後2:16 · 2021年7月9日·

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。