ジャスミンのひとりごと

甘い香りにつつまれて、気のむくままに

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

愛子様お印

2006-05-31 19:36:08 | 趣味
皆さん、愛子様のお印(しるし)ツてご存じですか。
写真の「ゴヨウツツジ」がそれです。
皇太子ご夫妻がお気に入りで決められたそうです。
「ゴヨウツツジ」は那須御用邸に近い那須高原のマウントジーンズスキー場に
約3万株が自生し、国内最大級の群生地だというのでご主人がまた
日帰りツアーで撮ってきました。
花はご覧のように純白で実に清楚な感じですが、
"ツツジの群生地"と言う言葉から受けるイメージとは
大分違っていて、皆さん「エツ!これがそうなの?」と
言ってたそうです。詳しいお話はまた教室で。
コメント (8)

宝塚歌劇

2006-05-29 16:13:58 | 趣味
ひょんなことでご主人が宝塚歌劇を観ることになりました。
少女歌劇時代に観たキリだと言いますから実にウン十年振りで
雨の中をは張り切って出かけましたよ。
宙組のトップスター”和央ようか”と”花総まり”が退団するので
「宝塚友の会優先公演」だそうです。
写真は玄関ホールです。
コメント (6)   トラックバック (1)

晴れ姿のアップ

2006-05-22 19:12:42 | 趣味
昨日ご披露した晴れ姿の花をアップした写真です。
なのでまだ一枚づつしか投稿できずこんな時は不便ですね。
コメント (1)

晴れ姿

2006-05-21 10:41:24 | 植物
ハイ!お待たせしました!
年に一度の私の晴れ姿です。
ご主人がデジカメを貸していたため撮るのが遅れ、
昨日の豪雨に会ったのですっかり”水も滴るいい男?”になりました。
コメント

ツツジには足がついてる

2006-05-16 19:43:17 | 植物
そうなんです。ツツジには足がついているんです。
ツツジの漢字は躑躅ですね。
(パソコンで変換しなかったらとても分かりませんね。)
ご覧のようにどちらにもがついています。
「躑」「躅」はモタモタ、フラフラ、ウロウロといった歩きぶりを形容する語で
ツツジとは関係なさそうです。
では、なぜそのような語がツツジの名に使われるようになったのでしょう?
薬物学の古典『本草』によると、黄色い花の咲くツツジ(キレンゲツツジ)には、
葉や根に毒があり、それを羊が食べるとフラフラとして死んでしまうところから
名づけられたと書いてあるそうです。
毒のないその他のツツジにとっては、ずいぶん迷惑な命名ですよね
(漢字散策 興膳 宏氏より)

コメント (3)

ニューフェイスデビュー

2006-05-13 16:35:29 | 暮らし
暫くご無沙汰しました。
今日は我が家の猫ちゃんニューフェイスをご紹介します。

この子は息子さんが連れてきたのです。大分大きくなりましたが、
臆病と言うか警戒心が強いと言うのか、ご主人が手を出しても
なかなか近寄りません。

もっとも先住猫のミミーちゃんが子供を育てた経験が無いせいか、
ナナが近寄ると”ウー"と唸って脅すのです。困ったものです。
仲良くしてくれるとよいのですが。

写真はご主人の部屋をこわごわ覗いているところです。

コメント (1)   トラックバック (1)

こんぴら歌舞伎

2006-05-12 11:16:31 | 趣味
}四国のこんぴら歌舞伎に行きました。
昔の芝居小屋の雰囲気があって素敵でした。
コメント (3)

花?

2006-05-02 17:23:17 | Weblog
ご主人が漸く春の遠足の写真の整理に取り掛かりました。
四国旅行のアルバムを作品展にまにあわせるよう
作っていたので手に付かなかったのです。

「花の国」で道路わきの木立の下に写真の花が咲いていました。
ご主人は珍しい花だと思って撮ったのですが、よく見ると
白い葉っぱがたれているようでもあり、何とも不思議な花です。

どなたかご存知の方はいらっしゃいませんか?
エツ、”花のことならお前が分かるだろう”とおっしゃるのですか?
ウーム、私はまだ会ったこともありませんので。すみません!
コメント   トラックバック (2)