ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

【映画】セル(鑑賞記録棚卸209)…オチていないつもりではないんだろうけど、伝わっては来ない

2020-10-20 21:58:06 | 映画・DVD
本日、2020年10月20日(火曜日)は、もちろんお仕事だったのだけど、今週末有給取っているから、ややモチベーションの高い私です



以下は映画鑑賞記録(棚卸209)です

【映画鑑賞記録棚卸について】
過去に、主にレンタル自宅で鑑賞した映画の「記録」として、当時の草稿を掘り起こし、ちまちまとアップする作業を行っています。
5年前鑑賞などという、とてつもない過去のものも多々あり💦、記憶と草稿の不備を正す手段もないので…
「嘘書いてるやん、そんなんじゃなかったよ」💦
「こんな文章、予告編観たら書けるじゃん」💦
てなことも多くあるかと思いますのでご注意
順不同でまとまったものからお出ししております。



「セル」
監督 :トッド・ウィリアムズ
出演 :ジョン・キューザック、サミュエル・L・ジャクソン、イザベル・ファーマン
制作年:2017年
制作国:アメリカ合衆国🇺🇸
原題 :Cell

TSUTAYA DISCASから「アサシン グリード」と一緒に届いた1本。
3年強前💦💦💦の2017年7月9日(日曜日)の昼間に鑑賞しました(Blu-ray)。



概要
スティーヴン・キングの小説「セル」の映画化。
ボストン空港に着いたコミック作家のクレイ・リデル(ジョン・キューザック)は、携帯電話で別居中の妻、シャロン(クラーク・サルーロ)と電話し、息子のジョニー(イーサン・アンドリュー・カスト)と会えないかと話していたがmその通話中、バッテリー切れにより電話が切れてしまう。やむなく公衆電話でかけ直していたが、近くで携帯電話を使う人々に、小刻みに震えた後、泡を吹き、他の人を襲い始めるといった異変が起きる。空港はすぐにパニック状態になり、地下鉄構内まで逃げたクレイは、車掌のトム・マッコート(サミュエル・L・ジャクソン)と出会い、地上への脱出に成功、その後クレイのアパートに辿り着き、携帯電話で異常をきたした母親を殺したという少女アリス・マックスウェル(イザベル・ファーマン)と出会う。3人は異常行動の人間ばかりになったボストンから、シャロンとジョニーが住む北へ向かう。



感想
“セル”は携帯電話の意。
これよりまだ昔の映画で、同じ意味のタイトルだと思う「セルラー」という、クリス・エヴァンスがずっと走っていて、ジェイソン・ステイサムが悪役の、誘拐監禁映画でありながら、その実、愉快な善悪筋肉対決みたいな映画があったけど😅、あれとは全く違うお話。

こちらは(もちろん)スティーヴン・キングなので、いや〜なホラー映画。
携帯電話を使ったらゾンビっぽくなるという設定のゾンビ映画で、主人公たちはこれに抗って幼い息子を助けに行こうというもの。

ゾンビ映画なので、物理的な危機を回避しつつ奮戦するものを誰もが期待する()んだろうけど、主人公の書いたコミックの登場人物の赤いパーカーマンみたいなやつが夢に出てきて💦雲行きが怪しくなる…まぁスティーヴン・キングが物理的なアクションホラーなど書くわけがない()と言えば書くわけがない気がしますが。

なんかその後、携帯電話使っていない人まで受信してオカシクなっていく始末💦

で、今度は、赤いフードの男と携帯電話の秘密はなんなのだろう…と観客が思い始めるのだけど、どれもそれも未消化のまま💦

なんかバットエンド(脳内ハッピーエンド)かと思ったら夢オチ()で、結局ゾンビになってた()みたいな…よくわからない()ところで終幕。
いつからゾンビ化していたのやねん…って考えるのが正解なんかな(

最後は、あれなんかなぁ…
やっぱり息子と会えたのが、ステージが上がっただけのハッピーエンドで、
電波塔🗼の周りをまわっているゾンビは単なる演算的な現象とか
藤子不二雄の「流血鬼」とか「アイ・アム・レジェンド」の原作版みたいに、ゾンビになるのが正解で、勘の悪い主人公たちがそれに抗っているだけの話なんかなぁ(

とにかく疑問符()だらけのオチ😅
万人ウケする映画ではないですね(私にもウケなかった)

考察とかやろうと思えば、いろいろ考えて面白い部分も見いだせるのかも知れませんが鑑賞後のテンションはそこまででもないとうか😅


ということで点数は(草稿によれば)3点(5点満点中)です。

スティーヴン・キング
ジョン・キューザック
サミュエル・L・ジャクソン
の組み合わせは「1408号室」と同じ組み合わせですが…アレはちゃんとオチたんでしたっけ(当然ですが、この「セル」よりもさらに記憶の彼方)💦



では、このあたりで



★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★

コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【後出し日記】2020年10月20... | トップ | 【映画】推理作家ポー 最期の... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

映画・DVD」カテゴリの最新記事