スリーウェイシリンジ用、人気カテゴリ、 歯科医療従事者向けの歯科器材紹介

スリーウェイシリンジ用、人気カテゴリ、 歯科医療従事者向けの歯科器材紹介

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

オランダ大学病院協会、「不要な治療」リストを政府に提出。検査や治療はさらに減る傾向

2018-01-31 11:29:01 | 日記

医療費削減を目的とし、オランダの8大学病院医師協会(NFU)は、治療効果のないと考えられる不要な治療リストを作成した。このリストには約1300の科学的な根拠がない「不要な」検査と治療が載っている。リストは25日スヒッペルス健康省大臣に提出された。口腔内カメラ

 

報告書によれば、医学的に効果があると実証されているものは半数に過ぎないという。残りの半数は、常識や同情で行っているか、リスクの回避のため、あるいは野心や金儲けを目的としたものと、NFUの報告書は書いている。NFUは、今後これらの「無駄」で「不要」な治療を行わない方針で、調査を進める。根管長測定器

 

リストに上がった1336件の無駄な医療行為のうち、3分の1は検査、40%は投薬である。例えば、膝の痛みに対するレントゲン検査は意味がないし、慢性閉塞性肺疾患治療に使われる強い薬は効果がない。「医師は特に効果を考えず、慣習的あるいは他の医師がやるからという理由で治療することがある。あるいは利益を優先することもある。」とNFU

 

オランダの医療費は増加の一方で、昨年では950億ユーロと10年前の40%増となっている。健康省は医療費削減のため、3年前から「すべきか放置するか (Doen of Laten)」プロジェクトを開始し、不要な検査や治療の調査を行っている。

意味のないレントゲン検査やCTスキャンなどをなぜ行うのかなど、数種目にわたり効果がないとされる治療や検査を細かく調査する。

 

ここ数年で行われなくなった「不要な」治療もいくつかある。たとえば、予防のためだとして、痛みもない親知らずを抜歯することはほとんどなくなった。半年ごとに行われていた未成年少女を対象にしたピル検査も廃止された。子どもが中耳炎を患わった場合、以前は医師が中耳を刺していたが実際には痛み止めの薬が十分効果的であるので、この治療もなくなっている。患者の視点では検査や治療そして投薬は多ければいいと考えがちだが、無駄な医療行為はますます減らされる傾向だ。


http://luccye1.ti-da.net/e10252828.html

コメント

オランダ保険会社、歯科医の不正請求を取り締まる

2018-01-31 11:17:41 | 日記

オランダ健康保険の大手アフメア(Achmea)は、約1000軒の歯科医から合計400万ユーロの不正請求を回収する。歯科医が保険会社に請求した請求書の内容が「ありえない」ようなものだったり詐欺的なものだったりするというケースである。同社は2010年から2012年までに歯科医から請求された合計金額のうち約400万ユーロが不正請求であると判断した。歯面清掃用ハンドピース

 

木曜日にはすでに250軒の歯科医が不正請求に関する勧告を受け取っている。オランダには合計8000軒の歯科医院があるので、8軒に1軒は不正請求を行っていたことになる。ホワイトニング機器

 

オランダの医療を監視する組織であるNZaによれば、保険会社が歯科医だけでなく通常の医師、精神病専門医、薬局などに不正請求で余計に支払った額は毎年7500万ユーロに達するという。 


http://teeths.prtls.jp/entry.html?did=b271360f7e211ef

コメント

アルツハイマー型認知症に 歯周病が関与する原因とは

2018-01-30 11:33:08 | 日記

 もっとも、実際はもっと複雑だ。

 

 すべての物質は脳内に入る際に、血液脳関門と呼ばれる“関所”を通過しなくてはならない。これは、脳へ血液中の有害な物質が入らないようにして、大事な神経細胞を防御する機構である。当然、人体に細菌感染が生じた際に作られる炎症性物質も、容易には脳内に侵入できない。口腔内カメラ

 

 それなのに、なぜ、歯周病の炎症反応が脳内へ波及するのだろうか。根管長測定器

 

 歯周病は先に述べたように慢性の炎症性疾患であるが故、その炎症性物質が、長期に渡って血液脳関門を攻撃することになる。その結果、患者によっては、血液脳関門が正常に機能できなくなり、炎症性物質が脳内に侵入する状況を可能にしてしまうと考えられる。

 

 読者の方々にとっては驚愕の事実かもしれないが、口腔内に潜んでいるはずの歯周病細菌自体さえも、脳内へ侵入するのを許してしまうことがある。実際に、アルツハイマー病患者の脳から歯周病の原因細菌が見つかっているのだ。

 

 しかし、現在のところ、このような歯周病がかかわる炎症反応だけで、アルツハイマー型認知症が発症するとは考えにくいとされている。認知症の発症時期を早めたり、認知障害の程度を強めたり、進行を早めるという病態を修飾する作用があるのではないかと考えられる。

 

 アルツハイマー型認知症に歯周病が関係しているという事実を逆手に取れば、歯周病治療や口腔ケアをすることで、アルツハイマー型認知症の発症予防や、症状の軽減、進行を抑制できる可能性があるということだ。

 

http://luccye1.ti-da.net/e10252213.html

コメント

歯周病もアルツハイマーも 「炎症」が引き起こす病気

2018-01-30 11:29:16 | 日記

 では、歯周病はアルツハイマー型認知症に一体どう関与しているのか。その理解には、まず歯周病とアルツハイマー型認知症という二つの疾患を正しく理解する必要がある。歯面清掃用ハンドピース

 

 一般的に、歯周病というと「口の中」に限定した病気として捉えられがちである。しかし、本来歯周病は、「全身性に炎症が継続している病態」として捉えるべき疾患なのである。歯周病は、歯肉や歯肉溝(歯と歯肉との溝)といった口内の組織に、歯周病の原因細菌が感染することを発端としている。ホワイトニング機器

 

 人体はそのような細菌感染が生じた場合、自己防衛として炎症反応を起こす。歯茎が腫れて出血する、歯槽骨(歯の周囲の骨)が失われて歯がぐらぐらするといった歯周病の症状は、簡単にいえば、そうした外から入ってきた細菌に対する自己防御としての「炎症反応」の結果なのである。

 

 そしてこの「炎症反応」、病変局所だけに留まっていればいいものの、厄介なことに、さまざまな「炎症性物質」が作られて全身に波及するのだ。

 

 実際、重度の歯周病患者では、そうでない患者と比較して、全身の血中の炎症性物質の濃度が高値を示すことが分かっている。加えて、重要なことは、歯周病は長期に渡って全身性に炎症が生じている状態、すなわち「慢性の炎症性疾患」であることだ。

 

 一方で、アルツハイマー型認知症であるが、この疾患は脳にアミロイドβというたんぱく質が蓄積することが原因として知られるが、実は、アミロイドβが脳内に蓄積すると、脳の炎症に関わる細胞が活性化されて脳内に炎症反応が生じ、結果として正常な神経細胞が破壊されて脳の萎縮が起こるとされている。

 

http://teeths.prtls.jp/entry.html?did=b1f3229a7e211e9

 

 つまり、アルツハイマー型認知症は「脳の炎症」が原因で起こる病気なのである。

 

 以上から、歯周病とアルツハイマー型認知症、この二つの疾患は「炎症性」の疾患という観点から共通していることがお分かりであろう。

コメント

承諾なく歯を削った疑い 奥歯2本の健康な部分 岡山の歯科医師逮捕

2018-01-29 15:05:30 | 日記

 岡山県警は17日、患者の歯を不必要に削り損傷させたとして、傷害の疑いで歯科医師の福原淳郡容疑者(53)=岡山市北区津島新野=を逮捕した。「患者を傷つける行為はしていない」と容疑を否認している。口腔内カメラ

 

 逮捕容疑は昨年5月17日、自宅が入るビルで開設した歯科医院「岡山ファミリー歯科」に初診で訪れた岡山市の男性(25)の承諾を得ていないのに、歯科器具を使って奥歯2本の健康な部分を切削し、治療に約1カ月かかる傷害を負わせたとしている。根管長測定器

 

 県警によると、昨年5月末、男性が受診した別の歯科医師が警察に相談したことを受け、捜査を進めていた。同様の被害情報が医師や患者から複数寄せられており、関連を調べる。

 

http://luccye1.ti-da.net/e10244403.html

コメント