スリーウェイシリンジ用、人気カテゴリ、 歯科医療従事者向けの歯科器材紹介

スリーウェイシリンジ用、人気カテゴリ、 歯科医療従事者向けの歯科器材紹介

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新薬は、長い年月と膨大な費用をかけて開発されるので、特許が認められる

2018-05-31 15:15:15 | 日記

が、特許期間が過ぎると、他の製薬会社が同じ有効成分を使ったくすりを製造・販売できるようになる。これが、ジェネリック医薬品だ。

 

つまり、ジェネリック医薬品は新薬に比べ開発費や開発期間が少ない分、新薬より安く販売できるわけだ。医療用医薬品は医療保険のカバー対象だから、ジェネリック医薬品の使用比率を高めれば医療費の膨張も抑えられる。スリーウェイシリンジ

 

このところのジェネリック医薬品の使用率の向上ぶりは目覚ましい。厚生労働省によると、10年前(20079月)に34.9%だったジェネリック医薬品の使用率は20.9ポイント上昇して、20179月の65.8%に達した。超音波スケーラー

 

だが、アメリカ、ドイツ、イギリスのジェネリック医薬品の使用率はそれぞれ91.7%、86.3%、76.6%(独IMS社調べ、20169月時点)と日本を大きく上回っている。まだまだ、医療費の膨張を抑制するためにできることがあるのは明らかだ。

 

そこで、注目したいのが、協会けんぽが約3900万人の加入者全員の使用状況を詳細に調査した「協会けんぽのジェネリック医薬品使用促進に向けた取組等について」だ。

 

それによると、都道府県別のジェネリック医薬品使用率は、全国トップの沖縄県の84.0%に対し、最下位の徳島県は65.6%と2割近い開きが存在する。


http://luccye1.ti-da.net/e10513535.html

コメント

「医療費膨張の切り札」の使用を妨げる「4つの闇」を知っていますか

2018-05-31 15:02:47 | 日記

国家財政を破たんさせかねない医療費の膨張を抑える切り札のひとつと期待されているのが、ジェネリック医薬品(後発医薬品)だ。

 

中小企業の社員や家族が入る全国健康保険協会(協会けんぽ)が初めて調査したところ、その期待のジェネリック医薬品の使用率に大きな地域格差があるという事実のほかに、医師などが加入する「医療業・保険衛生の健康保険組合」でジェネリック医薬品の使用が進まないなどの4つの闇”があることが判明したという。歯面清掃用ハンドピース

 

いったい、どういうことなのか。協会けんぽの調査を紹介したうえで、ジェネリック医薬品を取り巻く問題を概観してみよう。

 

政府は521日、経済財政諮問会議に対し、「65歳以上の高齢者人口が4000万人弱とピークを迎える2040年度に、医療や介護、年金などにかかる社会保障給付費は約190兆円」と、今2018年度の国家予算(一般会計)のほぼ2倍の巨費に膨らむという悪夢のような試算を初めて提示した。ホワイトニング機器

 

政府はこれまで、「団塊の世代」全員が75歳以上の後期高齢者になる2025年に向けて「社会保障と税の一体改革」を進めてきた。その改革は201910月に消費税を10%に引き上げられれば一段落するとされていた。

 

ところが、まだその先に、もっと大きなヤマが待ち構えていることが浮き彫りになったのである。医療を含む社会保障制度の持続可能性を保つためには、給付を大胆に抑制すると同時に、国民負担を増やす改革が急務なことは明らかだろう。

 

医療費の膨張抑制の切り札の一つとして、政府が20209月を目標に進めているのが、20179月に65.8%だったジェネリック医薬品の使用率を80%に引き上げることだ。

 

医薬には、ドラッグストア・薬局などで自由に購入できる「一般用医薬品」と医師の処方が必要な「医療用医薬品」の2つがあり、このうちの医療用医薬品が「新薬(先発医薬品)」と「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」に分けられる。


http://teeths.prtls.jp/entry.html?did=8c7c8117e251c0

コメント

昔の歯科治療の恐怖 日本人の口内に潜む“時限爆弾”

2018-05-28 15:24:01 | 日記

 銀歯にインプラント、部分入れ歯やブリッジ……中高年では、口の中に“治療”した歯が1本もない人のほうが珍しいだろう。ただ、“治療”したはずの歯が、さらに大きな問題の原因となることが少なくない。口腔内の問題は、放置すると全身疾患につながっていくこともある。『やってはいけない歯科治療』著者で、“歯科業界に最も嫌われるジャーナリスト”の異名を取る岩澤倫彦氏が患者に知らされてこなかった重大リスクをレポートする。口腔内カメラ

 

 昭和生まれの中高年世代にとって、虫歯治療といえば「銀歯」。だが、過去に入れた「銀歯」の多くが手抜き治療だったため、いまになって虫歯の再発や歯周病が次々と起きている。治療現場で、筆者はその現実を目の当たりにした──。根管長測定器

 

 50代の患者の奥歯を見て、元歯科大学講師の歯科医は苦々しい表情を浮かべた。歯に冠された銀歯が、まるでキノコの傘のような形状になっていたからだ。こんな治療ではプラーク(細菌の塊)が溜まって、虫歯や歯周病になりやすい。


http://luccye1.ti-da.net/e10508445.html

コメント

溶連菌感染症 患者数増加 今後の流行拡大に注意

2018-05-28 15:21:18 | 日記

 溶連菌感染症が一年でもっとも患者数が増加するのは、5月中旬~6月です。溶連菌感染症は、A群溶血性レンサ球菌によって引き起こされる感染症です。今後、全国的に流行拡大が予想されるので注意が必要です。歯面清掃用ハンドピース

 

 子どもがかかりやすく、発しんが出る感染症です。主な感染経路は、発症者もしくは保菌者(特に鼻咽頭部に保菌している者)由来の飛沫による飛沫感染と濃厚な直接接触による接触感染です。物品を介した間接接触による感染はまれですが、患者、保菌者由来の口腔、もしくは鼻腔由来の体液が明らかに付着している物品では注意が必要です。患者数は増加しつつあり、これから初夏にかけての流行に注意が必要です。ホワイトニング機器

 

症状

 溶連菌感染症は、学童期の小児に最も多く、3歳以下や成人では典型的な症状が現れることは少ないといわれています。

 

 症状としては25日の潜伏期間を経て、38度以上の発熱と全身倦怠感、のどの痛みによって発症し、しばしばおう吐を伴います。

 

 また、舌にイチゴのようなぶつぶつができる「イチゴ舌」の症状が現れます。まれに重症化し、全身に赤い発しんが広がる「猩紅熱(しょうこうねつ)」になることがあります。また、十分な抗菌薬の投与による治療をおこなわないと、リウマチ熱や急性糸球体腎炎などを引き起こすことが知られています。

 

感染経路

 溶連菌感染症は、発症者の咳やくしゃみなどによる「飛沫感染」、細菌が付着した手で口や鼻に触れることによる「接触感染」によってうつります。

 

予防

 予防のためのワクチンは、まだ実用化されていません。

 予防には、手洗い、咳エチケットなどが有効です。

 

http://teeths.prtls.jp/entry.html?did=69f216117e25194

コメント

増加する新たな抜歯原因は「歯周病」と「歯根破折」

2018-05-25 12:12:18 | 日記

最近の虫歯治療は、抜歯が極力先送りされるようになりました。たとえ歯の頭部分の形態がほとんど崩壊していても、歯ぐき内部の根の部分がしっかり残っていれば、十分に歯としての機能を取り戻すまで治せる可能性は高くなります。歯ぐきの奥の根の部分が深刻に崩壊しない限り、抜歯は避けられることが多くなってきたのです。口腔内カメラ

 

虫歯が原因での抜歯が少なくなる一方、新たな抜歯に至る原因として増加しているのが、「歯周病」と「歯根破折」です。虫歯は主に歯の内部を破壊しますが、歯周病は、歯の周囲の骨を破壊して、グラグラにしてしまうことで、抜歯が必要になるケースを起こします。根管長測定器

 

歯根破折は、文字通り歯が薪割りのように割れて、即抜歯になるケースです。どちらも歯が残っていなければ、起こることはありません。虫歯を治療して、抜歯せずに歯を残せるようになったことで、これらのトラブルが目立つようになってきたのです。

 

http://luccye1.ti-da.net/e10504395.html

コメント