スリーウェイシリンジ用、人気カテゴリ、 歯科医療従事者向けの歯科器材紹介

スリーウェイシリンジ用、人気カテゴリ、 歯科医療従事者向けの歯科器材紹介

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大学入学後も受験勉強?仮面浪人の素顔に迫る

2018-09-28 10:13:17 | 日記

 大学に入れば誰にもバラ色の学生生活が待っているとは限らない。思い描いていた学生生活とは違っていたり、やりたい学問ができなかったりといったことは少なくないだろう。そうした現実の中、仮面浪人(大学に在籍しつつ他大を目指し受験勉強する)という選択肢を取る人がいる。実際に仮面浪人を経て他大から東大に、もしくは東大から他大に進学した3人と、東大を目指す浪人生が多く在籍する河合塾本郷校の青木緑校舎長に話を聞いた。(取材・長廣美乃)  スリーウェイシリンジ

 

 Aさんは九州大学法学部から文Ⅲへ進学。1浪して受けた東大に再び不合格となり、後期日程で九州大に入学したが、劣等感や自己嫌悪感を拭えずにいた。1年の夏にシンガポール国立大学の学生との交流で刺激を受け「もっとレベルの高い人々に囲まれた環境で学びたい」と思った。九州大は取得単位が少なくても進級できると知り、最後の挑戦を決意することにした。

 

 受験勉強開始が10月と遅れたため、12月中旬まで基礎固め、その後センター試験対策、2次試験対策をした。勉強の合間に家事をしたり授業に出たりした。授業は週5コマのみ出席。単位取得を諦め、東大が不合格なら次年度に再履修を考えていた必修授業もあった。友人と話す時間はなく、所属していた環境系のサークルも10月の学園祭への参加が最後で、アルバイトは10月末で辞めた。超音波スケーラー

 

 一人暮らしで家族には仮面浪人すると伝えておらず、合格を伝えると驚きつつ喜んでくれた。「身勝手な行動を許してくれて感謝しています」とAさん。大学の友人にも伝えなかったが、高校の同級生1人だけには打ち明けた。

 

 つらかったのは、2次試験対策の最中に大学の定期試験やレポート提出があったことと、「仮面浪人」とインターネット検索した際に否定的な記事ばかりがあったこと。1月以降は風邪予防で自宅に引きこもる日が続き「それまでの人生で最も孤独感にさいなまれた半年」だったという。


https://luccye1.ti-da.net/e10731489.html

コメント   この記事についてブログを書く
« 福岡市長選 医療団体、高島... | トップ |   

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事