スリーウェイシリンジ用、人気カテゴリ、 歯科医療従事者向けの歯科器材紹介

スリーウェイシリンジ用、人気カテゴリ、 歯科医療従事者向けの歯科器材紹介

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

EBMにおける「科学的根拠」以外の要素 「臨床現場の状況・環境」

2017-12-29 11:33:12 | 日記

これは、患者さんの病状やその周囲を取り巻く環境を指します。例えば、以下のような内容が該当します。口腔内カメラ

 

・患者さんの病気の進行度  根管長測定器

・合併症の有無

・家族構成

・経済状況(収入、保険の有無など)

・病院へのアクセス

 

もう少し大きな視点でみると、その患者さんが住んでいる国の医療制度なども含まれてきます。極端な例になりますが、臨床試験の結果(科学的根拠)で最も効果の高い治療法があったとしても、医療制度が異なれば、使うことができないケースが出てくることもあります。例えば、我が国でも議論となった「ドラッグ・ラグ(海外で使用できる薬剤が日本で保険適用になっていないため使用できない等)」は、この「臨床現場の状況・環境」に関わってきます。

 

http://luccye1.ti-da.net/e10184125.html

コメント

科学的根拠に基づいた医療(EBM)を実践する手順

2017-12-29 11:28:00 | 日記

 健康・医療情報との「向き合い方」の方法・手順(行動指針)として、「科学的根拠に基づいた医療(EBM)」を紹介しました。そして、科学的根拠に基づいた医療には、「科学的根拠」以外にも3つの要素があることを説明しました。今回は、その3つの要素について詳しく解説します。歯面清掃用ハンドピース

 

▼「科学的根拠に基づいた医療(EBM)」には、「科学的根拠」以外にも考慮すべき3つの要素がある

 

EBMでは、ときに科学的根拠が示す結果とは異なる判断をすることもあり得る ホワイトニング機器

 

EBMを実践するためのは5つのステップがある

 

 前回の繰り返しになりますが、科学的根拠に基づいた医療とは、「科学的根拠」「臨床現場の状況・環境」「医療者の技術・経験を含む専門性」「患者の意向・行動(価値観)」の4要素を考慮し、より良い患者ケアに向けた意思決定を行うための行動指針』と定義されています。

 

 実は、ふだん私たちが「エビデンス」と呼ぶ「科学的根拠(=正確な情報)」は、4つの要素の1つに過ぎません。EBMを実践する上で注意しなければならないのは、「科学的根拠があるから、その治療をするべきである/しなければならない」「科学的根拠がないから、その治療はするべきではない/してはいけない」と短絡的に治療方針を決定するものではないという点です。さらに、EBMおいては「科学的根拠以外の要素も考慮するため、ときに科学的根拠が示す結果とは異なる判断をすることもあり得る」とも言われています。

 

 ただ、誤解しないでいただきたいのですが、科学的根拠を軽視しているわけでは決してありません。治療方針を決定する上で、科学的根拠が貴重な判断材料になることは間違いありません。しかし、科学的根拠が示す結果が、そのまま患者さんの意思決定に直結するわけではないことは、EBMを考えていく上で忘れてはいけません。また、これまで繰り返し説明してきた通り、正確な情報であるランダム化比較試験の結果であっても必ず不確実性が伴います。


http://teeths.prtls.jp/entry.html?did=c1f1936c7e1c1ca

コメント

CTでわかることは?Part.4

2017-12-27 14:57:15 | 日記

7)歯列矯正前の検査

 

歯列矯正をすることでどのような歯並びになるかを、歯科用CTを使って正確にシミュレーションすることができます。かみ合わせがどうなるかも予想することができますので、より美しい歯並びに矯正することができるのです。口腔内カメラ

 

8)過剰歯の測定

 

永久歯が普通以上の本数ある過剰歯。そのまま生えてしまうと、歯並びが悪くなったり、必要な歯が生えて来られなくなったり、歯ぐきの横側や内側などの正常でない場所から生えてしまったりすることにもなります。根管長測定器

 

その場合は、歯ぐきの内部にある時点で抜歯するのが良いのですが、レントゲンでは正確な位置をとらえることが難しく、不必要な部分まで切開することにもなりかねません。歯科用CTを使って過剰歯の正確な位置をとらえ、歯ぐきを切開する部分を最小限にして過剰歯の抜歯を実施します。

コメント

CTでわかることは?Part.3

2017-12-27 14:52:24 | 日記

5)根管治療

 

歯の神経を抜いて根管治療をするときも、歯科用CTを用いることで痛みの再発を防ぐことができます。歯の根は複雑な形をしていることも多く、1本だけのこともありますが24本に分かれていることもありますので、破片が残らないように丁寧に抜き、空洞部分に薬剤を詰めていかなくてはなりません。歯面清掃用ハンドピース

 

ですが、手の感触だけに頼っていると、歯の破片が残ったり薬剤を詰め忘れたりすることがあります。薬剤がしっかりと詰まっていないと細菌が繁殖し、再度、痛みや腫れを引き起こしてしまいかねません。目や手の感触だけではわからない部分を正確に知るためにも、歯科用CTの撮影が必要になるのです。ホワイトニング機器

 

6)親知らずの抜歯前検査

 

親知らずならすべて抜いてしまっても良いというわけではありません。特に下の親知らずの根周辺には神経や血管が入っている下顎管がありますので、抜歯によって下顎管が傷つくと想定されるときは抜歯以外の治療を考えなくてはいけません。

 

レントゲンでも下顎管の位置をある程度特定することができますが、親知らずの根に近いかどうかを正確に知るためにはCT撮影も実施するほうがより正確な判断ができるでしょう。



コメント

歯間ブラシもぜひ今日すぐ買いにいってください

2017-12-18 17:15:22 | 日記

歯科で「歯肉にフロスを押し付けてこすると歯肉を傷つけるのでNG」と教わったことがある人もいると思います。ぼくは逆に、「歯肉にフロスをぎゅっと押し付けて、歯の根元もこする」と指導をしています。口腔内カメラ

 

理由はシンプル、歯肉に覆われた根元のほうが汚れがたまるからです。また、治療の経験上、仮に血が出たとしても、3日続ければ歯周ポケットに詰まった汚れは外に出て、歯肉の状態は改善します。血が出る時点でその歯には菌がついていますから、よりケアが必要なサインなのです。根管長測定器

 

歯間ブラシもぜひ今日すぐ買いにいってください。最近はコンビニにも置かれています。はじめて使う人、久しぶりに使う人は、歯間ブラシを歯に通したら、そのまま先端を鏡で見てみてください。先端に白い歯垢がつくはずです。これこそが口臭の原因です。

 

この歯垢が完全に取れている人ならば口内はほぼ無臭ですし、口臭のある人は例外なく歯垢がついています。

 

http://luccye1.ti-da.net/e10157554.html

コメント