スリーウェイシリンジ用、人気カテゴリ、 歯科医療従事者向けの歯科器材紹介

スリーウェイシリンジ用、人気カテゴリ、 歯科医療従事者向けの歯科器材紹介

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

正しく使おう入れ歯安定剤 適量守りきれいに除去を

2018-08-31 10:51:12 | 日記

 義歯(入れ歯)がぐらついたり、浮いたりすると頼りたくなるのが入れ歯安定剤だ。だが、不適切に使うとかえって健康を損なう恐れがあると専門家は指摘する。合わない入れ歯はまず歯科で調整してもらうのが原則。業界団体も、使い方を守り、使い終えたらその都度、口中と入れ歯からきれいに取り除くよう呼び掛けている。スリーウェイシリンジ

 

◆清掃に苦労

 

 入れ歯安定剤は毎年約120億円を売り上げる人気商品。シートタイプ、粉末タイプもあるが、隙間を埋めるクッションタイプ、粘着性のクリームタイプというチューブ入り製品がシェアの大半を占める。ただ、これらは歯科医療、介護の現場で「清掃に苦労する」と評判が良くない。超音波スケーラー

 

 高齢者が多く通う愛知県大府市の国立長寿医療研究センター。歯科衛生士によると、口中や入れ歯に取り残しの安定剤がこびりついているケースがある。ブラシで取れないと指にガーゼを巻き付けてこすり取る。無理をすれば粘膜を傷つけかねず、患者自身が「もういい」と諦める例もある。

 

 同センターの角保徳(すみ・やすのり)歯科口腔(こうくう)先進医療開発センター長は「入れ歯は本来、そのまま使うものです」と話す。入れ歯は残った歯や歯茎、顎の骨の状態などに厳密に合わせる。不適切に安定剤を使えば、均等に力が加わらずに顎の骨が痩せ、入れ歯を支えられなくなる懸念もある。日本補綴(ほてつ)歯科学会ガイドラインでも、安定剤は歯科医の管理下で、短期間の使用が好ましいとされている。

 

https://luccye1.ti-da.net/e10681154.html

コメント

会見で、日本歯科医師会の堀会長は控除対象外消費税の問題について

2018-08-31 10:48:56 | 日記

  「医療界には歯科のように大部分が小規模な診療所である分野から、医科の大きな病院まで様々な状況がある中で、各団体は医療界一致した方向性を得ることを最大の目標として、56年にわたり議論を重ねてきた」と説明。その上で、今回まとまった提言内容を評価するとともに、それを主導した日本医師会の尽力に謝意を示しました。歯面清掃用ハンドピース

 

 また、診療報酬による補填に過不足があった場合、調整のための財源確保とその取り扱い等、詰めるべき議論はあるとしながらも、日本歯科医師会として合意した提言であることを強調するとともに、その実現に向けて、歯科からも関係方面の理解を得られるように全力を尽くす考えを表明しました。ホワイトニング機器

 

 最後に、新たな仕組みの実現とその機能の実効性については、「“補填されるべき控除対象外消費税の額”“補填された額”の正確な把握が大前提であり、今般のような誤りによる補填漏れが生じるような事態は決して許されない」として、原因の徹底的な検証と対応を求めました。

 

 厚生労働省は、725日(水)に開催された診療報酬調査専門組織の「医療機関等における消費税負担に関する分科会」において、2014年度に行われた消費増税(5%→8%)に対応するための診療報酬プラス改定の補填状況調査には誤りがあったことを報告。改めて調査分析したところ、病院で過重な消費税負担が発生していることを明らかにしていました。


http://teeths.prtls.jp/entry.html?did=51f0f2fc7e281ed

コメント

世界初!3Dプリンターで作る人工骨のイノベーション!欠損した骨が再生できる!

2018-08-30 10:52:01 | 日記

 3Dプリンターによって骨の欠損部位の形状を0.1mm単位の高精度で再現、高い強度と骨置換性を持つ人工骨(CT-Bone)を開発!人間の骨のように、元の骨にくっつき同化して骨代謝に取り込まれる。スリーウェイシリンジ

 

 こんな治療方法が厚労省の製造販売承認を取得、5月から販売スタートしている。超音波スケーラー

 

 2018414日、理化学研究所(理研)光量子工学研究センター画像情報処理研究チーム(大山慎太郎客員研究員ほか)と株式会社リコー(渡邉政樹スペシャリスト)の共同研究グループは、3Dプリンターによって骨の欠損部の形状を0.1mm単位の高精度で再現し、高い強度と骨置換性を持つ人工骨(CT-Bone)を製造する新手法を開発した。

 

 人工骨(CT-Bone)は、骨疾患の早期治療や患者の生活の質(QOL)向上に役立つと期待される。417日には厚労省の製造販売の承認を取得し、5月から販売をスタートした。

 

共同研究グループによれば、人工骨(CT-Bone)は、BJBinder Jetting)方式をベースに、α-リン酸三カルシウムの粉末とエチドロン酸などの新しい凝固インクを用いた粉末積層装置を活用した人工骨の3次元造形手法だ。3Dプリントしてすぐに使え、高強度で高い骨置換性を持つ3次元造形人工骨を造形できるのが最大のメリットだ。


https://luccye1.ti-da.net/e10678806.html

コメント

発症率が3.8%から3.3%に低下、食道がんではさらに低下

2018-08-30 10:49:18 | 日記

今回、研究グループは、厚生労働省のレセプト情報・特定健診等情報データベース(NDB)を用いて、東京大学構内に設置されているオンサイトリサーチセンターで解析を実施。研究の対象は、20125月~201512月に頭頸部がん、食道がん、胃がん、大腸がん、肺がん、肝臓がんの腫瘍切除・腫瘍摘出術を受けた患者。解析対象となる患者509,179人のうち、81,632人(16.0%)が歯科医による術前口腔ケアを受けていた。曝露要因は、手術前の歯科医による口腔ケア、アウトカムは術後肺炎および死亡とした。歯面清掃用ハンドピース

 

解析の結果、歯科医による術前口腔ケアを受けなかった患者群と比較して、歯科医による術前口腔ケアを受けた患者群では、術後肺炎の発症率が3.8%から3.3%に低下し(リスク差:-0.48%、95%信頼区間:-0.62-0.32)、手術後30日以内の死亡率は0.42%から0.30%に低下していた(リスク差:-.12%、95%信頼区間:-0.17-0.07)。また、がんの部位別に層別解析を行った結果、とくに食道がんの患者で効果が大きいことが判明したという(術後肺炎リスク差:-2.44%、95%信頼区間:-3.79-1.11、手術後30日以内死亡リスク差:-0.36%、95%信頼区間:-0.71-0.01)。ホワイトニング機器

 

これらの研究成果は、実際の医療現場における歯科医による術前口腔ケアの有用性について、医療従事者・患者の双方にとって重要な情報のひとつとなることが期待される、と研究グループは述べている。(横山香織)

 

http://teeths.prtls.jp/entry.html?did=c21f3524b7e281d3

コメント

無料の口腔がん検診 市歯科医師会の専門医が担当

2018-08-29 10:05:27 | 日記

 横須賀市歯科医師会は9月30日(日)、口腔衛生センター(日の出町)で無料の口腔がん検診を行う。午後1時から4時。スリーウェイシリンジ

 

 「口の中に腫れやしこり、違和感がある」「口内炎が治らない」等の症状は口腔がんとの関連性があり、これらの異常には早期の検診を勧めている。超音波スケーラー

 

 市内在住者対象で、定員52人。申込は、はがきに住所・氏名(ふりがな)・生年月日・年齢・電話番号を記入の上、〒238-0006横須賀市日の出町2の9 横須賀市歯科医師会へ。9月14日(金)必着。問い合わせは、同会【電話】046・823・0062


https://luccye1.ti-da.net/e10677684.html

コメント