暮らしに役立つ、法律改正・公共制度ニュースブログ

名古屋市と瀬戸市の間の尾張旭市の司法書士・行政書士・土地家屋調査士 川崎事務所のニュース・ブログ。

ネットの統計を発見: 「総利用時間」からみたポータルサイトの利用特性

2008年04月30日 | ネットアイテム
ちょっと古い記事(2007年8月28日)ですが、Neilsen//Netratingの記事を見つけました。

「Yahoo! Japanはオークション、MSN/Windows Liveはメール、gooはブログがトップ」
だそうです。
MSNの方はよくわかりませんが、Yahoo! とgooは順当ですね。


ホームページの検索エンジン対策としてGoogleサイトマップの簡単な作り方
という記事を発見しました。
参考になりそうです。
コメント

ネットサービスNAVITIME

2008年04月29日 | ネットアイテム
電車で広告を見つけたので、試してみました。
NAVITIMEは、単に携帯電話向けに地図ナビゲーションサービスをしているだけではなさそうです。

NAVITIMEでの地図を表示
コメント (1)

瀬戸のしょうゆ焼きそば福蔵

2008年04月27日 | 町の風景
名古屋にいったときにちょっとした店を見つけました。
瀬戸の名物しょうゆ焼きそば屋の「福蔵」です。
コメント

ライブドア事件 堀江被告の判決

2008年04月25日 | ニュース
ライブドアの決算虚偽報告事件の、堀江被告の第2審の判決が2008年7月15日に出るそうです。
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/column/tahara/070323_4th/
http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20345309,00.htm
コメント

あなどれない地元の尾張旭市立図書館

2008年04月25日 | 町の風景
地元の尾張旭市図書館に行ってまいりました。

それなりのベッドタウン都市とはいえ、人口が80,000人に満たない町ですから専門的な図書にはあまり期待していませんでした。よくわかるよくわかる一太郎Excelのマクロや検索エンジン対策の図書がほとんどなかったくらいでしたから。
ところがその考えを大きく覆す図書がおいてありました。

英文契約書作成のキーポイント」です。

日本語を飛び越して英文です。正直驚きました。まあ、日本語の契約書作成本もあるとは思うのですが。
かなり役立ってくれそうですが、こちら側に使いこなすだけの力があるかどうかですね。

ふう。
コメント (2)

光市母子殺害事件:男に死刑判決

2008年04月24日 | ニュース
やっと判決が出ました。
結果はともかく、最高裁が上告審判決で審理を同高裁に差し戻したことが酷であると思っていました。できれば、早く終わらせた方が、双方にとっていいように思っていたからです。

ひとつの結果が出ましたが、でも、これは最高裁の判決じゃないんですね。
被告側は上告するつもりでいるようですし、結局事件から10年以上かかってしまいそうです。
何より、馬鹿馬鹿しいまでの答弁がまだ続く可能性が、残念で仕方がありません。
コメント

戸籍の取り扱いの変更

2008年04月21日 | 法改正
平成20年5月1日から住民票の写し・戸籍謄抄本等の証明書発行の際に、本人確認書類の提示が必要になります。


【本人確認書類の例】
○官公署が発行した顔写真入の証明書 
  運転免許証、パスポート、住民基本台帳カードなど

○官公署が発行した顔写真のない証明書
  健康保険被保険者証、年金手帳、介護保険被保険者証など
○官公署以外が発行した証明書
  社員証、学生証など



近年、本人確認に関する法律が整備され、手続きなどが大変になりつつあります。
「犯罪による収益の移転防止に関する法律」
「金融機関本人確認法」

コメント   トラックバック (1)

日本の世界遺産サイト

2008年04月15日 | ネット
日本の世界遺産のサイトです。
コメント

地域コミュニティ Lococom

2008年04月10日 | ネット
地域コミュニティ Lococom

地図を使った地域情報(クチコミ)と家計簿という不思議な組み合わせのSNSです。


さっそく、尾張旭市にある川崎事務所も登録してみました。
コメント

裁判員制度の開始

2008年04月09日 | 法改正
裁判員制度の実施日が平成21年5月8日と決まりました。

平成16年5月21日「裁判員の参加する刑事裁判に関する法律」が成立し、公布の日(平成16年5月28日)から5年以内に裁判員制度が実施される予定とされていました。
http://www.saibanin.courts.go.jp/

しかし解決すべき課題も多く、これからの動向を見守っていく必要があります。
コメント