暮らしに役立つ、法律改正・公共制度ニュースブログ

名古屋市と瀬戸市の間の尾張旭市の司法書士・行政書士・土地家屋調査士 川崎事務所のニュース・ブログ。

ハイキング 水木沢天然林にいってきました

2014年09月27日 | 町の風景
水木沢天然林にハイキングに行って参りました。


あまり名前を聞かない場所ですが、近年になって注目されるようになったようです。

この水木沢は平成の名水百選に選ばれている地です。


木曾の壮大な森林が素晴らしいところでした。



コメント

地下鉄名古屋駅で地下鉄に浸水  名古屋駅再開発

2014年09月26日 | ニュース
昨日、地下鉄名古屋駅で、浸水により地下鉄が一時運休になりました。

原因は、名古屋駅再開発のビル建築工事の現場処置にあったようです。


地下鉄で浸水なんて、珍しいこともあるもんだと思いましたが、通勤ラッシュに重なって大変だったようです。


今年は、集中豪雨が多い年だったと思います。


地下鉄名古屋駅浸水、ビル建設が原因 竹中工務店陳謝
2014年9月26日00時40分
 名古屋市の市営地下鉄東山線名古屋駅で25日未明、冠水があり、市中心部の区間が始発から約9時間運休し、15万人に影響するトラブルになった。市交通局は同日、近隣のビル建設現場で、下水管を一時的に塞いでいた「栓」が大雨による水圧で崩れ、浸水につながったと発表した。施工者の竹中工務店は、宮下正裕社長が「多大なご迷惑をかけた」と記者会見して陳謝した。

 東山線は午前5時半の始発から区間運休した。栄や千種などの市中心部も含む岩塚(名古屋市中村区)―池下(同市千種区)間は、全面復旧した午後2時45分まで運休が続いた。

 通勤・通学の時間帯と重なり、約15万人に影響した。市交通局によると、影響人員は市営地下鉄で過去最多。

 同局と竹中工務店の説明では、下水管(直径90センチ)は、名古屋駅北側で建設が進む日本郵便の高層ビル「JPタワー名古屋」の工事現場にある。地下鉄に空気を送る給気ダクトの周囲を掘った穴(広さ約100平方メートル、深さ約5メートル)につながる箇所で切断され、竹中工務店の下請け会社がモルタルや土囊(どのう)で切断面を塞いでいた。しかし、下水管に大量の雨水が流れ、栓が崩れたという。
コメント

軽自動車検査協会の各事務所の電話番号が変わります

2014年09月20日 | 業務内容
軽自動車検査協会の各事務所の電話番号が、10月1日から変わります。

愛知主観事務所管内コールセンター電話番号一覧

・050-3816-1770:愛知主観事務所

・050-3816-1771:豊橋支所

・050-3816-1772:三河支所

・050-3816-1773:小牧支所



ほかにも、平成26年1月より、軽自動車の検査標章が変わりました。
コメント