明日の日本に必要な真実を語ります!       (HP→http://www.it-dream.biz)

世界も日本も人類が混迷する現代において政治・経済・経営そして生活の全ての環境問題を厳しい眼で捉えてお伝えします!

<ブログアーカイブ41>「2013年正月に日本の今年を想う!2013-01-05掲載

2015年04月02日 21時42分45秒 | 政治と経済
私の住む川崎市は正月穏やかな三が日でした。年末から新年に掛けて米国の「財政の崖という世界恐慌を誘発するかもと言われる大問題に米国議会が苦心し妥協して問題先延ばしで当面の危機を回避した報道と12/16でムーブを起こすと期待された「日本未来の党」が選挙直前の調査とは全く反する惨敗で不正選挙の声が日増しに高まりを見せる中、結局小沢派との確執で分党と言う結果に終わった報道が目立った!

2013年はどんな年になるだろう? 自公政権では官僚支配構造からの脱却も進まず期待より不安が大きいが心のままに羅列してみたい!

1.安倍自民はインフレ誘導による景気回復を目指し、早速円安、株高を起こし国民の一番関心事は良いスタートを切ったようだが、本来インフレで景気が回復するなら中国も韓国もベトナムも現在の景気後退は無い事になる。日銀を脅しての極端な金融緩和策で円安に向かわせるのは容易だがその結果が望んだ処に着地する保証は無い。寧ろインフレが約100兆保有する外国投資家の円売りマインドに火をつけ自民が狙う90~95円を突破し100~110円まで下がる恐れもあり、それはハイパーインフレを引き起こす可能性すらある。
つまり円安効果で輸出産業が好転(主に海外移転してない中小企業に明)~一部の就業率は改善~円安で輸入物価が上昇(特に燃料資材や百均ショップ/スーパーに影響大)一般企業の報酬は現状かダウン傾向変わらず一般国民は収入減で物価は大幅上昇で生活破綻者が増加する。

2.自民は景気回復の実弾として昔同様にばら撒き型の公共事業を癒着企業に大盤振る舞いし大企業を喜ばすがこれで日本の借金は更に悪化するだろう
本来は原発被災地住民の完全救済事業が第一優先され新しい街つくりに予算を向けるべきだが瓦礫処理のような後始末だけで終わるかも!

3.福島原発エリアへの居住は無理なのだから周辺30k㎡くらいの土地は買い上げて、そこに日本が世界をリードする地熱をコアとした自然エネルギー発電プラントを建し成功事例を全国54の原発設置エリアに原発からの移行プランとして順次導入する!これで資源輸入を削減~いずれゼロを目指す

4.上記プラントを推進しながら、日本が資源輸出国になる可能性を秘めた「メタンハイドレート」の実用化に注力し、世界に先駆けて完成して、日本の念願であるエネルギー資源の輸出国になり1000兆円の膨大な借金の解消を計る

5.日中外交は一触即発の危機にあり対中戦略が成功する事を祈る!習政権は安泰ではなく切羽詰っている!バブルが崩壊し徐々に経済が回らなくなりその結果、人民やチベット、モンゴル自治区の暴動も有りうる状況が故に、矛先を日本に向け強権発動する恐れが大きく、日本の外交戦略が裏目に出れば北朝鮮を前線部隊に開戦も辞さずの行動も有り得る展開が懸念される!日米安保体制が沖縄移転・オスプレイ配備で揺らぐ今だが米軍の全面支援は必須となる!財政の崖で窮地のオバマ氏は日中戦争をチャンスと見る向きもあり要注意です!

6.TPPは原発同様、安倍首相とオバマ大統領は密約があった可能性が高いので安倍自民は後先構わず参加するだろう!更に米国が「財政の壁」を正常に乗り越える事は無理なので当面は回避行動で時間を稼ぎ次に尖閣問題で日米安保の対象にしてもいいと揺さぶりアジア防衛の軍事費の肩代わりを要求するだろう

7.韓国は急激なウォン高で急速に輸出力を落していて朴大統領も強行に出るしかない情勢だが、親日を取るか親中を取るかは予断を許さない!大方米国には追従するだろうから米国とセットの外交で竹島問題を一時棚上げしても日米韓連合を確立して欲しい。

8.ロシアは極東への天然ガス輸出がプーチン大統領の経済復興の鍵になるので、どうしても日本には膨大なパイプライン建設費を賄ってもらう野望があるので温和な姿勢だろう!このプランに乗るか、どう乗るかが重要な戦略になり北方4島問題含みの外交が試される!

9.今年、日本に東日本大震災並みの地震が起きない事を願う!もし4年以内に起きるとされる首都圏直下大地震や東海~近畿圏でも起きれば今度こそ日本は自力での国営が困難になるだろう!世界がどのようにしたいのかは予測が困難だが、米国の管理可(属国)になると言うのは考えられる

内政問題は原発以外にも年金・福祉改革消費税UP/教育/地方分権化/少子化/土地価格の正常化等山積しているが自民政権では良い方に行く事は願望でしかないが、日本の復活の為には英知を結集して高度な戦略を立て遂行して欲しいと願う <アンカークリックで詳細記事表示>
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« <ブログアーカイブ40>12/... | トップ | <アーカイブ42>衆院選を... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
在日朝鮮人について (p)
2015-03-09 13:01:26
貴方の住む神奈川は在日朝鮮人が多い地域ですが、貴方は在日について同和についてなにもTwitterしないのは何故ですか。これだけ日本を支配して日本人を苦しめているというのに、何故ですか。

コメントを投稿

政治と経済」カテゴリの最新記事