明日の日本に必要な真実を語ります!       (HP→http://www.it-dream.biz)

世界も日本も人類が混迷する現代において政治・経済・経営そして生活の全ての環境問題を厳しい眼で捉えてお伝えします!

<ブログアーカイブ18>「宇宙や地球の神秘」をツイートした記事(動画)をサマリー:2013/2/25掲載

2015年05月19日 15時25分38秒 | 宇宙
宇宙や地球の神秘は創造を絶するものが有ります!今日はこれまでツイートした関連記事をサマリー掲載します。

<2/25>2012年終末論 【マヤ暦と惑星ニビルの関係】 - NAVER まとめ …*すっかり忘れかけた「惑星X=ニビル」ですがまだ興味ある方に分かりやすいサイトを見つけましたのでご紹介します!余談ですが2012終末説は2015の間違いとの説有り!

<2/11>地球温暖化は世紀の冗談CO2排出は氷河期の到来を遅らせる―英国ケンブリッジ大*地球は寒冷化に向かいCO2はそれを軽減できる!?寒冷化は納得だがCO2善玉説は異常気象の要因として疑問!関連は

<2/20>ロシアが隕石クレーターに「数兆カラット分のダイヤモンド」と発表 - MSN … *約3,570万年前に直径5~8kmの小惑星が衝突したことにより形成されたシベリアの直径約100kmのポピガイ・クレーターに数兆カラット以上のダイヤモンド有!

<1/22>太陽の磁場に異常変化、地球にミニ氷河期(小氷期)をもたらす可能性(国立天文台調査) … @karapaiaさんから *人類の横暴による地球温暖化が進む中、太陽は逆にミニ氷河期に突入の可能性大とのレポート!両方の作用で地球はどうなるんでしょう?

<1/21>これが宇宙のリバイアサンか!太陽の170億倍、型破りの超巨大ブラックホールが発見される-カラパイア・動画 …*米テキサス大やドイツ・マックスプランク研究所などの研究チームが今月29日付の英科学誌ネイチャーに発表! 写真と動画で弩迫力の映像を!

<12/28>直径400kmの巨大隕石が衝突したとき、地球で何が起こるのか… @youtube *11kmの隕石で6500万年前に恐竜が絶滅したとされるのに直径400kmの巨大隕石がぶつかる時のシミュレーション映像です!画像はそれ以外のやばい映像あり!

<12/28>6500万年前の恐竜を絶滅させた11kmの巨大隕石衝突時の地球を再現!! It shows us the moment of asteroid impact!!: @youtube *映画2012の映像どころの話ではありません!驚異です

<12/28>サイエンス劇場 - ブラックホール03 -: @youtube お子様でもOKのブラックホールを分かり易く解説したビデオ映像です!

<12/27>太陽系外で地球にもっとも近い惑星を新発見、しかも生命誕生可能ゾーンで!(ギズモード・ジャパン) …*地球からたった(?)12光年の位置に巨大恒星とその惑星発見!(惑星X:ニビルではない)宇宙人が居たらこの辺だと現実味が増しますね!

<12/26>西南極氷床が予想の2倍で温暖化、国際チームが報告 国際ニュース : AFPBB News … @afpbbcom *温暖化は嘘ではなかった!以前「北極の氷河は消滅が激しいが、南極は大丈夫!」という記事が出たがそれは間違いで酷い温度上昇が確認!

<12/8>鳥の大量死と地球の磁極移動(ポールシフト)、シアン化水素、HAARPの謎 | NaturalNews *2011/3の記事なので今はどうか分からないが、確実に起きる地球の「ポールシフト」に関する科学的考察として興味深い内容です!

<11/28>惑星ニビル」の情報が最近出ないので、やはりデマか?と思いつつ検索で面白い記事を見つけたのでご笑読下さい!

<11/6>武田邦彦 (中部大学): 南極の氷は最大、北極は最低!温暖化は嘘?この意見の氷の厚さは事実のようだが、それと温暖化(=異常気象)では無いというのは短絡では?米国のハリケーンも北京の大雪も異常の証拠!

<8/30>「惑星Xと原発の恐怖!」という記事を下記ブログに掲載しました!

<8/30>一寸怪しげですが惑星X(ニビル)の地球接近でマヤ歴は本当だったのか?と騒がれている中、より具体的なニビル解説記事(ブログ)を見つけましたのでご参考までに! …

<6/12>地球と宇宙の境から見えるすごい風景#videotopics をどうぞ!
コメント

<アーカイブ43>ヒッグス素粒子大発見とUFO飛行原理:2013-06-14掲載

2015年04月17日 14時38分01秒 | 宇宙
宇宙物理学の大発見と云われる物質に質量を与える「ヒッグス素粒子」の存在が証明されたとのニュースに私も長年のモヤモヤがクリアーになった思いでした。
この発見で重力も光と同じ素粒子と解明された事で重力もコントロール可能という事が明確になり、この事は宇宙空間に無限にある星の重力を3次元ベクトル調整出来れば宇宙空間を移動するエネルギーは基本的に不要という事を示してUFOの飛行の謎が解明された気分です!

中学生の頃、空飛ぶ円盤(UFO)の話題が沸騰した時に「本当に宇宙人が居るかも知れない」と思ったのですが、どうしても1つの疑問が残ったのです。
それは、地球と同じような環境の惑星が宇宙には5万と在るだろうと云われても、それは太陽系から遥か離れた遠い銀河から飛来するしかないのに「UFOは何を推進力にどの位のスピードで飛べるんだろう?」と言う疑問でした。とても人類の宇宙ロケットの爆発燃料では長い航行は不可能と思ったのです。

その頃に理科の授業で「万物の全ての元は素粒子であり光も素粒子の一つなので眼には見えなくても物質なので惑星間を照らすときに重力により偏向するんだ」と教わった時に「これだ!」と思ったのです。

科学の進歩した宇宙人ならこの重力を自在にコントロールする装置を開発し、それをUFOに搭載して宇宙空間を飛ぶ時には周りの惑星の重力を高性能コンピュータでベクトルを定めその方向に最適な重力をコントロールして飛んでいるに違いないと思ったのです。

例えればこの地球のある時点から空を飛ぶ時は先ず飛びたい方向に有効な重力として太陽/月/金星/火星等の重力をそれぞれ2倍にしたり10倍にしたり半減したりして3次元ベクトル調整をした上で最後に最も強力な地球の重力を反転(マイナス)させるのです。多分これには今の人類のスーパーコンピュータの桁違いの能力のコンピュータが必要かもですが、この設定が終われば、後は惑星間に幾らでも存在する星の重力をこのGコン(重力コントロール)装置によりリアルタイムに推進力に変え、しかも物凄いスピードで飛べるんだ!・・・・と思ったのです。

しかしあれから50年が経ってもUFOが重力コントロール(Gコン)で飛んでるというニュースはありませんでした。もちろん今回の重力素粒子の発見が即UFOの推進力の証明にはなりませんが私的には確信を得るニュースだったのです。
私はこの持論を折に触れ「UFOの推進力はGコン」と友人にふれていました。人が自動車ごとUFOに吸い込まれるシーンを映画でよく見ますが、このGコンなら簡単なことです。また近くの自動車が停止する現象もGコンが発生する強力な電磁波が影響するのでしょう!
個人的にはこれでピラミッド建設時の巨石の移動と精密なセッティング方法やイースター島の巨石モアイ像の数十キロの移動も解明されたと思っています。

人類はリニアモーターカー
でやっと地表を数cm浮かし、それをNとSの特性を生かして時速500Kmというスピードを実現しようとしていますがこれはGコンのほんの初歩レベルの技術に過ぎないでしょう!
ヒッグス素粒子の発見には日本人の力が最大貢献したそうですが、私には本当に嬉しいニュースでした。
コメント

<ブログアーカイブ53>宇宙や地球の話題ツイート(2012/6/12~2013/2/25)をサマリー2013-02-25掲載

2015年04月06日 20時52分24秒 | 宇宙
2/25)宇宙や地球の神秘は創造を絶するものが有ります!今日はこれまでツイートした関連記事をサマリー掲載します。

<2/25>2012年終末論 【マヤ暦と惑星ニビルの関係】 - NAVER まとめ …*すっかり忘れかけた「惑星X=ニビル」ですがまだ興味ある方に分かりやすいサイトを見つけましたのでご紹介します!余談ですが2012終末説は2015の間違いとの説有り!

<2/11>地球温暖化は世紀の冗談!CO2排出は氷河期の到来を遅らせる―英国ケンブリッジ大*地球は寒冷化に向かいCO2はそれを軽減できる!?寒冷化は納得だがCO2善玉説は異常気象の要因として疑問!関連は

<2/20>ロシアが隕石クレーターに「数兆カラット分のダイヤモンド」と発表 - MSN … *約3,570万年前に直径5~8kmの小惑星が衝突したことにより形成されたシベリアの直径約100kmのポピガイ・クレーターに数兆カラット以上のダイヤモンド有!

<1/22>太陽の磁場に異常変化、地球にミニ氷河期(小氷期)をもたらす可能性(国立天文台調査) … @karapaiaさんから *人類の横暴による地球温暖化が進む中、太陽は逆にミニ氷河期に突入の可能性大とのレポート!両方の作用で地球はどうなるんでしょう?

<1/21>これが宇宙のリバイアサンか!太陽の170億倍、型破りの超巨大ブラックホールが発見される-カラパイア・動画 …*米テキサス大やドイツ・マックスプランク研究所などの研究チームが今月29日付の英科学誌ネイチャーに発表! 写真と動画で弩迫力の映像を!

<12/28>直径400kmの巨大隕石が衝突したとき、地球で何が起こるのか… @youtube *11kmの隕石で6500万年前に恐竜が絶滅したとされるのに直径400kmの巨大隕石がぶつかる時のシミュレーション映像です!画像はそれ以外のやばい映像あり!

<12/28>6500万年前の恐竜を絶滅させた11kmの巨大隕石衝突時の地球を再現!! It shows us the moment of asteroid impact!!: @youtube *映画2012の映像どころの話ではありません!驚異です

<12/28>サイエンス劇場 - ブラックホール03 -: @youtube お子様でもOKのブラックホールを分かり易く解説したビデオ映像です!

<12/27>太陽系外で地球にもっとも近い惑星を新発見、しかも生命誕生可能ゾーンで!(ギズモード・ジャパン) …*地球からたった(?)12光年の位置に巨大恒星とその惑星発見!(惑星X:ニビルではない)宇宙人が居たらこの辺だと現実味が増しますね!

<12/26>西南極氷床が予想の2倍で温暖化、国際チームが報告 国際ニュース : AFPBB News … @afpbbcom *温暖化は嘘ではなかった!以前「北極の氷河は消滅が激しいが、南極は大丈夫!」という記事が出たがそれは間違いで酷い温度上昇が確認!

<12/8>鳥の大量死と地球の磁極移動(ポールシフト)、シアン化水素、HAARPの謎 | NaturalNews *2011/3の記事なので今はどうか分からないが、確実に起きる地球の「ポールシフト」に関する科学的考察として興味深い内容です!

<11/28>惑星ニビルの情報が最近出ないので、やはりデマか?と思いつつ検索で面白い記事を見つけたのでご笑読下さい!

<11/6>武田邦彦 (中部大学): 南極の氷は最大、北極は最低!温暖化は嘘?この意見の氷の厚さは事実のようだが、それと温暖化(=異常気象)では無いというのは短絡では?米国のハリケーンも北京の大雪も異常の証拠!

<8/30>一寸怪しげですが惑星X(ニビル)の地球接近でマヤ歴は本当だったのか?と騒がれている中、より具体的なニビル解説記事(ブログ)を見つけましたのでご参考までに! …

<6/12>地球と宇宙の境から見えるすごい風景#videotopics をどうぞ!
コメント (1)