練金術勝手連

「練金術」のページへようこそ。

※ 練金術(ねりきんじゅつ)とは『週刊金曜日』練馬読者会的やり方という意味です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ことしも江古田映画祭=福島を忘れない★練馬読者会2月例会のご案内

2017年02月20日 | これだけは言いたい!
2月練馬読者会 やります。久しぶりの方歓迎、初参加の方大歓迎、です。第6回江古田映画祭も始まります。ぜひこちらにも!

週刊金曜日練馬読者会 2月例会


  日 時:2月25日(土) 18時30分~
  会 場:こみゅにてぃかふぇ (なごみ) 
      西武池袋線大泉学園駅南口3分〈地図
  参加費:会場使用料分担
  問合せ:nerikinjyutu@mail.goo.ne.jp




 

                 ページトップ  
コメント

私たち自身の問題として考えたいこと…東京10区・沖縄差別★9月の練馬読者会

2016年09月21日 | これだけは言いたい!
 衆議院がいつ解散されるか予断を許さない情勢のなか、現東京都知事小池百合子が抜けて穴の開いた東京10区の補選が行われる(10月23日投票)。

 改憲のハードル2/3の議席をアベ与党に許してしまった先の参議院選で、一人区32のうち11をとって"健闘”した《野党共闘》の流れを活かす事が必要だ。そして、市民がリードする《市民・野党共闘》のスタイルをゼヒにも実現したいという多くの声に応える形で、練馬・豊島の市民による「TeN16」という名前のグループが起ちあがった。



 
※住所が10区以外でも関心のある方、協力できる方、知り合いがいる方…はこのチラシの連絡先へ!

 さて、直近の土曜からはじまるイベントを紹介しよう。
「えこだ沖縄映画祭2016
=わたしの沖縄 あなたの沖縄=」。

 場所は毎年3月に行われている「福島を忘れない映画祭」のギャラリー古藤。
 普段なかなか見る機会が少ない映像であるのに加え、監督や出演俳優によるトークもある。

 まるで「緊急事態条項」を先取りするかのような東村高江ヘリパッド工事の強行や辺野古沖埋め立て承認めぐる裁判など、目の当たりに進行する「沖縄差別」について私たち自身の問題として考える。そのためにも観ておきたい作品がそろう。

○ 9/24(土)武蔵大学(森口豁トークイベント・参考作品上映)
○ 9/25(日)〜 10/2(日) ギャラリー古藤
○詳しくはhttp://furuto.art.coocan.jpまで



 そして、24日(第4土曜日)は6時半から週刊金曜日練馬読者会もある。久しぶりの方歓迎、初参加の方大歓迎、ですのでお出かけください。

週刊金曜日練馬読者会 9月例会


  日 時:9月24日(土) 18時30分~
  会 場:こみゅにてぃかふぇ (なごみ) 
      西武池袋線大泉学園駅南口3分〈地図
  参加費:会場使用料分担
  問合せ:nerikinjyutu@mail.goo.ne.jp


                 ページトップ  
コメント

★教訓ははっきりしている★週刊金曜日練馬読者会へどうぞ★

2016年08月22日 | これだけは言いたい!
 東京都知事選挙は残念な結果ではあった。

 経緯やタイミングなど他のことはおいて、小池・鳥越の本人が街頭で発したメッセージだけを追ってみても、誰に向かって何を伝えたいのか、ここで有権者の心に何をすり込みたいのか…。そのイメージ戦略はまるで大人と子供の違いだった。結果、アベ政治を駆逐するために築いてきた『野党共闘』への期待に傷がついたのも事実で、野党共闘が次の高みへ行くための教訓をさらにはっきりさせた。政党間の候補者調整では収まらない市民が中心の選挙を作り上げることだ。(いくつかの参院選一人区で成果)

 さて、05年の小泉郵政解散選挙で刺客として小池が送り込まれたのが衆院東京10区。その小池百合子が去った因縁の10区(豊島区と練馬区南部)の補選が行われる。
 選挙が終わると次の選挙運動の始まりといわれたりもするが、今次は特に時間が限られている。はたして「次の高み」への足がかりを創ることができるか……。

 そんなこんなで練馬読者会は今月もやります。久しぶりの方歓迎、初参加の方大歓迎、です。

週刊金曜日練馬読者会 8月例会


  日 時:8月27日(土) 18時30分~
  会 場:こみゅにてぃかふぇ (なごみ) 
      西武池袋線大泉学園駅南口3分〈地図
  参加費:会場使用料分担
  問合せ:nerikinjyutu@mail.goo.ne.jp

  

                 ページトップ  
コメント

ピンチはチャンス東京都知事選★読者会へどうぞ(当ブログは07都知事選からはじまった)

2016年07月21日 | これだけは言いたい!
 つい先日、参議院選挙ヒートアップのころ「改憲与党で2/3」という危機感というか、その意味すら考えていない少なくない人がいた。驚くべきことに、昨日は鳥越俊太郎と筑紫哲也を取り違えてた人も。…嗚呼…。
 それもこれも過不足ない現実の一端と受け止めたい。

 そんなことを考えている間に、有権者として、都民としてチャンスでもあり、負けるわけに行かない都知事選挙も投票日まであとわずかとなり、野党共闘に安住(お任せ)?しない市民たちによる各地元の鳥越勝手連の動きも急拡大中。
 一方で、最終局面、土壇場になると女性候補に票を集めるべく宗教・組織政党が”得意技”を繰り出すのではないか、というサプライズ…な未確認情報も。

 それにつけても気になるのは、やはり投票率。一人でできる家族・友人・知人へのアプローチ。3人、5人、10人の都内在住者にコンタクトすることの大切さ。それらは組織に属さない個人の強みでもある。

 さて、今週23日(土)は下記案内の通り練馬読者会恒例の例会日です。久しぶりの方、初めての方も歓迎。ざっくばらんに語りましょう。

 ★読者会の例会に関心があってもなくても「週金」を応援する方に改めて参考動画➡︎《筑紫哲也さん亡くなる前、最後の多事争論》 が こちら に。

 ★そして、以下、練金術師の最近のつぶやきからいくつかピックアップ(https://twitter.com/ ➡︎ @nerikinjyutu)


練金術師
「成長の果実」がしたたり落ちてくるのを待てという #アベノミクス信仰 を続ければ永遠に「道半ば」ならぬ みち墓場
★借金を増やして保育園という約束、規制緩和で保育園という約束はいらない★無駄な公共事業から財源を保育へという鳥越俊太郎コールが盛り上がる。
#鳥越俊太郎を都知事に

練金術師
そして東京でできることすべきこと★辺野古基金呼びかけ人で共同代表の #鳥越俊太郎を都知事に
  田中龍作 @tnakaryusaku
  【沖縄・高江~連投9】増派された機動隊は車両ナンバーから東京警視庁であることがわかった。警視庁の給料は都民の税金から出ている。沖縄の問題は  東京の問題でもあるのだ。


練金術師
#鳥越俊太郎を都知事に
★「一切事実無根であり〜何か政治的な力が働いているとしか思えない」
★文春報道は「事実無根」=名誉毀損で告訴状提出―鳥越氏【都知事選】
➡︎http://news.goo.ne.jp/article/jiji/nation/jiji-160721X650.html
★このいきさつ詳しくは IWJ➡︎ http://iwj.co.jp/wj/open/archives/319457

練金術師
宇都宮さんの”苦渋の英断”に応えるためにも必ず #鳥越俊太郎を都知事に ★一番の環境問題は原発★東京は憲法と平和を守る拠点に ➡︎7/18 「鳥越候補を支援する市民センター」発足集会にて https://www.youtube.com/watch?v=T7LkZ3cA1SI

練金術師
岡田代表は野党共闘を壊す気か?「アベ政権下での改憲は認めない」というスタンスは崩せない★民進代表、改憲論議条件付き容認9条以外で(東京新聞)http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016071401001956.html
まずこれを観てから宣え
➡︎「憲法改正誓いの儀式」https://www.youtube.com/watch?v=h9x2n5CKhn8


週刊金曜日練馬読者会 7月例会


  日 時:7月23日(土) 18時30分~
  会 場:こみゅにてぃかふぇ (なごみ) 
      西武池袋線大泉学園駅南口3分〈地図
  参加費:会場使用料分担
  問合せ:nerikinjyutu@mail.goo.ne.jp
   

                 ページトップ  
コメント

2016参議院選挙公示日に考える

2016年06月20日 | これだけは言いたい!
 いよいよ未来を選ぶ歴史的に熱い7月がやってくる。


 任期満了に伴う参議院議員選挙が公示、7月10日に投開票される。 
 参院選にあたって国政が抱える主要な問題=争点は、憲法、原発、TPP、基地、経済だ…。いずれも政権のごり押し(アベ政治)対 国民の利益という
点で通底する。そして左右を問わずアベの首に鈴はつけられないなら、”アベ政治”にstopをかけるしかないという共通認識も裾野を広げている。

 市民の強力な声が政党利害を抑え込む形で、とにかく野党共闘はなった!!

 ただし、31ある一人区のすべてについてはやっと…、というところで、多くの市民が望んだ比例に関する"オリーブの木"構想(統一名簿式)は既成勢力にはハードルが高すぎたのか挫折。そこでオリーブの木を”桜の木”と言い換えて共産党・旧民主党に根回しの努力を続けてきた小林節(敬称略、以下同じ)が敢然というかギリギリ立ち上げたのが政治団体「国民怒りの声」。アベ政治に危機感を抱く”旧民主党以上共産党未満”の政党離れ無党派層の心に訴える姿は明確だ。

 
ちなみに、参院比例区については過去の経緯を見ると、現職国会議員5名以上、直近の国政選挙で得票率2%以上または10名以上の候補者(供託金600万/人)という政党要件をクリアして選挙に挑戦するのはいかに困難な道だったわかる。2004年10人の候補者を立てて挑戦したのは木枯し紋次郎こと中村敦夫(みどりの会議)、前回2013年にはめげずに緑の党が挑戦、10人のうち三宅洋平が若者?の圧倒的支持で得票を積み上げたが及ばず。(http://www.huffingtonpost.jp/2013/07/22/miyakeyouhei_n_3634080.html

 今回必勝の体勢で勝ちに行く三宅洋平のメッセージ「大事なものはなくしてから気づく」➡︎https://www.youtube.com/watch?v=PSwyY1g-7Jw

 さて、かって民主党が掲げた「コンクリートから人へ」というコピーだが、それはもとより歩むべき時代の趨勢でありそれはもとより今も変わらないはず。

 なので、3/2を阻止する展望のその次は、政権交代に再チャレンジする機運を展望する…。そのくらいの覚悟と機会づくりが必要だと練金術師は考える…。
 と、考えるのだが、覚悟も人材も底をついたかに見える旧民主党的な人たちに期待をリニューアルする力はできるか…? 全部とは言わないが、政権交代後の経緯に失望し忌避する態度を捨てられない有権者世論に答えられるのか…。 

 一方上で見たように、諸派扱いされる 国民の怒りにとって比例のたたかいは厳しく、私たちや多くの市民の認知と動きが肝要。

 それは同時に、これまで左右を問わず硬直的に続いてきた、既成の政党間利害・イデオロギーの枠内で物事を考える習慣を打破することができるかにかかっている。注目してゆきたい。



久しぶりの方歓迎、初参加の方大歓迎、です。

週刊金曜日練馬読者会 6月例会


  日 時:6月25日(土) 18時30分~
  会 場:こみゅにてぃかふぇ (なごみ) 
      西武池袋線大泉学園駅南口3分〈地図
  参加費:会場使用料分担
  問合せ:nerikinjyutu@mail.goo.ne.jp
   

                 ページトップ  
コメント

私たち市民も電力需要家/選ぶ自由と未来への責任 ★ 練馬読者会4月例会のご案内

2016年04月19日 | これだけは言いたい!
 いよいよこの4月から電力の低圧小売の自由化がなった。
 電気の小売販売というビジネスチャンスに参入の名乗りを上げた企業=新電力(PPS)は900社に届く勢いだという。
  (https://enechange.jp/pps/areas/all

 メディアを眺めれば、スマホ・ケータイやガソリンなど得意分野商品との抱き合わせで「お得感」を演出しで顧客の確保を狙うケースばかりが目立つ。一方、東京電力をはじめ原発回帰を強烈に画策する既存一般電力事業者の巻き返しも強烈だ。だが、自由化というけれど価格競争の点では、何と言っても送電網を所有する既存一般電力事業者に比べ新電力が割高な託送料を負担しなければならないのは公正さに欠ける。そればかりか、その割高な託送料金に《原発の維持費用》から《再処理費用》までぶち込むというのだから逆立ちしても許される範囲を逸脱しているのは明らか。
  (http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160206-01036739-sspa-soci

 いまの時代、二次エネルギーである電気は使う分だけ身近で発電するのが理にかなっている。電気の地産地消だ。

 再生可能エネルギーへの移行について考えるなら、21世紀に入ってようやく、この国でも環境に対する負荷の面(放射能、CO2)からの喫緊性だけでなく、技術的にも産業としても実用化の流れができたと言える(買取制度など)。

    ★ とにかく原子力はやめる
   ★★ 相対的にCO2排出の少ない方式のガス発電を中心に繋ぎ
  ★★★ 再生可能エネルギー(太陽光・風力・バイオマス、etc)へ!


 この場合、再生可能エネと言っても行け行けドンドンというわけには行かない状況が顕在化している点を付言したい。買取制度により乱立気味との報道もあり、指摘されている大規模開発化等(メガソーラー、ウィンドパークなど)による環境負荷の増大、自然生態系への影響に対し、たとえば地域のエネルギー主権は誰のもの?といった観点が不可欠となろう…。たとえば今各地で環境配慮型の「ご当地電力」の取り組みが進んでいる点に注目して行きたい。
http://communitypower.jp/

 さて、一般“消費者”と呼び呼ばれてきた私たち市民はれっきとした“電力需要家”である。送られてくる電気に黙って料金を振り込んでいれば済む時代は終わったのだ。別の電力会社との契約は電話一本からできるが、その際、必ずその電力会社の電源構成を確認することが必要だ。なぜなら本来国(経産省)がなすべき電源構成の開示義務化を拒んでいるからだ。

 自然エネルギー100%で供給される電気を求めることはできないものだろうか?…。
 残念ながらこの4月からというのは供給能力が需要に追いつけず、買取制度による普及にも国や一般電力による制約が多い。しかし、クリーンエネルギーの供給を行い始める企業や法人、NPOも少しづつ増えているのであわてる必要はまったくない
  (http://power-shift.org/choice/

 ところで、ここ練馬の地でも市民の共同出資による太陽光発電所第一号が5月から稼働する。屋上に設置するのは江古田にあるギャラリー古藤。毎年「福島を忘れない=江古田映画祭」を開催(当ブログでも紹介)している場所だ。設置主体は 一般社団法人練馬グリーンエネルギー(NGE) 。これを記念して4/26(火)には城南信用金庫の吉原毅さんを招いてイベントが行われる。(参加申し込みは上リンクをクリック)また、NGEではソーラーパネル設置への寄付を引き続き募っている。(同リンクから詳細確認できる)


久しぶりの方歓迎、初参加の方大歓迎、です。

週刊金曜日練馬読者会 4月例会


  日 時:4月23日(土) 18時30分~
  会 場:こみゅにてぃかふぇ (なごみ) 
      西武池袋線大泉学園駅南口3分〈地図
  参加費:会場使用料分担
  問合せ:nerikinjyutu@mail.goo.ne.jp
   

                 ページトップ  
コメント

まったなしの年度末を生きる★週刊金曜日練馬読者会へどうぞ

2016年03月20日 | 読者会定例会
 例年「日の君」問題が沙汰される年度末だが、今回は少なからず様相が異なるようだ。集団的自衛権の行使容認が中心の安全保障関連法の施行日などを3月29日とする閣議決定がされたのだ。(東京新聞
 準戦時に突入するのではという危機感は広がっているものの、具体的にはどう受け止め何をしたらよいか?
 とりあえず今月もやります練馬読者会

週刊金曜日練馬読者会 2016年 3月例会


  日 時:2016年3月26日(土) 18時30分~
  会 場:こみゅにてぃかふぇ (なごみ) 
      西武池袋線大泉学園駅南口3分〈地図
  参加費:会場使用料分担
  問合せ:nerikinjyutu@mail.goo.ne.jp
   

 戦時体制を求めるのは「経済」であり、政治権力が真っ先に手をつけるのは報道機関の粛正であるというわかりやすい展開が目の前で進行中。これに指をくわえている訳にはゆかないのもまた自明。
 以下あらためて確認。

朝日新聞デジタル より一部抜粋
キャスター、交代の春 本人の意思・数字…事情様々
 NHK、テレビ朝日、TBSの看板報道番組の「顔」が、この春一斉に代わる。番組の一新、本人の意思など事情はそれぞれだが、政権への直言も目立った辛口キャスターがそろって退場していくことに、懸念の声が上がっている。
 3月末にリニューアルするTBS系の「NEWS23」は、メインキャスターの膳場貴子さん(40)が土曜夕方の「報道特集」に移り、新キャスターに星浩・朝日新聞特別編集委員(60)を起用し、放送時間も拡大する。岸井成格(しげただ)アンカー(71)も降板し、4月以降、同局専属のスペシャルコメンテーターになる。
 テレビ朝日系の「報道ステーション」(月~金曜、午後9時54分)は、メインキャスターの古舘伊知郎さん(61)が契約終了に伴い3月末で降板する。
 昨年までの平均視聴率は13・2%と好調だったが、古舘さんは昨年末の会見で「(開始から)12年を一つの区切りとして辞めさせていただきたい」と話した。後任は同局の富川悠太アナウンサー(39)に決まった。久米宏さんがキャスターを務めた「ニュースステーション」から30年以上続く伝統の枠だが、関係者は「制作費を抑えたい考えもあり、当面は手堅く局アナでという判断になった。今後は状況を見極めながら進めていくことになるだろう」という。
 一方、NHKは報道番組「クローズアップ現代」のキャスターを1993年から務めるフリーの国谷裕子(くにやひろこ)さんとの契約は更新せず、後任は局アナを軸に検討している。NHK関係者によると、現場は国谷さんの続投を強く求めたが、内容を一新するため局幹部が降板を決めたという。現在月~木曜の午後7時30分からの放送時間を、4月から午後10時に移す。NHK関係者は「国谷さんへの評価は高いが、番組の改編に合わせたキャスターの交代はつきもの」と話す。

 昨年9月、安保法案が参院特別委員会で可決されたことを、「私は強行採決だったと思います」とコメントした古舘さんなど、降板するのは辛口で知られたキャスターたち。三つの番組には最近、政権や自民党から報道内容に対する注文が相次いでいた。
 14年の衆院選前には、「NEWS23」に生出演した安倍晋三首相が、街頭インタビューの声に偏りがあると批判し、「報ステ」のアベノミクスの取り上げ方を自民党が文書で批判、「公平中立」を求めた。昨年4月には、「クロ現」と「報ステ」の内容をめぐって自民党が局幹部を事情聴取。「直接の原因ではなくても、それぞれが降板へ背中を押す一因になったのでは」と話す放送局関係者もいる。

■「降板の疑念を払拭する報道姿勢を」
 辛口キャスターの相次ぐ交代に、砂川浩慶・立教大准教授(メディア論)は「交代が重なったのは偶然の要素が大きく、それぞれの事情があると思うが、視聴者からみれば、政権に批判的なキャスターが外される、というイメージが拭えない。特に安倍政権はテレビ朝日とTBSに厳しかった。新キャスターには疑念を払拭(ふっしょく)する報道姿勢が求められる」と注文する。
 一方で、フリーから局アナに代わることについては、「社員という制約を超えて物申すことは難しいのでは」と懸念。「権力監視がメディア本来の役割。変更のない他局も含め、是々非々できちんと問題を指摘するキャスターがいないと、テレビは窒息してしまう」

 日本のニュースキャスターの走りとされるのは62年に始まった「ニュースコープ」(TBS系)の田英夫さん。NHKの磯村尚徳さんやテレビ朝日系「ニュースステーション」の久米宏さん、筑紫哲也さんら、取材経験豊富なジャーナリストや視聴者に親しみのあるフリーの著名人が多く起用され、各局の「顔」として活躍してきた。
 ジャーナリストの鳥越俊太郎さんは「キャスターに求められるのは、事実だけでなく、実はこんな意味があります、こんなつながりがあります、と自分の言葉で味付けすること。ネット上で自由に意見を言い合えるようになり、『キャスターに言われることはないよ』と思う人も増えただろうが、安保法制や憲法改正などで日本が大きく変わろうとしている今こそ、しっかりしたキャスターをすえた番組が必要だ」と指摘。
 「80年代後半以降のキャスター『第1世代』は高齢化が進み、今後は『第2世代』が必要。テレビ局は若手を起用して育てていかないといけない」とも話す。

 「NEWS23」のキャスターになる星氏は「権力をきちんと監視することがメディアの重要な役割。政治家の言っていることや政権が取り組んでいることの中身が妥当かどうか、有権者が判断できるように本質を伝えていく。私の意見も述べていきます」と話す。(滝沢卓、松沢奈々子、佐藤美鈴)


chenge.org キャンペーンの報告 より
署名を提出しました。
政治家に放送法の遵守を求める視聴者の会

2016年2月2日 ご報告が遅くなってしまいましたが、1/30に岸井さん応援署名25,865筆(1/29までの総数)をTBSに郵送で提出しました。

 ツイッター上で散々「2万筆になった」「2万5千筆になった」と宣伝していたので、TBSにも伝わっていたものと。ご署名くださった皆様、拡散してくださった皆様、TBSに葉書やメッセージをお送りくださった皆様に感謝いたします。

 ちなみに、日本会議かつ「生長の家」かつ安倍応援団の、岸井さんバッシング広告を出した「視聴者の会」の賛同署名は昨年11/29時点で「四千筆を越えました」とウェブサイトに書かれて以後更新がないので、まあそのくらいの数のようです。どちらが視聴者の本当の民意か、TBS幹部のみなさんに示せたのではないでしょうか。

 岸井さんが「スペシャルコメンテーター」という形で残ることになったのは、ひとえに皆様の応援のおかげです。感謝申し上げます。しかしながら、TBSすらこんなくだらない言いがかりに影響を受けるような情けない上層部だったことには失望を禁じ得ません。

 国谷さんしかり、古舘さんしかり、そして報ステの四人のコメンテーターしかり。
 正式発表はまだありませんが、今の報ステのコメンテーター、木村草太さん、立野純二さん、中島岳志さん、ショーン・マクアードル川上さんの四人は4月に全員降板、後任は報ステSUNDAYに出ている後藤謙二氏になるようです。
 長野智子さんがいいことを言っても、政権の代弁をしてすべて台無しにするあの後藤謙二です。取材スタッフからも古舘プロジェクトのメンバーがいなくなるのも痛手です。

 しかし、これで報ステを諦めるわけにはいきません。
 あまりにも視聴率が落ち、あまりにも苦情が殺到し、あまりにも評判が悪ければ、ゲストコメンテーターにいい人を出し、徐々にその人の出番を増やし…ということもあるかもしれません。
あるいは、後藤謙二さんも、カッコだけでも政権に苦言を呈さざるをえなくなるかもしれません。NEWS23も、クローズアップ現代も同様です。
 今後も可能な範囲で情報発信とアクション呼び掛けをさせていただきますので、
日本の報道の自由のためにみんなでがんばりましょう。




               
                    ページトップ  
コメント

初参加、久しぶりの方も歓迎です。週刊金曜日練馬読者会のお知らせ

2016年01月21日 | これだけは言いたい!

『週金』今週号(1/22号) 特集記事もお見逃しなく。

◆市民連合の破壊力
 =野党共闘を阻むのは誰か=
 =すべての小選挙区で野党が選挙協力すれば確実に政権交代できる=

◆安倍首相がもくろむ「緊急事態条項」の危険性 =立憲主義を破壊するナチスの手口=

◆中心メンバーが語る「私とSEALDs」=共感を呼んだ「マツエク」のスピーチ=

週刊金曜日練馬読者会 2016年 1月例会

  日 時:2016年1月23日(土) 18時30分~
  会 場:こみゅにてぃかふぇ (なごみ) 
    西武池袋線大泉学園駅南口3分〈地図
  参加費:会場使用料分担
  問合せ:nerikinjyutu@mail.goo.ne.jp
   

               ページトップ  
コメント

A B E 二モ負ケズ メディア ニモメゲナイ 持続スル意思 ★ 週金練馬読者会のおしらせ

2015年12月20日 | これだけは言いたい!
 この一年も余すところあと僅か。
 やるべきこと、やってみたいことの半ばもできずに走り抜けた一年だった。振り返ってみると歴史に記憶される年であろうことは間違いなく、その間に起こったことども(状況)やそれをどう評価し咀嚼するか、自らの行状も含め考えるべき宿題は多い…。
 と、いうことで以下、印象に残ったつぶやき( @nerikinjyutu )をいくつかピックアップしてみた。(練金術師)

練金術師 9月22日
民主主義ってなんだ……これもだ!
最初は三角コーンから始まった。おまわりさんは「抗議する方はこちらの抗議エリアへ…」次は鉄柵、そして装甲車。飼いならされたら「主権者」でなくなるのかもしれん。

練金術師 9月24日
閣議決定クーデターは民主主義の導火線★政府レベルで法秩序の連続性の破壊が起こった場合法学的にはクーデター(法的クーデターを許すなhttp://xtw.me/XvsDny9 )
ブログ http://xtw.me/XjTk2st

練金術師 10月1日
世界一安全大嘘ばれても固執安倍政治★安全投資は経済合理性を超える。1基当たり1兆円超で経済合理性は際どく、3兆4兆かけてもめどが立たない仏アレバ原発の教訓。「 安全な原発は夢か 仏アレバの新型炉建設が難航」日経 ものづくり進化論 http://xtw.me/XOwHsHd

練金術師 10月5日
歌を忘れたカナリアは恥も知らない★安倍独演会を記者会見風に演出する平河クラブと官邸クラブ。 報道の責務を投げ捨てて手下になりはてた記者クラブ所属のメディア記者たち⇒ビデオニュース・ドットコムhttp://xtw.me/XZilBoJ

練金術師 10月26日
法秩序無視に怒り心頭★安倍政権が辺野古周辺の3地区に振興費を直接支出するという。http://xtw.me/XzSc9Y0 ★「基地周辺対策費」は自治体むけのはず。個人の権利を国家権力が行使する行政不服審査に続く暴挙。

練金術師 11月16日
テロリスト級原爆は再処理プルトでできる★「たまり続ける日本のプルトニウムに募る懸念原発再稼働で指摘される別の問題」アエラ11/16 http://xtw.me/XnJ3n72 ★だけど、高速炉もんじゅでできる純度94%以上の兵器級プルトについては触れないの?#潜在的核武装

練金術師 11月22日
#アベノミクス 第2弾の肝は #ブラック成長戦略★就活からアル活?きらめく女性?生涯現役?★不安定で低賃金な派遣やバイトしか見つけられないのは自分が悪い?低収入で結婚できない、病気になれない、老後の生活保障もないという三十九にもなって三重苦な人生を覚悟せよ…と言ってる成長戦略。

練金術師 12月3日
子どもの脳や発達神経への悪影響や、#ミツバチ の大量死の一因でもある #ネオニコチノイド系農薬。わたしたちの身近な生活にも潜んでいること、知っていますか?★#ネコ のノミとりにも?
★身近にあるネオニコ商品 ⇒ グリーンピース http://xtw.me/XGJKWiy

練金術師 12月8日
何が秘密かは秘密★秘密指定書類が会計検査に提出されない恐れがあるとして、会計検査院が「すべてを検査するとしている憲法の規定上、問題」と内閣官房に指摘していたことが分かった。毎日新聞http://xtw.me/XXzhnks

練金術師 12月15日
「テロ」に反対★「対テロ戦争」にはもっと反対。テロを生み育てるのは貧困・差別・搾取とテロ戦争。★いま日本でできる唯一の「テロ対策」は一刻も早くアベ政権を退陣させること。#野党はまとまれ #アベ政治を許さない

練金術師 12月16日
アベちゃんから日本をとりもどす道筋が見えてきた
★「安倍総理ってなんか気持ち悪い」という風
★「そろそろ民主党を許してあげてもいいのでは…」
2015.11.3 「小林節」講演会(憲法公布69周年県民のつどい高知市)http://xtw.me/XSDHN4b #野党はまとまれ

練金術師 12月17日
なんてこった=余りに分かりやすすぎる★原子力規制委が川内原発基準適合を不当とした市民団体の異議申し立てを棄却http://xtw.me/Xkn0BcD するやいなや九州電力は免震重要棟について方針転換、設置しないと発表http://xtw.me/XaJVSDA #川内原発


本年最後の読者会です。久しぶりの方も歓迎、なりゆきで忘年会とのこと。

週刊金曜日練馬読者会12月例会

  日 時:2015年12月26日(土) 18時30分~
  会 場:こみゅにてぃかふぇ (なごみ) 
    西武池袋線大泉学園駅南口3分〈地図
  参加費:会場使用料分担
  問合せ:nerikinjyutu@mail.goo.ne.jp
   

               ページトップ  
コメント

高速炉もんじゅの延命を許してはいけない理由★週刊金曜日練馬読者会の案内

2015年11月22日 | これだけは言いたい!
 「引退したと言っても寝てていいのか。論語にも『過ちを改むるにはばかることなかれ』という言葉があり、これだと思いました。引退したとはいえ、まだ元気なんです。私の首相時代に誤った。その過ちを少しでも正していかなければいかんという気持ちになり、原発ゼロの運動を始めました」
「原発に投入したカネを、それぐらいの額を自然を資源にするさまざまなエネルギーにこれから向けていく。私は日本国民なら必ずできると思う。そういう大きな転機がこの大震災でやってきたと捉えたほうがいいと思うんです」(小泉元総理)


 脱原発という「国民的合意」を踏みにじるように九州電力川内原発を再稼働させた原子力規制委員会は PWR(加圧水型軽水炉)については、前のめりに新規制基準適合審査を進め(四電伊方、関西高浜…)ている。これは、使用済み燃料の全量再処理方針を転換しない限り、プルトニウムはどんどん溜まる続けることになる。核兵器材料の備蓄を増やそうとしているとことにもなる。

 現在日本が貯め込んでいるプルトニウムは約47トンで、世界中のプルトニウムの10%に近く、非核兵器保有国では圧倒的に多い。
 1954年中曽根康弘らが「原子兵器を使用する能力をもつことが先決問題」として初の原子力予算を成立させたときから「日本核武装」の野望は連綿と蠢き生き続いてきた。“Atoms For Peace”=原子力の平和利用とは核武装の準備のための「核の非軍事利用」を欺き通してきたという意味で『原子力安全神話』と同根だ。
 非核三原則を掲げ、核廃絶を唱う国で プルトニウムの備蓄 が許される道理はない。にもかかわらず、いまだに政権与党や民主党の中にある核武装願望の渦はしばしば表面発泡する。

 さて、使用済み核燃料からプルトニウムを取り出して利用するとした「核燃料サイクル」の“夢”は、事実上破綻していることが最近相次いで明らかになった。

 ★もんじゅ運営主体は”失格?”⇒http://xtw.me/X7hIISg
 ★六ヶ所再処理工場の完成時期23回目の先送り⇒http://xtw.me/XzCCwYI
 ★使用済み燃料中間貯蔵施設操業開始時期「検討にも入っていない」⇒ http://xtw.me/XPorCSE

 「高速増殖炉もんじゅ」は、相次ぐ事故・トラブルで稼働見通しが立たず、機器の点検も実質放棄されている。にも関わらず一日あたり5000万円以上かけて冷却材ナトリウムを加熱し続けている。そして、なんとか延命させるべく繰り返される画策。
 なぜこの国は高速増殖炉に固執するのか。

 理由を調べてゆくと、こんな事実にぶち当たる。その筋の専門家が軽水炉の使用済み燃料を再処理してできる「原子炉級プルトニウム」と高純度Pu239の「兵器級プルトニウム」を峻別し、「原子炉級プルト」で核兵器ができるか、できるとして実用性があるかの喧々諤々の研究を重ねてきたようなのだ。http://www.cnfc.or.jp/j/proposal/reports/index.html

 原子炉級と兵器級の違いを簡単に言うと、メカニズムはこうだ。
 冷却材の水を中性子減速剤として炉心のウラン235を燃す軽水炉では目的のプルトニウム239は僅かしかできず、それ以外の不純物(プルトニウム238,240,241,242,他)が多く生成し、それらは再処理段階から発熱量や放射線量が高く、そんなプルトを取り出しても、原理上使用時期を確定しえない兵器に利用するのは、どうしても取り扱いの困難性が拭えないという。他方、高速増殖炉もんじゅの原子炉は炉心の周りに劣化ウラン(U238)を配置(シュラウド)し高速中性子に晒す(ナトリウム冷却材)ことで、不純物のない(きれいな! )プルト239をとりだすことができるという。

「もんじゅ」の延命を許してはいけない 所以 である。


(練金術師)


12/5 もんじゅを廃炉に全国集会

        12月5日です。(予定していた12月12日が12月5日に変更)
         場所 福井市西公園 12時~16時
          市内デモ 15時~16時
           西公園~福井駅前まで
            連絡先 原子力発電に反対する福井県民会議
            0776-25-7784 FAX 0776-27-5773


初参加、久しぶりの方も歓迎です。

週刊金曜日練馬読者会11月例会

  日 時:2015年11月28日(土) 18時30分~
  会 場:こみゅにてぃかふぇ (なごみ) 
    西武池袋線大泉学園駅南口3分〈地図
  参加費:会場使用料分担
  問合せ:nerikinjyutu@mail.goo.ne.jp
   

               ページトップ  
コメント

《経済徴兵制》ってなんだ⇒本誌特集記事★読者会10月定例会案内

2015年10月19日 | これだけは言いたい!

 戦争法が強行採決(※)されてひと月。
 週刊金曜日10.16号(第1059号)の特集は日本の若者の上にも重くのしかかろうとしている 《経済徴兵制》の悪夢 について…。
 それ以外の記事もふくめて、主な見出しを紹介するので、関心や危機感を抱くむきは図書館または書店で手に取ってほしい。


特集 経済的徴兵制がやってくる=若者を戦争に駆る方法
 ○自衛隊勧誘の最大のターゲットは高校生
 ○奨学金で若者を「戦争奴隷」にする
 ○自衛官インタビュー 誰だって戦争に行きたくない
 ○英米では経済的徴兵制は当たり前

 ○街中あふれる「自衛官募集」広告の怪

□「沖縄攻略」の尖兵 島尻安伊子大臣の暴力団疑惑
□山口組崩壊
  法逸脱、市民社会への影響も
  殺人関与が疑われる山健組幹部
□忍び寄る悪法中の悪法 懲りない共謀罪再上程を警戒せよ
□「TPP大筋合意」を野党が徹底追及
□「産むこと」を奪われた女性たち 優生手術という人権侵害
□耐震偽装事件で詐欺罪に問われた元ヒューザー社長小嶋進さん 悪役を血祭りにし本質は見て見ぬふり
★連載 自由と創造のためのレッスン 40 
民衆運動の共和主義的転回について(廣瀬 純)

※「議場騒然・聴取不能」で採決自体無効というべき安保特別委員会:YouTube 怒号の中、強行採決~参議院・安保特別委

週刊金曜日練馬読者会10月例会

  日 時:2015年10月24日(土) 18時30分~
  会 場:こみゅにてぃかふぇ (なごみ) 
    西武池袋線大泉学園駅南口3分〈地図
  参加費:会場使用料分担
  問合せ:nerikinjyutu@mail.goo.ne.jp
   

               ページトップ  
コメント

いよいよつぶそう !!! 知れば知るほど恐ろしいスマートクーデター★週金練馬読者会9月例案内

2015年09月13日 | これだけは言いたい!
 メディアを通して視えてきたのは、現実にあり得ないようなたとえ話をいくら並べてみても嘘を押し通すことはできず、右往左往・しどろもどろの答弁。参議院の国会審議でもでるべき論点(暴かれるべきウソ)がほぼ白日となった。(動画1参照)

 知れば知るほど平和安保法制<安倍法制>の恐ろしさが見えるようになり、その意味するところに対する「国民の理解」も広がった。もはや、「有権者」をごまかし通せるものではないことを、自民公明与党は知るべきだ。

 さて、世界を眺めれば、グローバル資本に繋がる開発利権やむらがる政治勢力と軍部(軍事利権)を操って政変をしかけ一国のあり方をひっくり返そうとするのがクーデターだ。「惨事便乗資本主義」(ショックドクトリン)ともいうが、いまこの国で起きつつあるのはある種のクーデターではないか?とすら思える。

 ワイマール憲法下で独裁政権を確立した“ナチスのやり口”を学んだらどうかと副総理に言わしめた“スマートクーデター”=安倍内閣による閣議決定クーデター=は静かに事を運ばなければ頓挫する。

 宗主国からデザイン画(アーミテイジ・ナイレポート=動画2参照)を与えられて、早速準備ををはじめた軍部(防衛省)を横目に、国会にかける前にみずから宗主国に出向いた安倍総理大臣。たとえ憲法違反が明確でも、国の法秩序(立憲主義に基づく民主主義)を壊してでも“仰せの通りに致します”と米国議会で胸をはって決意表明……した…までは良かったが、それが広く知るところなって広範なひとびとの声が国会を取り囲んだ段階で、すくなくともスマートクーデター失敗した……。 

  ○動画1 衆議院 辻元清美議員の質問
  ○動画2 参議院 山本太郎議員の質問



9月14日(月)
 13:00~17:00 戦争法案廃案!国会正門前座り込み行動 国会正門前
 18:30~ 強行採決反対!戦争法案廃案!安倍政権退陣! 国会包囲大行動 国会周辺
9月15日(火)
 12:30~17:00 戦争法案廃案!国会正門前座り込み行動 国会正門前
         ※中央公聴会開催に抗議するため、開始時間を早めています。
 18:30~ 戦争法案廃案!国会正門前大集会 国会正門前
9月16日(水)
 13:00~17:00 戦争法案廃案!国会正門前座り込み行動 国会正門前
 18:30~ 戦争法案廃案!国会正門前大集会 国会正門前
9月17日(木)
 13:00~17:00 戦争法案廃案!国会正門前座り込み行動 国会正門前
 18:30~ 戦争法案反対!国会前集会(連続行動第18回) 国会正門前
9月18日(金)
 13:00~17:00 戦争法案廃案!国会正門前座り込み行動 国会正門前
 18:30~ 戦争法案廃案!国会正門前大集会 国会正門前


週刊金曜日練馬読者会9月例会

  日 時:2015年9月26日(土) 18時30分~
  会 場:こみゅにてぃかふぇ (なごみ) 
    西武池袋線大泉学園駅南口3分〈地図
  参加費:会場使用料分担
  問合せ:nerikinjyutu@mail.goo.ne.jp
   

               ページトップ  
コメント

ここまで安倍政治の暴走を許してきた大人の責任とは★練馬読者会8月例会ご案内

2015年08月02日 | 読者会定例会
 この暑い夏。今年もまっ盛りをエアコンなしで乗り切れそうです。この熱さは温暖化やヒートアイランド現象が高じているためだといわれますが、我慢も限界。熱中症避けたければ電気(エアコン)に頼りなさいとテレビは繰り返す…。

 先日、本土最北端のまちで集会に参加し、♪こどもを守ろう♪おとなが守ろう♪というコールを上げながらパレードを歩きました。
 この定番ともいえるコールは、放射能から、特に被曝感受性の高いこどもを守るのは“核社会”を作ってきた私たち大人の責任だという意味で受け止めます。ところが先立つ集会で、もう一つの大人の責任に言及されたのが心に残りました。それは大人には伝える責任もあるということでした。

  ⇒ NHKローカルニュース
  ⇒ 大間原発反対現地集会&パレードすべて

 こどもを一義的に守りまもられる存在として扱うのではなく、この国でいま起こっていること、これから起ころうとし、起こるかもしれないことどもについて、こどもとして、一人の存在として自ら判断し、対応する術を身につけられるように……、ということ。
 言い換えれば、いまいかに被曝を避けるか(福島での暮らしや関東圏ホットスポット界隈での子育て)脱原発原発社会の構築運動…という現実の課題から一歩進んで、これからのこの国のありようについて、ここまで阿部政治の暴走を許してきた大人の責任について…考えさせられたのでした。

 関連して、総背番号制や周辺事態法、イラク特措法が成立した時代、週刊金曜日読者会に集う“かっての若者たち”からは、学生や若者の異議申し立ての声を渇望する声にならないつぶやきがありました。 時代が進んで、極右政権が立憲民主主義を踏みつぶす勢いで突っ走ろうとする今日このごろ、国会前で声を上げるSEALsなど若者のエネルギーを体感すると、そんな大人も「若者に負けてならじ」との勢いで声をかけあうのでした。

 民主主義は大人だけが作るものではありません。大人がやるべきは責任を果たすこと、責任者に責任を果たさせる社会をつくる責任もあります。そしてそれを若者、こどもへと繋ぐこと。そのことの大切さを改めて痛感します。
(イトヤン)

週刊金曜日練馬読者会8月例会

  日 時:2015年8月22日(土) 18時30分~
  会 場:こみゅにてぃかふぇ (なごみ) 
    西武池袋線大泉学園駅南口3分〈地図
  参加費:会場使用料分担
  問合せ:nerikinjyutu@mail.goo.ne.jp
   


               ページトップ  
コメント

ひとり一人が自分の責任で “極右政権” に NO ! を★★★練馬読者会7月例会のご案内

2015年07月12日 | これだけは言いたい!
★梅雨明けまじか。
 今年の夏は歴史に残る暑い夏になるかもしれない。
 歴史に残る熱いたたかいはすでに始まっている。会期延長して衆議院で審議に入った“戦争法案”は立憲主義を否定し、憲法違反であるという認識が徐々に広がっている。このまま浸透が広がればさすがの「国民」(有権者マジョリティ)も気づく。
 安倍の暴走列車からいい加減に降りるべきだと…。(各社世論調査など)

 しかし幹事長が強行採決をほのめかすような雲行きだ。
 事態がここまで来ると単に降りるだけでは不十分。降りるつもりで事態を傍観しても意味はない。そういう意味では、ひとり一人が自分の責任でNO!を言う必要があるのかもしれない。

《平和を希求する“オールジャパン” VS 戦争こそ成長戦略という“極右政権”》の構図を可視化しなければならない。



《安保法制」はぜったいダメ!》という声は国会前にAll Nightで響き始まる…。(7/14~)
⇒⇒http://tokyo-chiki-net.jimdo.com/
(練金術師)
★練馬読者会7月例会へ
 6月の例会では、憲法解釈での集団的自衛権容認反対に対して、そもそも個別的自衛権も憲法解釈ではないのかという意見がありました。上手く議論が噛み合わなかったけれども個人的には重要な指摘だと考えます。

 他にも原発や基地問題についても話し合いました。次回は7月25日(土)18時半~21時半、こみゅにてぃかふぇ和(下記)。参加費は会場使用料。問合せ(Mail⇒ nerikinjyutu@mail.goo.ne.jp)
初参加、久しぶりの方も歓迎です。

(SUZ)

週刊金曜日練馬読者会7月例会

  日 時:2015年7月25日(土) 18時30分~
  会 場:こみゅにてぃかふぇ (なごみ) 
    西武池袋線大泉学園駅南口3分〈地図
  参加費:会場使用料分担
  問合せ:nerikinjyutu@mail.goo.ne.jp
   

               ページトップ  
コメント

大間原発★潜在的核保有願望とプルトニウム処分先確保のジレンマ

2015年06月30日 | ホントノデアイ
 日本一のマグロの産地大間で Jパワー(電源開発)が進めようとしいる原発の建設は、ウラン燃料に比べて中性子を吸収しやすく制御棒や熱のコントロールが難しいといわれ、その危険性からフクシマを経験してリスクとコストを考えるようになった世界の原発産業は、どこも手を出さない“禁断”のフルMOX原発だ。
 そんな中、めげずに2012年に工事再開を決断したさすがのJパワーも、ここへきて足踏み状態だという。
 
【大間原発 審査先行き不透明 細る工事量】
河北新報記事⇒http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201506/20150617_23017.html
 
 そこで、今あらためて下北と大間原発について考えるべく、本を紹介しよう。

《大間・新原発を止めろ 核燃サイクルのための専用炉》
  ★稲沢潤子/三浦協子著 大槻書店 1,800円 2014.7刊


 本書はたびたび現地を訪れて、作家の足と目と筆で書かれた誰にも理解しやすいルポ。石油備蓄基地にはじまり原子力船開発から中間貯蔵施設六ヶ所再処理、東通…。今日、下北半島が核半島とよばれるようになり、その間の国行政・電力事業者と、対する住民たちの闘いからあさこはうすや差し止め訴訟のいま…。

《大間原発と日本の未来》
  ★野村保子 著 寿郎社(札幌)1900円 2015.3刊


 こちらは、対岸に大間を望む函館の地で一貫して原発に反対しているルポライターの野村保子さんが、「世界一危険なフルMOX原発にあなたならどうむきあうか?」と問う情報満載の力作。小出裕章さん推薦解説の最新刊だ。

 さて、以上の本でも紹介されている《大MAGROCK》や《現地集会とデモ》も年々参加者増で、今年で8回目。7月18(土)19(日)の2日間に渡り大間原発に反対する1000人規模のイベントをめざしている。

 今年の夏は大間へ行こう!


 ★反核ロックフェス 大MAGROCK 2015.7.18(土) 11:30~ 
 ★大間で自由にみんなで語ろう学習会アーサービナードさんとフリートーク 7.18(土) 19:00~
 ★第8回大間原発反対現地集会/風船計画/大間町内デモ 7.19(日)11:30~
 ★主催/問い合わせ 大間原発反対現地集会実行委員会

  https://nonukesooma.wordpress.com/

(練金術師)        ページトップ  
コメント