本と映画、ときどき日常

本や映画の感想、日々の思いつきを綴っていきたいです。

ジェイソン・ボーン

2018年03月15日 09時41分02秒 | 洋画 さ行
監督 ポール・グリーングラス
出演 マット・デイモン
    トミー・リー・ジョーンズ
    アリシア・ヴィキャンデル


シリーズ第5弾。

CIAが世界を監視下に置くシステムを立ち上げた。

それによりボーンの過去が…。

そして追われるはめに。


CIAすごいことになっています。

もうなんでもできちゃう(笑


でもそれをくぐり抜けるジェイソン・ボーンが更にすごい!

悲壮感たっぷりなところがまたイイ。


欲を言うと、アリシア・ヴィキャンデルとの絡みをもう少し増やして欲しかったな~。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

スパイレジェンド

2018年03月03日 09時19分31秒 | 洋画 さ行
監督 ロジャー・ドナルドソン
出演 ピアーズ・ブロスナン
    ルーク・ブレイシー
    オルガ・キュリレンコ


伝説的CIAエージェント。

仲間が殺され、その犯人は自分が育てあげた男だった。

彼を追うにつれロシア大統領選の陰謀に辿り着く。


正統派スパイアクション映画。

緊張感あるストーリーの中で起こるアクション☆

そしてオルガ・キュリレンコはもちろん超キレイ。


ただ、作品全体になにか一つ物足りなさを感じてしまいました。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

シークレット・アイズ

2018年02月25日 10時53分02秒 | 洋画 さ行
監督 ビリー・レイ
出演 キウェテル・イジョフォー
    ニコール・キッドマン
    ジュリア・ロバーツ


現場に駆けつけるとレイプ殺人の被害者は同僚の娘だった。

FBI捜査官と女性エリート検事補が真相を追い求めるが…。


なかなか面白いストーリーでした。

犯人の目星をつけるが、その人物がテロの情報屋。

警察内部でも隠ぺいがおこなわれる。

もうこうなったら自ら殺すしかない!

でもそこで思いがけない真相が!


ストーリーもさることながら、ニコール・キッドマンの妖艶に脱帽。

犯人に色仕掛けのシーンは、観ている俺が自白しそう(照

そして対照的だったのがジュリア・ロバーツ。

悲痛に耐えるその姿はやつれていて髪の毛もボサボサ。

見ごたえのある女優二人でした☆

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

センター・オブ・ジ・アース

2018年02月22日 09時38分01秒 | 洋画 さ行
監督 エリック・ブレヴィグ
出演 ブレンダン・フレイザー
    ジョシュ・ハッチャーソン
    アニタ・ブリエム


地質学研究者とその甥、そして現地の女性。

3人で地震洞窟の捜査をするが落雷で閉じ込められてしまう。


地底探検のハラハラドキドキがてんこ盛り。

次から次へと難が襲ってきます。

これでもか~って(笑


おとぎ話のような夢のあるアドベンチャー作品でした☆
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

スプリット

2018年02月14日 02時47分36秒 | 洋画 さ行
監督 M・ナイト・シャラマン
出演 ジェームズ・マカヴォイ
    アニヤ・テイラー=ジョイ
    ベティ・バックリー


女子高生3人が誘拐され、監禁される。

犯人は23人もの人格をもつ多重人格者の男だった。


『シックス・センス』の監督!に俺はいつまで期待を膨らませてしまうんだろう。

そしてまた期待外れ(汗

今回はプロフェッサーが23人もの人格をするってことでよけいにワクワクしちゃったし♪

でもそこは期待通り怪演☆

ただ、ストーリー的には23人じゃなくて4人ぐらいでよかったのでは(汗


そして最後に何気にブルース・ウィルスが出てました☆

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加