本と映画、ときどき日常

本や映画の感想、日々の思いつきを綴っていきたいです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

赤の他人だったら、どんなによかったか/吉野万理子

2018年12月13日 13時46分23秒 | 作家 や行
無差別殺傷事件を起こした父をもつ少女。

遠い親戚の少年がいる中学校に転校する。


前半は少年視点、後半は少女の視点で描かれています。

なんか…

優しい気持ちになれます。

でも実際にこの境遇におかれた人にしたら「そんなに甘くない!」ってなるんじゃないかな。


ただ、いちおハッピーエンドなんでホッとしました。


コメント (1)

前世は兎/吉村萬壱

2018年12月04日 12時26分36秒 | 作家 や行
表題を含む7つからなる短編集。


ウサギだった前世の記憶をもつ女性。

総合カタログを詳細に書き写す女。

超汚い沼に浸かる女。

などなど。


今回もすごいインパクト。

そして何気にやっぱりエロい(笑


表題の「前世は兎」が一番面白かったです。

ウサギの時につがいだった男性も現れて(笑


吉村萬壱のブラック感大好きです♪
コメント (2)

いい人ランキング/吉野万理子

2018年09月14日 09時15分10秒 | 作家 や行
クラスで開催された”いい人ランキング”

一位に選ばれたことをきっかけにイジメに遭う女の子。


もう途中はすごい嫌な気持ちに。

早くこの女の子が復活する姿が見たい!

そんな一心で読む手が早まります。


良い人に選ばれたとたん”都合のいい人”に。

そしてイジメ。

この流れがリアル。


初めて読んだ作家さんなんだけど、もう一冊読んでみたい♪
コメント (2)

ウォーターゲーム/吉田修一

2018年08月18日 09時21分00秒 | 作家 や行
産業スパイを描いた”鷹野一彦シリーズ”第3弾。

アジアの水利権を巡る組織との攻防。


いや~、スピード感たっぷり。

ダムを爆破し村の一つぐらい水没させちゃいます。


騙し騙され、もう誰を信じていいのやら。

そんな諜報合戦。

そんな中、やっぱり女は強い!

もう肝が据わってます。


後半は飛行機を墜落させようとしたり。

エンターテイメント感たっぷり。

映像化したら面白そう☆





コメント (2)

凶犬の眼/柚月裕子

2018年06月01日 09時46分55秒 | 作家 や行
所轄署から田舎の駐在所勤務になった日岡。

そこでヤクザの指名手配犯、国光を発見。

しかし「時間をくれ」と取引を申しこまれる。


「孤狼の血」の続編です。


男気溢れる作品です。

個人的にはヤクザやヤンキーを美化したお話は嫌い。

といいながらこの二人の会話に胸が熱くなりました。

もう籠城のシーンなんか最高☆


凶犬になった日岡の続編がまた読みたい♪
コメント (2)