本と映画、ときどき日常

本や映画の感想、日々の思いつきを綴っていきたいです。

どんまい/重松清

2018年11月27日 09時19分42秒 | 作家 さ行
離婚を機に娘と一緒に草野球チームに入った主婦。

プロ野球で大活躍する青年の女房役で甲子園を沸かした青年。

草野球チーム”ちぐさ台カープ”の創立者のカントク。

”どんな人生にも打席はまわってくる”


久しぶりの重松清。

なんか、ちょっと重松節軽くなった?(汗

あのくどいのが好きだったのに。


それでもやっぱり面白い!

心の奥をくすぐられる感じ☆

素直にならなくっちゃって。


俺もこんな草野球チームなら入ってみたいかも♪
コメント

か「」く「」し「」ご「」と「/住野よる

2018年08月23日 00時19分44秒 | 作家 さ行
5人のクラスメイト。

みんなそれぞれにちょっと特殊な能力が備わっていて…。

恋愛と友情を描いた青春物語。


相手の感情を推しはかるような能力?

一人一人がいろんな形でもっています。


ただ、この能力はストーリーにはあまり関係ないかな。

もっと全面に出して、もうSFみたいにしてくれたら嬉しかったな☆


朝井リョウみたいな感じでした。


コメント (4)

引き抜き屋/雫井脩介

2018年06月06日 13時28分44秒 | 作家 さ行
親の会社を追われ、ヘッドハンターの職に就いた30歳女子。

その奮闘を成長を描く。


”鹿子小穂の冒険”

”鹿子小穂の帰還”

2冊同時発売で読み応えたっぷり。


各章に出てくるいろんな仕事より、ヘッドハンティングという仕事に興味津津。

そして父の会社が乗っ取られる?

成長した娘が手を差し伸べ…。

気持ち良かった~☆


シリーズ化しそうな予感♪
コメント (2)

オリンピックへ行こう!/真保裕一

2018年05月28日 09時27分07秒 | 作家 さ行
オリンピックをめざす短編が3話。

卓球。

競歩。

ブラインドサッカー。


「行こう!シリーズ」第4弾。

今までと違って、今作はコミカル感はなし。

主人公たちの必死さがひしひしと伝わってきます。


卓球は試合の描写が長かった~。

俺も学生時代卓球部だったんだけど、お気楽だったなって。


どんなスポーツでもトップの人はすごい。

その分努力もするし苦悩だらけ。

改めてそんなことを思いました。
コメント (2)

屋上/島田荘司

2018年04月06日 09時39分58秒 | 作家 さ行
銀行の屋上ー。

そこに上った行員はみんな飛び降りて死んでしまう。

自殺?呪い?


いや~、もう読んでいる間ワクワク。

いったいどんな謎の解明がされるんだろうって。

そして満をきして後半御手洗潔が登場。

堪りません♪


”読者への挑戦”もあったりと、ミステリーの良き時代を思い出させてくれます。

さすが大御所島田荘司☆
コメント (4)