花をみるだけ

23区西部と多摩地域の公園・植物園の花々

キバナアマ - 東京都薬用植物園

2017-11-30 01:09:49 | みんなの花図鑑


 


花の名前: キバナアマ
学名: Reinwardtia indica
撮影日: 2017/11/24 11:43:34
撮影場所: 東京都薬用植物園

中国〜インド原産のアマ科常緑小低木。
アマに比べると遥かに大きく、同じ仲間と思えませんが花びらの質感はそっくり。
ウンナンゲッコウカ、レインワルティアなどの流通名で販売されています。

コメント (2)

ヒロハノタイワンホトトギス - 東京都薬用植物園

2017-11-29 01:32:05 | みんなの花図鑑


 

 

 


花の名前: ヒロハノタイワンホトトギス
学名: Tricyrtis formosana 'Amethystina'
撮影日: 2017/11/24 11:33:05
撮影場所: 東京都薬用植物園

ユリ科多年草。
タイワンホトトギスの一種なんですが出自不明。
ネットで探してもこの表記をしてるのは東京都薬用植物園だけの様です。
(みん花には何故か図鑑登録されてました)

ヒロハと言われても明らかにタイワンホトトギスよりシャープで小さな葉(^^;)
薬用植物園にはホトトギスとヒロハノタイワンホトトギスの交雑種も沢山植わってます。
写真の物には「ヒロハノ〜」とありまして、交雑種とは別の名札でした。
他のホトトギスはもう終わってますので随分遅くまで咲く品種みたいですね。

コメント (2)

シナナンテン - 東京都薬用植物園

2017-11-28 01:14:13 | みんなの花図鑑

 

↑艶が無いのは新葉だからですが、卵型の葉

**** こちらは普通のナンテン ****

 

↑普通のナンテンの葉は広披針形と言われます

花の名前: シナナンテン
学名: Nandina domestica cv. Parvifolia
撮影日: 2017/11/24 11:19:26
撮影場所: 東京都薬用植物園

中国原産のメギ科常緑低木。
しかし、本来のナンテンも中国原産の史前帰化植物と考えられているのでややこしい名前。
ナンテンの園芸種の一つで小型。
樹形はほぼ同じで少し背が低いかな?という程度。
葉っぱが卵型というのが目立った違いです。
コメント (2)

ブラキキルム・ホースフィエルディイ - 東京都薬用植物園

2017-11-27 01:08:39 | みんなの花図鑑

↑花ではなく果実

 

↑ショウガの仲間らしい草姿 

花の名前: ブラキキルム・ホースフィエルディイ
学名: Brachychiton horsfieldii
撮影日: 2017/11/17 13:05:22
撮影場所: 東京都薬用植物園

ジャワ島原産のショウガ科多年草。
花だと思って撮ってきましたが果実でした(^^;)
ヘディキウム・ホースフィエルディ(Hedychium horsfieldii)と呼ぶのが正しいみたいですね。
ネット上でも日本語の情報が少なくてよく分かりません!
コメント (4)

ジャボチカバ - 東京都薬用植物園

2017-11-26 01:10:05 | みんなの花図鑑


 

 

 


花の名前: ジャボチカバ
学名: Myrciaria cauliflora
撮影日: 2017/11/17 13:00:51
撮影場所: 東京都薬用植物園

南米大陸原産のフトモモ科常緑高木。
ジャボチカバは「ブラジル先住民族トゥピの言葉で「亀のいる地」という意味」だそうです。
筑波実験植物園HPより
http://www.tbg.kahaku.go.jp/recommend/illustrated/result.php?p=38&mode=easy&season=all&order=ruby&name=ジャボチカバ

幹に直接咲く花が実となり、生食、ゼリーなどに食用されます。
何とも不思議な咲き方ですね。

コメント (10)